カテゴリ:ウオーキング( 273 )

鎌倉歴史探訪ウオーク 亀ケ谷坂切り通し12kmを歩く

 宿は由比ガ浜・海浜公園のすぐ近くだったので、日の出を拝すべく先ずは海へと何時もなら目を覚まして思う処だが・・

b0220251_19341919.jpg
 この日は曇りでとても寒くてと、早朝のひと時は屋内に閉じこもった。地下に綺麗な浴場もあって、共有スペースには新しいアップルのパソコンが2台程並んで居たので、触ってみようか・・とも思ったが、マイスマホで時間を過ごした、居心地が良くて又泊まってみたいと思う宿だった。

b0220251_19350319.jpg
 そして、ワンプレート500円の朝食も、豆?アサリが入ったスープも濃厚で味も中々だったし、フランスパンも温かくて柔らかく、美味かった。
 
b0220251_19354511.jpg
 8:15頃宿を出て鎌倉駅から電車に乗って、9:00頃本郷台駅に到着。
 受付を済ませスタートを待つ間、冷たい風が吹きつけて来てとても寒かった。スタッフの人達もこりゃー寒くてとても堪らんと思ったのか、9:30になったら出発式やりますよーとハンドマイクで呼びかけてくれる程・・

 寒いからくれぐれも怪我の無い様に・・と入念にきちんと準備体操をしてから、9:45頃のスタートだった。

b0220251_19360472.jpg
 10:25、荒井沢市民の森から山道を上り尾根歩きになった。どうやら峠越えして鎌倉散在池(サンザイケ)へと向かって居た様だった。

b0220251_19362614.jpg
 鎌倉パブリックが左下にちょっと見えて、10:30尾根道まで山を切り開いた山畑に差し掛かる、山畑のずーっと奥に見える街はこの日スタートして来た本郷台辺り?約1時間弱で此処まで歩けて凄い!とも思えるが本当のことは判らない。
 そして鎌倉パブリックも見えたし、この日歩いた尾根道は鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)の一部を歩いたのかも?とも思ったが本当のことは判らない(どうやら天園ハイキングコースとはずれていたのかも?)。

b0220251_19364712.jpg
 10:45、鎌倉湖墓苑近くに坂を下りて、山道歩きが漸く終ったとやれやれ・・

 鎌倉八幡宮で落ち合ったtatikiさんは大船駅からの「巨福路坂切り通しコース」を歩いて来たとのことだった、鎌倉湖が良かったよーと教えて貰ったが、その鎌倉湖が散在池であることが此処まで書き進んで判明。
 そして、コース通りに滝の入り隧道へと直進したが、左折してちょっと鎌倉湖ルートを歩くのも有り?だったことが判明。今年で鎌倉歴史探訪ウオークは9回目の筈なのに、鎌倉の土地勘が全く無いのを猛省するしかない。

b0220251_19370445.jpg
 11:00、今泉台の住宅地を過ぎて・・

b0220251_19372380.jpg
 11:30、亀ケ谷切り通しを通過。結局、巨福呂坂切り通し、化粧坂(けはい)坂切り通しとはお隣りであることも判明。
 11:40、寿福寺のトイレを借用し、鎌倉市川喜多映画記念館の散策路(超短かったが)を通って、鶴岡八幡宮に辿り着く。

b0220251_19375558.jpg
 すると、touさん、tatikiさんに遭遇。此処から3人でゴールへと向かい、12:10のゴールだった。例年通り年末ウオーキングらしい雰囲気を感じながら、12:35ゴール会場を跡にした。
 距離が12km前後と短いこともあって、昨年までサイクリングと絡めての参加だった。この日のことを思い返し、7つの切り通しを一挙に歩くマイルートを作って、鎌倉を歩いてみようか?紅葉が残って居て、できれば富士山が良く見える時期が良いかも?等々鎌倉の土地勘を養うべくアイディが浮かんだ、何時かチャレンジしたいもの。

 そしてこの日は、touさん、odawaraさん、walkaholicさん、harumamaさん達と、鎌倉駅近くの竹扇と言う蕎麦屋さんで今年の〆のアフターだったが、蕎麦を肴に日本酒がとても美味かった(鎌倉からの帰りはグリーンで一杯が何時ものパターンなのだが、この日は蕎麦を肴の日本酒に勝るもの無し・・)。

b0220251_19381487.jpg
 今年のウオーキング&サイクリングの遠征記録は、歩行距離:536km(生涯累計:15456km)、大会参加数:23回(生涯累計:524回)、サイクリング距離:1560km(生涯累計:8437km)だった。来年も同じ位の数値に成る様、精進努力すべし・・と書いて置きたい。


by funnpepe | 2018-12-27 22:00 | ウオーキング | Comments(0)

東京・日比谷公園から横浜・赤煉瓦パークへ

 例年汽笛一声ウオークと翌日の鎌倉歴史探訪ウオーク絡みでテレビのニュースも見て居ないから、皇居近く迄来て居るのに天皇誕生日の一般参賀の様子は判らない。汽笛一声ウオークは今年?まで天皇誕生日にやるよと決まって居るのだから、過去一回位は川崎をゴールにするかそれとも川崎をスタートにして、ウオーキング後天皇誕生日の皇居の情景を見て置いても良かったかも?と今にして思うが後の祭り・・

(横浜・赤煉瓦パークにゴールした後、〆の飲み会のことのみを楽しみにして居た自分につくづく反省?)

b0220251_19355530.jpg
 朝は例年に無く、手袋が要らない位の温かい日だった。皇居方面には各種車両が並んで居る様子を眺めながら、有楽町から皇居、日比谷公園へと向かった。
 日比谷公園にはクリスマス&年末関連のイヴェント絡みのテントが沢山並んで居たが、その片隅のスタート会場に8:00頃辿り着き、8:30頃のスタートだった。

b0220251_19361154.jpg
 例年通り箱根駅伝コースにもなって居る増上寺方面へと向かったが、前後に同好の志のウオーカの姿があるのだがこの日は全く見えない。マップをよくよく眺めると、何と汐留へと向かって旧新橋停車場跡へと向かってチェックの印を貰うべしとなって居たが既に遅し・・
 先ずは増上寺の山門に入って、この日は大殿(本堂)裏の(時間が早すぎて、有料でと入れなかったが)徳川将軍家墓所まで行って、泉岳寺へと向かった。

b0220251_19362480.jpg
 途中、東京タワーの下を通った、社会人1年目の時確か学会発表で来たよなー、でもあの展望台迄あがったっけ?と微かな記憶を辿ったが、toshioさんに機会振興会館は隣の建物だよと教えられて納得。


b0220251_19364320.jpg
 麻布十番、元神明宮、魚籃坂、駐日イタリア大使館、高輪・・等々聞いたことある地名を辿り坂道を上って下って、慶応大学の前を通過。
 下宿のおばさんが昔、かつ丼等々のお店をやって居たのはこの辺りだったかも?、三田の垢ぬけした学生と比べ、あなた達のドテラ姿に内心びっくり・・と、今年9月の同窓会で当時の自分達の様子を揶揄されて大笑いだったが、何となく垢抜けした雰囲気だなあと確かに?思えた。

b0220251_19370090.jpg
 9:50旧細川家のシイを見て、9:55旧細川家跡で東京都指定旧跡「大石内蔵助外16人忠烈の跡」、そして10:05泉岳寺へと散策した。増上寺から品川駅へとアアプダウンの連続で、東京都心は結構山あり谷ありなんだなあ・・と実感。

b0220251_19371592.jpg
 品川駅近くから旧東海道に入り、浜川砲台跡辺りまでやって来た。土佐藩下屋敷警備の為坂本竜馬もこの辺りに来ていたとのこと・・

b0220251_19374111.jpg
 そんな縁があって、立会川竜馬通りと名付けられた一角に、この坂本竜馬像が出来た様だったが訪れたのは初めてだった。 
 そして、11:20鈴ヶ森刑場跡に辿り着き、この辺りの名所旧跡巡りは終了したからと、大森海岸駅から電車を利用して・・

b0220251_19380566.jpg
 川崎駅から13kmをきっちりと歩くべくスタートしたが、雨が降りだして空気も急に冷たくなって、結局川崎駅から電車に乗って・・

b0220251_19382210.jpg
 横浜・赤煉瓦パークへは約2kmのウオーキングになって仕舞った。

 そんな訳でこの日の歩行距離は15km位だったかも?この日はgpsロガーも作動して居らず距離も軌跡も残って居なかったのが残念(ポケモンGOの週間歩行距離50kmも未達成に終わって仕舞ったのも残念無念)。

b0220251_19384195.jpg
 この日は途中で、寒くて雨が降っては居たものの、折角東京まで出て来たのだから・・と何時もならウオーキングに拘わる処ではあるが、今思い返すとこのアフターがこの日一番のイヴェントと始めから思えて居たのかも? 
 この12月で八十八を迎えるtouさんの健脚を祝して、関内駅近くの居酒屋で、ハタハタの唐揚げ(大きかった)、マグロ等々の刺身、串焼き、横手の焼きそば、キリタンポ鍋・・等々秋田料理とお酒を堪能。

b0220251_19385452.jpg
 (勿論このアフター写真の中には、正規コースを歩き切ったウオーカが複数名居たことも、散会して複数名で鎌倉の宿に辿り着き、風呂に入って〆の一杯を楽しんだことも記して置きたい。このお店を見つけてくれたwalkaholicさんに感謝、ボケさせずにしっかり写真を撮ってくれたtoshioさんに感謝。)
by funnpepe | 2018-12-26 20:45 | ウオーキング | Comments(0)

第31回なごやんばるツーデマーチ 2日目 名護湾・大浦湾ちゅらながみーコース 23.3kmを歩く

b0220251_08185647.jpg
 いよいよ今年も名護での最終日、20kmコースと決めては居たが例年通り40kmコースと同じく7:00にスタートしたので、未だ暗闇の中を歩いた。
 毎年歩いて居るコースだし、この日20kmを行くkikuchiさん、touさん、yosihioさん、hirokoさんも一緒の約20人位の大集団だったし・・と標識もマップも見ずに、オリオンビールの工場を目指せば良い筈と歩いたのが間違いだった。

b0220251_08191295.jpg
 大西トンネルの手前で南下すれば良かったものの、大西トンネルを抜けて南下したので、羽地内海に繋がる県道71に誘導されて仕舞い、漸くオリオンビールの工場の横を抜けて大きな橋を渡り、7:55漸く名護湾を見下ろす地点までやって来てやれやれ・・だった。

 そんな訳で前後に殆ど人は居らず寂しかったが・・

b0220251_08192850.jpg
 峠を越えて下り坂になり2番目のトンネルに入った辺りで、前方に人影が見え、アグー村へと左折して間もなくyoshioさん、hirokoさんに遭遇。どうやら2人は我々より早く正規コースに復帰して居た・・

b0220251_08194199.jpg
 第30回の去年の記念大会から引き続き、今年も大浦マングローブロードを歩かせてくれるのが思いがけず有難かった・・。生憎雨が降って仕舞って・・



b0220251_08200154.jpg
 この浮橋の上を歩くのみになって仕舞ったが、hirokoさん、yoshioさんがあれ何?と声を発した。
死んで魚が浮いて居る・・と思ったが念の為カメラを向けてシャッターを押して居る内に、水中に潜って仕舞って見えなくなった。

b0220251_08203349.jpg
 家に戻って拡大して見ると幸運にもこんな風に撮れては居たが、魚の名は判らない・・

b0220251_08211244.jpg
 9:25、11.1km地点のわんさか大浦パークでチェックのスタンプを貰い、今年は二見バイパスの下を潜る旧道を歩いた。少し遠回りだったかも知れないがそれなりに新鮮。
 やがて国道329に合流し去年と同じルートになって、10:00、14.7km地点の二見の里で今年も給水。そしてしばらく歩いて居る内に30kmコースのitaさんがやって来てと去年と同じ様なパターンだった。

b0220251_08214677.jpg
 ひんぷんカジュマル地点ではyoshioさんとhirokoさんはサガリバナを見に行くよとの事で別れたが・・

b0220251_08220194.jpg
 マンホールカードを貰う所で再び遭遇、11:25、22.0km地点の名護市営市場では、10kmコース、3kmコースの人達は既に行って仕舞ったかどうかは判らないが我々4人のみだったので、あれもこれもと一通りたっぷりと頂いてからゴールへと向かい、11:50頃のゴールだった。
 この日は雨が強かったが、大浦マングローブロードでマングローブ、そして幻の魚が見えたし、二見バイパスの下を潜る旧道の雰囲気だったとそれなりに楽しめて満足。



by funnpepe | 2018-12-16 22:30 | ウオーキング | Comments(0)

ウオーキングアフターは名護観光&ウオーカふれあいパーティ

b0220251_18095203.jpg
 ウオーキングを終えてさて16:30からの上ってウオーカふれあいパーティ迄どう過ごそうか?、取り敢えず思い付いたのが名護パイナップルパークに行って見ようか・・だった。この日の40kmコースの途中にあり自転車ならすぐ其処?の筈だからとやって来たが結構坂道を上るのは辛かった。

 優待券等々持ってますか?と窓口で聞かれ無いと応えたが、若しかしてやんばるツーデマーチ参加して居る人?、ゼッケンを見せてくれればアイスクリームサービスですよ!と教えて貰った、先ずは入り口横のアイスクリーム屋さんで頂き、自動運転の車に乗った。

b0220251_18101117.jpg
 4,5人乗りの車で、家族連れ、グールプなら一緒に乗って所々に止まって写真を撮ってくれる様なのだが、独りなのでその機能は無しにして貰いアイスクリームを食べながら温室内の坂を上り下りして、ほぼ園内をくまなく周り小山の頂上付近が終点だった。
 
 折角来たのだから温室の外に出て、パイナップル畑の写真を撮ってから温室に戻り、温室内を3次元的に配置した遊歩道を歩いて戻る。

b0220251_18123086.jpg
 やっぱり温室内のバナナは、この日20kmコースの途中で見つけた野生のバナナよりは立派だったし・・

b0220251_18103518.jpg
 こんな観葉植物もあった、空中回廊からすぐ近くで見られるので殊更綺麗・・

b0220251_18110037.jpg
 そいて所々にベンチもあって南国の雰囲気を楽しんだ。

b0220251_07295350.jpg

 山の斜面を温室で覆い、温室内の天井近くまで空中回廊を巡らしてくれて居るので、植物を上から下から、近くから眺められたと中々の構想だなあと感心。今自分はどの辺りに居るかは判らないが誘導の矢印に従って園内をくまなく歩き、約1時間南国の雰囲気を楽しませて貰った。

b0220251_18132076.jpg
 そして宿に戻る途中に、harumamaさん、walkaholicさんに遭遇、40kmコースから今帰仁城へコースアウトしたのだが、ワルミ大橋への道を誤り戻って来たとのことだった。

b0220251_18133791.jpg
 そして宿近くの、「宮里前のうたぎのハスノハギリ林」も散策、昔はこの辺りまで長い砂浜があり、ハスノハギリ林が続いて居たとのこと、そして名護の海岸にはイルカも来て居た等々案内板に書かれていた。会場近くにこんな所があったとはと新発見?

b0220251_18135951.jpg
 宿に戻って汗を流し着替えして、ウオーカふれあいパーティに参加した。去年はなし崩し的に立食形式から椅子になったが、今年は初めから椅子だったお陰で、最後の宴会時間まで帰る人もなく大いに盛り上がった。

 この日の天候は今一だったが、その分ウオーキングアフターは南国らしさを満喫!宿に戻って、komaiさん、aso-さん、touさんと歓談、爆睡。今年で一番時間があっと言う間に過ぎて行ったかも?と思えても来る。

b0220251_18142243.jpg




by funnpepe | 2018-12-16 07:10 | ウオーキング | Comments(0)

第31回なごやんばるツーデーマーチ 1日目 勝山と屋部みどりの道コース 21.4km

b0220251_16471110.jpg
 今年も21世紀の森屋内運動場にやって来た。2014年から5年間連続参加して居るが何故か今年は参加を見送ろう・・にはならない。この時期開放感一杯で歩け、自転車で走れるのは沖縄県のみと来る毎に思えて来る。

 今年は久しぶりに6:30スタートの40kmコースを行こうかな・・と思って居たが、雨模様の曇り空だしワルミ大橋、古宇利大橋辺りの景色もきっと今一?、未だ去年歩いたのみの20kmコースに行くことにして、8時のスタートに併せてやって来た。
 6:30のスタートでは未だ真っ暗の中を歩くが、すっかり明るくなって居るのも良いもの・・

b0220251_17092696.jpg
 そして会場も40kmコースに較べると、やっぱり参加者数は圧倒的に多くて会場は賑やかだった。

b0220251_16472610.jpg
 大西トンネルを潜って街中を抜けて、屋部川沿いへの小路に入った。ぷうみちゃと呼ばれる丘があってその岸壁にお墓があるよとマップに書いてあったが、素通りして仕舞ったのは去年に引き続き残念。

b0220251_16475678.jpg
 9:05、県道72に入り、いよいよ登り坂になった。

b0220251_12371402.jpg
 そして上り坂は延々と続いた、touさんは何時の間にかずーっと先まで行って仕舞った。しっとり湿った森の中なので、時々沖縄だなーと思う花が道端にさいて居るものの、若しやハブが叢に紛れて潜んで居るやも・・と、退屈区間だった。もうそろそろ勝山シークワーサの給水ポイントが出て来る筈なのに一向に現れない。

b0220251_16490699.jpg
 そして急な下り坂になって仕舞った、勝山シークワーサはやり過ごして仕舞ったのかも?それともコースが変わったのかも?と不安の内に先を急いだが・・

b0220251_17103489.jpg
 10:05、12.1km地点の勝山シークワーサが現れた、シークワーサの汁を水で薄めたもの、更に甘味を加えたものを夫々いただき、此処で待って居てくれたtou さんと歩き出す。

b0220251_16492187.jpg
 あれば瀬底島?それとも伊江島?と素晴らしい景色を見ながら坂をくだった。今年は、12.6km地点の「安和のくばのうたき」は気付かずに通り過ぎて仕舞ったが・・

b0220251_17110979.jpg
 名護湾に出て、国道449に沿ってゴール迄ずーっと名護湾、東シナ海を眺めて歩く、謂わばハイライト区間になる。曇天だったがやっぱり良い眺めだなーと思いつつある居たが、写真のお気に入りポイントはやっぱり去年と同じだったかも?

b0220251_16494680.jpg
 この景色見てるよなーとは思うものの、ゴールはこの写真の一番右辺り?と思うと、今年来た証に写真をパチリ・・

b0220251_16500775.jpg
 そして11:10、21世紀の森ビーチまでやって来て・・

b0220251_16502593.jpg
 そして今年も氷かけぜんざいをいただいた。去年は冷たくて食べきるのが大変だった記憶があるが今年は、もう一つ戴きたい!と思う位に甘くて冷たくて美味かった。
 夏に我が家でもやってみようかと思ったり、この時期かき氷をいただけるなんて、名護にきてこその御接待だなあと、つくづく思う。

b0220251_16504661.jpg
 この21世紀の森ビーチでは、3kmコース、10kmコースと合流して居るので、家族連れのウオーカで一杯だったから、此処からゴール迄は東松山並み?に人の流れに逆らわず歩き、11:40のゴールだった。

b0220251_16510325.jpg
 ゴールすると、名護市健康推進課のアンケートに応え、健康に良い食物をいただいた。ジューシは豚バラ肉とヒジキやニンジンを豚肉のゆで汁や昆布のだし汁で炊き込みご飯とのこと、そしてゴマ豆腐(那覇空港のお土産さんで同じ様なものを偶然見つけた)風?、キュウリの沖縄風和え物?今思えばパネルをよく見て作り方等々よく見て来れば良かったなあ・・と反省。

 そして、ウオーキングは20分以上すべし・・とアンケートの問いに答えて、ハイ正解ですよと言われると嬉しかった。この処ポケモンgoでのみ距離稼ぎのノンビリウオークだったが、最低20分以上一生懸命歩かねば・・と、この日のことを思い返し改めて思う。

b0220251_16513142.jpg

by funnpepe | 2018-12-15 16:44 | ウオーキング | Comments(0)

ピースウオークひろしまツーデ2日目 世界文化遺産「原爆ドーム」と広島城等 23kmコース

b0220251_16420567.jpg
 inabaさんの激が終わってこの日も9:00に成るのを待ってスタートだった。kokufuさんもkudo-さんも広電往復の10kmコースを行くとのことだった。yoshioさんが若しかするとwalkaholicさんもそっちにしようかと迷って居たと教えてくれたので、暫し歩みを止めて様子を見る内に、walkaholicさんはやって来た。

b0220251_16422875.jpg
 この日のコースを振り返ると、世界文化遺産「原爆ドーム」も広島城も後半の約10km辺りからその雰囲気が味わえるのだから、10kmコースを選んで+α狙いの方が無難だったかも?とも思えて来る。
 そんなことは露ほども考えず広島湾を右に見て、互いの埋立地間に橋を架け一直線につなげる道を歩いた。

 9:50、なぎさ公園に入ると・・

b0220251_16424459.jpg
 太くて短いバナナを頂いた。硬めだったがとても美味かった。広島のバナナは美味い、スーパに寄って広島ではみんなこんなバナナを売って居るのかと確かめたくなる程だった。

b0220251_19494177.jpg
 そして堤防のあっちこっちに釣り人が居て・・、前日楽しませて貰った宮島も見えたし、弥山から見えたのもこの江田島、能美島、倉橋島だったかも?

 地図を見ると夫々の島は呉市から橋で繋がって自転車でも行けそう・・前々日のサイクリングはこの島めぐりも有りかも?歩くにつれ広島湾の土地勘が備わって来るのが嬉しい。

b0220251_16441475.jpg
 10:30、8.3km地点のかき小屋を通過、若しやこの日も牡蠣が食べられるかも?と一瞬期待が湧いたが、未だ開店前だと言うのに長ーい列ができて居て叶わず・・だった。
 そして10:50太田川沿いに遡る、大きな鯉も泳いで居たし・・、滅多には釣れないだろうが大きなブリが釣れるとのこと。walkaholicさんは偶々そんな情景を見られそうになったが、釣り糸が途中で惜しいことに切れて仕舞ったとのことだった。

b0220251_16443591.jpg
 11:00、広島高速3号線の橋の歩道で一本目の太田川、2本目の天満川を渡ってから、3本目の太田川の左岸を遡った。
此処まで書く進んでマップをよく見ると、3本目の太田川には本川と書いてあり、川幅が広かった1本目の太田川は山陽新幹線からちょっと北方辺りで分岐して放水路として拓かれたもの、2本目の天満川は広島城辺りで分岐して居る。
 NHKのブラタモリで広島の街は扇状地と紹介されて居たのはこのことか・・と納得。

 11:45、舟入橋を渡って太田川(本流)の左岸歩く、この辺りから広島の街中に入ったのかなーと感じる様になった。そして原爆ドーム辺りで太田川から分岐している元安川の左岸を遡り・・ 

b0220251_16455661.jpg
 12:00、広島平和記念公園に到着、太田川(本流)と元安川が分岐する三角州でもある。
 「幕末から明治、大正、昭和初期にかけて広島市の中心的な繁華街だったが、1945.8.6 8:15、原爆が投下されこの辺りは廃墟と化したが、1954年広島平和記念公園として整備されたとのこと。

b0220251_16464294.jpg
 学生の頃山陽山陰に旅してここ広島に寄った、そして毎年の広島平和記念式典をテレビで見る時も、オバマ大統領が来た時も、原爆死没者慰霊碑、原爆の子のシーンを見て来たが・・

b0220251_08151675.jpg
 今回久しぶりに訪れた印象は何かが違う・・、原爆ドームまでやって来て、当時の様子を復元したこの建物の前に立つと何故か目頭が湿ったのだった。

b0220251_08202263.jpg
 当時の悲惨な情景を自分ながらに織り交ぜながら、この日ののどかな雰囲気を感じて広い平和記念公園を通り抜け、今の平和を享受させて貰って居ることに改めて感謝・・と言った処。

b0220251_19511633.jpg
 12:20、広島城の御堀沿いまで来ると、街路樹は紅葉真っ盛り・・

b0220251_08175919.jpg

 12:30、18.3km地点のチェックポイントでスタンプともみじ饅頭(2個入)の小箱を頂き、walkaholicさんと名護での再会を約して別れ、広島城内を散策してからゴールへと向かうことにした。

b0220251_16490217.jpg
 そして折角来たのだからと、広島城も観て行くべく天守閣に上がってみると、何とyoshioさん、hirokoさんに遭遇、そして遠く宮島の弥山が薄っすらと見えたのだった。

b0220251_08164259.jpg
 1985年に毛利輝元により築城が開始、1592年から1599年にかけて作られ、1931には国宝に指定されていたがその後原爆により倒壊、1958年にコンクリート造りで復元・・とのこと。

b0220251_16494501.jpg
 残念なことに「忠実に復元された二の丸」は見過ごして、この広島城遊覧船のみが目に付いて仕舞ったことに、此処まで書き進んで気が付いた、未だ次の機会に・・

b0220251_16502826.jpg
 13:10、太田川を渡り、太田川沿いに暫く下る・・、しかし図らずも相生橋の交差点で右折して仕舞ったが・・

b0220251_16505183.jpg
 碁盤目状の通りになって居てくれたのに助けられ、間もなく平和大通りに復帰して途中でヤクルトを頂いて13:50、広電西広島駅に辿り着いた。

b0220251_16511712.jpg
 そして会場に戻れたのは14:20、当然ながらwalkaholicさんの自転車は無く、岩国空港へと向かって走って居る頃だったかも知れない。自分は廿日市駅までちょっと走って、広島駅へと輪行、広島駅でうどんを食べてお土産を買って、新幹線ホームに上がると大変な混雑。

 お盆、年末年始並みの混雑だった、勤労感謝の日絡みの3連休だったがこんなにも混んで居るとは・・と座席指定を取らなかったことに後悔、こだまに乗って大阪を目指したが各駅で通過待ち、おまけに追い抜いて行くのぞみは乗り降りの混雑で遅れてやって来てと、たまらず岡山で東京行きのひかりに乗り換える程・・

 幸いにも岡山で乗った時は空いて居て、新神戸、新大阪辺りからは満席状態、東京で降りる時は自由席が混雑して申し訳ありませんのコメントが流れたから自分は恵まれていたのかも?
 兎も角、ひかりは適度に揺れて眠れたが、各駅停車のこだまは止まって居る時間があり過ぎたせいなのか眠れず・・と体験した帰り旅だった。

by funnpepe | 2018-11-30 22:00 | ウオーキング | Comments(0)

ピースウオークひろしまツーデ1日目 世界文化遺産「宮島」を巡る14kmコース&弥山に登る

b0220251_06381524.jpg
 9:00に廿日市新宮中央公園を出発し、国道2で宮島を目指した、hirokoさん、inabaさん、toshioさん等々とワイワイガヤガヤと話して居る内に、宮島口への石段を降りて居て・・

b0220251_06384894.jpg
 宮島へのフェリー乗り場は直ぐ其処だった。絶好の晴天だし弥山(みせん)に行くのはお勧めだよとyoshioさんに教えて貰い、錦帯橋、岩国城をポタリングする計画はキャンセルして宮島に渡ったら、walkaholicさん達と何処かでコースアウトして弥山へと向かうことになって居た。

b0220251_06391372.jpg
 宮島に渡るフェリーはJRが運行して居る様だった、宮島にJRの鉄道は走って居ないが昔の青函連絡船の発想で宮島まではJR(国鉄)で繋げていますよ・・と言うことなのかも知れない。学生時代厳島神社に行ったことだけが記憶に残っては居たが、そう言えばこんなフェリーに乗ったのかなーと、此処まで書き進んで思えても来る。

b0220251_06394816.jpg
 フェリー船上から岩国方向にはコンビナートのもくもくと上がる白い煙見えた、朝岩国駅からの車窓に朝日が丁度上がって、オレンジ色に輝くあの煙・・と思うと何処か親近感が湧くのだった。
 朝は寒かったがこの日は終日景色がとても綺麗だった。

b0220251_06403683.jpg
 そして海中に立つ大鳥居が見えてて来た。最初はフェリーの左側に見えたのでそっちに移動しようかなー・・と思ったが踏みとどまり、どうやら大鳥居の前を通るルートのフェリーの様でやがて右側に見えて来てこの写真が撮れたのだった。

b0220251_20561996.jpg
 大鳥居を過ぎて宮島桟橋に着こうとする頃、びっくりする程客を満載したフェリーが後ろからやって来て思わずカメラを向けたが、多分大鳥居前へと迂回しないルートだったのかも?

 兎も角そのフェリーから見えた我々のフェリーも同じ様に満載?・・、人がぎっしり乗ったフェリーなんて自分の子供時代の情景?にも思えて、何となく懐かしい。

b0220251_19533181.jpg
 そして、フェリーを降りて長浜神社の前を通る辺りでwalkaholicさん、inabaさんが待ってくれて居て・・

 11:00福祉センターを右に巻いて、自然散策道(うぐいす歩道)の坂道を上る。馬酔木(あせび)が群生する山道だったが結構辛く感じる、果たして弥山山頂迄登れるかなーと弱気の虫が騒ぎ出して居た。

b0220251_20564002.jpg
 11:15、山道歩きにも脚が馴染んで来て、遠く大鳥居を見下ろして感動・・

b0220251_20570227.jpg
 11:25、五重塔を見下ろして感動・・

b0220251_06435153.jpg
 紅葉谷公園辺りでは見事な紅葉を堪能、そして先ずは弥山へのロープウエイ乗り場に向かったが・・

 何と整理券が配られて居て、乗るまでには約1時間待ちとの事だった。
 歩いた方が早く弥山頂上に着くよの事で、覚悟を決めて11:35、弥山登山道(紅葉谷コース)を歩きだす、頂上まで2.2kmとのことだった。

b0220251_06445461.jpg
 たった2.2kmだからと上り始めたが、日陰で原生林の中の登山道で土止めの階段が続き、我慢我慢と急がず休まず上り続けた。

 そして漸く12:15、ロープウエイの人達がやって来る尾根道に合流すると、四国側の瀬戸内海を望んで歩ける様になり・・

b0220251_13194029.jpg
 12:25、弥山本堂迄上りきって、やれやれ・・

b0220251_13214361.jpg
 walkaholicさんは此処で待ってくれて居た。

 約1200年前に弘法大師が此処で修業した事に由来するとの事だが、這う様に上って来た所にこんなにも立派な御堂をどうやって建てたのだろうと只々感動して休憩。
 そして約1200年消えたことのないと伝えられる「消えずの霊火堂(れいかどう)」の脇の石段を上り、日本で鬼の神様が祀られて居るのは此処だけという「三鬼堂」にお参りして、更に上の展望台へと向かった。

b0220251_06460496.jpg
 12:35、ロープウェーの終着点近くの獅子岩展望台が眼下に小さく見えたのでカメラをズームアップして焦点が合うのを見計らってパチリ・・

 ロープウェーを使ったとしても此処まで登って来るのは容易では無いと思ったり、結構このカメラやるもんだ、これなら今冬も野鳥が撮れるかも?と自己満足したりと、この辺りからゆったり気分になって居た。

b0220251_06463988.jpg
 そして12:40、とうとう標高535mの弥山山頂、特大の展望台に辿り着く。

b0220251_13245775.jpg
 「平清盛、伊藤博文等の信仰を集め、数多くの足跡や伝説を残している・・」と宮島の案内書に書いてあったが然りと言った情景だった。

 「一年を通して登山が可能、時間や体力に合わせたコースを選び、巨岩奇石が点在する変化に富んだ景観、眼下に広がる瀬戸内海の多島美・・」のフレースが案内書に並んで居て然り。
 23日の祝日だったとは言え、展望台も頂上スペースも人人人と大変な賑わいだった。

b0220251_06475836.jpg
 ずーっと此処に居たい気分だったがこの日はウオーキングのちょい寄り(では結局無かったが・・)なので、13:00下山することに・・

 弥山本堂を過ぎて紅葉谷を目指して暫く下ると、何とロープウェーでやって来たhirokoさん、yoshioと遭遇。そして帰りは大聖院コースの方が良いよ!との助言に従って、再び弥山迄上り返すはめになって仕舞って下山。 

b0220251_06482967.jpg
 確かにこちらのコースは下りながらの眺めが素晴らしい、13:30仁王門迄降りて来た。

 さて此処から、大元公園へと降りて行く大元コース、大聖院への大聖院コースと分かれるが、この日は大半の人が行く無難な後者のルートを選んで、14:00大鳥居が見える四阿まで降りて来た。
 どうやら潮が引きだして居て浜へと降りて居る人の姿が・・

b0220251_06501104.jpg
 14:20大聖院に辿り着くと、素晴らしい紅葉が・・と、宮島は紅葉の名所であると正に実感だった。
 さて漸くウオーキングコースに戻って来たのだからと。取り敢えずチェックポイントの大元公園を目指して歩き14:30に到着、しかし誰も居らず・・

b0220251_15394835.jpg
 14:40折角だから我々も、浜に降りて大鳥居へと行ってみると・・

b0220251_06512707.jpg
 どうやら満潮時は人の背丈辺りまで潮が満ちる様だった。

b0220251_06520607.jpg
 そして又々折角だからと、厳島神社の回廊を巡った。随分と人が浜に降りて居る筈なのに回廊も人人人、そして長い行列があるのでその先はと覗いてみると、御朱印を貰う人の列・・

 そして漸くきりが無いからと、清水寺の様な豊国神社(千畳閣)の参拝は省略して、宮島桟橋へと向かった。

b0220251_06524404.jpg
 15:25フェリーに乗ると、大鳥居の先まで潮が引いて居るのが見えて・・

b0220251_06531989.jpg
 弥山の展望台らしき?ものが見えて・・、宮島とお別れだった。

b0220251_06534409.jpg
 宮島口の桟橋からは人の流れに従って進み、広電に乗って会場着は16:00だった、辛うじてゴールのスタンプを貰うことが出来た。
 そんな訳で結局この日は14kmコースを歩いた恰好になった、今思い返すと往復広電利用の7kmコースを行けば大元公園のチェックスタンプ、もみじ饅頭も貰えたのかと反省、次の機会はそうしたいもの・・

 ゴールでお汁粉を頂いてから岩国の宿へと戻って、この日は岩国駅近くの居酒屋でwalkaholicさんと広島産牡蠣の味噌鍋、バター焼き、イカの刺身を頂く、牡蠣は無論美味かった。
 そしてブラックニッカハイボール、シーカーサ入りハイボール、コークハイボールで祝杯?、今思うと熱燗の日本酒なら更に牡蠣は美味かったかも?イカの刺身のカシラとアシは天ぷらにしてくれたが熱くて柔らかくてこれ又美味かった、残りの鍋に足し汁をしてご飯を入れてとオジヤにして・・と今思い返しても美味かった、宿を岩国にして大正解・・


by funnpepe | 2018-11-30 15:55 | ウオーキング | Comments(0)

駅ハイ・烏山 秋の城下町と自然散策 ~紅葉・鮭の遡上・滝を眺めて~

b0220251_05534367.jpg
 11:20.山あげ会館を出発した、前日は雨模様だったがこの日は快晴!しかし冷たい風が微かに吹いて来てと、もうすぐ冬がやって来るよーと言ったお天気だった。
約1.5km地点の宮原八幡宮の境内に入り、本殿はこっちだよ・・の矢印に従って足を延ばし、先ずは最初の写真を撮った。795年に坂上田村麿が東征した際に宇佐八幡宮から分霊され、元々は旧烏山城があった筑紫(つくし)山にあったもの・・との案内板が境内に掲げられて居た。

b0220251_05535808.jpg
 その宇佐八幡宮はネットに寄れば、全国に4万4千社ある八幡宮の総本社との事、そして宇佐の冠が付いて居たので若しや・・と思ったが、行橋ー別府間100kmウオークの時に真っ暗闇の中近くを通ったあの宇佐八幡宮だった。

 何時かサイクリングルートを作って宇佐八幡宮を拝したいもの・・

b0220251_05541272.jpg
 12:00、2.7km地点の落石(おちいし)にやって来た、簗もあって那珂川の景勝地、紅葉の名所と言われる処だが、今年の紅葉は未だ早かった・・ 

b0220251_05543395.jpg
 そして境橋を渡り鮭の遡上は?と見下ろすと、浅瀬を行ったり来たりしている鮭も、既に死骸となってなって仕舞った鮭も見えたが未だ数匹?・・、本格的鮭の遡上は未だ未だこれからなのかも知れない。

b0220251_05544553.jpg
 そして、境橋を渡って那珂川東岸を北上する小路に入った。時々自動車もやって来るが、上流の興野大橋までの約1.6kmは今回も中々に楽しめた。

 緩い上り坂だが何時か自転車でも走ってみたいと思える雰囲気がこの写真に漂って居る?

b0220251_05545606.jpg
 2015年の駅ハイ・烏山に来て以来と大分ご無沙汰して仕舞ったが、天気が良ければ例え駅ハイが企画されなくとも、来て歩きたい・・と今回改めて思った。

b0220251_05552145.jpg
 時折冷たい風を感じるが秋なのだから仕方がない・・、ぽかぽかの日差しを浴びながらほぼ緊張感無しで歩いた。後ろを振り返るとさっき渡って来た堺橋が見えて・・と、2015年と同じアングルの写真をパチリ・・
 
b0220251_06030622.jpg
 そして、興野大橋を渡って13:00梁山泊と言うお蕎麦屋さんで大盛り500円を食した。

 さて此処からコース後半、烏山の街を抜け、丘を越えゴールの滝駅を目指そうか?とも思ったが、時間が無い?と言うことにして・・

b0220251_05551077.jpg
 烏山街巡りをして帰ることにした。14:00筑紫山への登り口の八雲神社に参拝しポケモンジムにモンスターを置いて、14:20泉渓寺にも参拝、此処でもポケモンジムにモンスターを置いて、暫し境内の紅葉を楽しんだ。日の光を浴びた紅葉がとても綺麗!
 泉渓寺から竜門の滝まで約2.2kmだったから今思い返すと、滝駅から烏山駅へと蓄電池駆動電車ACCUMに乗れたかも?と悔いは残る。
 しかし実際の処は若し滝駅で乗り遅れたら大変だからと、烏山駅へと向かい山あげ会館には14:50のゴールだった(GPSロガーの歩行距離は10.9kmだった)。

 最近、ポケモンGoの週間歩行距離がスマホを携帯しているだけでカウントされ、5km、25km、50kmと歩行距離に応じたリワードが貰える様になった、特に50kmは破格のリワード!であることも知った。
 スマホを片手に持ってポケモン狩り・・で一日2,3kmの歩行距離から、スマホはポケットに入れてさっさと歩くをこの日から実践、何れ自分達も50kmのリワードが貰えるかも?と希望も湧いた(google Fitも要研究)。

by funnpepe | 2018-11-16 20:25 | ウオーキング | Comments(0)

第41回日本スリーデーマーチ 1日目和紙の里・武蔵嵐山ルート20kmコース

b0220251_13303280.jpg
 今年(2018年)も日本スリーデーマーチにやって来た、8:50にスタートし何時の間にかアンカーを抜いて、9:50、5km地点の羽尾平集会所前広場で甘酒を頂いた。
 この日の翌々日地元のお祭りで甘酒当番を引き受けた。大鍋に業者用の甘酒5,6袋を居れて、バーナを付けて温めて・・、去年は水で薄め過ぎて砂糖を入れて調整しなければ成らなかったから、コマ目に味を確かめながら調整してね、焦げない様にゆっくりとかき回してねと教わった。
 熱すぎても冷たすぎても味が変わって仕舞うからと丁寧にバーナの火を調節したが、美味しかった!甘酒好きなのでもう一杯ちょうだい!と言ってくれる人も居て嬉しかったが、この日頂いた甘酒の味も先ず先ずだった気がする。

b0220251_13312232.jpg
 10:15、7km地点の鬼鎮神社に辿り着く、以前は此処から30kmコースに行くか行くまいかと迷ったことも、土砂降りの中早々に通過したこともあったなあ・・と様々な思いが巡る地点でもあるが、この日はwalkaholicさん、touさんと20kmコースを行くと決めて居たのですなお?に通過。

 この辺りから新田沼公園辺りの景色も中々と新鮮な気分もあったから、此処数年30kmコースを行って居たのかも?
 此処まで書き進んで、50kmコースは随分とご無沙汰して仕舞った、そして農林公園の漬物各種(確か柿の漬物もあった?)が飯田並みに美味かったこと等々、その内勇気が居るが久しぶりに挑戦?・・との思いも湧いてくる。

b0220251_13323057.jpg
 そして10:50、11km地点の県立嵐山史跡の博物館に到着。20kmコースの約半分なのに、何故か30、50kmコースを歩いた記憶が支配して、此処まで来ればゴールは直ぐ其処!と思い込んで仕舞うのだったが・・

 処がどっこい、此処からが20kmコースの楽しみ処なのかも?

b0220251_13330652.jpg
 国立女性教育会館に来る毎に、民主党時代の事業仕分けの情景が浮かんでしまう。この会館がその俎上に上がり、責任者の女性が何を言っても結論は決まってるんでしょう・・と訴えて居たがその後の経緯は?八ツ場ダムは?スーパ堤防は?

 その後の顛末を思い返すと、現安倍首相の「民主党時代は・・」の枕詞は然り!と何故か妙なことを思い巡らして居た。

b0220251_13333950.jpg
 国立女性教育会館から唐子中央公園まではクネクネの小路が続くので、渋滞渋滞でこの処迂回路を選んで仕舞うのだが、この日は未だ時間が早いのか、空いて居て秋の田園風景を楽しめた。
 そして11:40、15.8km地点の唐子中央公園に差し掛かった辺りで、50kmコースのitaさんがやって来た、いつもながら早い・・

b0220251_13335851.jpg
 関越自動車道を横切り、12:10、18.5km地点の県道47の手前の小路も未だこんな風に空いて居て、この日は最初から最後までのんびりムードのストレス無しの快適ウオーキングが楽しめた。

b0220251_13343016.jpg
 そして、街中の道を歩き12:30、箭弓(やきゅう)稲荷神社を通過して、13:00のゴールだった。
 以前は東武東上線の踏切を渡って・・のコースだったが、今はこの箭弓稲荷の境内で一休みのウオーカ、急ぐウオーカーは即通過・・緩急の歩速をこの広い境内が調整してくれて、東武東上線の狭いガード下を潜るのもスムーズになってとこの日のコース設定に感謝だった。

b0220251_13344921.jpg
 そしてゴール会場には15:00頃迄滞在した筈・・?
 秋空の下とは言え日陰が無いのにこの場所に約2時間も居たなんて・・と、今思い返すと呆れて仕舞うが、此処で気象予報士さんにも、怪鳥さんにも、oldtakahashiさんにも、izumiさんにも会えてと日本スリーデマーチならではの雰囲気を楽しんだ。

 そしてこの日の最終章は、touさんの泊まる体育館に行ってwalkaholicさん持参の手作料理の数々を摘みに2本目のワイン&日本酒を飲み干して散会、自宅着は21:00だった。この日20kmのウオーキングは序章だったかも?

by funnpepe | 2018-11-06 13:04 | ウオーキング | Comments(0)

第27回富士河口湖もみじマーチ 2日目 20kmコース

 翌朝何時もの如く4時に目を覚まし、グーグルのニュース、天気予報、ポケモンgoのチェック等々朝のひと時を寝床ですごす・・

b0220251_06073141.jpg
 処が朝食後、walkaholicさんに屋上に連れてって貰うと、こんな素晴らしい富士山が姿を現してくれて居たのだった。日の出の頃ならきっと素晴らしい赤富士の姿が拝せたのかも?・・と、今思い返すと只々残念。

b0220251_06081665.jpg
 7:30にスタートし船津口登山道をひたすら上り、船津胎内樹型から下り基調になり、富士スバルラインとの交差点で真っ白く雪を被った富士山を拝した・・
 結局この日は富士山を眺め眺め歩き、ゴール後のサイクリングでも眺め周り・・、如何に富士山の裾野が広くて高い山であることを久しぶりに実体験。

b0220251_06211576.jpg
8:35、吉田口登山道(県道701)を下った。地図はどうやら旧登山道を歩かせてくれる様だったが、前日の雨で靴か濡れるのも嫌とコース設定の主旨の背いて仕舞ったが、舗装の道をぐんぐん下り、9:10、8.5km地点の北口本宮富士浅間神社に辿り着いた。

b0220251_06260919.jpg

 何時ものことながら、境内は未だ9時だと言うのに参拝の人で賑やで紅葉も綺麗・・、何故か後はゴールを目指すのみと思って仕舞ったが、楽しみ処はまだまだ続いた。

b0220251_06102187.jpg
 昔富士登山する人は、この道沿いの御師の宿に泊まり、浅間神社にお参りし、馬返し、一合目、一合五・・と登って行ったんだなあと、この街の景色を見ると親しみも湧いてくる。何時か富士駅からこの坂を上り5合目を目指そうと前回も思ったなあと、この写真を見て思い出した。

b0220251_06103829.jpg
 9:30、10.4km地点の金鳥居井市民公園・給水所によると、吉田うどん(かどうかは判らないが)は未だ準備中だったが・・

b0220251_06105321.jpg
 ジャガイモの味噌煮っころがしを美味しく2個程いただいた。
 先ずジャガイモを油で炒め、鰹節とシイタケを入れた汁で約5時間煮て、一晩味噌に漬けるんだよー、大鍋で作ってこその味が出るんだよー、家の小鍋で作ってもこんな味は出ないよー・・さあ食べて食べてと言う風なことを、テントのおばさんに教えて貰った、この味は忘れられない。

b0220251_06132525.jpg
 この金鳥居(かなどりい)は、今も富士吉田のランドマークとして親しまれて居て、嘗ては富士登山者を迎え入れる門として、俗界と富士山の信仰世界と分かつ境界として、1788年に建立。当初は「唐銅鳥居(からどうとりい)」と称され後に「かなどりい」と訛ったらしいこと等々は此処まで書き進んでネットに教えて貰った。因みに額に書かれて居た文字は「富士山」とのことだった。

 そんな事を知ると、やっぱり此処から一度は富士山へと登ってみたいもの・・

b0220251_06144004.jpg
 スイッチバックする富士駅の前を過ぎた辺りで見えた富士山は裾野が長いなーと感動、この辺りからこの日のコース設定の意図は終始富士山を見せる!なのかも?と思えても来る。

b0220251_06151134.jpg
 10:10、13.6km地点の富士山世界遺産センター・給水所までやって来た。10kmコースとも合流して居て、この分なら11:00位にはゴールして仕舞うかも?となって居た。
 そして、inabaさんも、kikutiさんも、harumamaさんも、walkaholicさんも給水して居る間に姿が見えなくなって仕舞った。若しや見学すべくこの建物に入って行ったのかも?と思いつつtouさんとゴールを目指して歩いた。

b0220251_06155032.jpg
 10:30、15.5km地点の河口湖駅前を通過、4年前に参加した時は駅前の宿に泊まったからこの景色はとても懐かしかった。
 コースは河口湖の畔まで連れてってくれる様だったが、何時の間にか後の人が皆居なくなってるんだよーとこの辺りで声をかけてくれる人が居た。
 どうやら河口湖駅へと向かわず消防署の方にショートカットする人も結構居たのかも?地図を眺めながら歩くとそうなるのは人情?

b0220251_22110553.jpg
 しかし昔の会場だった大池公園、昔ゴール後お世話になった船津温泉休息施設「芙蓉の湯」の近くを歩けてと、思いがけず懐かしい景色に接したのが嬉しい。

b0220251_06164303.jpg
 そして一日目と同じく、河口湖大橋からゴール会場へと一直線に伸びる緩い坂道に入ったが、裾野が広がる富士山に向かって歩きと、正にこの日のフィナーレ区間だなあ・・と思った。ショーットカットし放題ではあるが、富士山の姿を存分に楽しませてくれるコース設定に只々感謝。

b0220251_06172943.jpg
 「9/10プレオープン・日本一の富士山絶景庭園」のパンフレットがスタートグッズに入って居たのをふと思い出し、11:05、18.9km地点の富士河口湖庭園にちょい寄りした。紅葉も楽しめますよー、ハーブ園もご案内しましょうかと声を掛けられたが、急いで居るからと案内は遠慮して展望デッキへと辿り着くと、未だ工事中。 

b0220251_06192561.jpg

 取り敢えず富士山が一番よく見える所で写真を撮って帰ることにしたが、ハーブ茶でもどうですかと声を掛けられ一瞬お誘いに乗ろうと思ったが、早くゴールしなければ!と思い直し・・

b0220251_06195155.jpg
 11:35のゴールだった。harumamaさんもwalkaholicさんも11:15にはゴールして居たとの事で大分待たせて仕舞った。富士河口湖で油を売らずにヨカッターと安堵しながら汁物をいただいた、晴天に感謝、富士山に感謝。

by funnpepe | 2018-10-27 07:35 | ウオーキング | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

帰りを津和野から電車輪行..
by Walkaholic at 09:29
楽しい自転車旅に成る様祈..
by funnpepe at 11:50
お返事ありがとうございま..
by 宇広(Takahiro) at 19:17
普通の路線バスだから乗れ..
by funnpepe at 20:30
突然質問失礼します。横川..
by 宇広(Takahiro) at 12:16
> Walkaholic..
by funnpepe at 18:13
キオンと言う花なんですね..
by Walkaholic at 15:59
この花を摘んで投げ渡し ..
by Walkaholic at 15:39
「沖縄では雨よりも強風を..
by Walkaholilc at 13:53
帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

多田羅沼、益子城古城跡を散策
at 2019-01-21 05:53
ロウバイ
at 2019-01-15 22:00
2019 井頭公園で探鳥
at 2019-01-09 07:31
2019 日光東照宮
at 2019-01-07 22:00
2019 羽黒山神社
at 2019-01-05 08:11

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧