人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

那須野が原公園・名品盆栽展&那須野が原博物館&天皇在位30年記念式典

b0220251_20265075.jpg
 2月最後の週末を早くも?迎え、24日(日)は案内状が届いて居た那須野が原公園での名品盆栽展を見に行く事にした。天気も良いからついでに那須野が原公園を散策し、近くの那須野が原博物館にも寄って、遅めになって仕舞うが美味しそうなお店で昼食して、夕食の買い物をして帰って来ようとなった。

b0220251_20234813.jpg
 記帳をして出品目録を貰うのも順番にと、何時もながら来場者が多かった。我が家の盆栽とは葉の茂り方が違うねーと我が胸に突き刺さるようなコメントをされて仕舞うが、そう!こんな風に育てたいと思うからこそ来てるんだけど・・、今だ道遠し。

b0220251_20241260.jpg
 この寒桜は満開で正に見頃だった、そしてどの枝先も細かくて芽を出して花を咲かせて・・、只々感嘆。

 「桜切るバカ梅切らぬバカ」の故事にある様に、桜の枝を切ると其処からばい菌が入って腐って仕舞うからむやみには切れない、梅の枝はどんどん切るべしと強く剪定し過ぎても枝が弱って仕舞う等々、単純には行かない。兎も角この寒桜をイメージして、今春こそは剪定の頃会いと程度にしっかり?と気配りしようと思うのだった。

b0220251_20245983.jpg
 福寿草、フキノトウ等々この時期らしい添え物にも何時ものことながら感心した。オレンジ色の福寿草や丸々と大きな蕾のフキノトウは目の保養になった気がする。


b0220251_20260263.jpg
 こんな竹の風情も眺めて良し・・等々、棚をほぼ2周して観察した。

b0220251_20281589.jpg

 外に出ると空気が意外に冷たくて、咲いてる花は蝋梅のみしか無くて、那須はやっぱり寒いなあと早々に退散することに・・

b0220251_20290866.jpg

 そしてインドアで楽しめる那須野が原博物館にやって来ると、本日無料の看板が玄関にあってこりゃーラッキーと先ずは企画展「うちにテレビがやって来た」を見学。
 
 常設コーナも面白かった、那須野が原は今でこそ、国道4号やJR東北線が通って居るが、嘗ては扇状地特有の礫層が厚く堆積し地下水は深く流れ広大な荒地だった。そんな訳で、鎌倉時代の東山道、江戸時代の奥州街道は那須野が原を迂回して氏家、喜連川、大田原、黒羽から白河へのルートになって居たことにも気が付いた。
 
 明治になって那須野が原を開拓すべく那須疎水が起工され、最終的には昭和になって完結し、水田等々穀物収穫地域になったとのこと、そして那須疎水は安積(あさか)疎水、琵琶湖疎水と並んで日本三大疎水の一つであることを学習?

b0220251_20293834.jpg
 那須野が原で見られる野鳥の展示コーナがあってヤマセミ、カワセミも居たのだが、ヤマセミは随分と大きいことを知ってびっくり何時か生きてる実物を見たいもの。

 そして出口で受付の人に今日は何故に入場無料?と尋ねたら、天皇在位30年記念日なので・・多分他の施設でも同じなのでは?とのことだった。この日はこんな施設巡りに徹すれば良かったかな?と思ったが時すでに遅し・・
 
b0220251_21295652.jpg
 そして遅めの昼食をして家へと戻る車の中で、国立劇場で催されて居た天皇在位30年記念式典の実況を偶々聞けたのだった。
 朝のネットニュースで共産党はこの式典に参加せずとは知って居たが、その他にはこの式典に触れたものは無く。増してや公共施設が入場無料になる等の話題も探知できずだった(現政権が人気取りでこの式典を催す?の一部のコメントを慮ってニュースに取り上げなかったのかも・・)。

 兎も角天皇の涙声?と思って仕舞う処が2ケ所あってその人柄に感動、〆の安倍首相に寄るテンノウヘイカバンザーイの三唱のイントネーションもなーる程こんな風に使うものなのか?戦中映画で演出されるダサイイメージとは違うなーと感心。多分今後平成の時代を語る時にはこの実況を思い出すのかも・・と思う日だった。







by funnpepe | 2019-02-27 22:15 | 花・野鳥 | Comments(0)

聴くに徹すること勿かれ、歌って歌詞を味わうべし


 20日(水)は妻の運転手でロマンチック村に出かけた、途中に峠越えのくにゃくにゃ道があるので運転するのが不安?いったい免許証持ってるの・・と言いたくもなるが、兎も角無趣味を自認する妻が行ってみたいと言い出したのだから、「みんなで歌おう歌声仲間」と言う催しに自分も付き合うことにした。
 途中で出入り自由だそうだから気軽に、でも成るべく後ろの席が良いね・・等々妻が車中で言って居たが、会場に辿り着くと立って居る人も沢山居て大盛況。

 雨が止んで春を思わせる天気のこの日は、畑に母を送迎したりしたので少し会場着が遅れて仕舞って、ずっと立ちんぼだったが中々に面白かった。

b0220251_06135227.jpg
 音が高すぎて追いて行けない・・と始めは思ったが、受付で貰った歌詞冊子を声を出してなぞって居る内に・・、次第に歌詞の思いが胸に響いてくるのだった。

 「早春賦」では、「春とは名ばかりの寒い風が吹いて、ウグイスは未だその時ではないと声も出さない、何も知らなかったらそのままでいたものを、春を意識して仕舞うと、春が来ないかなーと気がせくがどうしようもないと思うこの頃・・」と、つい先日の自分の気持ちぴったりだなーと共感。
 「四季の山」は今回初めて知った歌だったが、ウオーキングでもやぶ山登りでも、春夏秋冬でのぴったりの情景が、歌われて居ることに感動感動だった。

 この歌詞とメロディをしっかりと頭の中に叩き込み、何時の日か口ずさんでウオーキングできる様になれば、更に情景等々が味わい深く成るかなーとも思えても来た。

b0220251_06323449.jpg
 毎月第三水曜日に開催で、今回が第125回であるとの事だから10年以上も続いて居ることにも只々感心。そしてこの日挙げられた25の歌は8,9割知ってるなーと自分に取って敷居が高くないのにも満足?
 昔職場のカラオケでは自分が歌えるものを探すのに苦労苦労、結局自分の持ち歌?は泳げたい焼きくん、高原列車位だったなーと思って居たが、この日結構歌える歌はあることも新発見。
 さて来月は?一年通すと結局どんな歌曲集ができるのかな?とちょっと楽しみ?、この日の昼食はゆず塩ラーメン&餃子になって仕舞ったが美味かった。


by funnpepe | 2019-02-22 22:00 | 音楽・アート | Comments(0)

駅ハイ・氏家雛めぐり~いにしえの面影を訪ねる奥州街道~を半分歩く

b0220251_20584914.jpg
 16日(土)は寒かったが晴れ!だったので、駅ハイを歩くことにした。例年の如く、氏家駅前のeプラザ一番館で受付を済ませると、お雛様の衣装着て写真撮って行きませんか・・と係りの女性から声をかけられた。
 未だ11時前だったからなのか誰も居らず状態だったので(恥ずかしくも無いからと妻を説得し)、重い衣装を羽織り頭に冠を被って記念?の写真を撮って貰った。

 去年は無かったさくらテラス(駅前情報館)で、きつねの花嫁行列、つるしびな等々も見学、そしてこの日は広場(サクラスクウェア)で氏家うどん400円の販売(~14:00)があるよとの事なので其れ迄には戻って来ようと出発した。 

b0220251_20594226.jpg
 線路を跨ぐ連絡橋から、草川沿いに歩き、11:40氏家ゆうゆうパークまでやって来た。
 寒気団が未だ残って居て空気は冷たい筈なのだが、風は無くお日様に照らされてそれなりに温かでウオーキング、ランニング、犬の散歩等々賑やかだった。

b0220251_21001460.jpg
 堤防沿いに鬼怒川を遡るのだが、羽黒山の奥に、日光男体山、女峰山、高原山等々の山々が空気が澄んでくっきりと見え、冬ならではの景色を楽しませて貰った。

b0220251_21005373.jpg
 そして、昭和24年堤防決壊・竣工記念碑辺りから堤防を下りて・・

b0220251_21040741.jpg
 小路を歩いて行くと立派な御堂があって、その裏に浮島地蔵尊があった。その由来は、1723年に起きた五十里洪水の時、地蔵の石仏が島の様に浮かんで水の侵入防いだ故に、浮島地蔵と名付けられたとのこと・・ 

b0220251_21043391.jpg
 そして暫く歩くと12:15、大中(おおなか)公民館までやって来た。集落の人が一人居てくれてお茶をいただき、展示されて居た折り紙も頂いた。

b0220251_21045820.jpg
 再び草川沿いに歩くと、我々の姿を察知したコサギが草川から木の上に飛んで止まって・・

b0220251_21053312.jpg
 暫くすると飛び立って仕舞ったが、もうちょっとアングル良く飛び立ってくれれば(しゃがんで撮れば良かったかも?)・・とちょっと残念。

b0220251_21061337.jpg
 12:50、ギャラリー・サヤでつるし雛&古雛を見学。

b0220251_21065633.jpg
 その中でこれは江戸時代のものだよと言う古雛をじっくり見て・・
 再び小路を歩く、この前は確か冷たい風がピューピュー吹く中歩いたなあと昔のことを思い出している内に、国道4号、東北線を横切って・・

 全コース11kmの半分位だったが既に13:00を過ぎて居て、この儘コース通りに今宮神社へと歩いたら、サクラスクウェアに戻るのは15:00頃になって仕舞う?


b0220251_21073337.jpg
 
 そんな訳で、その辺りから本格的になる「氏家雛めぐり」も「いにしえの面影を訪ねる奥州街道」も今回は省略。
 
 しかし、氏家駅へと直行すると氏家うどんは既に売り切れで北海道ラーメンになって仕舞ったのが残念。この日の歩行距離はgooglefitに寄れば8.3kmだったから、そこそこ歩けたと言った処。

b0220251_05194185.jpg
 翌17日(日)はロマンチック村の温泉に娘と母を連れて食事をしてから、ポケモンGOのコミニティデーのウリムー狩りに妻と再び氏家へと向かい・・

 旧勝山城内を約1時間歩き周り約2.7kmを歩いたが、前日のショートカット分の距離には届かず、浦添から帰って2週間経つのに未だ輪行袋から自転車を出せずと、この処週末の運動が足りないかも?
 これから当分3月並みの気温の日が続くとの事だからこれからが本格始動!、と心の入れ替えが必要?



by funnpepe | 2019-02-20 06:07 | ウオーキング | Comments(0)

真冬の野鳥

b0220251_06020468.jpg
 今月の3連休は大寒波がやって来て外に出るのも覚悟が居る・・という天気になって仕舞った。こんな時はコンサートか未だ行った事のない気になるお店をサーチ?

 そんな事もあって9日(土)は昼食は外で・・になったのだが、その前に近くの白鳥飛来地に寄って見ることにした。

b0220251_06022466.jpg
 この処の大寒波で田圃の水は7割方凍って居た。白鳥はその凍って居ないスペースを選んで居る様で写真には撮りやすい日だったかも?
 白鳥は飛び立ちはしないものの、時々立ち上がって?羽をバタバタと広げてくれたのだが、写真に収められなかったのが残念。

 しかし真っ白な白鳥の中に灰色がかった白鳥も居て新種?と思ったが・・

b0220251_06024871.jpg
 後で調べて見ると、幼鳥との事だった。
 灰色白鳥は2羽だったが果たして明日は?明後日は?連日観察に来て居れば彼らの内情が掴めて居たののかも?


b0220251_06273780.jpg
 宇都宮のとある食事処で遅めの昼食を食べ終えて・・
 みんポケmapに星5のレイドが始まるスポットを教えて貰って、とある神社でレイドバトル開始の時刻を待って居ると12,3人が集まった。よくもまあこの寒い中やって来るものだなあと自分達のこともさることながら感心。

 先週の那覇・おもろまちでは15,6が居たものの、与那原の公園では集まらず・・
 即ち単に人口が多ければ好き者はそれなりの人数にはなると言うことなのかも知れない。

b0220251_06302003.jpg
 そして夕方から雪が降り出して・・

b0220251_06284025.jpg
 福寿草はすっかり花を閉じて仕舞った。この処雨が降らずの乾燥状態をこれでやや解消?だが、もうちょっと降ってくれーと言った処。

b0220251_06292333.jpg
 そして、普段その存在を忘れて仕舞う沈丁花が、雪の白に映えて綺麗に見えた、花季は2月末から3月との事なのでつぼみが大きくなって来て居るからなのかも?


b0220251_06035969.jpg
 そして翌朝は晴天だった。前夜の積雪は結局約5cmになって居たが、11:00頃にはすっかり溶けたので井頭公園に向かうことにした。鳥見亭の情報板にはこの日もトモエガモの名は無くて、妻のトモエガモに会えるのはいったい何時になるの・・の不満?を聞きながら、何時ものルートを歩くことにした。

 前回目撃したルリビタキ地点にもカワセミ地点にもカメラマンの姿は見えず・・だったが、前方に何やら撮って居るカメラマン2人を見つけたので行って見ると・・
 シメが雪の解けた芝生の辺りでせっせとエサ探しをして居たのだった。茶色風で大型の鳥に見えたので若しやトラツグミかも?と思ったがそうたやすくはトラツグミには会えないのかも・・
b0220251_06314406.jpg
 前回来た時はカレーだったので、この日は天婦羅蕎麦の昼食。そして探鳥を再開すると、前方にカメラマンの姿が結構見えて・・

b0220251_06045102.jpg
 行ってみると、この日は此処にカワセミが来て居たのだった。

b0220251_06052715.jpg
 カワセミが下の湿地へと飛びたつ時に、パシャパシャパシャと連写の音が聞こえて来るので・・
 自分も連写モードにして見たが、悲しいかなマイマメラでは羽ばたいて居る処は撮れずだった。
 
b0220251_06324615.jpg
 カワセミはあっちの枝、こっちの茂みに・・と移動はするものの、カワセミの狙いは下の湿地の獲物?
 もういいやと何処かに飛んでは行かず、結局こっちがカワセミに別れるのは勿体ないが移動することに・・

b0220251_06062857.jpg
 すると今度はジョウビタキに遭遇・・

b0220251_06064674.jpg
 チョコチョコとは餌を求めて動くものの、近くまで来てくれてこの日一番?の写真が撮れた、この日のシメもそうだったが雪解け後の地面には獲物が結構居るのかも?
 その後ルリビタキにも会えたのだが、ルリビタキは頭上の枝を飛び交って写真には撮れず・・で家路に就いた。

 そのルリビタキを追って居たカメラマンが居たが自分と同じく見失って、アレー・・ルリチャン何処へ行っちゃった?と声を発し、妻はアッチ・・と教えてやったとのことだった。
 ルリチャンとは何と親密な呼び方・・とそのシーンを思い浮かべると今も何故か楽しい気分になって来る。ウオーキングを楽しむ人は好人多し、探鳥の人も然り・・




by funnpepe | 2019-02-13 22:00 | 花・野鳥 | Comments(0)

与那原から那覇空港へ

b0220251_09025389.jpg
 7:00、与那原の宿を出発、国道331で12km先の知念岬公園を目指したがこの区間は2度も走って居るので、国道331沿いに海岸近くの道を選んで走った。

 日の出の時刻は確か7:11だったが、空が茜色に輝きだしたので、自転車を止めカメラを出した途端に輝きか消えてあれー・・だった。

b0220251_09031619.jpg
 どうやら雨雲がかかって来て太陽の光を遮っ様で、雲の流れは速ーい・・と体験。
 兎も角、遊歩道がどこまでも続く感じで、この様子ならどこまでも気持ち良く走れるなーと思った途端、当添漁港で行き止まりに成って仕舞い・・

b0220251_09034106.jpg
 一旦国道331に戻り馬天港から海沿いに走りだしたが又行き止まり・・
 こりゃー流石に効率が悪いとこの辺りから国道331をせっせと走った。

 確か長い登り坂が続く筈?と走ったが思った程でも無いなー・・と思った安座真辺りから斜度が厳つくなった。そうだった厳ついなーと懐かしくも思いながらペダルを漕いで・・

b0220251_09040760.jpg
 8:10、知念岬公園に辿り着く。
 そして国道331はこの海岸線沿いに走るんだなー・・と遥か遠くまで続く海岸線をしみじみ眺めた。

b0220251_15370390.jpg
 知念岬公園は下の展望台へと遊歩道がついて居て、自転車でも降りて行ける様だった。しかし上り返して来る勇気が無くて断念。

b0220251_09051081.jpg
 そして再び国道331で、16.5km先の平和記念公園を目指して走る。
 2014.12月walkaholicさんと那覇空港に向かった時は、知念小学校を過ぎて間もなく県道86に右折して、ニライカナイ橋へと長ーいZ坂をハーハー言いながら上ったが・・

b0220251_15381893.jpg
 この日は2013、12月に走って来た道を逆方向に走る恰好だった。
 太平洋を左に見て丘を上り谷を下りと適度なアップダウンで、曇り空ではあるが海の眺め良し、月曜日だったからなのか交通量も多く無し・・とこの辺りがこの日のハイライトだったかも知れない。

b0220251_09053792.jpg
 2015、12月レンタカーで走った時に寄った奥武島を右に見てやり過ごし(坂道を上り返して来るのが辛いので)、9:15「南の駅やえぜ」に差し掛かかった。
 
 平和記念公園まで頑張って走ろうと思って居たが、お腹もすいて来たしと計画変更して寄ってみることに・・

b0220251_09060526.jpg
 10:00から開店とのことで未だ誰も居らず・・だったが、隣のJAのお店が開いて居て100円の沖縄蕎麦を食べることが出来て、ほっと一息。

b0220251_09064168.jpg
 そんな訳で平和公園は通過して、ひめゆりの塔に差し掛かる手前の交差点で平和創造の森公園へと左折した。
 大きな公園だったが月曜日だったからなのか誰も居らずで寂しくて・・

b0220251_09071461.jpg
 10:10、山城海岸方面の写真を撮って、再び国道331に戻って糸満を目指した。
 
 しかし何故か直に気が変わって、琉球ガラス村の辺りで国道331からコースアウトして、名城方向へと一直線の坂を下った。
 そして此処まで来たら、喜屋武岬まで行ってみようかとも思ったが、距離が伸びそうなので自重して・・

b0220251_09074631.jpg
 国道331に再び合流したが、国道331は港を渡る大橋辺りから自動車専用になって仕舞ったので・・

 歩行者・自転車用の側道で橋を渡り、11:00頃道の駅糸満着だった。

b0220251_09091207.jpg
 此処でお土産かって来てねと家族に頼まれ寄ったのだが、ついでに海鮮丼500円、牡蠣250円も調達し早めの昼食。

b0220251_16220475.jpg
 そして、県道256、県道231、県道221と走って那覇の街まで行って、スーパでラフテー(豚三枚肉の煮つけ)をお土産に買って空港着13:20だった。

 この日の自転車記録は、走行距離71.9km、平均速度11.9km/h、最高速度43.7km/h、走行時間6:02、今回は行き当たりばったりのポタリングスタイルだったがそれも善し?

b0220251_09084940.jpg
 そして家に辿り着くのは遅くなるからと・・
 14:10、早めの夕食でフーチャンブルーを食して沖縄旅の〆にした。

b0220251_09093838.jpg
 那覇空港発15:20、茨城空港着17:50の飛行機だったが、折角の機上旅なのだからと、神戸ワイン300円とおつまみの奄美大島のまめぼっくり100円で寛いで、うとうとして・・
 17:10、富士山が左窓側に見えて、日がちょっと長くなったかな?お彼岸はもう直ぐ?と2月の沖縄旅を楽しめた気がする。

 しかし一週間後の現在も、未だ輪行袋から自転車を出して組み立てる気にはなれず、この儘倉敷に持って行く事になるのかも・・とちょっと気がかり。

b0220251_16352634.jpg
 


by funnpepe | 2019-02-11 21:46 | サイクリング | Comments(0)

浦添から与那原へ

b0220251_10174823.jpg
 自転車を繋いであったスタート会場へと向かったが、途中「U-18 島唄者コンテスト」が始まる様だった。聞いてみようか・・とも思ったが当初の計画通り、宿に戻って荷物を受け取り、織名園を見学してからこの日の宿のある与那原(よなはる)を目指すことにした。

b0220251_10180732.jpg
 那覇中環状線は広くて平らな道だったが、突き当たって左折すと時期にくねくねで上り坂の道になって仕舞った。しかし金城町石畳道の標識が出て来て、ここを左折すれば織名園だよ・・とgoogle mapも言って来たので、狭くて急坂だったが従ったが工事中で通行止め・・

 そんなもんだよなーと戻って直進すると、14:20金城ダムが現れたので自転車を置いて見学したが、地元の人も散策して居たので若しかすると織名園に抜けるかも?と自転車を連れて階段を上り出したが、ハブに注意の看板があって草むら道になってと引き返した。

b0220251_21141382.jpg
 そんな苦労?等々を経て、14:45に漸く織名園に辿り着けた・・とこの時は思ったが、那覇新都心の宿から約5kmしか無かった筈だから今思うと情けない。

 拝観料400円を払うと、良かったら荷物あずかりますよとのことで背負って居たリックを預け、お陰でゆったりと園内を周ることができて感謝。先ずは石畳の道を進むと池が出て来て・・

b0220251_21160346.jpg
 キバナアマが咲いて居た、インド北部~中国原産で3月頃咲く・・とネットに教えて貰ったが最近は園芸店で売ってるよとのこと・・

b0220251_22143129.jpg
 そして、池のほとりの御殿(ウドゥン)までやって来た。織名園(シチナヌウドゥン)は琉球王家の別邸で、一家の保養や外国使臣の接待に使われたとのこと。
 
b0220251_21172907.jpg
 玄関から入って、中を順に巡ったが案内書に寄れば

 日本の諸大名が競って作った廻遊式庭園ではあるが、池の中の島は中国風の六角堂やアーチ橋を配していること・・

b0220251_22154683.jpg
 池の周囲は琉球石灰岩で積みまわす等々・・、琉球独特の工夫がみられるとのこと。

b0220251_10195523.jpg
 御殿は赤瓦屋根の木造建築で、上流階級のみに許された格式ある造りなのだそうで・・

b0220251_21190914.jpg
 冊封使等を迎える一番座、二番座、三番座、台所、茶の間等々・・

b0220251_21194781.jpg
 15もの部屋があるとのことで、御殿の中をくまなく見学させて貰った。

b0220251_10205208.jpg
 外にでると池にダイサギが居て・・

b0220251_22181436.jpg
 イソヒヨドリも来て居たのだが、2025年12月walkaholicさんに連れてって貰った首里城近くの琉球茶房あしびうなあで見たことがあるなあ・・と懐かしかった。

b0220251_10213841.jpg
 園内には数組が居たのみで静かにゆったりと池の周りを廻遊。

b0220251_22200485.jpg
 織名園は沖縄戦で壊滅的に破壊されたが、1975年から約20年の歳月と約8億円を費やして、1976年国の「名勝」、2000年に「特別名勝」の指定を受け、ユネスコの世界遺産に登録されたとの経緯を辿ったとのこと。

b0220251_22212365.jpg
 そして、沖縄の南部地域を見渡せる勧耕台(かんこうだい)と名付けられた所にも周った。
 案内板に寄れば、海が全く見えない大陸的な景色とのことで中国から来た冊封使に対し、琉球は決して小さな国土ではないと訴えたとのこと。

 確かにそんな風に思えるなーと眺めたが、翌日この写真で遠く見える山々の向こうの平和記念公園、平和創造の森公園と走ったことを思うと南部地域は確かに広い?

b0220251_07032654.jpg
 15:40織名園を跡にして県道240で与那原に向かった。

 坂を上って下って約5kmだったから宿に着くのは意外に早かったので荷物を置いて、17:30太平洋を望むあがりディーダ公園までやって来た。

b0220251_07133614.jpg
 沖縄なので夕暮れは未だ未だ・・、浜沿いの遊歩道が整備されて居てウオーキングの人、家族連れで釣りをして居る人、堤防で寝て居る人、様々な情景を眺めながらポタリングだった。

b0220251_07275878.jpg
 お腹すいたなーと、車が一杯集まって居た催し物会場の屋台で恵方巻風の沖縄おにぎりを買って食べ・・

b0220251_07293852.jpg
 18:05、西原きらきらビーチ辺りではそろそろ夕暮れを迎える情景になって来た、前日は日が暮れる頃は寒くなったがこの日は初夏?の暑さだったので、夕涼み感覚だった。

b0220251_07310511.jpg
 日が沈んで行く西側の与那原の街方向を眺め・・

b0220251_07313183.jpg
 18:10、東側の太平洋の眺めを〆にして・・

b0220251_07320374.jpg
 この日は沖縄らしい食物?を調達し18:40宿に戻り、夕食&久米仙ハイボールでひと時を過ごして爆睡。

 走行距離は32.8km、平均速度14.5km/h、走行時間2:15だった、ポタリングも又楽し・・



by funnpepe | 2019-02-11 08:08 | サイクリング | Comments(0)

てだこウオーク2019 2日目20kmを歩く

b0220251_17001939.jpg
 3日(日)は今回の沖縄旅で一番良い天気、朝焼けが綺麗だなあ・・と前日も走った県道251を北上し・・

b0220251_10061958.jpg
 会場には7:40到着、2日目20kmのスタートは8:00だったから1日目に比べちょっとだけ余裕あり?

b0220251_16510818.jpg
 この日も浦添城へと向かったが、8:15安波茶樋川(アハチャヒージャ)、8:20仲間樋川(ナカマヒージャ)を通り、仲間自治会のおもてなしを早速受けて、仲間集落クバサーヌ御獄にも寄って・・

b0220251_16351479.jpg
 8:30浦添城跡までやって来た。

 首里城から伸びて居るゆいレールの軌道が見えて、来年は車両の行き交う情景になるんだなあ・・と思うと、前日とは何故か違った景色に見えて一撮・・

b0220251_17420298.jpg
 そして8:35、浦添グスクようどれ館前のテントでおもてなし、この日もようどれ館をスルーして仕舞ったのが残念(浦添ようどれ・英祖王陵の内部の様子を見るチャンスを2度も逃してしまった)。

b0220251_10072372.jpg
 8:45、浦添大公園の一角にある展望台に差し掛かり、komaiさん達が上って行くので自分も倣って宜野湾を一望、中々の景色だった。

 googlemapを見てみると、どうやらこの展望台の下に「いしぐふー・・」という沖縄蕎麦専門店があった様だった(開店時刻には早かったので気づかず)、今思い返すとゴールしてから自転車で行ってみれば良かったかも?

b0220251_16363352.jpg
 9:05、一日目ゴール前の自治会のおもてなし個所にさしかかり、前日は温かいコーヒが冷たいコーヒになって居てとても美味かった。
 
 今回の沖縄旅で一番の好天に恵まれ、初夏?と行った温かさにこの辺りから感じて居て有難かった・・

b0220251_20595296.jpg
 9:15、アウトドアショップNEOSのおもてなしを受けて・・

b0220251_10075641.jpg
 9:35牧港緑地への長ーい階段をやっとのこと?上り切り、坂を下りると・・

b0220251_21045101.jpg
 20kmコースのチェックポイントだった。

b0220251_10084947.jpg
 10:15、キャンプキンザーに入って、ハンバーグ、ピザ、衣料雑貨のお店の建物までやって来たので入ってみることにしたが・・

 日本円は使えないがクレジットカードなら使えるとのことで、折角来たのだからとお土産に4ドル弱のアーモンド缶を選び、ナツラルと薄塩がかかって居るものがあるよとレジで教えて貰って後者を選んで家に戻って良く良く見ると、PROTEINの文字が書いてあったからおつまみでは無かったのかも?

b0220251_10091453.jpg
 前日歩いたカーミージ橋での海沿いの道と大型商業施設をキャンプキンザー側から眺め・・

b0220251_22094180.jpg
 一部返還されたとは言え、まだまだ広いなあ・・と歩いた。
 inaさんが米軍基地とは言っても倉庫と米軍の居住区しかないのだから歩かせてくれるんだよねーと言って居たが然り・・

b0220251_10093571.jpg
 気温表示電光板には華氏と摂氏の表示があって25℃だった。10:55キャンプキンザーを出て、前日も設置されて居た結いの街給水地点を11:00に通過し・・

b0220251_10100657.jpg
 11:10、此処も前日とは逆方向にやって来てシクワーサジュース、ドーナツ棒等々の小袋を沢山(那覇空港でお土産買わずに済む程?)頂いてゴールを目指す。

b0220251_22330288.jpg
 
 11:45、多分?ここが自治会のおもてなしの最後だったかも?、以前参加した時はサトウキビをかじらせて貰った所かも知れないが、今回は色々なものがあって全種試食はできずゴールを目指した。

b0220251_10105228.jpg
 そして運動公園までやって来て、ヤクルトおっかけファン向けの屋台には軟骨ソーキそば、にんにくチキン、霧降りサーロインステーキ等々の品書きがぶら下がって居たが、それを横目に12:30のゴールだった。

b0220251_10111486.jpg
 荷物を整理し軽い昼食を食べ、inaさんに名古屋で再会すべく別れをつげて、13:10会場を跡にした。

 2019で最初の初夏ウオークだったかも?

by funnpepe | 2019-02-10 08:24 | ウオーキング | Comments(0)

浦添美術館、沖縄県立博物館を見学して国際通りへ

b0220251_07592819.jpg
てだこウオーク1日目を終え、自転車で会場までやって来てしまったので15:00からのパーティに参加するのは諦めて、先ずは浦添美術館の常設展を見学した。

b0220251_07160045.jpg
 常設展はとても静か・・

b0220251_07163410.jpg
 展示室の採光がユニークと何となく思ったが・・

b0220251_07165916.jpg
 見学を終えて美術館の展望台に登って眺めると、こんな独特の外観は採光のため?、なーるほど・・

b0220251_07152292.jpg
 MINIATURE LIFE展ー田中達也見立ての世界ーの特別展は大変な賑わいだったが、入場料が1000円なので断念し・・

b0220251_07172888.jpg
 自転車で宿に戻って、16:30沖縄県立博物館・美術館に行ってみると、ジンベエサメが迎えてくれた。
 名護の美ら海水族館の開館15周年を記念して「ジンベエサメが那覇新都心にやってきた」とほぼ原寸のジンベエサメを設置したとのこと、名護に来た時は来てね・・と言われて居る気がする・・

b0220251_07174920.jpg
 美術館と博物館の両方見ようか、それともどっちか・・と思案したが今回は取り敢えず博物館に・・
 先ずは、ゆいモノレールの一日乗車券もってますか?美ら海水族館の半券持ってますか?70歳以上ですか?と聞かれたが何れも該当せずで潔く?410円を払ったが・・

b0220251_07185024.jpg

 博物館を見学しての感想は、入って良かっただった。随分と館内が広かったからなのか広く薄くと周ったのが反省点。
 兎も角、ヤンバルクイナはどんな鳥?ニワトリよりは小さい?、実物は先ず見られないだろう・・が若し万が一名護以北の山道で遭遇することがあるかも?と写真を撮った。

b0220251_07191373.jpg
 中央エントランスを挟んだ美術館では・・
b0220251_07182523.jpg
 新海誠展をやって居た。入っちゃおうかと思ったが当日券1200円とのことで断念。

 そして家族に頼まれたお土産を探すべく、国際通りへと向かうことにしたのだが・・
 沖縄県立博物館・美術館の処で那覇中環状線と県道251が交叉して大きなビルが並んで居て、広い公園もあって、那覇新都心と名付けられた所以に気が付いた。

b0220251_07194625.jpg
 18:00国際通りまでやって来たが、那覇ハーリは約600年の歴史を持つ伝統の歴史、中国から伝わったもので、嘗ては「泊」「那覇」「久米」の地名を付けた3艘のハーリで競漕したとのこと、「泊」は当時の琉球国(琉球国代表)、「那覇」はやまと(日本国代表)、「久米」はくにんだ(中国代表)云々と解説文があった。

 沖縄は日本と中国の交易地点で、日本人、中国人も沢山滞在して居たのかも・・

b0220251_07201042.jpg
 そして牧志駅前には大きな「さいおん うふシーサ」があって、皆に倣って写真を撮って・・

b0220251_07202765.jpg
 国際通り界隈を散策、いつの間にか日が暮れて・・だったが、この写真でも空がオレンジ色に染まって居るから、前日走って来た波乃上臨港道路にでもサイクリングして居れば、東シナ海に沈む夕日をたっぷり楽しめただろうにとも思う。

 実際の処は塩屋と言うお店では、天ぷら用の塩。お刺身用の塩、野菜サラダ用の塩等々こんなにも塩の種類があるものなのか・・とちょっと感動、そして食事処も意外に多いこと等々も実感。
 そんな夕方の歩行距離は約8.1kmだった、19:30には宿に戻り独り夕食・酒宴をしながらブラタモリを見終えて、即爆睡。


by funnpepe | 2019-02-09 10:15 | 旅行・イヴェント | Comments(0)

てだこウオーク2019 1日目30kmを歩く

b0220251_17231116.jpg

 約5kmで辿り着けるのだから・・と、うれあいパーティに参加するのは止めにして県道251を自転車で走って、7:20に会場に辿り着いた。ツバクローがTシャツ玉を2,3発打ち上げて7:30にスタート。

b0220251_17232789.jpg
 8:00浦添城跡(①浦添八景)にやって来た、12世紀から15世紀初頭に琉球王が居城したこと、1609年薩摩軍に進攻され消失、太平洋戦で米軍と約3週間に渡って争奪戦を繰り返したこと等々要害の地であることはウィキペディアに教えて貰った。

 そんな浦添を歩くこの日のコースは、確かにアップダウンの繰り返しだったなあ・・と今振り返ると思えて来る。

b0220251_05085976.jpg
 そして浦添ようどれ(②浦添八景)に行くのはこっちだよ!の看板があったので石段を下りて行くので勇気が要るが、兎も角コースアウトして・・

b0220251_05123705.jpg
 城壁と岩の間を通り抜けると・・

b0220251_17241336.jpg
 琉球のお城らしい雰囲気になって・・

b0220251_05180827.jpg
 断崖をくりぬいて、この中に英祖王陵、尚寧王陵があるとのことで、来た道を引き返した。

 コースに戻り8:10、浦添ようどれ館(ようどれとは夕凪を指す琉球語とのこと)で先ずは最初の給水所でこの日最初のおもてなしを受けたのだが、なんと此処に英祖王陵の内部が実物大で再現されて居るとのことだった。肝心要の見学スポットをスルーして仕舞って残念無念。

b0220251_17244219.jpg
 この牧港川を渡る「当山の石畳道(③浦添八景)」は宜野湾、浦添、首里と繋がる普天間街道の一部で全長200m、幅4.5mで17世紀後半に整備されたとのこと、数年前のてだこウオークで首里城から中城へのルートもこんな道があったことを思い出す。

b0220251_17250830.jpg
 そしててだこウオークの特徴は、8:25の当山公民館から始まって・・

b0220251_05290265.jpg
 そして、8:40、9:10、9:30と各自治会のおもてなしを受けながらのウオークでこれ又楽し・・

 此処まで書き進んでコースがくねくねしているのはそんなおもてなし地点を周るべくコース取りして居るのかも?とも思えて来る。

b0220251_05312356.jpg
 10:10、ゆいレール「石嶺駅」に差し掛かった。えーこんな駅あったけ?とこの時は思ったが此処まで書き進んで調べて見ると・・

 終点の首里駅から石嶺、経塚、浦添前田、てだこ浦西と4駅が今年には延伸・開業予定とのこと(去年の名護サイクリングでは首里の3つ手前の古島駅で降りて仕舞ったが、何時かてだこ浦西駅まで乗ってみたいもの・・)。

b0220251_17263781.jpg
 10:30首里城までやって来た、2016.12月許田から那覇空港へのサイクリングで此処に自転車で辿り着き、何時か首里城外回りのウオーキングルートを歩きたいものと思ったが、どうやらそのコースを歩けせてくれる様だった。

b0220251_17270030.jpg
 経世門の前を通り・・

b0220251_17275846.jpg
 とある民家の庭に見事に咲いた桜が・・とカメラを向けると、一緒に歩いていたhiraiさんがほらメジロと教えてくれた。メジロはチョンチョンと飛び回り中々カメラに収まらない。しかしこのメジロはこの桜の蜜を飲むのに徹して居る様で飛んで行って仕舞うことは無く・・

b0220251_17273377.jpg
 気のすむまで撮らせて貰った.hiraiさんに寄ればメジロは柿も好きで、メジロがやって来ればその木の柿は食べ頃・・とのこと。

b0220251_17292535.jpg
 10:40、中々雰囲気良しの街並みだなあ(歴史散歩の道、ビジガービまーいと案内の標識があった)と写真に撮ったのだが、googleマップに寄ればサガリバナ並木となって居たのは此処まで書き進んで判ったこと、サガリバナは果たして咲いて居たのか居ないのか?がこの目で確かめられなかったのが残念。

b0220251_20400045.jpg
 そして急坂を上ると・・

b0220251_17294656.jpg
 10:45、崎山公園の雨乞獄展望台から那覇の街を見下ろした(崖の下には金城ダムがあって、翌日のウオーキング後織名園を目指して自転車でウロウロすることに成ろうとは・・)。

b0220251_05344800.jpg
 そして、崎山御獄、守礼門入り口、弁財天堂と歩いて来ると、龍潭池(りゅうたんいけ)にはこんな沖縄らしい?ニワトリ大の鳥が数羽居て一撮。

b0220251_17310614.jpg
 そんな首里城公園を抜けて、11:55、12:20と自治会のおもてなし。この内間公園では丁度お昼頃だからとの配慮なのかジューシのおじやだった。
 更に12:35、山原シーカーサジュース、美ら豆等をいただき、12:50結の街で給水&チェック、そして国立劇場おきなわの前を通って・・

b0220251_05520233.jpg
 今年からの新ルートだよ・・と名護のhikariさんも言って居た東シナ海を左に見て、カーミージー橋を目指す、この日後半のハイライトと言っても良い区間だった。
 どうやら去年3月31日キャンプキンザーの一部が返還されたことに寄るもの?官官房長が米軍基地返還とその後の活用策についてアッピールして居たのは此処だたのかと自分の記憶と繋がった(普天間基地返還策も常にあらゆる方策を検討すべし・・の観点から辺野古の埋め立ては早く確実に進めて置くべしと自分は思う)。

 大型商業施設が2019夏に開業するとのことだが正にそんな仕上げの工事を右に見て・・

b0220251_06053490.jpg
 そして漸く13:30、カーミージー橋までやって来た。
:
b0220251_17320484.jpg
 橋の上からの東シナ海の眺めは正に絶景、浅瀬に人が入って居ていったい何を採って居るのかな・・と写真を撮ったがその後そんな海の幸をいただけたのだった。

b0220251_17322572.jpg
 長くて高い橋だったから、自転車で走るには結構きついかも?橋を下りると国道58に繋がる牧港大橋は自動車専用道になって仕舞うのが惜しいが、何時か自転車でも走ってみたい・・

b0220251_17324610.jpg
 そして13:50、港川自治会のおもてなしはアオサ汁のおもてなしだった。さっきアオサ採って居るの見たでしょ、アオサにだし汁をかけたものだよと教えて貰った。

 そう言えば随分と前にこの大会に参加した時此処でアオサ汁をいただき、キャンプキンザーに向かったこと、その入り口が大型商業施設が出来て居る辺り・・と遠い記憶が蘇って来た。

b0220251_17331554.jpg
 14:10国道58号を横切って、14:15この日最後の自治会おもてなしをいただいて・・

b0220251_17333510.jpg
 漸く浦添大公園までやって来た、ヤクルトがキャンプでやって来て居てそのおっかけファン、おっかけファン向けの屋台等々大賑わい・・

b0220251_17335936.jpg
 ゴールの浦添体育館はすぐ其処なのだが、折角きたのだからバッティング情景も見て行こうかと球場にも入って、14:50のゴールだった。
 30kmコースだから遅くとも14:00位にはゴール?と思って居たが、大幅に遅れて仕舞ったのはすべてのおもてなしをいただいたから、コースがあっちにまがりこっちにまがりとくねくねしていたから、それともアップダウンが多くてスピドがでなかったから・・

 この日のコースは前回参加した時の42.195kmコースにあった中城付近のひまわり畑、北谷町のアラハビーチには行かなかったが、中味は濃かった。

by funnpepe | 2019-02-08 06:29 | ウオーキング | Comments(0)

浦添てだこウオークへと輪行旅

b0220251_10132948.jpg
 2月1日(金)自宅を出た時は前夜の雪はすっかり消えては居たが、水戸線の岩瀬を過ぎた辺りでほんのりと雪化粧した情景になり・・

b0220251_19543279.jpg
 友部から常磐線で石岡までやって来ると雪は結構降ったのかも!になり、石岡駅から空港迄のバスはガリガリと氷の残雪を踏む音を立てながら走って、果たして飛行機が飛んでくれるだろうか?と不安の中、9:30に茨城空港に到着。

 自転車を預けロビーに行くとkaneyannさん達が居て一安心。

b0220251_10134707.jpg
 そんなハラハラドキドキの輪行だったが、予定通り11:05発の飛行機に乗ることができた。

 那覇空港が混んで居て、アゲインストのジェット気流が激しくてと約10分遅れで那覇空港に到着し、自転車を組み立て14:50空港をスタート。

b0220251_16410571.jpg
 国道332で国場川に架かる明治橋を渡り左折して、「波乃上臨港道路」へと向かった。沖縄にしてはちょっと空気が冷たいと感じたが、茨城空港は雪の情景だったのだからそんなもの?。15:45「那覇うみそらトンネル三重城タワー」迄やって来た。

 那覇空港から飛び立っていく飛行機を眺め・・

b0220251_19552061.jpg
 この巨大な建物の三重城タワーとはいったい何?と辺りを周ったが、人影は見えず廃墟?と思う程だったが、どうやらこれはトンネルの排気口とのことだった。

 嘗て三重城(みえぐすく)があって那覇港から旅経つ人を見送る場所でもあったとのこと、この辺りは昔も今も沖縄の玄関と言った処。

b0220251_19555510.jpg
 那覇空港から自動車なら那覇西道路のトンネルを抜けて、この「波の上うみそら公園」の景色が見えるのかも知れないが、いつも自転車で那覇の街中を突き抜ける自分は初めて・・、晴れの夕方ならきっと夕焼け空が真っ赤かーの素晴らしい情景になるのかも?

b0220251_19562397.jpg
 ダイビングシュノケーリングエリアの看板もあって、丁度そんなグループが丁度泳いで行く処だった。陸に居るのは自分のみで寂しい・・

b0220251_19565410.jpg
 「波乃上臨港道路」を行くと、左に「那覇西道路」、左に「波上宮」、そして下には「波の上ビーチ」があってと、自転車でも那覇の街を迂回できるルートの様だった。

 翌日浦添てだこウオークで歩いた「カーミージー橋」を歩くコースに繋がって居ることも後で判った。風が強くなければ名護に向かって東シナ海を左に見て快適サイクリングになるのかも?(但し大きな橋を3つも越えなければならずアップダウンを走り抜ける覚悟要)

b0220251_19572328.jpg
 先ずは「波の上ビーチ」に架かる橋を降りると、「那覇西道路」との合流し左に那覇クルーズターミナルが現れた。この日は豪華客船は来て居なかったのでひっそり・・

b0220251_19574151.jpg
 そして2番目の泊港に架かる大きな橋の一番高い処から泊漁港を見下ろして・・

b0220251_12033759.jpg
 那覇クルーズターミナル方向を一望し・・

b0220251_12055003.jpg
 16:30、泊漁港の「泊いゆまち」までやって来た、沖縄の方言で「いゆ」は魚、「まち」は市場とのことだから泊魚市場と言った処で、まぐろの刺身等々のお店があったのだった。外国人も居たから知る人ぞ知るの有名スポット?。この日は独りだったし此処に来る前に「にしのまち市場」と言うスーパで、夕食分を調達済なので残念ながら買うのを断念。

 こんな処があると知って居たなら、昨年12月の名護やんばるウオークの後美栄橋付近の宿に辿り着く前に、此処に寄ってまぐろの刺身大皿等々を調達し皆で食べたら美味かったろうな・・と思う程安くて美味そうに見えて仕舞った。

b0220251_12464208.jpg
 そして国道58から那覇中環状線をちょっと走ると沖縄県立博物館美術館(おきみゅー)が見えて、この日の宿は直ぐ其処だった。
 
 走行距離14km、走行時間60分とわざわざ自転車を連れて来て走るコースでも無い?と数値の上ではなって仕舞うが、大きな橋を2つも乗り越えて漸く宿に辿り着けてと、其れなりの達成感を持ちながら(昨年12月の名護以来と久しぶりのサイクリングだったからこんなもの?)・・

b0220251_19582990.jpg
 シャワーで汗を流し、この日の独り酒宴は「にしのまち市場」で調達した①緑黄色野菜ミックス+チキンドラム唐揚げ、②タラの芽天ぷら、③揚げ豆腐、④フチナーいなり、⑤じゅうしいパック、⑥ビール、⑦炭酸割久米仙だったが、全てを消化することはできず・・

 若しや前夜の雪でJRが止まり、飛行機も飛ばなくて・・と最悪の想定を乗り越えて、ほぼ予定通りに浦添ウオークの前夜を迎えられてホントヨカッターと、いつの間にか爆睡。


by funnpepe | 2019-02-06 17:14 | 旅行・イヴェント | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

なーる程!襞(ひだ)なん..
by funnpepe at 11:05
彫刻を観に行かれたようで..
by 怪鳥 at 09:41
帰りを津和野から電車輪行..
by Walkaholic at 09:29
楽しい自転車旅に成る様祈..
by funnpepe at 11:50
お返事ありがとうございま..
by 宇広(Takahiro) at 19:17
普通の路線バスだから乗れ..
by funnpepe at 20:30
突然質問失礼します。横川..
by 宇広(Takahiro) at 12:16
> Walkaholic..
by funnpepe at 18:13
キオンと言う花なんですね..
by Walkaholic at 15:59
この花を摘んで投げ渡し ..
by Walkaholic at 15:39

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

2019 栃木県民の日
at 2019-06-18 22:00
桐生散歩
at 2019-06-14 22:30
ロマンチック村でさつき観賞
at 2019-06-11 22:00
筑波から葛西臨海公園へ、小貝..
at 2019-06-08 09:01
雨引の里めぐり、そして筑波へ
at 2019-06-05 22:50

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧