ピースウオークひろしまツーデ1日目 世界文化遺産「宮島」を巡る14kmコース&弥山に登る

b0220251_06381524.jpg
 9:00に廿日市新宮中央公園を出発し、国道2で宮島を目指した、hirokoさん、inabaさん、toshioさん等々とワイワイガヤガヤと話して居る内に、宮島口への石段を降りて居て・・

b0220251_06384894.jpg
 宮島へのフェリー乗り場は直ぐ其処だった。絶好の晴天だし弥山(みせん)に行くのはお勧めだよとyoshioさんに教えて貰い、錦帯橋、岩国城をポタリングする計画はキャンセルして宮島に渡ったら、walkaholicさん達と何処かでコースアウトして弥山へと向かうことになって居た。

b0220251_06391372.jpg
 宮島に渡るフェリーはJRが運行して居る様だった、宮島にJRの鉄道は走って居ないが昔の青函連絡船の発想で宮島まではJR(国鉄)で繋げていますよ・・と言うことなのかも知れない。学生時代厳島神社に行ったことだけが記憶に残っては居たが、そう言えばこんなフェリーに乗ったのかなーと、此処まで書き進んで思えても来る。

b0220251_06394816.jpg
 フェリー船上から岩国方向にはコンビナートのもくもくと上がる白い煙見えた、朝岩国駅からの車窓に朝日が丁度上がって、オレンジ色に輝くあの煙・・と思うと何処か親近感が湧くのだった。
 朝は寒かったがこの日は終日景色がとても綺麗だった。

b0220251_06403683.jpg
 そして海中に立つ大鳥居が見えてて来た。最初はフェリーの左側に見えたのでそっちに移動しようかなー・・と思ったが踏みとどまり、どうやら大鳥居の前を通るルートのフェリーの様でやがて右側に見えて来てこの写真が撮れたのだった。

b0220251_20561996.jpg
 大鳥居を過ぎて宮島桟橋に着こうとする頃、びっくりする程客を満載したフェリーが後ろからやって来て思わずカメラを向けたが、多分大鳥居前へと迂回しないルートだったのかも?

 兎も角そのフェリーから見えた我々のフェリーも同じ様に満載?・・、人がぎっしり乗ったフェリーなんて自分の子供時代の情景?にも思えて、何となく懐かしい。

b0220251_19533181.jpg
 そして、フェリーを降りて長浜神社の前を通る辺りでwalkaholicさん、inabaさんが待ってくれて居て・・

 11:00福祉センターを右に巻いて、自然散策道(うぐいす歩道)の坂道を上る。馬酔木(あせび)が群生する山道だったが結構辛く感じる、果たして弥山山頂迄登れるかなーと弱気の虫が騒ぎ出して居た。

b0220251_20564002.jpg
 11:15、山道歩きにも脚が馴染んで来て、遠く大鳥居を見下ろして感動・・

b0220251_20570227.jpg
 11:25、五重塔を見下ろして感動・・

b0220251_06435153.jpg
 紅葉谷公園辺りでは見事な紅葉を堪能、そして先ずは弥山へのロープウエイ乗り場に向かったが・・

 何と整理券が配られて居て、乗るまでには約1時間待ちとの事だった。
 歩いた方が早く弥山頂上に着くよの事で、覚悟を決めて11:35、弥山登山道(紅葉谷コース)を歩きだす、頂上まで2.2kmとのことだった。

b0220251_06445461.jpg
 たった2.2kmだからと上り始めたが、日陰で原生林の中の登山道で土止めの階段が続き、我慢我慢と急がず休まず上り続けた。

 そして漸く12:15、ロープウエイの人達がやって来る尾根道に合流すると、四国側の瀬戸内海を望んで歩ける様になり・・

b0220251_13194029.jpg
 12:25、弥山本堂迄上りきって、やれやれ・・

b0220251_13214361.jpg
 walkaholicさんは此処で待ってくれて居た。

 約1200年前に弘法大師が此処で修業した事に由来するとの事だが、這う様に上って来た所にこんなにも立派な御堂をどうやって建てたのだろうと只々感動して休憩。
 そして約1200年消えたことのないと伝えられる「消えずの霊火堂(れいかどう)」の脇の石段を上り、日本で鬼の神様が祀られて居るのは此処だけという「三鬼堂」にお参りして、更に上の展望台へと向かった。

b0220251_06460496.jpg
 12:35、ロープウェーの終着点近くの獅子岩展望台が眼下に小さく見えたのでカメラをズームアップして焦点が合うのを見計らってパチリ・・

 ロープウェーを使ったとしても此処まで登って来るのは容易では無いと思ったり、結構このカメラやるもんだ、これなら今冬も野鳥が撮れるかも?と自己満足したりと、この辺りからゆったり気分になって居た。

b0220251_06463988.jpg
 そして12:40、とうとう標高535mの弥山山頂、特大の展望台に辿り着く。

b0220251_13245775.jpg
 「平清盛、伊藤博文等の信仰を集め、数多くの足跡や伝説を残している・・」と宮島の案内書に書いてあったが然りと言った情景だった。

 「一年を通して登山が可能、時間や体力に合わせたコースを選び、巨岩奇石が点在する変化に富んだ景観、眼下に広がる瀬戸内海の多島美・・」のフレースが案内書に並んで居て然り。
 23日の祝日だったとは言え、展望台も頂上スペースも人人人と大変な賑わいだった。

b0220251_06475836.jpg
 ずーっと此処に居たい気分だったがこの日はウオーキングのちょい寄り(では結局無かったが・・)なので、13:00下山することに・・

 弥山本堂を過ぎて紅葉谷を目指して暫く下ると、何とロープウェーでやって来たhirokoさん、yoshioと遭遇。そして帰りは大聖院コースの方が良いよ!との助言に従って、再び弥山迄上り返すはめになって仕舞って下山。 

b0220251_06482967.jpg
 確かにこちらのコースは下りながらの眺めが素晴らしい、13:30仁王門迄降りて来た。

 さて此処から、大元公園へと降りて行く大元コース、大聖院への大聖院コースと分かれるが、この日は大半の人が行く無難な後者のルートを選んで、14:00大鳥居が見える四阿まで降りて来た。
 どうやら潮が引きだして居て浜へと降りて居る人の姿が・・

b0220251_06501104.jpg
 14:20大聖院に辿り着くと、素晴らしい紅葉が・・と、宮島は紅葉の名所であると正に実感だった。
 さて漸くウオーキングコースに戻って来たのだからと。取り敢えずチェックポイントの大元公園を目指して歩き14:30に到着、しかし誰も居らず・・

b0220251_15394835.jpg
 14:40折角だから我々も、浜に降りて大鳥居へと行ってみると・・

b0220251_06512707.jpg
 どうやら満潮時は人の背丈辺りまで潮が満ちる様だった。

b0220251_06520607.jpg
 そして又々折角だからと、厳島神社の回廊を巡った。随分と人が浜に降りて居る筈なのに回廊も人人人、そして長い行列があるのでその先はと覗いてみると、御朱印を貰う人の列・・

 そして漸くきりが無いからと、清水寺の様な豊国神社(千畳閣)の参拝は省略して、宮島桟橋へと向かった。

b0220251_06524404.jpg
 15:25フェリーに乗ると、大鳥居の先まで潮が引いて居るのが見えて・・

b0220251_06531989.jpg
 弥山の展望台らしき?ものが見えて・・、宮島とお別れだった。

b0220251_06534409.jpg
 宮島口の桟橋からは人の流れに従って進み、広電に乗って会場着は16:00だった、辛うじてゴールのスタンプを貰うことが出来た。
 そんな訳で結局この日は14kmコースを歩いた恰好になった、今思い返すと往復広電利用の7kmコースを行けば大元公園のチェックスタンプ、もみじ饅頭も貰えたのかと反省、次の機会はそうしたいもの・・

 ゴールでお汁粉を頂いてから岩国の宿へと戻って、この日は岩国駅近くの居酒屋でwalkaholicさんと広島産牡蠣の味噌鍋、バター焼き、イカの刺身を頂く、牡蠣は無論美味かった。
 そしてブラックニッカハイボール、シーカーサ入りハイボール、コークハイボールで祝杯?、今思うと熱燗の日本酒なら更に牡蠣は美味かったかも?イカの刺身のカシラとアシは天ぷらにしてくれたが熱くて柔らかくてこれ又美味かった、残りの鍋に足し汁をしてご飯を入れてとオジヤにして・・と今思い返しても美味かった、宿を岩国にして大正解・・


[PR]
by funnpepe | 2018-11-30 15:55 | ウオーキング | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

帰りを津和野から電車輪行..
by Walkaholic at 09:29
楽しい自転車旅に成る様祈..
by funnpepe at 11:50
お返事ありがとうございま..
by 宇広(Takahiro) at 19:17
普通の路線バスだから乗れ..
by funnpepe at 20:30
突然質問失礼します。横川..
by 宇広(Takahiro) at 12:16
> Walkaholic..
by funnpepe at 18:13
キオンと言う花なんですね..
by Walkaholic at 15:59
この花を摘んで投げ渡し ..
by Walkaholic at 15:39
「沖縄では雨よりも強風を..
by Walkaholilc at 13:53
帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

名護から那覇へ、国道58を走る
at 2018-12-17 17:57
第31回なごやんばるツーデ..
at 2018-12-16 22:30
ウオーキングアフターは名護..
at 2018-12-16 07:10
第31回なごやんばるツーデ..
at 2018-12-15 16:44
2018 那覇から名護へ 7..
at 2018-12-14 07:37

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧