平戸ツーデウオーク 1日目 生月島ぐるっとひとめぐりコース30kmコースを歩く

 当初平戸島の宿から生月島のウオーキング会場まで、自転車で約20kmを走って向かおうと思って居たが、シャトルバスがあるよとharumamaさんの提案に従って正解だった。結構アップダウンがあって、ウオーキングが辛かったかも?と今振り返ってつくづく思う。そしてこの日は曇りと天気予報が言って居たが、文句の無い快晴!

b0220251_07443455.jpg

 宿近くのバスセンターを7:30に出発し、会場の生月町開発総合センターには8:00に着いて、受付を済ませ9:00のスタートだった。当初この日は15kmコースを歩き、13時発のシャトルバスで平戸に戻って来て、harumamaさんと平戸サイクリングコース20kmを走ろうと思って居たが・・

b0220251_07470097.jpg

 harumama さんはyamamotoさんとの会話が忙しかったのか、15kmコースの分岐点を過ぎて行って仕舞った。宿のおかみさんに、この日シャトルバスの発着所を教えて貰った時に、「スタッフの対応なんでどうでも良いと思う位の素晴らしい景色!らしいよ」と言われたが、確かにそーだな・・と、この辺りから思い始めて居たから、平戸サイクリングはどうでも良くなりつつあった。
b0220251_07474295.jpg
 9:45、sakieさんが海の方からやって来て、海の中から岩がニョキニョキと出て居てアイルランド?で歩いた景色の様だ・・とのことだった。この辺りには長崎サンセットロード、九州自然歩道の案内板が掲げられて、

b0220251_09111651.jpg
 棚田の奥に海がその奥に平戸島が見えてと、この日のコースは右側に海、しばらく歩くと左側に海・・の景色が楽しめる。平戸島と生月島を挟む海峡の名は知らないが、博多港から長崎・五島を結ぶフェリーが通って居る様だった、何時か乗ってみたい・

b0220251_09122611.jpg
 10:20、前方の山の上に白い塔が見えて来て、えーあそこまで登るのー・・だったが、兎も角生月島の最北端までやって来られてやれやれ・・と言う気分でもある。


b0220251_09474831.jpg
 灯台の下でharumamaさんが待って居てくれて、この日は、第7管区海上保安部?のテントが張られ、巡視船あそのペーパクラフト、ジグゾーパズル、海上保安庁帽子のペーパクラフト、一斗缶に中に入ったおつまみをひとすくい取り等々、沢山貰った気分になって灯台の上に上った。
 この灯台は正面に見える岩礁を照らして居るんだよ、そしてその奥の島(多分的場大島)の奥にうっすらと対馬が見えるよ、こんなに見えるのは冬しかない・・と、係の人が説明してくれた。

b0220251_10241469.jpg
 そして左の方向へと周れば、こちらが長崎・五島列島の方向だから、こちらの海は東シナ海・・

b0220251_10253098.jpg
 さらに左に回ると、スタート地点から歩いて来た県道42号が眼下に見えて・・と、ずーっと此処に居ても飽きることは無い景色だった。

b0220251_11472449.jpg
 名残り惜しいので、10:40、日本海をバックに写真を撮って貰って灯台を跡にすることにした。


b0220251_12184295.jpg
 灯台に来るときは尾根を直登だったが、帰りは緩い下り坂の車道を下って、素晴らしい景色を堪能したなあ・・の余韻を感じながら歩いたが、大型バスも対向車とすり抜けるのに苦労しながらやって来たから、生月島に来たならこの大バエ灯台は必ず寄る観光スポットの様だった(15kmコースにしなくて良かったとつくづく思う)。

b0220251_12224283.jpg
 11:20、15kmコースの折り返しポイントまで戻って来て、御崎野営場に差し掛かった。

b0220251_13131763.jpg
前も背後にも海と中々の野営場だった、若し車やって来たならこんな処でのんびりと時を過ごしたい・・(そんな景色は洞爺湖畔にもあったなあ・・と、九州に来て北海道の景色を思い出した)。

b0220251_12225673.jpg
 御崎柱状節理がこの辺りに約1km続くとのことだった。

b0220251_13332430.jpg

 その御崎柱状節理の断崖沿いに坂を上るが、生月島自然歩道の案内板も出て居たからお勧めの路であるには違いない。嘗て足黒さんが挙げてくれた隠岐、風来坊さんお勧めの礼文島に、きっと勝るとも劣らない(両方とも未だ行ったことは無い)と思って歩いた。

b0220251_11483986.jpg
 11:50、30km、15kmコースのほぼ中間点に設けられた昼食会場に差し掛かった、昼食を取らずに15kmコースを行って13:00出発のシャトルバスに乗ろうか・・とも思ったが、此処までの30kmコースの眺めが余りにも良かったからと、この儘30kmコースを行こうか・・となって、昼食会場で一休み・・

b0220251_11514038.jpg

 そしてその選択はやっぱり正解だった!と思う景色を何度も楽しめた、先を行くharumamaさんの両手の先には・・


b0220251_11503414.jpg
 こんな解放感溢れる光景が迎えてくれて・・

b0220251_14091591.jpg
 そして12:45、19.9km地点の農免道路展望所を過ぎると崖を貫通するトンネルが現れて・・(今振り返ると、車は殆ど通らなかったし、自転車で走っても気持ち良かったろうな・・と思えて来る)

b0220251_11522660.jpg
 長崎・五島列島の宇久島、野崎島の島影と静かに見える青い海の情景に感嘆して・・

b0220251_16071234.jpg
 生月島南端の生月大橋が見えて来た。確かにこの30kmコースは「生月島ぐるっとひとめぐりコース」だったなあと思いながら・・

b0220251_16104838.jpg
 13:40、24.8km地点の生月町博物館・島の館で給水し、生月大橋の下を潜って県道42号をゴールの生月町開発総合センター着は14:30だった。
 
 途中で生月大魚籃漢音(いきつきだいぎょらんかんのん)が見えて居た、1980年漁業の安全と海難者の供養の為に建立されたこと、ブロンズ像では日本屈指の大きさを誇ること等々は此処まで書き進んでネットに教えて貰った。
 因みに魚籃(ぎょらん)とは魚を入れる籠のこと、ブロンズとは青銅のことで銅、錫、亜鉛の合金とのこと(・・だが奈良の大仏は?鎌倉の大仏は?と切りが無くなるから探索は止めにした)らしい。

b0220251_16092839.jpg
 今思い返すと、生月大橋から7kmコースを逆方向に歩けば、観音様、ガスパル様を拝してと、「生月大橋と隠れキリシタンの歴史満喫コース」も味わえたなあ欲張りな思いも浮かぶ、兎も角この日は快晴のお陰で、平戸ツーデウオークの1日目「西海国立公園(さいかいこくりつこうえん)の大パノラマを見る」を存分に味わった。


 そして平戸の街へは、ゴール会場で遭遇したyosio&hiroko さんの車に乗せて貰ったお陰て平戸の街に早く戻れたので、宿に直行は止めにして・・
b0220251_11585077.jpg
 前日の松浦資料博物館とのセット券を使って平戸オランダ商館を見学、オランダ塀の坂を上り、平戸港を見下ろす小路等々の散策も楽しめた、この日の夕食は海鮮丼&ビールで一日を終えて、ブタタモリ・黒部ダム編を見てから爆睡だった。

b0220251_11594555.jpg
 九州らしいい甘い醤油と本物のワサビをかけた海鮮丼、ユズの効いたけんちん汁の美味さも忘れられない。大分に行った時大分の柚子胡椒買って来ようかと思った程だった。


[PR]
by funnpepe | 2017-10-12 22:00 | ウオーキング | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

帰りを津和野から電車輪行..
by Walkaholic at 09:29
楽しい自転車旅に成る様祈..
by funnpepe at 11:50
お返事ありがとうございま..
by 宇広(Takahiro) at 19:17
普通の路線バスだから乗れ..
by funnpepe at 20:30
突然質問失礼します。横川..
by 宇広(Takahiro) at 12:16
> Walkaholic..
by funnpepe at 18:13
キオンと言う花なんですね..
by Walkaholic at 15:59
この花を摘んで投げ渡し ..
by Walkaholic at 15:39
「沖縄では雨よりも強風を..
by Walkaholilc at 13:53
帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

名護から那覇へ、国道58を走る
at 2018-12-17 17:57
第31回なごやんばるツーデ..
at 2018-12-16 22:30
ウオーキングアフターは名護..
at 2018-12-16 07:10
第31回なごやんばるツーデ..
at 2018-12-15 16:44
2018 那覇から名護へ 7..
at 2018-12-14 07:37

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧