人気ブログランキング |

2019 栃木県民の日

b0220251_20204697.jpg
 15日(土)は雨だった、妻の送迎で宇都宮市内に行ったついでに県立美術館にちょい寄りした、入ってみると大変な賑わい。
 有料の日に比べ約10倍?、無料にするとこんなに沢山の見学者が来るなら毎月15日は無料開放して、広く県民に文化の香りを伝えるのも有り?と我田引水のアイディアが浮かぶ程だった。

 常設展エリアも収蔵品は多分多いんだろうなと思う程新鮮な、展示品の数々(見学無料の日を含めて未だ数回の見学なのだが・・)に感心。
 ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー「風景・タンバリンをもつ女」は1840-1850作、1996年度基金で取得、リチャード・ウィルソン「アクア・アチュートーサ」は1754頃作、1996年度基金で取得とのことだが、今回のマイフェイバリッド作品だった。

b0220251_20213238.jpg
 翌16日(日)は何処行こうか?と思案し、未だ行ったことの無い那須どうぶつ王国に遠征。現地に辿り着いたのは11:00だったが、駐車場はほぼ満杯で栃木県民と思しき車が多かったから、入場料半額の影響は極めて大?

 入国ゲートを抜け王国タウンに入ると、雨、雪でも周れる様になのか回廊が現れて・・

b0220251_20222304.jpg
 先ずは熱帯の森の部屋にと入った。動物に触らないでね・・の注意書きがあったが、ガラス戸越しでは無くすぐ目の前に見えるのが売りなのかも?

 クビワコガモが・・

b0220251_20224707.jpg
 ギニアエボシドリ

b0220251_20230575.jpg
 ルリコンゴインコ等々、人が見て周って居るのに飛び立ったりしないのが不思議・・
 コモンマーモセットと言うネズミ大のサルが枝の上を動き周って居たのがアクセント?
 丁度飼育員のお姉さんが餌を上げる処に遭遇したが、小さすぎて写真に上手く取れなかったのは残念。

b0220251_20232435.jpg
 ペンギンビレッジと言うエリアではケープペンギン、フンボルトペンギン等々の他に・・

b0220251_20234212.jpg
 そしてペンギンはペンギン科で南半球のみに生息するが、ペンギンに似ては居るが空も飛べて北半球のみに生息するパフィン(ニシツノメドリ)と言うウミスズメ科の鳥も別室に・・、テレビ等々で見たことがあったかも?

b0220251_20240156.jpg
 保全の森の部屋には神の鳥・ライチョウが居る筈だったがこの日はお休み、スバールパルライチョウが居たがライチョウ飼育の準備と基礎研究を行っているとのこと・・

 そして御隣のレストランからこんな景色が見えて、此処は真に那須山麓だなーと言った景色が見えたのだった。この先の芝生広場の展望ドッグラン辺りまで行って見たかったが、昼食は王国ファームのレストランで食べようか?となって・・

b0220251_20251470.jpg
 ワンニャンバスに乗って谷を越え王国ファームに行って、屋外レストランでスペアリブを食す。この日の天気予報は雨後晴れだったが、時折雲がかかって冷たい風が吹いて来て昼食は室内の王国タウンの方が良かったかも?

 そしてスペアリブもフォークだけで食べるのはちょっと無理、美味かったが食べるのに苦労した。

b0220251_20254870.jpg
 王国ファームはアルパカと触れ合い・・

b0220251_20261368.jpg
 羊を眺め・・

b0220251_20263792.jpg
 カンガルも随分と近くで見ることができた、カンガルーの前足の爪が大きくてびっくり・・

b0220251_20265657.jpg
 イヌワシも大きかったが、コンドルは更に大きかったし、50年も生きるとのこと・・等々見学して王国タウンに戻ることにしたが、ワンシャンバスが来るのを待つ人の長い列ができて居たので・・

b0220251_20270965.jpg
 その先のスカイスタジアムへと歩いた、この儘進んで展望リフトで谷を越え王国タウンへと戻るルートもあった様だが、この日は悪天候(風が強かったのかも?)で運行中止だった。

 兎も角、ワンニャンバス乗り場まで戻って、王国タウンに帰ることにした。

b0220251_20275864.jpg
 そしてユーモラスにも思えた熊猫を見て、つい先日希少動物のヌマルネコが無事赤ちゃんを産んだよとテレビでやって居た、あのヌマルネコもこの目で見ることが出来た。赤ちゃんは近日公開とのこと・・

b0220251_20282349.jpg
 レッサーパンダは意外に大きかったし、可愛かった。カピバラはふれあいタイムが始まって居て妻は触って癒されて居た。
 アニマルスタジアムではネコのショーをちょっとだけ見ることが出来たが、自己本位で過ごす我が家のネコと違ってよくもまあ訓練されたものだと感心。

b0220251_20284289.jpg
 そして最後はウウェットランドの建物を見学。

b0220251_20291092.jpg
 モモイロペリカンが居て・・

b0220251_20303971.jpg
 何となく癒されるハシビロコウはやっぱりずーっと動かなかった・・

b0220251_20310917.jpg
 他には、ヨーロッパフラミンゴ、アカカワイノシシ、ショウジョウトキ等々の小池をぐるっと回る路があって・・

b0220251_20312590.jpg
 その外側にジャガーが歩き回るのを観察できる様になって居るのだが・・

b0220251_20423478.jpg
 残念ながらジャガーはお昼寝中・・

 どうやらコンセプトは、所謂動物園と違った魅力をアッピールして居るんだなーと旭川動物園を思い出した。

b0220251_20400858.jpg
 那須山麓の景色にも癒されるが、那須どうぶつ王国の動物にも癒された。子供が大きくなって最早動物園には関心が無くなって居たが、人気なのもこりゃー納得・・

 県民の日のお陰で今年も新鮮な体験をすることができたかなーとと言った処、








# by funnpepe | 2019-06-18 22:00 | 旅行・イヴェント | Comments(0)

桐生散歩

b0220251_05031422.jpg
 10:35、岩宿駅をスタートし、阿佐美沼沿いに歩いた。雲に隠れて赤城山は見えなかったが、静かな沼で癒される景色・・

b0220251_05034241.jpg
 阿佐美沼の隣には東貯水池と名付けられたちょっと大きめの沼がある様なのだが、どうやら競艇に使われて居る様で観覧席と思しき大きな建物と壁で視界が遮られ、ごく普通の沼・・

b0220251_05040731.jpg
 しかし、旬のスイレンがあっちこっちで咲いて居てくれて、歩き甲斐のある路を行き・・

b0220251_20122476.jpg
 kaaさんの所へと辿り着く。2017.11の加古川に向かうべく、東京駅からのひかりで偶然遭遇して以来だったが、連日リハビリに励んで居るからなのか、身も心もスマート?、兎に角元気だった。

b0220251_05050490.jpg
 暫し歓談し、近くの病院の食堂に行って昼食してお暇することに・・、kaaさんは玄関まで来て送ってくれた。

b0220251_05055864.jpg
 そして県道68を北上し桐生駅へと向かった。東武・新桐生駅とJR・桐生駅、東武・足利市駅とJR・足利駅、東武・佐野市駅とJR・佐野駅と皆同じ様に、東武の駅とJRの駅は離れて居ることに早め?に気が付いて、新桐生駅に向かうのを思いとどまり、桐生駅を目指しほぼ道なり・・で正解だった。

 この交差点を左折すると大間々、日光へと繋がるよと標識もあった。次回渡良瀬歩行会(わたらせあるこうかい)で佐野を歩き、kaaさんの所に寄って、尾瀬に向かう時はこの道・・と桐生の土地勘をゲット?と言った処。

 
b0220251_05061938.jpg
 そして桐生大橋へと差し掛かった。遠く左の方に山間が見えて居て、大間々、草木湖、足尾へのルートの様だった。
 鹿沼から柏尾峠越えして足尾へ、そして草木湖、大間、桐生と降りてくるサイクリングルートは未だ走っては居ない。その内何時か走りたいと思っては居るが、現状では難しそう・・、でもこの山間の景色を眺めるとたやすくは諦められない・・

b0220251_05064196.jpg
 14:00、JR桐生駅着だった、この日の歩行距離は約5kmだったから散歩?

b0220251_05065884.jpg
 でも元気なkaaさんにも会えたし、JR桐生駅では渡良瀬渓谷鉄道の電車にも遭遇、自転車で柏尾峠を越える自信が無くなったら、この電車で足尾まで行って自転車で国道122を下って来ようか・・等々アイディアも浮かんで、それなりに収穫?
















# by funnpepe | 2019-06-14 22:30 | ウオーキング | Comments(0)

ロマンチック村でさつき観賞

 6.2(日)はロマンチック村の「第24回宇都宮さつき&花フェア」を見学、何時もながら花を枝一杯に付けた銘品に只々脱帽・・

b0220251_11095505.jpg
 これは明美の月と言う品種だそうだが、白い花の中にポチポチと赤の花が入って居るのも見事、赤の花を咲かす枝が何とも絶妙に配されて居てこれ又脱帽・・

b0220251_11112824.jpg
 そして、よくもまあこんな小さな鉢で元気に育てたものだと只々感心し、自分もそれに倣うべく一昨年から挑戦して居るのだが、春になって葉も花芽もすっかり落ちて、枯らす寸前までして仕舞った。

 そんな訳で今年の展示会は特に、こんな小さな鉢て育て上げるのは一朝一夕には行かない、凄い・・と苦い経験を噛みしめながら鑑賞した。

b0220251_11124050.jpg
 それでも中には、6月になって漸く枯れ枝に新芽を出してくれる鉢もあって、入梅を過ぎた頃には復活してくれるものも出てくるかも?と淡い希望も湧いて来た。
 
b0220251_11132660.jpg
 花後の剪定を終えて例年行う植え替えをしなかったからなのか?、冬越しの為鉢を盆栽棚から地面に下し落ち葉を敷き詰める作業がいい加減だったのか?、冬の水やりが足りなかったのか?等々と反省すべき点は多々?

 今年はしっかり対策したいもの、来年の今頃はこんな風に咲いてくれる木を一つでも育てたいと願いを込めて観賞した。

b0220251_11143662.jpg
 半枯れにして仕舞ったから新芽を伸ばし再度枝を整え、何時かこんな躍動感あふれる樹形にしたいもの等々、好みの盆栽を見繕って写真に撮って周った。
 
b0220251_19435967.jpg
 お隣りのバラ園にも行って見ると、花は終わりかけては居たが香りが一面に広がって、バラの素晴らしさも再発見だった。

b0220251_11104593.jpg
 我が家のさつき盆栽は、今年は満足に花を咲かせてくれるものはほぼ無かった。失敗にめげずにやけにならずに、なるべく鉢を小さく浅くと試行錯誤してみたい。

 そんなこの日の写真を眺めていると、中段辺りの花の配置が何とも絶妙と見るべき点は鉢映りの他多々・・と思えて来たのが収穫?






# by funnpepe | 2019-06-11 22:00 | 花・野鳥 | Comments(0)

筑波から葛西臨海公園へ、小貝川、江戸川、新中川を走る

 2019.6.1(土)つくばエクスプレス研究学園駅近くの公園に寄ってつくばウオークのスタート風景を見てから、県道123で小貝川に向かった。

b0220251_07104184.jpg
 吉野公園への手前の橋を渡り、8:25小貝川沿いのサイクリングロードをスタート。この日の前半は小貝川サイクリングロードを、利根川の合流地点まで、約2時間半のサイクリングだった。

 国道123をその儘鬼怒川迄行って、鬼怒川沿いに走り菅生沼の横を抜け、利根川を横切って、江戸川サイクリングロードを目指すルートもあった様だが、そのルートは又次の機会に・・

b0220251_07222451.jpg
 先ずは小貝川の右岸を川下へと走った、意外に小貝川は大きな川と言った印象・・

b0220251_07110596.jpg
 8:40、福岡堰までやって来た。川面の奥に筑波山が見えて、こんな景色を眺めながら左岸に渡りたくなったが自重。

 福岡堰を過ぎると川幅は狭くなり、左岸側に渡ってみようか・・と又々思ったが、この日は快晴で日差しが厳つく、日陰の道をなるべく走ろうと思ったからなのかひたすら?右岸側を走った。途中に休憩スポット等々にやがて出会うかな?と思ったが、中々現れなかった。
 しかし何人かサイクリストは走って来て居たから、ずっと右岸で正解?等々心が揺れる。

b0220251_07114003.jpg
 伊那橋で左岸側に渡るのが正解の様だったが、やがてつくばエクスプレスと交叉する辺りで右岸のサイクリングロードは消滅。県道46の野田牛久線で橋を渡って左岸へと周った。日陰の休憩スポットでもあれば一休み・・と思ったが現れない・・
 結局日陰気味の視界が広がって居た辺りで一休み、どうらやその辺りに間宮林蔵の墓、間宮林蔵記念館があった様だった。

 そして9:40、水門の橋から再度右岸側に渡ったが、中々の景色が橋の上から見えて来た。

b0220251_07115717.jpg
 川面の奥に、茨城百景岡堰碑、間宮林蔵像等があった様で、一つ上流側の橋で右岸側に渡るべきだったなあと言った景色だった。反省点は事前に走るコースをじっくり地図で眺めるべし?

 そして此処から右岸側をずっと走って、何時の間にかサイクリングロードの道幅が広くなって、休憩スポットも何か所か出来て居て、ポピー畑も何か所は見えて来てと、ゆったりサイクリングモードになって居た。
 途中で取手駅へとショートカットすることも出来たが、国道6号、常磐線の下を潜って石段を上りと、この日は小貝川サイクリングロードを極める?べく取手の街を大きく迂回して・・

b0220251_07122694.jpg
 10:40、豊田堰までやって来た。そして県道209の橋の下を潜ってからサイクリングロードは河川敷に降りて行き、どうやら利根川に入った様だった。

b0220251_07125159.jpg
 そして10:50、堤防の上まで上がれば常磐線取手駅も見える筈?と言う処までやって来て一休み。予定では取手駅付近から国道6号に入るのは11:30と設定してあったから、この時点では余裕?

 堤防の上には上がらずに河川敷の路を進むと取手緑地運動公園が出て来て、公園の駐車場があって・・

b0220251_07230296.jpg
 其処に、小堀(おほり)の渡しがあったのだった。11:05だったが何と渡し船の出港時刻は11:10!!!、今思い返しても、神様がこの船で利根川を渡るべしと差配してくれたかの様?・・

b0220251_07135333.jpg
 無論自転車で大利根橋を渡るよりはずっと楽だし、200円を支払って川面から利根川の情景を暫し楽しめた。
 渡しは即対岸の小堀へ向かうものと思って居だが、先ずは上流の大利根橋の方に遡り取手ふれあい桟橋に行って・・

b0220251_07140694.jpg
 11:45、対岸の小堀に着岸。
 名残惜しいが再びサイクリストになって、堤防を走りやがて国道6月に出ると、車がバンバン走ってと、この日一番の走行緊張区間に入った。

b0220251_07143182.jpg
 こりゃー溜まらんと手賀沼方面への道に入り、手賀沼を超える橋の手前で右折して手賀沼公園ではフラダンスのイベント等々快晴の休日を満喫中と言った情景にも遭遇、手賀沼ふれあいラインを走ったが、車車車とのんびりゆったり走れた訳でもないのがこのルートの欠点?。

 やがて柏駅付近で6号線にちょっとだけ合流し、県道278へと左折して後は道なりに進めば、流山駅付近から枝川サイクリンゴロードに入る目算だった。しかし豊四季駅を過ぎた辺りの交差点を左折して仕舞い、walkaholicさんに若しかして豊四季方面へと逆走してるんじゃあないの・・と言われ、取り敢えず差し掛かったラーメン店で昼食休憩。

b0220251_07145444.jpg
 そしてwalkaholicさんに先導?されて、来た道を戻り県道278を走り、漸くのこと14:30江戸川サイクリングを流山宿付近からスタート。計画では13:30だったから丁度1時間の遅れ・・

 取り敢えず川下へと左岸を走ったが右岸も走れた様だった。道も広かったし、サイクリストの姿もあっちこっちで見かけて、東京スカイツリ-も見えて居てと、以前walkaholicさん、harumamaさんと荒川サイクリングロードを走った時の雰囲気を思い出す。
 
b0220251_07155655.jpg
 時々自転車は降りて通り抜けてね・・とばかりに狭い柵を抜けるのも荒川サイクリングロードと全く同じで、サイクリストが多いんだろうな・・、中にはスピードを結構だして通り抜けるサイクリストも居るんだろうなと思ったが閉口。

 そして、JR常磐線、国道6号の下を横切って間もなく、15:20矢切の渡しが現れた。
 松戸市下矢切と東京都葛飾区を結んで居て、野菊の墓の一節に、細川たかしの矢切の渡し、そして寅さんの映画でも有名だよと改めてネットに教えて貰ったが、この対岸に帝釈天、寅さん記念館等々観光スポットがあった様で自転車を連れて渡れれば最高なのだが・・
 どうやら船の様子では小堀の渡しとは違って無理?又の機会があれば右岸ルートを走ってみたいもの・・

b0220251_07162976.jpg
 北総線、京成本線の下を潜り、15:35国道14で東京都側へと渡り・・

b0220251_07164813.jpg
 新中川沿いに走って、県道318で葛西臨海公園駅に辿り着いたのは、計画の15:00よりも大幅に遅れ16:40頃。この日江戸川をスタートした流山宿からゴールの葛西臨海公園駅まで約20kmと思って居たが、改めてgoogleに計算して貰うと約30kmと違って居たのだから遅れたのも当然と言えば当然・・

 葛西臨海公園駅への導入路付近で立ちごけして仕舞う等々反省点はこの日も盛り沢山だったが、17:02発の電車に乗れて、東京駅地下駅から宇都宮線まで飛行場並みに遠くて閉口したが、何とかグリーン券を買える時間は確保できて、walkaholicさんとアフターはできなかったがこの日の余韻を楽しんで20:00頃に無事帰宅。

 この日の自転車記録は、走行距離109.6km、平均速度18.3km/h、走行時間5:59だった。何時の日かこの日のルートをアレンジして走ってみたい・・と思ったからそれなりに良いコース?









# by funnpepe | 2019-06-08 09:01 | サイクリング | Comments(0)

雨引の里めぐり、そして筑波へ


 5月31日(金)、8:00に自宅発、途中益子町に入ってこの分なら10:40位には岩瀬駅着・・と思った途端、後ろのタイヤがパンクして仕舞った。路面の異物に気付かずに前輪、後輪共ガタンガタンと乗り上げて、直ぐに後輪がガタガタとなってパンクだな?と観念だった。
 タイヤを外し何か刺さってないか?をチェックして、新しいチューブに交換、タイヤを再び装着する時に治具でチューブを傷つけない様に注意して、空気入れ作業も何とか終了で約20分もかかって仕舞った。

 つい先日,未だ未だ使える筈のタイヤをパンクのリスクを抑えるべくタイヤを新調したのに・・と未練がましい気持ちもあるが、今思い返すとパンクは恐れずに足らず!にもなって居るからそれなりに良い経験だったかも?

b0220251_20080195.jpg
 前回(2013.10)の雨引き里と彫刻にやって来た時は、真岡からの道を間違えて、怪鳥さんwalkaholicさんとの合流時刻に大幅に遅刻して仕舞った。しかしこの日は、何とかwalkaholicさんとの合流時刻の11:00に間に合って安堵。そして雨引観音へと向かったのだった。 

b0220251_20254856.jpg
 車で2度程このルートを走っては居たが、やっぱり自転車では辛かった。救いは登りの距離が短かいこと?駐車場に自転車を置いて、天引観音(雨引山楽法寺)へと山門を潜り石段を上り、お参りをして境内を散策。
 この日何度も眺めることになる筑波山、この後巡る雨引きの里等々、暫し関東平野を見下ろす素晴らしい眺めを楽しんだ。

b0220251_20260895.jpg
 そして放し飼いされているクジャクが羽を広げてくれた処にも遭遇。
 これから羽を広げるぞーとばかりにひと際甲高い声を発して教えてくれたが、こちらを向いてくれず羽を閉じて仕舞い、こんな写真しか撮れなかったのがちょっと残念。

 そしてこの日のメインイヴェント「雨引の里と彫刻2019」の会場へと向かった。

b0220251_20270032.jpg
 大和ふれあいセンター「シトラス」で受け付けを済ませ、作家のひとこと等々パンフレットを貰って、13:00、no.1「春を待つ峰」からスタート。

b0220251_20291466.jpg
 no.2「存在の不条理」には「・・人にみつかると退治され、鍋の中。でも大丈夫、子沢山だから!」と作家のひとことが何ともユーモラスに思えて癒される。

b0220251_20300456.jpg
 no.6「若葉の中の箒」は確かに題名通りなのだが、作品を子細に眺めると、此処で育った木を加工したのかも?柄の部分は2つのパーツになって居て繋いであった。
 こんな大きな箒が地面から生えるがごとく立って居るのはそんな訳?と推測するが果たして?

 この日は作品をどうやって作った?、設置した?、そして撤去はどうするの?等々の視点を含めて芸術作品を観賞することに・・、因みにこの作品はヤブニッケイと言う名の木。

b0220251_20302915.jpg
 no.8「衝撃波」は、「・・筑波山を背景にしてどのような空間を演出するか・・」と作家のひとことに書いてあったが、ダイナミックな演出の醍醐味を感じて成程・・


b0220251_20311923.jpg
 no.10「畝を立てる」と題したこの作品は、黒御影石とのこと。

b0220251_20315405.jpg
 no.12のこの作品の題名は読めなかったが、材料は白花崗岩で人の背丈以上ある巨大な作品だった。どうやって加工したの、何処かに倒れない・壊れない工夫があるんだろうな・・と興味深々。

b0220251_20324567.jpg
 no.16「火舞する指揮者」も巨大な作品で躍動感があって、ダイナミックで、何となくユーモラスな雰囲気を感じた。

 雨の日や強風の日にこの作品を見るのも一興、材料は鉄とのことだが近くで見た時の出来具合は?果たしてどんな風に運んで来て、どんな風に設置したのか?等々、今この写真を眺めて余韻が残る・・
 
b0220251_20333293.jpg
 no.28「重-Gravitation 2019」の材料は釣り竿、ステンレスワイヤー、樹脂、砂、パイプとのことだった。多分石の雰囲気の樹脂に砂を入れ、それをスレンレスワイヤと釣り竿で水面上に石を浮かせるごとく支えて居るのだが、よくもまあバランスが取れたものだと只々感心。

 しかし次のno.29の作品を見に行った時に、近くの民家の人に開催日直前まで試行錯誤してやっとできた様だよと聞いて然り・・

b0220251_20342037.jpg
 そしてno.29「春は花」迄やって来たが、最初は池の中に作品があるとは知らず、さて何処だろうとwalkaholicさんと辺りをキョロキョロ、遠くからお母さんが見かねて、池の中だよーと叫んでくれて成程。

 そして近くの民家のおじさんが、今は水量が減って仕舞ったが、設置した時はこんな感じだったんだよとその時の写真を見せてくれた。数段この写真よりいい感じ・・

b0220251_20360253.jpg
 no.30「雨引く里の羽田山の産土神(うぶすなかみ)の御座(みざ)」も巨大な作品だった。やがて開催祈願が過ぎたら撤去して、どうなるんだろうと思ったが、大和ふれあいセンター「シトラス」に戻ってそんな質問をした処、この作品はパーツを組み合わせて居るので、別の作品に衣替えもできるとのことで成程。

 この芸術祭は稲田石の産地であるこの地に居た石彫り彫刻家が作品を展示したのが始まりとのこと、各地の学芸員もやって来て、新たな展示場所に移されることもあること等々の話題をお土産に16:30頃、大和ふれあいセンター「シトラス」を跡にした。

b0220251_20363086.jpg
 つくばエクスプレス研究学園駅近くの宿まで、りんりん道、県道201を約36km走って、18:30頃の日没前に辿り着けた。この日の記録は、走行距離105.1km、平均速度18.5km/h、走行時間5:39だった。

 walkaholicさんと、酒趣と言うお店でチョウザメの刺身等々でアフター、宿に戻ってアフターと楽しんで爆睡。今振り返ると、中身の濃い一日だったなあ・・としみじみ思う。








# by funnpepe | 2019-06-05 22:50 | サイクリング | Comments(2)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

なーる程!襞(ひだ)なん..
by funnpepe at 11:05
彫刻を観に行かれたようで..
by 怪鳥 at 09:41
帰りを津和野から電車輪行..
by Walkaholic at 09:29
楽しい自転車旅に成る様祈..
by funnpepe at 11:50
お返事ありがとうございま..
by 宇広(Takahiro) at 19:17
普通の路線バスだから乗れ..
by funnpepe at 20:30
突然質問失礼します。横川..
by 宇広(Takahiro) at 12:16
> Walkaholic..
by funnpepe at 18:13
キオンと言う花なんですね..
by Walkaholic at 15:59
この花を摘んで投げ渡し ..
by Walkaholic at 15:39

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

2019 栃木県民の日
at 2019-06-18 22:00
桐生散歩
at 2019-06-14 22:30
ロマンチック村でさつき観賞
at 2019-06-11 22:00
筑波から葛西臨海公園へ、小貝..
at 2019-06-08 09:01
雨引の里めぐり、そして筑波へ
at 2019-06-05 22:50

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧