駅ハイ・招福のまち 野木めぐり 歴史と自然満喫コース

b0220251_20195028.jpg
 野木駅前の広場に設けられたテントで受付を済ませ、地図、JRのカンバッジを貰って、そして「笑門来福」の文字とフクロウが描かれて居る野木町の缶バッジも貰って、11:00,野木駅を出発した。受付締め切り時間ぎりぎりだったので我々が最後尾だった、強い日差しの中を歩くのは辛いと思ったが、やがて街路樹の日陰が続いて湿度も結構低くてと、思いの他気持ちが良かった。

b0220251_20201935.jpg
 約2.8km歩いて、11:50,「のぎ水辺の学校」の入口までやって来た。えーこんな処を入って行くの、虫が居そう・・と妻は声を発したが、「この辺りは渡良瀬遊水地に隣接して居て、稲荷谷、清水谷の豊かな湿地環境を観察・体験できる・・」と案内板もあって、駐輪スペースも設けられて居たから、草で繁った小路を歩いた。
 ジシバリ、コウゾリナ、ヒキノカサ、そしてハルジオンが咲いて居た、若しかするとヒメジョオンかも?茎が空洞になって居るかどうか見てみようか?とも思ったが、初々しくて可哀そうとそのまま歩き・・

b0220251_20215504.jpg
 アヤメ、カキツバタ、スイレンが咲いて居る小池にやって来た。この辺りが清水谷だったからどうやら稲荷谷から歩いて来た様だった、6月の初旬辺りから源氏ホタルが現れて、小さな駐車場が幾つか設けてあってトイレもあってと、それなりに整備されて居た。そして東側には国道旧4号線が通って居る、こんな緑一杯の処があったとは?何度もこの辺りを走り抜けて居るのに・・、この辺りで一休みするのに絶好の場所?と新発見だった。
 野木駅の改札口に、渡良瀬遊水地は直ぐ其処!と言った意味の大きな垂れ幕があったし、貰って来た野木町サイクリングロードマップを改めて眺めると、野木駅まで輪行して渡良瀬遊水地を走って栃木へ、渡良瀬遊水地を突き抜けて利根川へ等々サイクリングルートが浮かんでも来るから、その内?挑戦・・
b0220251_20233668.jpg
 12:10、野木神社に辿り着く、日陰も多いし静かだろうしと、此処でのんびりと昼食しようと思っていた。ニリンソウの群生地があって、以前古河ツーデウオークで寄った神社!とは直ぐに判ったが、今まで見たこともない位に見事な(樹齢650以上とか)欅があったことは知らなかった。そして、バードウオッチングの人達が沢山居て、一体どんな鳥が来ているのか・・

b0220251_20242424.jpg
 何とその欅の洞に20年前からフクロウが営巣して居るとのことだった。去年の春には2羽の雛が居たが、父鳥が神社付近の建物の窓ガラスに衝突し死んで仕舞い、母鳥が育て無事2羽共に巣立ったこと等々、今やフクロウ所縁の神社!であることも判った。どうやらこの日もフクロウが1羽居た様で、カメラを構えた人も双眼鏡で見て居る人も、昼食しているバードウオッチンググループの人も・・と賑やかだった。
 
b0220251_20245345.jpg
 境内には椅子も沢山あって、木陰の中で昼食しながら、カメラマンの様子を見守った。妻がそんなカメラマンの一人にモニターを見せて貰って居たら、あっ!フクロウがこっちを向いたからごめんね・・と撮影モードに入って仕舞った。こちらもつられてカメラを構えて居ると、ほらあそこに白っぽく光って見えるでしょと教えて貰って撮ったが、結局見えずだった。

b0220251_20253009.jpg
 雛が落ちて来た時もあって、近くの低い枝に戻したこともあるんだよ・・とも教えて貰った。20年前からフクロウはこの野木神社にとっても無くてはならない鳥になったのかも知れない。スタートで貰った缶バッジにフクロウが描かれて居たのはこのことだったのか・・と取り敢えず納得だったが、仕方がないからこの石造の写真を撮って、野木神社を跡にすることにした。

b0220251_20262087.jpg
 そして約10分程歩くと、野木町煉瓦(れんが)窯が現れた。見学料100円を払ってヘルメットを被って、見学ツアーに合流させて貰ったが、駅ハイ参加の人らしき人も2,3組居てと、漸く駅ハイの人達に追いついたと言った処。
 1890年赤煉瓦製造用の窯として作られ、1971年まで生産を続けその後封鎖されて仕舞ったが、2007年近代化遺産群に選ばれ、改修工事を経て去年5月から一般公開されて居るとのことだった。煙突も窯も耐震化の為、至る処に鉄骨の補強がされて居ることも、見学して良くわかった。日本の近代化に貢献したレンガではあるが、関東大震災を機に寄り耐震性のある工法に置き換わる様になって徐々に衰退して行った様だった。

b0220251_20265655.jpg
 煉瓦原料となる粘土と川砂に恵まれ、渡良瀬川の水運も利用できる好立地だったこと、環状の窯の中で火を循環させながら、窯積、予熱、焼成、冷却、窯出しの焼成工程を繰り返す仕組みで大量生産が可能になって、明治以降煉瓦は日本のインフラ構築に大きく貢献し、需要も高かったとのことだった。

b0220251_20274409.jpg
 煉瓦窯には野木町交流センターが併設され、カフェもあってとちょっとしたお休み処にもなっている。渡良瀬遊水地に生息する魚、野木神社で営巣するフクロウ等々の展示もみて、ついでにアイスクリームも買って、13:45煉瓦窯を跡にした。
 折角ここまで来たのだから渡良瀬遊水地の雰囲気だけでも感じて来ようと、約0.8km先の野渡橋(のわたはし)までは、地図に指定された通りに行こうということになった。
 木陰もあってサイクリストも結構走っては居るが、ちょっと単調・・、気温も上がって来て居て、東谷中橋まで行って折り返してくるウオーカーの様子は、汗だらけでいかにも疲れた様子だった。この辺りはウオーキングよりはサイクリングの方がより快適・・

b0220251_16493388.jpg
 14:00、野渡橋に辿り着く、右側が小山の方から流れて来る思川、左側が足利の方から流れて来る渡良瀬川、栃木の方から流れてくる巴波川は既に渡良瀬川に合流して居て、この野渡橋では渡良瀬川になって、橋を渡るといよいよ渡良瀬遊水地ゾーン
に入る。

b0220251_17070764.jpg
 橋の奥に堤防が見えて、その堤防を越えれば谷中湖が見える、折り返し点の東谷中橋も燃えるかも?と、此処まで来たら久しぶりに谷中湖の景色見て帰りたいと欲が出て・・

b0220251_20291652.jpg
 堤防まで登ると、待望の谷中湖が眼前に広がって居てと、渡良瀬遊水地にやって来たなあ・・と言う気分になった。この写真の一番右に、折り返し点の東谷中橋が遠くに見えて居た。

b0220251_20294862.jpg
 そして此処まで来たよと記念に、東谷中橋へと下る道の方向の写真も撮って、14:05、折り返すことにした。此処まで書き進んで、野渡橋から5分しか経って居なかった、20分位?と漸く堤防まで登って来た気がして居たから、日差しが強くてヘトヘトだったのかも?

b0220251_20304025.jpg
  渡良瀬川沿いに満福寺へと歩いたが、走り抜けて行くサイクリストが羨ましい・・

b0220251_17431623.jpg
 この花なんだっけ?、この時期、大きな木にも意外と花が咲いて居るもの等々、緑豊富なこの辺りでは花をテーマに歩くのみ・・

b0220251_20314222.jpg
 14:40、満福寺に到着。1492に建立され、古川公方ゆかりのお寺との事で、歴史ある広いお寺だった、折角きたのだからと本堂までお参りに行ったが歩くのが大変?と思う程だった。草むしりしていた女性がご苦労サマーと声を掛けてくれて、そんな雰囲気を楽しむべく、木陰で一休みだった。
 ちょうど近くに「満福寺の板碑」と言うのがあった、案内板に「板碑とは死者の追善供養の為に建てられたもの、鎌倉中期の1259年に作られたもので栃木県内では2番目に古い」と書かれて居たが、このお寺の建立以前の板碑が何故にこのお寺に・・は、今後要調査。

b0220251_19413479.jpg
 そして古河駅まで残り約3.5kmだからとせっせと歩き、堤防から降りていよいよ街へ入る処に、「万葉古河の歌」の碑が立って居て、その碑の下に雀神社があったのだった。そしてここにもバードウオッチャーが沢山!居ることに妻が気が付いて、行って見ると妻は直ぐにフクロウを見つけて指を指すのだった。
「雀神社の大欅」と呼ばれ、古河市指定天然記念物にもなって居る御神木にフクロウが居た様で、即速望遠レンズに交換しカメラを構えて連写したのだが、そっちじゃあないコッチ!と妻に教えて貰うと確かに肉眼でも見えて・・

b0220251_20341424.jpg
 この日は、妻のお陰でこんな可愛いフクロウの写真撮影に成功!ッラキーだった。何時の間にか何処かで聞いて来た妻の言に寄れば、前日はもっと沢山の人が居た様だった。野木神社のカメラマンがこっちを向いた、あっちを向いて仕舞った等々と言って居たが、確かにそうだな-と自分も実体験だったし、フクロウの後ろ姿も沢山撮って仕舞った。
 そして撮って居る内に、フクロウの顔の辺りの枝が気になったりと贅沢になって、あっちにウロウロこっちにウロウロと移動しながら撮る内に、「参道を避けた処で写真を撮ってね・・」と注意される程夢中になって仕舞った。双眼鏡で見ていた人が、ここからどうぞと声を掛けてくれたりもして、この日は結局フクロウ撮影に来たんだっけと、雀神社を跡にしたのは15:20になって居た、何故か満足感に包まれて古河の街はあっと言う間に歩き抜き15:40、古河駅着だった。

 この日の駅ハイは「招福のまち 野木めぐり~歴史と自然満喫コース~」の表題だったが、確かにその表題にピッタリだったと、つくづく思う。晴天で暑い日ではあったが、実物のフクロウが見えて招福?

b0220251_20353336.jpg



[PR]
by funnpepe | 2017-05-22 22:00 | ウオーキング | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

帰りを津和野から電車輪行..
by Walkaholic at 09:29
楽しい自転車旅に成る様祈..
by funnpepe at 11:50
お返事ありがとうございま..
by 宇広(Takahiro) at 19:17
普通の路線バスだから乗れ..
by funnpepe at 20:30
突然質問失礼します。横川..
by 宇広(Takahiro) at 12:16
> Walkaholic..
by funnpepe at 18:13
キオンと言う花なんですね..
by Walkaholic at 15:59
この花を摘んで投げ渡し ..
by Walkaholic at 15:39
「沖縄では雨よりも強風を..
by Walkaholilc at 13:53
帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

名護から那覇へ、国道58を走る
at 2018-12-17 17:57
第31回なごやんばるツーデ..
at 2018-12-16 22:30
ウオーキングアフターは名護..
at 2018-12-16 07:10
第31回なごやんばるツーデ..
at 2018-12-15 16:44
2018 那覇から名護へ 7..
at 2018-12-14 07:37

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧