人気ブログランキング |

カテゴリ:ウオーキング( 280 )

第16回名古屋ツーデーウオーク 2日目 10kmコースを歩く

b0220251_05103769.jpg
 31日(日)は快晴だった、30kmコース、20kmコースを行きたかったが、帰りも青春18キップを使う予定なので12時までにはゴールして、金山駅発13:05の電車には乗りたいからと、10kmコースを行く事にした。
 そして正規のスタートは9:30なのだが、早くゴールできればそれに越したことは無いからと、20,30kmコースの人達と一緒にスタートした。

b0220251_05110642.jpg
 そしてその儘、30,20kmコースの人達の後をついて行けば良いものを、スタート会場の出口でコースアウトして・・

b0220251_05115075.jpg
 再び受付のテントに周ってと、会場の周りをウロウロ・・
 神宮西駅へと向かった積りが西高倉駅方面へと向かって仕舞った。30,20kmコースは時計周り、10kmコースは半時計周りと早合点して仕舞ったのが原因と漸く気が付いて、完全独り旅のスタートになって仕舞った。

b0220251_05240948.jpg
 しかしこの大会の矢張りがしっかりと誘導してくれて、さてどっち?と成らずに済んで感謝だった。

b0220251_05123383.jpg
 9:30、裁断橋までやって来た。高知のはりまや橋もこんな感じなのかも?ウィキペディアに寄れば、日本百名橋の番外に選ばれたとのことだった。そして国道1、県道221沿いに暫く歩き・・

b0220251_05132755.jpg
 10:05、新端橋までやって来て、此処から山崎川沿いに桜を見ながら漫ろに歩く、漸くウオーカーの姿も見えて来た・・

b0220251_05140211.jpg
 さくらの名所100選に選定された全国的に有名な桜の名所、新端橋から石川大橋まで2.8kmの両岸には約600本のソメイヨシノの並木が続き・・とのことだった。

 過去2回の参加では名古屋城のソメイヨシノが一番と思い込んで居たが、こんな所があったとは!そしてこの日に快晴の日が回って来たとは!幸運だったと只々感謝と有難く思って、あっちこっちで写真を撮った。

b0220251_05143238.jpg
 山崎川の近くまで降りられる箇所は何か所かあったが、写真を撮るだけにして先に進み・・

b0220251_05154499.jpg
 10:25、山崎川親水広場辺りから人とぶつからない様注意して歩かねばならなく成って来た・・

b0220251_05172923.jpg
 途中いくつもの橋があったが、橋の真ん中まで行って、両岸に咲き誇る桜もパチリ・・と存分に楽しませて貰った。2日目は成るべく早く家に辿り着きたいと10kmコースを選んだが、10kmコースで十二分に楽しませて貰ったと今も思える、これで満足。

b0220251_05163824.jpg
 そして10:35、20,30kmコースと別れ、石川大橋を渡って熱田神宮へと向かう汐路桜ロードへと左折した。


b0220251_05165829.jpg
 さっき歩いて来たはかなえばしが見えて、山崎川とはお別れ・・

b0220251_05183925.jpg
 熱田駅のポケジムにモンスターの空き枠があったので、熱田駅まで行ってジムのメダルを貰ってモンスターも入れて、神宮西駅までやった来た。
 そして、此処まで来たならやっぱり熱田神宮にもお参りして来ようかと向かったが、先ず入り口のこの鳥居までが遠かった。

b0220251_05191371.jpg
 そして本殿までかなり歩いた気がする・・、明治神宮並み?と言う表現は熱田神宮には失礼な言い回しなのかも知れないが兎も角、神社と神宮の違いを何となく体感。

b0220251_05244202.jpg
 そして11:45のゴールだった。この日も20kmコースを行ったharumamaさんも戻って来て、翌4月の五能線サイクリングを約して会場を跡にした・

b0220251_05193459.jpg
 金山駅に12:10に辿り着き、自転車をたたみ輪行袋に収納し12:35発の電車に乗ることが出来て、豊橋、静岡と乗り継いで、熱海からはグリーン車に乗ってゆったりの目論見だったが、この日は日曜日。熱海からの乗客は一杯居てグリーンシ車に乗るのは断念。

 しかし小田原から運よく座ることが出来てアルコール効果と疲れと心地良い揺れのお陰でぐっすり寝て仕舞って退屈することも無く、21:20頃無事帰宅。青春18キップを使っても名古屋は意外に近い?




by funnpepe | 2019-04-07 22:00 | ウオーキング | Comments(0)

第16回名古屋ツーデーウオーク 1日目30kmコースを歩く

b0220251_21193925.jpg
 この日は午後から雨だが降り出すのは夜になるかも?の天気予報に先ずは安堵して、8:25熱田神宮公園をスタートした。

b0220251_21201745.jpg
 堀川に架かる歩行者用の橋を渡り、名古屋国際会議場の建物を左に見て名古屋駅方向へと歩いた。展望レストランが見えて居たが、グーグルマップを眺めると、近くの白鳥貯水場太夫堀中水門はブラタモリの番組で取り上げられたとか?、そして白鳥庭園もそれなりの見応えがあるのかも・・と思えて来る。何時かコースアウトして寄ってみたいもの。

b0220251_21204318.jpg
 9:30、ビルがにょきにょき立ちつつある処までやって来た。harumamaさんに寄ればどうやら、リニア新幹線がらみの建設ラッシュとのことだった。地下でどの程度工事が進んで居るかは判らないが、地上の建物はほぼ開業準備完了なのかも?
 
 そして何故か、先んずれば人を制すのフレーズが浮かんだ。リニアが開通すると、人の流れがこうなってああなって・・、兎も角リニアが開通した暁には是非ともこの地点に来たいもの。

b0220251_21211419.jpg
 9:55、20kmコースを行くharumama さんと別れ独り旅になり、10:25豊国神社までやって来た。
 名古屋ツーデウオークは3回目の参加になりるが、過去2回は此処が会場だったなあ・・ととても懐かしかった。

b0220251_21213597.jpg
 しかし、子細なことは忘却の彼方なのが何ともどかしい。此処まで書き進んで面倒だったが記録を辿ってみると、2006年、2007年と参加して居た様で何れも桜を存分に堪能して居た。

 やっぱり桜抜きでは名古屋ツーデウオークは語れない・

b0220251_21220385.jpg
 10:40、庄内川を渡り、⒒:10萱津(かやつ)神社に辿り着いた。チェック印を貰って給水を受け一休み。そして折角来たのだからと、ジムにモケモンを入れるべく境内を一周りすると、香の物発祥の地の碑があった。

 昔神前に野菜と塩を甕に入れてお供えした処、野菜が塩漬け状態になって、偶然漬物になったとのこと。日本武尊の東征の折りこの漬物を献上した処、武尊は、神物(こうのもの、香のもの)と称えた故事のある、由緒ある「漬物の神社」であることを教えて貰った。

b0220251_21222830.jpg
 五条川、新川を渡り問屋記念館は見逃して仕舞ったが問屋町を抜けて、再び荘内川を渡り、12:15ノリタケの森に入った。

 庭園も建物も綺麗に整備され、レストラン、カフェ等々昔こんなにあったっけと思う程建物が点在して居たのでコースアウトして大まかに一周り・・
 深入りすると時間がいくらあっても足りなくなるから雰囲気を感じさせて貰うのみで、先を急いだ。

b0220251_21225313.jpg
 そして13:05とうとう名古屋城の御堀までやって来た、過去2回は半時計周りだったがこの日は時計周りで、此処がお気に入り地点だったなあと先ずは写真を撮って・・

b0220251_21231418.jpg
 13:15、名城公園側のベンチでコロッケパンを食べて暫し休憩・・

b0220251_21234909.jpg
 そして13:35二の丸東鉄門跡に差し掛かり、コースアウトして天守閣へと向かったが、天守閣の方は入場料を取られる様なので、西鉄御門からを出て御堀沿いに時計周りに周って・・
b0220251_21241075.jpg
 13:55正規コースに復帰した。コースアウトしたお陰で、ユキヤナギ、菜の花も楽しめて善し・・だったが、本当の処は徳川美術館は確かこの辺り?と過去の記憶を辿った故だった。
 
 しかし此処まで書き進んでグーグルマップを見ると徳川美術館は全く違った処にあって、昔の記憶はやぱり忘却の彼方・・

b0220251_21243557.jpg
 長者町繊維街辺りから雨になり、15:15のゴールだった。本降りの雨で無かったのが救い・・だったが寒かった。抽選で軍手を貰って会場を跡にした。

 宿に戻って風呂に入り、名古屋駅の銀の時計でharumamaさん、京都巡りをして来たtosioさんと夕食すべく待ち合わせ、ひつまぶじをいただいた。
 確かにうなぎは香ばしく、最後にだし汁をかけて〆にしたが美味かった、無論お酒も美味かった。harumamaさんが名古屋駅から地下鉄を2本乗り換えて連れてってくれたが、「しら河・浄心本店」だった筈?(後々我が記憶に残すべく書いて置く、そしてこの日のハイライトはやっぱりひつまぶしだったかも?)。


by funnpepe | 2019-04-05 23:00 | ウオーキング | Comments(0)

第32回瀬戸内倉敷ツーデマーチ 2日目 復興応援・吉備真備コース30kmを歩く

 前夜の飲み過ぎで気分は悪い、お天気も悪いと、この日は7:00のスタート迄には会場に行かなくちゃあ・・と言う気にはなれず、成るが儘で自転車で会場に向かった。
市役所の自転車置き場に自転車を繋ぎ、荷物を預け、取り敢えずスタート印を貰って・・
 さて20kmコースをフライングスタートしようか?それとも30kmコースのアンカーを追いかけようか?と思案した。

 誘導員が居なくても、この大会のコースマップにはしっかりと諸々の表示が書き込まれて居るからどっちでも良いのだが・・
 20kmコースは急な下り坂があって雨で滑りやすくて危ないかも?と結局思って、30kmコースを7:30頃にスタート。

b0220251_08162090.jpg
 倉敷運動公園を過ぎ、8:25水島臨海本線のガード下を通り、中島の信号の処では撤収寸前の誘導員が居てくれて、ファミリーマートの処を右折して・・

 8:45漸くアンカーの姿を捉えることができた。

b0220251_08164048.jpg
 9:00、遍照院でチェックの印を貰ってからは、先を行く人の姿がずーっと見える様になり、地図とにらめっこ歩きから解放された。

b0220251_08172341.jpg
 9:15、高梁川に掛かる倉敷大橋に差し掛かった、上流へと左岸の広い道を自転車で走れば、総社市、高梁市、新見市、そして米子市へ、或いは出雲市へと行ける様だった。

 何時か走ってみたいもの・・と思える情景良し・・と行った処。


b0220251_07222051.jpg
 一ノ口水門を過ぎて丘越えの道に入り、急坂を上って行くと、10:00ふなおワイナリーが現れた。
 前回来た時はお店も開いて居て何かおもてなしをいただいた気がするが、どうやら工事中でこの日は無し。菜の花と遠く倉敷の街を見下ろして先を急いだ。

b0220251_08175266.jpg
 確かこの先でイチゴを頂いた気がするがーと思いつつ坂を下り、山陽自動車道を横切って広い道を歩くと、記憶通りに10:20、ヤンマー・バイオイノベーションセンター倉敷ラボが現れた。

 未だ未だミニトマトもイチゴもたっぷりと残って居て、係りの人が宜しかったらと2個づつ手渡してくれた。特にミニトマトが甘くておいしくてとこの辺りから二日酔いの気分から解放された気がする。もう2個づつミニトマトとイチゴを食べたいと思ったが何故か自重・・


b0220251_08183119.jpg
 確かこの先にはお寺が出てくる筈・・と、次第次第に前回歩いた時の記憶が確かなものになり、10:50金峯寺に辿り着く。

 薬王山金峯寺発行?の通行手形と飴の小袋を2個も(アンカーに近かったからかも?)頂いた。
 この手形には真備の一日も早い復興と皆様の金運快歩の祈願済みなり・・と書いてあったが、この後このスローガンの意味する処を実感することに成る。
 そして昨日遭遇したテレビ撮影隊に遭遇。今思えば昨日も今日も、アンカー近くのウオーカが少なくなる頃合いを見計って周って居たのかも?

b0220251_07223951.jpg
 11:05、小田川の土手に差し掛かり、小田川を遡り先に見える山間へと国道486が伸びて居て等々のどかな景色だったので写真をパチリ・・

 しかし去年の西日本豪雨で、この小田川の堤防が決壊した様だった。

b0220251_08384918.jpg
 福松橋を渡った処で、アナウサーがこの辺りの美味いもののお店を紹介・・するシーンにも遭遇。頑張ろう真備・倉敷のスローガンを推進・・と言った意気込みが感じられて良し・・

b0220251_08391232.jpg
 吉備真備駅を左に国道480を横切って、まきび公園へと向かう街に入ると、何故かどの家の庭も整理整頓されて居て何処か生活感が無くて、中には雨戸、ガラス戸、畳み等々が撤去されてガランドウ状態の家もあって・・

 そしてこのJAの建物は屋根の上に漂流物が残って居たりと、被害は尋常では無いと実感だった(東日本大震災311の年に9月の洞爺湖ツーデからの帰りに、仙台港から福島へと自転車で走った光景が過って仕舞った)。

b0220251_08192243.jpg
 ゴール迄9.7km地点のまきび公園には、丁度12:00に辿り着いた。お代わりありますよーとお盆に乗せた汁物が待って居て、身体はすっかり元気に成ったので結局2杯頂いた、美味かった。

 そして、吉備公廟、満人講の碑にポケモンGOのジムにもモンスターを配置出来て、さあ行こうか・・だったが今思うと、入場無料のまきび記念館に寄らなかったのが悔やまれる。

b0220251_08194630.jpg
 しかし12:30、この日は箭田大塚(やたおおつか)古墳の中を見学することができた。

 普段は公開して居ないとのことだったが、巨大な石を積み重ねた玄室は幅3m、高さ3.8m、長さ8.4mとの事で案内人に寄れば当時の豪族の勢力が如何に大きかったか・・等々納得だった。

b0220251_08201674.jpg
 12:40真備総合公園、12:50吉備路グリーンセンター辺りから、ゴールへとどうショートカットしようか?と思案して、ゴーグルマップの助けを借りて・・

b0220251_08402199.jpg
 13:20、ゴールのマービーふれあいセンターに辿り着き、美味しい甘酒を頂いて連絡バスに乗り、14:00頃倉敷市役所着だった(歩行距離は23km位だった筈・・)。
 荷物を整理し、頼まれて居た桔梗堂のむらスズメのお菓子をお土産に買って、自転車で倉敷駅まで走って、16:17発の電車に乗ってこの日の宿の浜松へと向かった。

 結局自転車は倉敷駅近くの宿と会場間を2往復するのみに使っただけだった、倉敷と言えば美観地区!なのに今回は完全スルーして・・等々、当初の思惑とは大分ずれて仕舞ったが、此処まで書き進んで来年も又行きたいと言う気分だから、それ成りに充実して居たのかも?





by funnpepe | 2019-03-18 22:10 | ウオーキング | Comments(0)

第32回瀬戸内倉敷ツーデーマーチ 1日目瀬戸大橋・鷲羽山40kmコースを歩く

 前日に続いて文句の無い快晴、倉敷市役所の食堂で朝食を取り受付を済ませ、スタートを待つ列に並んだがitaさんが巡回して居て、harumamaさん、kaneyannさん、inabaさん達の待つ列まで連れてって貰って、先ずは一緒にスタートすることが出来た。

b0220251_07283528.jpg
 しかし、harumamaさんはこの日ゴール後の段取りを確かめて、じゃあ行くね!と後から来たyamasitaさんとスピードアップ。
 kaneyannさんとinabaさんが後ろから一緒に行こうよと声をかけてくれ、暫く3人で歩いたが解けた靴紐を結び直して居る間に置いて行かれ、7:40粒江小学校・給水地点では姿は見えず・・になって仕舞った。
 kazumiさんが後ろからやって来て、伊吹山ヒルクライム、ホノルルセンチュリーライド、淡路島一周サイクリング、明石海峡大橋の下でのタイ、イナダ釣り等々の話をしながら、8:45熊野神社に到着。

 折角来たのだからとポケモンgoのジムバッジをゲットすべく境内を一周して居る間にkazumiさんの姿も見えなくなって・・
 9:15森池のダムが見えた辺りから、この日は完全独り旅だった。
 2日目のウオーキングを終えたなら、倉敷市役所から鷲羽山へと自転車で走って来て、廃線跡の自転車道通って倉敷駅への向かおうか・・と計画して居たから、此処を曲がってあっちを進み・・等々自転車で戻って来るべくシュミレーション・・に専念。

b0220251_22075251.jpg
 11:10、旧野崎家住宅前の差し掛かり、大会ゼッケンがあれば見学無料ですよとの声に誘われ、久しぶりに中を覗いて行くことにした。この大会に初参加した時に見学して以来だったから随分と久しぶり。

b0220251_22084620.jpg
 水琴窟の音を始めて聞いたのはこの旧野崎家住宅だった。それ以来日光の侍屋敷、黒羽の雲岩寺、大雄寺、その他諸々、水琴窟が有れば必ず聴いて来たが・・

 此処の水琴窟は音がひと際高くて済んで居て、伴奏の様にバウナウと低い音が不規則に鳴って居て演奏の様・・に思えて、ずっーと聴いて居たいと思う程絶品!

b0220251_22103941.jpg
 塩田王と言われた野崎武左衛門が、1833年から築いた居宅との事で、2006年国の重文に指定されたとのこと。

b0220251_22122487.jpg
 前回寄った時は重文指定前だったのかも知れないが、こんなに立派な御屋敷だったけ?と改めて塩田事業の規模の大きさを思い巡らしながら見学。

b0220251_06464385.jpg
 そして意外にも砥草(とくさ)の案内板の写真をパチリ、洞爺湖畔一周コース40kmの途中に大きな群生地があって、そんな砥草のイメージだったがこんな和風壁に仕立てると涼やかな雰囲気があって中々と感心。

 7、8月に開花、庭に植えると良く殖えるが地下茎を張り巡らし繁殖する要管理・・と案内板に書いてあったが、我が家の鉢植えの砥草は花を付ける程元気でなく消滅寸前なのは、湿地を好むとのことだから水やりが足りないのかも知れない。

b0220251_22133320.jpg
 そしてお雛様の展示にも、この日此処に寄ってヨカッターと感動だった。古今雛、佐賀人形、元禄人形、加茂人形の収蔵品が並んで居て・・

b0220251_22143057.jpg
 奥の正面には岡山藩主から拝領したと言う享保雛が鎮座して居て、嘗て見たことも無い位大きくて上品で・・

 このお雛様の見られただけでも来た甲斐がある。パンフレットに寄れば例年2,3月にのみ展示されると書いてあったから児島に来るならこの時期?
(此処まで書き進んで、児島駅まで輪行、更に宇多津、丸亀、坂出までつるつるウオークに絡めて輪行?等々思い付く、ブログを書くのは無駄ではない?)

b0220251_07335563.jpg
 入浜式塩田、流下式塩田、現在の膜濃縮法製塩行程、ポーランド産の大きな岩塩の展示も見学。
 そして、庭に沢山置いてある石の分銅?は製塩の時に使う石炭を船で運んできてその量を計るのに使うとのこと・・、成程。

b0220251_07341937.jpg
 11:30、ジーンズストリートを通り抜け・・

b0220251_07344567.jpg
 11:40、児島市民交流センターで汁物をいただいた、海の幸の風味があってとても美味かった。

b0220251_07350646.jpg
 此処では、地元テレビ局撮影隊にも遭遇、多分アナウサー(リポータ)の様だった、最後はこのカットで〆ようか?等々皆で試行錯誤しながらシーンを作って行くんだなあ・・と感心。
 
 その後この撮影隊には鷲羽山でも遭遇、翌日も遭遇。要所要所で撮影すべく車で移動して居たのかも知れないが、果たしてどんな放映だったのか?今回の旅ではテレビは見ずだったのがちょっと残念。

b0220251_07353623.jpg
 11:50、旧児島駅の構内を通り抜け・・

b0220251_07355631.jpg
 今は風の道と名付けられた旧下津井電鉄の廃線跡を歩き・・
 児島ICの下を潜り抜け、坂を上り、トンネルを抜け、瀬戸内海を見下ろしながら鷲羽山ハイランドの前を通って・・

b0220251_07361973.jpg
 再び風の道を歩き等々、アップダウンがあって且つ変化に富んで居て、中々の区間だったと今振り返ると思えて来る。

 下津井駅跡辺りでは菜の花と河津桜が咲いて居て正に春の情景・・

b0220251_07370435.jpg
 13:00、下津井港までやって来て、海からの目線で瀬戸大橋を眺めて歩き・・

b0220251_07372577.jpg
 この辺りも絶景ポイント!翌日ウオーキングした後に、自転車で走る計画は時間がとても足りない・・とこの辺りでは感じて居たかも知れない。

 何時か自転車でゆったりとこの景色を味わいたい、そして「下津井神社」「むかし下津井回船問屋」も見学したいもの・・等々思い巡らしながら歩いた。

b0220251_22230436.jpg
 そして下電ホテルから鷲羽山レストハウスへの階段をせっせと上り切り、13:40、第二展望台付近で遅い昼食を取るべく一休み。

 車でやって来た人が、ほら白く煙が見えるのが四国側の坂出のコンビナートだよ、淡路島は兵庫県だが小豆島を始め、この辺りの島は行政区分では香川県なんだけど、生活圏的には岡山県なんだよ・・等々地元の人ならではの会話を聞きながら、瀬戸内海&瀬戸大橋の情景を暫し堪能だった。

b0220251_22242075.jpg
 最後のチェックポイントの鷲羽山ビジターセンター迄やって来ると、鷲羽山頂上はすぐ其処の案内板があったので折角来たのだから先ずは頂上の展望台にと向かったが、何と今年から正規のルートそのものが頂上を通る様になって居て、眼下のテント迄チェックのスタンプを貰いに戻って・・

b0220251_22260595.jpg
 再び頂上へと上り返したが、折角だからもう一度360°の展望を味わって置こうとなって、丁度一匹分空いて居たポケモンGOのジムにモンスターを入れて来てと・・
 
 瀬戸内海&瀬戸大橋の絶景に中々別れを告げられず・・

b0220251_07401570.jpg
 14:30、瀬戸大橋とはお別れだよと〆の写真を撮って山を降り・・

b0220251_07413293.jpg
 JF岡山漁連ふゅ~ちぁ~には、15:29のゴールだった。
 倉敷市役所への連絡バスから降りると脚が固まって仕舞って歩き出すのが辛かったが、自転車を持って来たお陰で倉敷駅近くの宿に戻る苦痛?は半減?。

 アフターの宴は、touさん、izumiさん、後からやって来たharumamaさんとだったが、鷲羽山への階段をどう上ったか?の会話のみが記憶に残る、そして爆睡。翌日は久しぶりに2日酔い気味・・と、皆で飲む酒は楽し?







by funnpepe | 2019-03-16 22:40 | ウオーキング | Comments(0)

駅ハイ・氏家雛めぐり~いにしえの面影を訪ねる奥州街道~を半分歩く

b0220251_20584914.jpg
 16日(土)は寒かったが晴れ!だったので、駅ハイを歩くことにした。例年の如く、氏家駅前のeプラザ一番館で受付を済ませると、お雛様の衣装着て写真撮って行きませんか・・と係りの女性から声をかけられた。
 未だ11時前だったからなのか誰も居らず状態だったので(恥ずかしくも無いからと妻を説得し)、重い衣装を羽織り頭に冠を被って記念?の写真を撮って貰った。

 去年は無かったさくらテラス(駅前情報館)で、きつねの花嫁行列、つるしびな等々も見学、そしてこの日は広場(サクラスクウェア)で氏家うどん400円の販売(~14:00)があるよとの事なので其れ迄には戻って来ようと出発した。 

b0220251_20594226.jpg
 線路を跨ぐ連絡橋から、草川沿いに歩き、11:40氏家ゆうゆうパークまでやって来た。
 寒気団が未だ残って居て空気は冷たい筈なのだが、風は無くお日様に照らされてそれなりに温かでウオーキング、ランニング、犬の散歩等々賑やかだった。

b0220251_21001460.jpg
 堤防沿いに鬼怒川を遡るのだが、羽黒山の奥に、日光男体山、女峰山、高原山等々の山々が空気が澄んでくっきりと見え、冬ならではの景色を楽しませて貰った。

b0220251_21005373.jpg
 そして、昭和24年堤防決壊・竣工記念碑辺りから堤防を下りて・・

b0220251_21040741.jpg
 小路を歩いて行くと立派な御堂があって、その裏に浮島地蔵尊があった。その由来は、1723年に起きた五十里洪水の時、地蔵の石仏が島の様に浮かんで水の侵入防いだ故に、浮島地蔵と名付けられたとのこと・・ 

b0220251_21043391.jpg
 そして暫く歩くと12:15、大中(おおなか)公民館までやって来た。集落の人が一人居てくれてお茶をいただき、展示されて居た折り紙も頂いた。

b0220251_21045820.jpg
 再び草川沿いに歩くと、我々の姿を察知したコサギが草川から木の上に飛んで止まって・・

b0220251_21053312.jpg
 暫くすると飛び立って仕舞ったが、もうちょっとアングル良く飛び立ってくれれば(しゃがんで撮れば良かったかも?)・・とちょっと残念。

b0220251_21061337.jpg
 12:50、ギャラリー・サヤでつるし雛&古雛を見学。

b0220251_21065633.jpg
 その中でこれは江戸時代のものだよと言う古雛をじっくり見て・・
 再び小路を歩く、この前は確か冷たい風がピューピュー吹く中歩いたなあと昔のことを思い出している内に、国道4号、東北線を横切って・・

 全コース11kmの半分位だったが既に13:00を過ぎて居て、この儘コース通りに今宮神社へと歩いたら、サクラスクウェアに戻るのは15:00頃になって仕舞う?


b0220251_21073337.jpg
 
 そんな訳で、その辺りから本格的になる「氏家雛めぐり」も「いにしえの面影を訪ねる奥州街道」も今回は省略。
 
 しかし、氏家駅へと直行すると氏家うどんは既に売り切れで北海道ラーメンになって仕舞ったのが残念。この日の歩行距離はgooglefitに寄れば8.3kmだったから、そこそこ歩けたと言った処。

b0220251_05194185.jpg
 翌17日(日)はロマンチック村の温泉に娘と母を連れて食事をしてから、ポケモンGOのコミニティデーのウリムー狩りに妻と再び氏家へと向かい・・

 旧勝山城内を約1時間歩き周り約2.7kmを歩いたが、前日のショートカット分の距離には届かず、浦添から帰って2週間経つのに未だ輪行袋から自転車を出せずと、この処週末の運動が足りないかも?
 これから当分3月並みの気温の日が続くとの事だからこれからが本格始動!、と心の入れ替えが必要?



by funnpepe | 2019-02-20 06:07 | ウオーキング | Comments(0)

てだこウオーク2019 2日目20kmを歩く

b0220251_17001939.jpg
 3日(日)は今回の沖縄旅で一番良い天気、朝焼けが綺麗だなあ・・と前日も走った県道251を北上し・・

b0220251_10061958.jpg
 会場には7:40到着、2日目20kmのスタートは8:00だったから1日目に比べちょっとだけ余裕あり?

b0220251_16510818.jpg
 この日も浦添城へと向かったが、8:15安波茶樋川(アハチャヒージャ)、8:20仲間樋川(ナカマヒージャ)を通り、仲間自治会のおもてなしを早速受けて、仲間集落クバサーヌ御獄にも寄って・・

b0220251_16351479.jpg
 8:30浦添城跡までやって来た。

 首里城から伸びて居るゆいレールの軌道が見えて、来年は車両の行き交う情景になるんだなあ・・と思うと、前日とは何故か違った景色に見えて一撮・・

b0220251_17420298.jpg
 そして8:35、浦添グスクようどれ館前のテントでおもてなし、この日もようどれ館をスルーして仕舞ったのが残念(浦添ようどれ・英祖王陵の内部の様子を見るチャンスを2度も逃してしまった)。

b0220251_10072372.jpg
 8:45、浦添大公園の一角にある展望台に差し掛かり、komaiさん達が上って行くので自分も倣って宜野湾を一望、中々の景色だった。

 googlemapを見てみると、どうやらこの展望台の下に「いしぐふー・・」という沖縄蕎麦専門店があった様だった(開店時刻には早かったので気づかず)、今思い返すとゴールしてから自転車で行ってみれば良かったかも?

b0220251_16363352.jpg
 9:05、一日目ゴール前の自治会のおもてなし個所にさしかかり、前日は温かいコーヒが冷たいコーヒになって居てとても美味かった。
 
 今回の沖縄旅で一番の好天に恵まれ、初夏?と行った温かさにこの辺りから感じて居て有難かった・・

b0220251_20595296.jpg
 9:15、アウトドアショップNEOSのおもてなしを受けて・・

b0220251_10075641.jpg
 9:35牧港緑地への長ーい階段をやっとのこと?上り切り、坂を下りると・・

b0220251_21045101.jpg
 20kmコースのチェックポイントだった。

b0220251_10084947.jpg
 10:15、キャンプキンザーに入って、ハンバーグ、ピザ、衣料雑貨のお店の建物までやって来たので入ってみることにしたが・・

 日本円は使えないがクレジットカードなら使えるとのことで、折角来たのだからとお土産に4ドル弱のアーモンド缶を選び、ナツラルと薄塩がかかって居るものがあるよとレジで教えて貰って後者を選んで家に戻って良く良く見ると、PROTEINの文字が書いてあったからおつまみでは無かったのかも?

b0220251_10091453.jpg
 前日歩いたカーミージ橋での海沿いの道と大型商業施設をキャンプキンザー側から眺め・・

b0220251_22094180.jpg
 一部返還されたとは言え、まだまだ広いなあ・・と歩いた。
 inaさんが米軍基地とは言っても倉庫と米軍の居住区しかないのだから歩かせてくれるんだよねーと言って居たが然り・・

b0220251_10093571.jpg
 気温表示電光板には華氏と摂氏の表示があって25℃だった。10:55キャンプキンザーを出て、前日も設置されて居た結いの街給水地点を11:00に通過し・・

b0220251_10100657.jpg
 11:10、此処も前日とは逆方向にやって来てシクワーサジュース、ドーナツ棒等々の小袋を沢山(那覇空港でお土産買わずに済む程?)頂いてゴールを目指す。

b0220251_22330288.jpg
 
 11:45、多分?ここが自治会のおもてなしの最後だったかも?、以前参加した時はサトウキビをかじらせて貰った所かも知れないが、今回は色々なものがあって全種試食はできずゴールを目指した。

b0220251_10105228.jpg
 そして運動公園までやって来て、ヤクルトおっかけファン向けの屋台には軟骨ソーキそば、にんにくチキン、霧降りサーロインステーキ等々の品書きがぶら下がって居たが、それを横目に12:30のゴールだった。

b0220251_10111486.jpg
 荷物を整理し軽い昼食を食べ、inaさんに名古屋で再会すべく別れをつげて、13:10会場を跡にした。

 2019で最初の初夏ウオークだったかも?

by funnpepe | 2019-02-10 08:24 | ウオーキング | Comments(0)

てだこウオーク2019 1日目30kmを歩く

b0220251_17231116.jpg

 約5kmで辿り着けるのだから・・と、うれあいパーティに参加するのは止めにして県道251を自転車で走って、7:20に会場に辿り着いた。ツバクローがTシャツ玉を2,3発打ち上げて7:30にスタート。

b0220251_17232789.jpg
 8:00浦添城跡(①浦添八景)にやって来た、12世紀から15世紀初頭に琉球王が居城したこと、1609年薩摩軍に進攻され消失、太平洋戦で米軍と約3週間に渡って争奪戦を繰り返したこと等々要害の地であることはウィキペディアに教えて貰った。

 そんな浦添を歩くこの日のコースは、確かにアップダウンの繰り返しだったなあ・・と今振り返ると思えて来る。

b0220251_05085976.jpg
 そして浦添ようどれ(②浦添八景)に行くのはこっちだよ!の看板があったので石段を下りて行くので勇気が要るが、兎も角コースアウトして・・

b0220251_05123705.jpg
 城壁と岩の間を通り抜けると・・

b0220251_17241336.jpg
 琉球のお城らしい雰囲気になって・・

b0220251_05180827.jpg
 断崖をくりぬいて、この中に英祖王陵、尚寧王陵があるとのことで、来た道を引き返した。

 コースに戻り8:10、浦添ようどれ館(ようどれとは夕凪を指す琉球語とのこと)で先ずは最初の給水所でこの日最初のおもてなしを受けたのだが、なんと此処に英祖王陵の内部が実物大で再現されて居るとのことだった。肝心要の見学スポットをスルーして仕舞って残念無念。

b0220251_17244219.jpg
 この牧港川を渡る「当山の石畳道(③浦添八景)」は宜野湾、浦添、首里と繋がる普天間街道の一部で全長200m、幅4.5mで17世紀後半に整備されたとのこと、数年前のてだこウオークで首里城から中城へのルートもこんな道があったことを思い出す。

b0220251_17250830.jpg
 そしててだこウオークの特徴は、8:25の当山公民館から始まって・・

b0220251_05290265.jpg
 そして、8:40、9:10、9:30と各自治会のおもてなしを受けながらのウオークでこれ又楽し・・

 此処まで書き進んでコースがくねくねしているのはそんなおもてなし地点を周るべくコース取りして居るのかも?とも思えて来る。

b0220251_05312356.jpg
 10:10、ゆいレール「石嶺駅」に差し掛かった。えーこんな駅あったけ?とこの時は思ったが此処まで書き進んで調べて見ると・・

 終点の首里駅から石嶺、経塚、浦添前田、てだこ浦西と4駅が今年には延伸・開業予定とのこと(去年の名護サイクリングでは首里の3つ手前の古島駅で降りて仕舞ったが、何時かてだこ浦西駅まで乗ってみたいもの・・)。

b0220251_17263781.jpg
 10:30首里城までやって来た、2016.12月許田から那覇空港へのサイクリングで此処に自転車で辿り着き、何時か首里城外回りのウオーキングルートを歩きたいものと思ったが、どうやらそのコースを歩けせてくれる様だった。

b0220251_17270030.jpg
 経世門の前を通り・・

b0220251_17275846.jpg
 とある民家の庭に見事に咲いた桜が・・とカメラを向けると、一緒に歩いていたhiraiさんがほらメジロと教えてくれた。メジロはチョンチョンと飛び回り中々カメラに収まらない。しかしこのメジロはこの桜の蜜を飲むのに徹して居る様で飛んで行って仕舞うことは無く・・

b0220251_17273377.jpg
 気のすむまで撮らせて貰った.hiraiさんに寄ればメジロは柿も好きで、メジロがやって来ればその木の柿は食べ頃・・とのこと。

b0220251_17292535.jpg
 10:40、中々雰囲気良しの街並みだなあ(歴史散歩の道、ビジガービまーいと案内の標識があった)と写真に撮ったのだが、googleマップに寄ればサガリバナ並木となって居たのは此処まで書き進んで判ったこと、サガリバナは果たして咲いて居たのか居ないのか?がこの目で確かめられなかったのが残念。

b0220251_20400045.jpg
 そして急坂を上ると・・

b0220251_17294656.jpg
 10:45、崎山公園の雨乞獄展望台から那覇の街を見下ろした(崖の下には金城ダムがあって、翌日のウオーキング後織名園を目指して自転車でウロウロすることに成ろうとは・・)。

b0220251_05344800.jpg
 そして、崎山御獄、守礼門入り口、弁財天堂と歩いて来ると、龍潭池(りゅうたんいけ)にはこんな沖縄らしい?ニワトリ大の鳥が数羽居て一撮。

b0220251_17310614.jpg
 そんな首里城公園を抜けて、11:55、12:20と自治会のおもてなし。この内間公園では丁度お昼頃だからとの配慮なのかジューシのおじやだった。
 更に12:35、山原シーカーサジュース、美ら豆等をいただき、12:50結の街で給水&チェック、そして国立劇場おきなわの前を通って・・

b0220251_05520233.jpg
 今年からの新ルートだよ・・と名護のhikariさんも言って居た東シナ海を左に見て、カーミージー橋を目指す、この日後半のハイライトと言っても良い区間だった。
 どうやら去年3月31日キャンプキンザーの一部が返還されたことに寄るもの?官官房長が米軍基地返還とその後の活用策についてアッピールして居たのは此処だたのかと自分の記憶と繋がった(普天間基地返還策も常にあらゆる方策を検討すべし・・の観点から辺野古の埋め立ては早く確実に進めて置くべしと自分は思う)。

 大型商業施設が2019夏に開業するとのことだが正にそんな仕上げの工事を右に見て・・

b0220251_06053490.jpg
 そして漸く13:30、カーミージー橋までやって来た。
:
b0220251_17320484.jpg
 橋の上からの東シナ海の眺めは正に絶景、浅瀬に人が入って居ていったい何を採って居るのかな・・と写真を撮ったがその後そんな海の幸をいただけたのだった。

b0220251_17322572.jpg
 長くて高い橋だったから、自転車で走るには結構きついかも?橋を下りると国道58に繋がる牧港大橋は自動車専用道になって仕舞うのが惜しいが、何時か自転車でも走ってみたい・・

b0220251_17324610.jpg
 そして13:50、港川自治会のおもてなしはアオサ汁のおもてなしだった。さっきアオサ採って居るの見たでしょ、アオサにだし汁をかけたものだよと教えて貰った。

 そう言えば随分と前にこの大会に参加した時此処でアオサ汁をいただき、キャンプキンザーに向かったこと、その入り口が大型商業施設が出来て居る辺り・・と遠い記憶が蘇って来た。

b0220251_17331554.jpg
 14:10国道58号を横切って、14:15この日最後の自治会おもてなしをいただいて・・

b0220251_17333510.jpg
 漸く浦添大公園までやって来た、ヤクルトがキャンプでやって来て居てそのおっかけファン、おっかけファン向けの屋台等々大賑わい・・

b0220251_17335936.jpg
 ゴールの浦添体育館はすぐ其処なのだが、折角きたのだからバッティング情景も見て行こうかと球場にも入って、14:50のゴールだった。
 30kmコースだから遅くとも14:00位にはゴール?と思って居たが、大幅に遅れて仕舞ったのはすべてのおもてなしをいただいたから、コースがあっちにまがりこっちにまがりとくねくねしていたから、それともアップダウンが多くてスピドがでなかったから・・

 この日のコースは前回参加した時の42.195kmコースにあった中城付近のひまわり畑、北谷町のアラハビーチには行かなかったが、中味は濃かった。

by funnpepe | 2019-02-08 06:29 | ウオーキング | Comments(0)

鎌倉歴史探訪ウオーク 亀ケ谷坂切り通し12kmを歩く

 宿は由比ガ浜・海浜公園のすぐ近くだったので、日の出を拝すべく先ずは海へと何時もなら目を覚まして思う処だが・・

b0220251_19341919.jpg
 この日は曇りでとても寒くてと、早朝のひと時は屋内に閉じこもった。地下に綺麗な浴場もあって、共有スペースには新しいアップルのパソコンが2台程並んで居たので、触ってみようか・・とも思ったが、マイスマホで時間を過ごした、居心地が良くて又泊まってみたいと思う宿だった。

b0220251_19350319.jpg
 そして、ワンプレート500円の朝食も、豆?アサリが入ったスープも濃厚で味も中々だったし、フランスパンも温かくて柔らかく、美味かった。
 
b0220251_19354511.jpg
 8:15頃宿を出て鎌倉駅から電車に乗って、9:00頃本郷台駅に到着。
 受付を済ませスタートを待つ間、冷たい風が吹きつけて来てとても寒かった。スタッフの人達もこりゃー寒くてとても堪らんと思ったのか、9:30になったら出発式やりますよーとハンドマイクで呼びかけてくれる程・・

 寒いからくれぐれも怪我の無い様に・・と入念にきちんと準備体操をしてから、9:45頃のスタートだった。

b0220251_19360472.jpg
 10:25、荒井沢市民の森から山道を上り尾根歩きになった。どうやら峠越えして鎌倉散在池(サンザイケ)へと向かって居た様だった。

b0220251_19362614.jpg
 鎌倉パブリックが左下にちょっと見えて、10:30尾根道まで山を切り開いた山畑に差し掛かる、山畑のずーっと奥に見える街はこの日スタートして来た本郷台辺り?約1時間弱で此処まで歩けて凄い!とも思えるが本当のことは判らない。
 そして鎌倉パブリックも見えたし、この日歩いた尾根道は鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)の一部を歩いたのかも?とも思ったが本当のことは判らない(どうやら天園ハイキングコースとはずれていたのかも?)。

b0220251_19364712.jpg
 10:45、鎌倉湖墓苑近くに坂を下りて、山道歩きが漸く終ったとやれやれ・・

 鎌倉八幡宮で落ち合ったtatikiさんは大船駅からの「巨福路坂切り通しコース」を歩いて来たとのことだった、鎌倉湖が良かったよーと教えて貰ったが、その鎌倉湖が散在池であることが此処まで書き進んで判明。
 そして、コース通りに滝の入り隧道へと直進したが、左折してちょっと鎌倉湖ルートを歩くのも有り?だったことが判明。今年で鎌倉歴史探訪ウオークは9回目の筈なのに、鎌倉の土地勘が全く無いのを猛省するしかない。

b0220251_19370445.jpg
 11:00、今泉台の住宅地を過ぎて・・

b0220251_19372380.jpg
 11:30、亀ケ谷切り通しを通過。結局、巨福呂坂切り通し、化粧坂(けはい)坂切り通しとはお隣りであることも判明。
 11:40、寿福寺のトイレを借用し、鎌倉市川喜多映画記念館の散策路(超短かったが)を通って、鶴岡八幡宮に辿り着く。

b0220251_19375558.jpg
 すると、touさん、tatikiさんに遭遇。此処から3人でゴールへと向かい、12:10のゴールだった。例年通り年末ウオーキングらしい雰囲気を感じながら、12:35ゴール会場を跡にした。
 距離が12km前後と短いこともあって、昨年までサイクリングと絡めての参加だった。この日のことを思い返し、7つの切り通しを一挙に歩くマイルートを作って、鎌倉を歩いてみようか?紅葉が残って居て、できれば富士山が良く見える時期が良いかも?等々鎌倉の土地勘を養うべくアイディが浮かんだ、何時かチャレンジしたいもの。

 そしてこの日は、touさん、odawaraさん、walkaholicさん、harumamaさん達と、鎌倉駅近くの竹扇と言う蕎麦屋さんで今年の〆のアフターだったが、蕎麦を肴に日本酒がとても美味かった(鎌倉からの帰りはグリーンで一杯が何時ものパターンなのだが、この日は蕎麦を肴の日本酒に勝るもの無し・・)。

b0220251_19381487.jpg
 今年のウオーキング&サイクリングの遠征記録は、歩行距離:536km(生涯累計:15456km)、大会参加数:23回(生涯累計:524回)、サイクリング距離:1560km(生涯累計:8437km)だった。来年も同じ位の数値に成る様、精進努力すべし・・と書いて置きたい。


by funnpepe | 2018-12-27 22:00 | ウオーキング | Comments(0)

東京・日比谷公園から横浜・赤煉瓦パークへ

 例年汽笛一声ウオークと翌日の鎌倉歴史探訪ウオーク絡みでテレビのニュースも見て居ないから、皇居近く迄来て居るのに天皇誕生日の一般参賀の様子は判らない。汽笛一声ウオークは今年?まで天皇誕生日にやるよと決まって居るのだから、過去一回位は川崎をゴールにするかそれとも川崎をスタートにして、ウオーキング後天皇誕生日の皇居の情景を見て置いても良かったかも?と今にして思うが後の祭り・・

(横浜・赤煉瓦パークにゴールした後、〆の飲み会のことのみを楽しみにして居た自分につくづく反省?)

b0220251_19355530.jpg
 朝は例年に無く、手袋が要らない位の温かい日だった。皇居方面には各種車両が並んで居る様子を眺めながら、有楽町から皇居、日比谷公園へと向かった。
 日比谷公園にはクリスマス&年末関連のイヴェント絡みのテントが沢山並んで居たが、その片隅のスタート会場に8:00頃辿り着き、8:30頃のスタートだった。

b0220251_19361154.jpg
 例年通り箱根駅伝コースにもなって居る増上寺方面へと向かったが、前後に同好の志のウオーカの姿があるのだがこの日は全く見えない。マップをよくよく眺めると、何と汐留へと向かって旧新橋停車場跡へと向かってチェックの印を貰うべしとなって居たが既に遅し・・
 先ずは増上寺の山門に入って、この日は大殿(本堂)裏の(時間が早すぎて、有料でと入れなかったが)徳川将軍家墓所まで行って、泉岳寺へと向かった。

b0220251_19362480.jpg
 途中、東京タワーの下を通った、社会人1年目の時確か学会発表で来たよなー、でもあの展望台迄あがったっけ?と微かな記憶を辿ったが、toshioさんに機会振興会館は隣の建物だよと教えられて納得。


b0220251_19364320.jpg
 麻布十番、元神明宮、魚籃坂、駐日イタリア大使館、高輪・・等々聞いたことある地名を辿り坂道を上って下って、慶応大学の前を通過。
 下宿のおばさんが昔、かつ丼等々のお店をやって居たのはこの辺りだったかも?、三田の垢ぬけした学生と比べ、あなた達のドテラ姿に内心びっくり・・と、今年9月の同窓会で当時の自分達の様子を揶揄されて大笑いだったが、何となく垢抜けした雰囲気だなあと確かに?思えた。

b0220251_19370090.jpg
 9:50旧細川家のシイを見て、9:55旧細川家跡で東京都指定旧跡「大石内蔵助外16人忠烈の跡」、そして10:05泉岳寺へと散策した。増上寺から品川駅へとアアプダウンの連続で、東京都心は結構山あり谷ありなんだなあ・・と実感。

b0220251_19371592.jpg
 品川駅近くから旧東海道に入り、浜川砲台跡辺りまでやって来た。土佐藩下屋敷警備の為坂本竜馬もこの辺りに来ていたとのこと・・

b0220251_19374111.jpg
 そんな縁があって、立会川竜馬通りと名付けられた一角に、この坂本竜馬像が出来た様だったが訪れたのは初めてだった。 
 そして、11:20鈴ヶ森刑場跡に辿り着き、この辺りの名所旧跡巡りは終了したからと、大森海岸駅から電車を利用して・・

b0220251_19380566.jpg
 川崎駅から13kmをきっちりと歩くべくスタートしたが、雨が降りだして空気も急に冷たくなって、結局川崎駅から電車に乗って・・

b0220251_19382210.jpg
 横浜・赤煉瓦パークへは約2kmのウオーキングになって仕舞った。

 そんな訳でこの日の歩行距離は15km位だったかも?この日はgpsロガーも作動して居らず距離も軌跡も残って居なかったのが残念(ポケモンGOの週間歩行距離50kmも未達成に終わって仕舞ったのも残念無念)。

b0220251_19384195.jpg
 この日は途中で、寒くて雨が降っては居たものの、折角東京まで出て来たのだから・・と何時もならウオーキングに拘わる処ではあるが、今思い返すとこのアフターがこの日一番のイヴェントと始めから思えて居たのかも? 
 この12月で八十八を迎えるtouさんの健脚を祝して、関内駅近くの居酒屋で、ハタハタの唐揚げ(大きかった)、マグロ等々の刺身、串焼き、横手の焼きそば、キリタンポ鍋・・等々秋田料理とお酒を堪能。

b0220251_19385452.jpg
 (勿論このアフター写真の中には、正規コースを歩き切ったウオーカが複数名居たことも、散会して複数名で鎌倉の宿に辿り着き、風呂に入って〆の一杯を楽しんだことも記して置きたい。このお店を見つけてくれたwalkaholicさんに感謝、ボケさせずにしっかり写真を撮ってくれたtoshioさんに感謝。)
by funnpepe | 2018-12-26 20:45 | ウオーキング | Comments(0)

第31回なごやんばるツーデマーチ 2日目 名護湾・大浦湾ちゅらながみーコース 23.3kmを歩く

b0220251_08185647.jpg
 いよいよ今年も名護での最終日、20kmコースと決めては居たが例年通り40kmコースと同じく7:00にスタートしたので、未だ暗闇の中を歩いた。
 毎年歩いて居るコースだし、この日20kmを行くkikuchiさん、touさん、yosihioさん、hirokoさんも一緒の約20人位の大集団だったし・・と標識もマップも見ずに、オリオンビールの工場を目指せば良い筈と歩いたのが間違いだった。

b0220251_08191295.jpg
 大西トンネルの手前で南下すれば良かったものの、大西トンネルを抜けて南下したので、羽地内海に繋がる県道71に誘導されて仕舞い、漸くオリオンビールの工場の横を抜けて大きな橋を渡り、7:55漸く名護湾を見下ろす地点までやって来てやれやれ・・だった。

 そんな訳で前後に殆ど人は居らず寂しかったが・・

b0220251_08192850.jpg
 峠を越えて下り坂になり2番目のトンネルに入った辺りで、前方に人影が見え、アグー村へと左折して間もなくyoshioさん、hirokoさんに遭遇。どうやら2人は我々より早く正規コースに復帰して居た・・

b0220251_08194199.jpg
 第30回の去年の記念大会から引き続き、今年も大浦マングローブロードを歩かせてくれるのが思いがけず有難かった・・。生憎雨が降って仕舞って・・



b0220251_08200154.jpg
 この浮橋の上を歩くのみになって仕舞ったが、hirokoさん、yoshioさんがあれ何?と声を発した。
死んで魚が浮いて居る・・と思ったが念の為カメラを向けてシャッターを押して居る内に、水中に潜って仕舞って見えなくなった。

b0220251_08203349.jpg
 家に戻って拡大して見ると幸運にもこんな風に撮れては居たが、魚の名は判らない・・

b0220251_08211244.jpg
 9:25、11.1km地点のわんさか大浦パークでチェックのスタンプを貰い、今年は二見バイパスの下を潜る旧道を歩いた。少し遠回りだったかも知れないがそれなりに新鮮。
 やがて国道329に合流し去年と同じルートになって、10:00、14.7km地点の二見の里で今年も給水。そしてしばらく歩いて居る内に30kmコースのitaさんがやって来てと去年と同じ様なパターンだった。

b0220251_08214677.jpg
 ひんぷんカジュマル地点ではyoshioさんとhirokoさんはサガリバナを見に行くよとの事で別れたが・・

b0220251_08220194.jpg
 マンホールカードを貰う所で再び遭遇、11:25、22.0km地点の名護市営市場では、10kmコース、3kmコースの人達は既に行って仕舞ったかどうかは判らないが我々4人のみだったので、あれもこれもと一通りたっぷりと頂いてからゴールへと向かい、11:50頃のゴールだった。
 この日は雨が強かったが、大浦マングローブロードでマングローブ、そして幻の魚が見えたし、二見バイパスの下を潜る旧道の雰囲気だったとそれなりに楽しめて満足。



by funnpepe | 2018-12-16 22:30 | ウオーキング | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

帰りを津和野から電車輪行..
by Walkaholic at 09:29
楽しい自転車旅に成る様祈..
by funnpepe at 11:50
お返事ありがとうございま..
by 宇広(Takahiro) at 19:17
普通の路線バスだから乗れ..
by funnpepe at 20:30
突然質問失礼します。横川..
by 宇広(Takahiro) at 12:16
> Walkaholic..
by funnpepe at 18:13
キオンと言う花なんですね..
by Walkaholic at 15:59
この花を摘んで投げ渡し ..
by Walkaholic at 15:39
「沖縄では雨よりも強風を..
by Walkaholilc at 13:53
帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

日光へ、輪王寺三仏堂から田母..
at 2019-04-22 22:00
「みんなで歌おううた声仲間」..
at 2019-04-21 05:17
イワウチワの群生
at 2019-04-16 22:00
氏家ゆうゆうパークのソメイ..
at 2019-04-15 22:00
雪と桜と新緑と
at 2019-04-11 22:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧