下諏訪へバス旅行

b0220251_11083369.jpg
 26日(日)は台風は去ってくれたものの未だ未だ残暑が続く暑い日だった。6:30出発し、北関東道、東北道、北関東道と走り波志江SAで一休み、更に上越道、信越道、中部横断道を通り抜け、道の駅・ほっとぱーく浅科に9:10辿り着く。
 高原の雰囲気があって、軒の下では燕が巣作りをしていて、浅間山の山容がくっきりと見えてと遥々やって来たなあ・・と言った景色に見えて来る。

b0220251_11091349.jpg
 そして国道142で新和田トンネルを通り抜け、10:50諏訪大社下社秋宮に到着。バスの中は冷房で涼しかったが外に出ると暑い筈・・、しかしバスの誘導を終えて戻って来たバスガイドさんの「涼しい」の一声で一安心。

b0220251_11095031.jpg
 下社秋宮の乗用車用の駐車場からは諏訪湖の畔の上諏訪が見えた。諏訪大社は諏訪湖の周辺に4か所の境内地を持つ神社で、上諏訪側に上社(本宮、前宮)、下諏訪側に下社(春宮、秋宮)があるのだが、この日は下社の春宮と秋宮に参拝。

b0220251_11103233.jpg
 秋宮の手水舎は2箇所あって、一つは温泉だから気を付けてとガイドさんが言って居たので、温泉の方の手水舎にも行って触ってみたが確かに暑い。そして境内に入り樹齢800年だと言う「寝入りの杉」と呼ばれる御神木の先に神楽殿が現れた。

 国の重文に指定され、出雲大社様式の巨大なしめ縄、青銅製の狛犬では日本で一番背が高いのが特徴・・とのこと。

b0220251_11113269.jpg
 そして神楽殿の後ろの幣拝殿(へいはいでん)は、二重楼門造りと言うらしく同じく国の重文、その奥に新旧2つの神明造りの宝殿があって、その奥には建物が無く御神体の一位の木があってと、諏訪大社は御本殿を持たない神社としても有名とのこと。

b0220251_11120774.jpg
 そして拝殿の左前には、幹が白い白松があって、普通の松の葉は2つなのだがこの松の葉は3つなのが特徴。
 この葉を財布の中に入れて奥とお金が貯まるとか?妻が偶々この葉を拾って来たので財布に仕舞って置こうかと、未だ思案中・・

b0220251_11152049.jpg
 秋宮を跡にして、100mもしない処に「下諏訪宿 甲州道中・中山道合流の地」の碑があった。どうやら我々は甲州街道をちょっとだけ歩いて来たことに成る。

 そしてこの辺りが岩波家屋敷跡で、岩波家は此処に本陣問屋を構え、荷物の送継ぎ等々交通運輸の一切を取り仕切って居たとのこと・・

b0220251_11155445.jpg
 「下諏訪宿 甲州道中・中山道合流の地」の碑の正面には、京都へと向かう中山道が真っすぐに伸びて居たが・・

b0220251_11125159.jpg
 我々は岩波家屋敷跡に現存している正門を潜って、本陣主屋を見学。本陣主屋の一部は「分家聴泉閣かめや」と貰ったパンフレットに書かれて居て、どうやら皇女和宮が泊まった部屋はお隣の「分家聴泉閣かめや」の方にある様だった。

 中山道随一の名庭園は見られたし(庭園の樹木は100年も経てば根もはびこるし、大きくもなるから、当時とは随分と様変わりして居る筈だから、今も名庭園かは判らないが・・)、関札の説明がなーるほどと面白かった。

b0220251_11131505.jpg
 一番右は仙台藩主のもので「寓」とは此処に何日か滞在するよ・・と言う意味とのこと
 尾張藩主の「宿」は食事も用意してね・・
 米沢藩主の「泊」は食事は自分達で作るからね(素泊まり)・・
 越前藩主内室?の「休」は泊まらずに休息だよ・・

 と、この関札を事前にこの本陣に届けるとの事だから言わば予約札?

b0220251_11134462.jpg
 そんな関札がその都度届けられるので、この蔵の中には千枚以上あるとか・・でどんな様子か見たかったが叶わずだった。

b0220251_11141585.jpg
 そしてお隣の「分家聴泉閣かめや」にも行って、皇女和宮や大名等々が泊まった上段の間が再現された部屋も見学させて貰った。立派だったが、今思い返すと余りに煌びやか・・

 公武合体で自分の人生が変わって仕舞った悲劇の皇女和宮、NHKの大河ドラマ篤姫では気位の高い皇女和宮・・と言ったイメージを持って居た。
 しかし病没して仕舞った家持を思う歌然り、鳥羽伏見の戦いの後朝敵となって仕舞った徳川家の存続嘆願の手紙を出したこと然り、江戸城開城後一時京都に戻ったが東京に戻り、皇族、天璋院、徳川家と幅広く交流したこと然り、31歳の頃脚気を患い静養で滞在した箱根で没し、和宮の遺言に従い芝・増上寺の家持の墓の隣に葬られたこと等々・・

 激動の世を生き抜いた皇女和宮の一生をネットで教えて貰うきっかけになっただけでも、来た甲斐がある。

b0220251_11183883.jpg
 そして昼食後は下社春宮をお参りした、幣拝殿は秋宮と同じ設計図を基に作られて、飾りの彫刻のみが違うとのこと(その違いは判らずだったが)・・

b0220251_11191820.jpg
 そして下社春宮から川を渡って万治(まんじ)の石仏は直ぐ其処だった。岡本太郎が絶賛、新田次郎はイースター島の石人の頭部が日本にもたらされたと言う大胆な想定で小説「万治の石仏」を書いて居る等々・・とのことだったが、確かにイースター島の石人を連想するのは有り・・
 
b0220251_11195103.jpg
 次はおんばしら館よいさに向かった。
 7年に一度のお祭で、樅の大木を計16本切り出して、急坂を落とす木落とし、道を運ぶ里引き、各宮の四方に柱を立てる建御柱が有名ではある。
 見学後の感想は、全て人力で行われるのが素晴らしい、何しろ1200年も続くお祭りとのことで、死者が出る事故も結構起こって居るが動じない(神事とはそう言うものなのかも)と言った処ではあるが・・

b0220251_11202265.jpg
 折角来たのだからと、100円でこんな木落とし体験もやってみた。正面の画像を見ながらだから、ひょっとしたら迫力があるかも?と思ったが期待外れ。バーチャルビュー法式に要改善?

b0220251_11205238.jpg
 しかし帰りにバスの中から(運転手さんが止まってくれて)、木落とし坂を見ることができた。バスガイドさんの言に寄れば、この坂の正面に仮設の観覧席が作られるとのこと。
 以前この坂の脇で見て居た観光客に落石が当たって死亡事故になって仕舞ったとか、若し観に行くとすれば観覧席にしたいものではあるが、イイカゲンな気持ちでは見られない・・

b0220251_11211426.jpg
 帰路は国道142で新和田トンネル、和田宿を過ぎて、国道152沿いの道の駅・マルメロの駅ながとで休憩し、国道254を通って中部横断道へと向かったが、八ヶ岳の山々、和田峠方向の山々の景色も美しかった。

b0220251_11215696.jpg
 そして浅間山もこの時期こんなに綺麗に見えることは滅多にない・・バスガイドの言葉に従って楽しんだ。横川SAで又一休み、そして上越道まで自然渋滞、事故渋滞ですんなりとは自宅着とは行かなかったが、夏休み最後の日曜日だったからちょっとした渋滞は仕方が無い・・

b0220251_11223534.jpg
 そして夕暮れ間際には、こんな綺麗な入道雲に遭遇。バスを降り自宅に着いて横川SAで買って来た釜飯を食べて居る頃雨が強く降り出し、落雷があっちこっちで起こって、一時停電があってとその頃に帰って来たら大変なことに・・

 行きも帰りもそして昼食もビールを飲んで(但し飲み続けでは無い)とのんびり気分のバス旅だったが、この日のことを纏めてみると、天候に恵まれて超ラッキーだったなーと思えても来る、諏訪大社下社秋宮、春宮に感謝。

[PR]
by funnpepe | 2018-08-31 17:34 | 旅行・イヴェント | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

楽しい自転車旅に成る様祈..
by funnpepe at 11:50
お返事ありがとうございま..
by 宇広(Takahiro) at 19:17
普通の路線バスだから乗れ..
by funnpepe at 20:30
突然質問失礼します。横川..
by 宇広(Takahiro) at 12:16
> Walkaholic..
by funnpepe at 18:13
キオンと言う花なんですね..
by Walkaholic at 15:59
この花を摘んで投げ渡し ..
by Walkaholic at 15:39
「沖縄では雨よりも強風を..
by Walkaholilc at 13:53
帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05
楽しい船旅のようでしたね..
by TUS0001 at 21:28

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

栃木県中央公園
at 2018-09-14 06:55
新潟港ポタリング&横倉駅..
at 2018-09-11 08:00
日立往復サイクリング
at 2018-09-04 17:47
下諏訪へバス旅行
at 2018-08-31 17:34
夏の井頭公園
at 2018-08-20 22:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧