多田羅沼、益子城古城跡を散策

b0220251_05325296.jpg

 前日までは冷たい風がピューピュー吹いて居たが19日(土)は風も無く穏やかだった、県道163を益子方面へと南下したのだが多田羅駅の手前で車がびっしり止まって居て何?と思う儘やり過ごしたが、多田羅沼近くの空地に車を止め歩き出した途端、ボッボーとSLの音が聞こえて来たのだった。しかし多田羅駅方面を眺めても、SLの煙すら見えず・・

 多田羅駅に車を置いて先ずSLが来るのを待って写真を撮って、そして里山の風景を楽しみながら歩いて来ればよかったなあ・・と今更ながらではあるが思って仕舞う。

b0220251_05332265.jpg
 先ずは池の周りを散策したが、マガモ、オオバンとこのじっと動かないアオサギのみにしか出会えずで、この日の探鳥はもの足りない・・


b0220251_05335444.jpg
 多田羅沼は喜連川丘陵の南縁部に位置し、灌漑用に造成された池とのこと、池の奥に雑木林に囲まれた湿地帯もあって自然豊か、野鳥探索にはもってこいの筈なのだが、久しぶりにやって来たこの日は目的叶わすだった。今思い返すと、湿地帯は薄く全面結氷して居たから、虫、魚、水草等々野鳥の餌に成るものが無かったからなのかも?

b0220251_05341753.jpg
 仕方が無いからと真岡の根本山を目指したが、途中の益子の街をウロウロ、結局城内坂通りのお店で昼食した。ピザとスパゲティだったが益子焼の器に意外に映えて美味い?とのんびり気分に・・、そしてスマホがポケモンgoのレイドバトルが近くにあるよとスマホが言って来たので向かったがメンバー不足で戦うのを断念。

b0220251_05343823.jpg
 折角来たのだからと、観音寺から坂を上って益子陶芸美術館を抜けて、益子古城跡に辿り着き、日光男体山、女峰山の美しい姿を暫し楽しめたが、14:00を過ぎて仕舞ったし寒くなる前に帰ろうかとなって根本山には向かわずに帰宅になって仕舞った。結局この日のことを振り返ると、探鳥すべく外出したが叶わず・・だった。

 翌20日(日)は地元の神社の当番になって居て小祭に参加、先ずは神社の中をお掃除して小祭の準備をして、総代の人達が中の扉を開けて、お供えを並べ、自治会長、総代、当番の順に拝礼、お供えを下げて、扉を閉めて、全員が車座になって直会(なおらい)でお酒を飲んで、跡かたずけをして解散。

 この土日はそれなりに温かな日だったが、ポケモンgoの週間歩行距離50kmも未達成、探鳥の成果も無く・・だった、カレンダーでは大寒なのだからこんなもの? 

# by funnpepe | 2019-01-21 05:53 | 花・野鳥 | Comments(0)

ロウバイ

b0220251_07524675.jpg
 成人の日の14日(月)、日の出時刻がこの日を境に明日から少しずつ早くなるよ・・とラジオが言って居るのを聞きながら、つい先日?初日の出を拝した羽黒山にやって来た。
 6:30下界の明かりが点々と見えて、夜景から朝焼けに変わろうとして居てと素晴らしい景色だが、兎に角寒い・・

b0220251_05523195.jpg
 日の出時刻は6:57とのことだから其れ迄車の中で待とうかとも思ったが、羽黒山を右に巻く山道を上がって、富士山、日光男体山、女峰山のビューポイントへと向かうことにした。
 歩きだせば多少は身体が温まるし、太陽の光を浴びた山々の姿はきっと素晴らしいに違いないと思い付いたからだったが・・

b0220251_05531086.jpg
 日の出は羽黒山の山頂の杉林に阻まれて拝せずだったのがちょっと残念。

b0220251_05534221.jpg
 そして、日光男体山、女峰山の山々は朝焼けに染まってとても綺麗だったが、この日は富士山が見えなかったのも残念。

b0220251_05541923.jpg
 そうたやすく富士山が見える訳では無いからと潔く諦め、日の光が杉林の間から差し込んで神々しくも思える山道を下り・・

b0220251_05543809.jpg
 7:05展望台まで降りて来た、元旦では無いのだから誰も居ないと思って居たが、この日は3人と遭遇。
 
b0220251_05563040.jpg
 そして、展望台下の南斜面のロウバイが本格的に咲きだした様だった。元旦はほんの数輪のみだったが、14日経って随分と変わるもの・・

b0220251_05561035.jpg

 これだけ咲けば花を啄みに野鳥も来て居るのかも?と思ったり、ロウバイの香りを嗅いで等々、暫し新春?の雰囲気に浸れたが野鳥は現れず・・
 帰宅して朝食後、栃木県総合運動公園でポケモンgo、みずほの自然の森公園で探鳥と周ったが、結局この日はロウバイ以外の花には出会えなかった。

b0220251_05551799.jpg
 この日のことを纏めてみると日の光は強くて温か、寒風冷たくロウバイのみが健闘・・と思ったが、翌15日我が家の庭を子細に眺めると、フクジュソウのつぼみが地面から沢山顔を出し、中には黄色く咲きそうなつぼみを発見。

 ロウバイ、フクジュソウ、ウメ、カタクリ、スイセン・・と花の移ろいを見て居る内に春が来る、冬は意外に短い?と思えても来た。

b0220251_05555176.jpg


# by funnpepe | 2019-01-15 22:00 | 花・野鳥 | Comments(0)

2019 井頭公園で探鳥

 2019年正月絡みの最終日の6日(日)は井頭公園にやって来た。西駐車場に車を止めて、スマホを片手にポケストップが林立するエリアをそぞろに歩く、同好の人が随分と多かった。

 この日は12月の中旬からずっと取れないプテラを探すべく、各ポケストップのタスク集めを試みたが叶わずだった。今思い返すと、他の人達も同様に狙って居たのかも?

b0220251_07444317.jpg
 ポケモンgoは諦めて、さあ此処からは探鳥だぞーとボート池を左りに周ると、カメラを抱えた人達に混じって先ずはカワセミを一撮・・

b0220251_07450130.jpg
 すると妻がそっちよりもっと近くのこっち・・と、池の畔のモター小屋の上を指さした。ルリビタキがやって来てくれたのだった。

b0220251_07451974.jpg
 意外に長く居てくれて、こんなカワイイ写真が撮れた。野鳥に関して妻は常に目敏い?

b0220251_07453736.jpg
 そして畔に沿って暫く歩くと、又カワセミが居たのだった。何時ものカワセキ観察ポイントでもないのに、こんなに頻繁にみられるなんて、カワセミが沢山来て居るのか?それともさっき見たカワセミ?等々思い巡らしたが、本当の処は判らない。

b0220251_07481994.jpg
 何時ものカワセミ観察ポイントの辺りは池がほぼ結氷して居て、カワセミの回遊ルートが変わって居たのかも知れない。お日様の光は温かいが空気が冷たくて手袋は必要・・と兎も角、こんな日こそ探鳥日和なんだなーと悟った気がする。

 ボート池を一周し、鳥見亭でどんな野鳥がやって来て居るのかとホワイトボードを見てみると、ミコアイサもトモエガモも来ては居る様だが、この日は会えず・・だった。

b0220251_07483916.jpg
 しかし2周目にも、カワセミがホバリングして、水面に飛び込んで、枝に止まってと、又々シャッターチャンスに遭遇した。

b0220251_07490065.jpg
 家に戻ってパソコンでチェックすると、何と魚を咥えて居る処だった。

b0220251_07493199.jpg
 そして魚を飲み込んで仕舞ったのか何事も無かったかの様なシーンも写って居た。

 多分迷彩服を着た人達はホバリングも。水面に潜る処も、そして魚を飲み込む処も撮れていたのかも?と思うと、もうちょっと上級のカメラがほしくなる・・

b0220251_07494631.jpg
 しかし始終カワセミが来て居るなんて滅多にないこと。ルリビタキをじっくり見ることが出来て等々、枝に止まって居る野鳥を写真に収められるだけでも上出来?と言った処が自分の相場と冷静に思い直すことにした。

b0220251_07500098.jpg
 妻に寄れば此の蕎麦のつゆが丁度良いとのことで、この日も釣り堀横で天婦羅蕎麦を食した。
 前回はつゆを温めて居たバーナが消えて居て温かくなかったかも?・・とお店のおじさんが帰りに副食を一つずつサービスしてくれたので、今回は初めからフランクフルトソーセージも注文、美味かった。

 井頭公園を探鳥して歩いた距離はほぼ10kmだった。お陰で翌月曜9:00で〆られるポケモンgoの前週の歩行距離25kmを漸くクリヤ、西駐車場に戻る前に丁度レイドバトルが始まって約16人でヒードランに勝利しゲット等々、ポケモンgoも楽しめた。2019も井頭公園にはお世話になる。

# by funnpepe | 2019-01-09 07:31 | 花・野鳥 | Comments(0)

2019 日光東照宮

 2019年3が日の初詣は、元旦の羽黒山神社、2日の栃木県護国神社、そして3日は日光東照宮になった。

 羽黒神社は初日の出に惹かれて、栃木県護国神社は妻の実家の御年始の帰りに茅の輪くぐりをして、日光東照宮は修復が終わった陽明門を家族が揃ったこの正月に是非とも見学しようと思い付いたからだった。

b0220251_19042442.jpg
 3日は混むんじゃあないの・・と実家訪問の時に言われたが、高速を使って日光インターの出口で渋滞が起きて居たら宇都宮に戻って食事でもして帰ろうかとやって来たが、日光観光協会横の駐車場にすんなりと入れて先ずは安堵。
 そして参道は人で溢れる程混んでは居たが、スイカで買える自動販売機が設置されたこともあって、12:40に拝観することが出来た。

b0220251_19260448.jpg
 拝観料は1300円もするから滅多には入れない、修学旅行の時、鳴き龍の本地堂が再建された時、米国からのお客さん、台湾からのお客さんを案内した時・・、と記憶を辿っても数える程しか無いので、この景色は懐かしかった。

b0220251_19072006.jpg
 神厩舎(しんきゅうしゃ)の見ざる言わざる聞かざる3猿の彫刻も修復が終わって、とてもきらびやかで見ごたえがあった。
 修学旅行で来た時は先生が言う程良いものなのかなーと子供心に思ったことも、色が所々剥げては居るが古さ故の重みが有るのかも?と、総じてタイシタモノデハナイと思って居たが、今回は流石立派だなあ・・と宗旨替えだった。

b0220251_19112938.jpg
 そして陽明門も金色に輝いて居て、なーる程これが当時の姿だったのかーと先ずは感動。いつまで見て居ても飽きないから。日暮の門と呼ばれているんだよ・・と教わったが、確かにそうだなーと思った。

b0220251_19054538.jpg
 本殿、その前の陽明門、そしてその前の鳥居の中心を結んだ上空に北辰(北極星)が見える様に配されて居るとのこと。
 元旦の0:00から2:00迄拝観料が無料になる!というネット情報があったから(本当の処は判らないが)、晴天で星空が綺麗な年に来て確かめてみたいもの・・と、此処まで書き進んで思い付いた。

 明かりがこうこうと付いて居るだろうし見えないかも知れないが、兎も角確かめに一度行ってみたいもの・・

b0220251_19100091.jpg
 陽明門を潜って、本殿前でお参りしている人の列が長かったので、本殿の奥へと通ずる奥宮へと向かった。先ずは眠り猫の下を潜って、細く長い石畳の参道を上った。

b0220251_19102530.jpg
 奥社拝殿は将軍のみが昇殿参拝を許されたこと、昭和40年東照宮350年祭を機に公開されたこと等々、案内板に教えて貰ったのだが、(公開されて居た筈なのに)眠り猫を見てUターンして居たことを思い出した。

 奥社拝殿まで長ーい列ができて居て、日陰の階段を上るに連れ寒くなって来てと辛かったが、漸くのことお参りできて・・

b0220251_19303163.jpg
 13:25、重要文化財 奥社宝塔(御祭神徳川家康公の墓所と案内板に書かれて居た)の周りを周って、本殿へと戻った。今までは此処に来るのを省略して仕舞って画竜点晴を欠いて居たなあ・・とつくづく思った。

b0220251_19081612.jpg
 そして折角来たのだからと、拝殿にも上がってお参りし、陽明門をじっくりと鑑賞して・・

b0220251_19110901.jpg
 石段を下りて右側の本地堂(薬師堂)に向かった。東照宮の敷地内ではあるが此処には薬師瑠璃光如来像が祀られているので輪王寺のもの。そして、鳴き龍の天井絵で知られ、龍の目玉の下で手を叩くと、建物全体が共鳴する故に鳴き龍と呼ばれ、以前は列に並んで順に手を叩いて実体験したものだったが・・

 仏式なので手を叩くのは仏様に失礼だからと、今はお坊さんが龍の下を少しずつ位置を変えて拍子木を打ち、目玉の下で共鳴する様を見せてくれるやり方に様変わりして居た。
 其れは其れとしてだが、日光山に来る毎に明治の神仏分離令は悪法?だったなーと思えて仕舞う。日本に仏教が伝来し時を経て神教と融合して来たんだなあ・・と日光山内を巡るのだが、こっちは神社、こっちがお寺と分けて仕舞うと何となく深みが無い?神社とお寺は分け隔てなく初詣すべし・・

b0220251_19123792.jpg
 昼食は鉢石宿沿いのお蕎麦屋さんで湯葉蕎麦1300円を食した、蕎麦にしては高め?と思ったが、湯葉の他に舞茸の天ぷらも乗って居て、蕎麦つゆもとても美味かった。

 元旦の新聞に輪王寺三仏堂の大修理が終わって、仮囲いが取れたよと写真が載って居た。真新しい大屋根が現れて旬の景観を楽しめた。東照宮の帰りに輪王寺にも初詣しようか・・と思って居たが、昼の食事タイムから外れて仕舞うからと食事処へとまっしぐらでやって来て正解?

b0220251_21083779.jpg


# by funnpepe | 2019-01-07 22:00 | 旅行・イヴェント | Comments(0)

2019 羽黒山神社

 今年も初日の出を見に行こうか、去年は鬼怒川の河川敷に、一昨年は近くの神社に・・と思い巡らした。そして思い付いたのは御羽黒山だった。

 自転車で初めてヒルクライム挑戦して以来何度も行って居たし、関東平野を見下ろせて素晴らしい初日の出を拝せるかも?
 夜の細い山道を車で上るが対向車が来たらどうしよう、若しや一方通行の規制があるかも?等々心配だったが、兎も角行こうと出発した。

b0220251_06245899.jpg
 途中夜道を走る自転車が2台、山道をライトを持った歩行者を1名、そして後方からも車がやって来て、同好者はやっぱり居るなあ・・と先ずは安心だった。

 しかしもうすぐ頂上付近の駐車場と言う辺りで大渋滞・・、随分と前に抜いた自転車も歩行者も先を行って仕舞って、今年はハンドルを握りながら初日の出を拝することになって仕舞った。
 無論此処で初日の出を拝したのは自分だけでは無く、渋滞に嵌った車の同乗者もこの辺りでスマホを出して写真を撮って居たから、兎も角良かったと思うことにした。

b0220251_06254772.jpg
 そして折角やって来たのだからと駐車場に車を止めて、展望所まで行って見ると、筑波山がすぐ近くに見えて素晴らしい景色が眼下に見えて、こりゃー大勢の人がやって来るのも、渋滞になるのも然り・・とこの景色に納得(自転車でやって来たサイクリストも結構居たから、車で来ることしか思い付かなかった自分に反省)。
 

b0220251_06280079.jpg
 そして更に参道の階段を上って羽黒神社にも参拝、無料の甘酒を頂いた。そうだった、我が家近くの神社でも参道に明かりを付けて24:00を過ぎると参拝に出かけ、甘酒をいただくあのパターンであることに気が付いた。

 初詣でやって来る人、初日の出を拝する人等々、24:00を過ぎると元旦はずっと賑やかなのかも?兎も角来年はもっと早く来るべし(でも来年は近くの神社の甘酒当番に当たって居るのが問題だが・・)と反省?

b0220251_06290531.jpg
 羽黒神社にはお参りする人の長い列ができて居たので先ずは境内を抜けて、朝日を浴びた日光男体山、女峰山の姿を拝することが出来て・・

b0220251_06304692.jpg
 そして何と、富士山も思いの他大きくはっきりと見えたのだった。

 暖冬の天気予報ががらりと変わり、年末年始は大寒波になって仕舞ったが、こんな素晴らしい景色に出会えるなんて・・と、厳冬のお正月に感謝感謝と言った処。

b0220251_06312937.jpg
 羽黒山神社には御朱印の記帳窓口もきっちり設けられて居たし、破魔矢も大中小あって、お守りの種類もいっぱいあって・・と、元旦でなくとも初詣をして近くの梵天の湯に寄って帰るのも有り?

b0220251_06322685.jpg
 一昨年2月の節分で来た時には蝋梅が満開で野鳥も居たが、既に蝋梅が咲きだして居でこれ又感動?

b0220251_06272131.jpg
 そして駐車場へと戻る前に、スームアップして撮った筑波山の写真を眺めると、何と山容が美しいことか・・

 確かに標高こそ低いものの日本百名山に加わった山だなあ・・と思えても来る。嘗て訪れた鷲子山上(とりのこさんじょう)神社、雨引(あまびき)観音に比べると、それ程有名ではないものの羽黒山神社は、初日の出にも初詣にも、富士山眺望にも、厳冬の晴れの日なら良し・・

# by funnpepe | 2019-01-05 08:11 | 旅行・イヴェント | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

帰りを津和野から電車輪行..
by Walkaholic at 09:29
楽しい自転車旅に成る様祈..
by funnpepe at 11:50
お返事ありがとうございま..
by 宇広(Takahiro) at 19:17
普通の路線バスだから乗れ..
by funnpepe at 20:30
突然質問失礼します。横川..
by 宇広(Takahiro) at 12:16
> Walkaholic..
by funnpepe at 18:13
キオンと言う花なんですね..
by Walkaholic at 15:59
この花を摘んで投げ渡し ..
by Walkaholic at 15:39
「沖縄では雨よりも強風を..
by Walkaholilc at 13:53
帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

多田羅沼、益子城古城跡を散策
at 2019-01-21 05:53
ロウバイ
at 2019-01-15 22:00
2019 井頭公園で探鳥
at 2019-01-09 07:31
2019 日光東照宮
at 2019-01-07 22:00
2019 羽黒山神社
at 2019-01-05 08:11

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧