人気ブログランキング |

月下美人

b0220251_18040746.jpg
 7.13(日)19:00、月下美人の花が咲きだした。小さな蕾が何個か出来たが、何時の間にかこの蕾一個になって仕舞ったので鉢を玄関の中に入れてやって正解だった。
 
 去年は玄関先に置いて蕾が大きくなって咲きそうになった時にポロリと落ちて仕舞ったが、月下美人は咲きそうになったら家の中に取り込むべし・・をこの夜に実体験した。

b0220251_18043837.jpg

 19:40、花が随分と開いて来て家中で大騒ぎになった。
 カメラを出して撮ってみたり、スマホで捕ってLINEに流したり、花はいったい何日持つんだろうとgoogleで調べてみたり。どうやら一夜で花は終わって仕舞うことも判った。

 そして花の匂いが20:00頃に一番強くなることも・・

b0220251_18071943.jpg

 あっちからこっちからと写真を撮って、20:20照明をダウンライトのみにしてみたり・・


b0220251_18050539.jpg
 やっぱり全照明の方がよさそう・・等々沢山撮った。

b0220251_18053369.jpg
 妻が匂うよー、家中に広がって居る・・と騒いで居たが、そう言われれば匂うかなーだった。風邪をひき気味だったからなのかも知れない・・

b0220251_20013822.jpg
 21:30、これで開き切ったかな?と写真を撮って、切りが無いから寝ることに・・

b0220251_18063893.jpg
 そして翌7.14(日)6:00、月下美人の花どうなったっけ?とカメラを持って覗いてみると、花はすっかり萎んで仕舞って居た。

 何年か前にクリンソウが咲いて居るよ・・と新聞に載って居たお寺に行って、帰りに挿し木で増やした株を貰って来たのだが・・
 冬の間は家の中に取り込んで、春~秋まで外に出してたっぷり水やりをして、株が大きくなる都度(2年置きに)、鹿沼土、赤玉土、腐葉土を適度に混ぜて、少し大きな鉢に植え替えてやれば、その内咲きだす・・と思って居るがさて来年は?







# by funnpepe | 2019-07-16 22:10 | 花・野鳥 | Comments(0)

旧雄武駅から網走へ、そして女満別空港へ 国道238、国道39を走る

b0220251_05441683.jpg
 7.8(月)4:15に宿をスタートし、4:30雄武川を渡った辺りでメガネの水滴を拭くべく一休み、今日もやがては晴れるとは思うものの、思いの他霧雨が強かった。

 暫く海沿いに走ったが、陸側に入って丘を越えて坂を下ると興部町に入り・・

b0220251_05445260.jpg
 5:40、道の駅・おこっぺ着、カメラのレンズにも水滴が一杯付いて仕舞って居た。

 旧名寄本線興部駅跡にあって、車拍の車も結構泊まって居て、緑一杯の雰囲気と中々の道の駅だった。

b0220251_05453517.jpg
 この列車は、ホステル(出会いの宿)とのことで、隣にある建物の交通記念館で宿泊申し込みをすれば無料とのことで、自転車が2台・・
 街のほぼ中心にあって何時か自分も泊まってみたいもの・・

 隣の交通記念館のサロンで、昨日コンビニで買って置いた稲荷弁当をゆったり食べて、6:20に出発。

b0220251_05471118.jpg
 そして7:20、紋別市街の手前のオムサロ原生花園で一休み、この日は風が無いのが有難かった。殆ど咲いて居る花は無かったが暫し散策、月曜日で国道238の交通量は多くなって居た。

 紋別市は大型電店がある等々大きな街だった、国道238は左折だったが、直進する街中への道を選んで、結局遠回りになって仕舞って失敗。

b0220251_13075645.jpg
 漸く国道238に戻って、8:25オホーツク公園が現れたので寄ってみると、未だ開園前でひっそり・・

b0220251_05474384.jpg
 それじゃあこの先のオホーツク紋別空港まで行って休もうか・・となって、8:35辿り着く。しかしここもひっそり・・
 羽田行きのANAが13:15出発とのことだから、此処も早すぎだった。


b0220251_18072997.jpg
 コムケ湖への標識が出て居たので、ちょっとだけ行ってみようかと国道238を左折した。
 湖畔にコムケ国際キャンプ場がある様だったが、ちょっとだけ・・の気持ちが強すぎて、9:30湖面が見えた処で写真を撮って折り返す。

b0220251_18315345.jpg

 9:55、湧別川を渡ると湧別市街へ、そして国道238は左折して先ずは遠軽への交差点が出て来たが、真っすぐ行くとサロマ湖だよ・・と標識にあったので、国道238は行かずにサロマ湖に真っすぐ伸びるサロマ湖道路を走った。

 空は晴れ上がり道路の両側には、ザ・ホッカイドウの景色が広がって居て、この道選んでヨカターだった。

b0220251_18414633.jpg
 そして10:25サロマ湖道路から右折して国道238と合流すべく、一直線に伸びる道を走った。
 すっかり晴れ上がって北海道を満喫・・と言った処。

b0220251_19410476.jpg
 10:30、国道238との合流点はこの先にある筈なのだが、この景色もザ・ホッカイドウと足を止めて写真を撮り・・

b0220251_19480133.jpg
 そして漸く国道238と合流し。10:45芭露川を渡ると、道の駅・愛ランド湧別はすぐ其処・・

 2014.6に網走から此処迄来て、この川を渡って道道244で遠軽、北見へと走ったことがあったので、此処からはその記憶を思い浮かべながら走れる・・と思って居たが、結局そんな記憶は蘇らず・・だったのが情けない。

b0220251_20124732.jpg
 11:05、道の駅・愛ランド湧別に辿り着いた。丘の上からサロマ湖を見下ろすこの景色は懐かしかった。
 
 しかし、レストランでホタテ丼、オホーツクラーメン等々北海道らしい昼食を食べようと思って居たが、何とこの日はお休みで敵わずだった。仕方ないので稲荷弁当の残りを食べて空腹を満たして、10:25出発。

b0220251_05494367.jpg
 そして10:30、美しいサロマ湖が現れたので、写真を撮って一休み。

 その後間もなく計呂地交通公園が現れたのだがスルーして仕舞った。2014年に来た時はサンゴ草群生地、この日最初に訪れた道の駅・おこっぺにあった様な列車が置いてあった処で、ちょっとでも寄って見たかったが残念。

b0220251_05500960.jpg
 結局2014年に走った記憶は蘇らず(逆方向に走った経験は役に立たない様だった)、12:20道の駅・サロマ湖に辿り着いた。
 ああこんな建物だったなあと懐かしかった。道の駅・愛ランド湧別で食べられなかったラーメンを此処で食す、美味かった。

 未だ網走の街迄約53km、女満別空港迄18kmを走らねばならないから、のんびりとは走れない。出来たら道の駅・流氷街道網走迄行ってお土産を買って、海鮮丼等々北海道の〆の食事もしたいもの・・と気合を入れて、12:30出発。

b0220251_20515922.jpg
 しかし、ほぼサロマ湖沿いに走る国道238は長かった、サロマ湖は見えず適度に繰り返すアップダウンがつづき、13:20麦畑が色付いてきれいだなあとサロマ湖側の写真を撮って一休み・・

b0220251_05504773.jpg
 13:30、何やら花が咲いて居るなあと網走側の写真を撮って一休み・・

b0220251_05511020.jpg
 そして漸く常呂川を渡りオホーツク海に出て、能取湖沿いに南下して、14:35パーキングエリアがあったので一休み。

 曇天になって仕舞ったが、サロマ湖東端付近から網走までガンガン走れたなあ・・と今振り返ると思えて来る、もしかすると追い風が出て来て居たのかも?

b0220251_05514559.jpg
 15:30網走川までやって来たので一休み、懐かしかった。

 さて此処から女満別空港まで直行して仕舞おうか、それとも予定通り網走の街を走り抜けオホーツク海まで行こうかと迷ったが初志貫徹と・・

b0220251_05520959.jpg
 16:00、道の駅・流氷街道網走に辿り着く。又又曇天になって仕舞って残念ながら青いオホーツク海を臨むことはできなかった。

 さて今回の旅の〆に此処で海鮮丼でも食べようかの予ねての目論見は、これから18km走らねばならないからと気弱になって諦めた。

b0220251_05522689.jpg
 網走湖沿いに走り、呼人を過ぎた辺りから晴れて来て、あの懐かしい女満別の景色が現れて、今回の旅の〆はこの景色!と、16:50一休み・・

b0220251_20523408.jpg
 そして16:55、「めまんべつ・メルヘンの丘」でも記念の写真を撮って行ってねと、案内板が出て来てとこの辺りからゆったり気分に・・
 17:15女満別空港着。この日の自転車記録は、走行距離183.4km、平均速度19.3km/h、最高速度41.6km/h、走行時間9:29だった。

 女満別空港発20:10の飛行機だったから網走でもっとゆくりできたのかも?と欲張りな発想も出来るが、何のトラブルも起こさず順調に走ってくれた我が愛車のお陰・・と自転車を畳んだ。
 出発前は諸々心配だらけだったが、終わってみれば万事順調の快適旅だったと今は思える。







# by funnpepe | 2019-07-15 08:57 | サイクリング | Comments(0)

南稚内駅から旧雄武駅へ、国道238を走る

b0220251_19150313.jpg
 7.7(日)3:50に宿を出発し、28.8km先の宗谷岬を目指した。

 昨日の夕方は晴れて居たから今日も晴れ・・と決め込んで居たが、メガネに付いた雨粒を時々拭かねばならない程の霧雨はちょっと辛かった。

b0220251_19153515.jpg
 5:00、雲の合間に太陽が薄っすらと見えて、青空もちょっとだけ見えて来て、宗谷岬に辿り着く頃には晴れてくれるかも?と楽観的に思って居たが・・

 今思い返すと、雲が南南西の方向から雲が強烈に流れて居た証で、この辺りから風強いなーと思って居たのかも知れない。

b0220251_19171804.jpg
 5:20間宮林蔵渡樺樺出航の地に辿り着き、5:30宗谷岬「日本最北端の地」に辿り着いた。
 気温は12℃だよと表示されて居たが風が強かったからなのか寒かった、碑の前で写真を撮ると、皆足早に車に戻って行って仕舞うので、写真ではひっそりして居るが、この時間でも結構やって来る人は多かった。

 折角来たのだからと、さっと辺りを一周りしたのだが、こんな寒い自転車でやって来るなんて中大変だねー・・と車の人は、こちらを見て居た様にも思えて仕舞う。

b0220251_06081268.jpg
 ハマカンザシ(アルメリア)が丁度見頃になって居た、ヨーロッパや北アメリカに分布し、千島にも野生するとのことだった。晴れて居れば青い海と空に映えてきれいだったかも?

 此処宗谷岬の突端は、北緯45度31分とのことで、イタリアのミラノ、カナダのモントリオール、フランスのリヨンとほぼ同じ、因みに東京は北緯35度、日本最南端の石垣は北緯24度とのことだった。

b0220251_06085067.jpg
 此処に辿り着く迄、何度か強烈な向かい風があったがそんな時やっぱり、ソウヤーノミサキ・・のメロディが脳裏に浮かんで居た。

 そしてその宗谷岬・音楽碑があったので、スイッチを押して独り聴くことに・・

b0220251_06102975.jpg
 「流水溶けて春風吹いて・・吹雪が晴れて凍れがゆるみ・・人の心の扉を開き・・幸せ求めさいはての地にそれぞれ人は明日を祈る・・」と、この日この時の心境を触発させてくれるフレーズがあって・・

 寒くても、強風でも、霧に包まれて居てもその情景に感動だった。そして名残り惜しいが6:05出発。

b0220251_19184384.jpg
 国道238は暫くの間オホーツの海岸線沿いに走ったがやがて離れ、山の中の緩い上り坂、そして下り坂になってと約1時間、鳥のさえずりを聴きながら走った。
 鳴き声は数種類だったかも?そして森の中に木霊(こだま)する程大きくて、中々に楽しめた。鳥の名前が判って居たら更に楽しめたかも?

 再び海沿いに走る様になると、7:20向かい風が強いのに溜まらず写真を撮って一休み・・
 7:30ワシが居たので一撮、7:35海釣りをして居る人達が居たので一撮・・
b0220251_06391647.jpg
 8:00、オホーツとエゾカンゾウの花の情景も見逃せないと一撮・・

 そして漸く走ると、2km先に道の駅・さるふつ公園があるよと案内板がでて来てホッ!
 しかし2kmは自転車でもそれなりに長い・・

b0220251_20345005.jpg
 8:25、道の駅・さるふつ公園に辿り着いた。何やら大勢の人が・・と見て居るとこれからグランウンドゴルフ大会が始まる様だった。

b0220251_20354613.jpg
 レストラン、ホテル、日帰り温泉、売店、キャンプ場等々があって、此処で一泊も良かったかも知れない大きな道の駅だった。未だ時間的に早かったのかお店は開いて無かったので、ベンチで朝食のパンを食べて一休み。

b0220251_20363885.jpg

 そして、約30km先の道の駅・北オホーツクはまとんべつを目指して、国道238を走り出したのだが、直ぐに猿別村営牧場が出て来てと、どうやら国道238の山側にはザ・ホッカイドウの牧場が広がって居た様だった。
 晴れて居なかったのが残念・・

b0220251_13021718.jpg
 国道238は猿払川を渡ると海岸線から離れて、牧場の中を抜けていく、10:00ごろには青い空が見えて来た。

b0220251_13025595.jpg
 左にモクウニ沼、そして右にクッチャロ湖がある筈なのだが、何処まで走っても見えなかった。

b0220251_13033125.jpg
 10:40、浜頓別の街に入る前に、クッチャロ川を渡った。此処まで書く進んで地図を眺めてみると、クッチャロ湖はすぐ其処?

b0220251_19333602.jpg
 10:45、道の駅・北オホーツクはまとんべつに到着、地域交流センター、バス発着所等々、昨日の道の駅・わっかない風の新しい道の駅だった。
 レストランで早めの昼食を先ずは食べようと思って居たが、レストランは無くて今流行りのパン工房があるのみだったので列に並んで、結局コロッケ&焼蕎麦パンと揚げパンがこの日の昼食だった。

 この日此処迄約90km走って来たから残り約80kmとほぼ中間点だった、さあ次の道の駅・マリーンアイランド岡島迄約40kmひと頑張り・・と気合を入れて出発。
 しかし今思い返すと、クッチャロ湖畔はすぐ其処だったから行かなかったのは返す返すも残念。

b0220251_16585575.jpg
 浜頓別の街を抜けると国道238は直ぐに海岸線沿いになり、この日一番の向かい風の中、平均速度15km/hhを下回らない様エッチラオッチラ・・、じっと我慢の走りに徹した。

 12:10北見神威岬に差し掛かかり、山を越えて来る雲が見えて来た。こりゃー向かい風が強いのも然り・・と写真に撮った。
 そして北オホーツクトンネルを抜けると、山の向こう側はこちら側以上の強烈な風が吹いているのかも?と覚悟。兎も角この雄大な北海道の景色を見ながら一休みだった。

b0220251_17244856.jpg
 12:30、トンネルを抜けると、北見神威岬公園があったので、取り敢えず一休み。
 予想に反して風も無く(やっぱり自分は気象予報士にはなれないなあと実感)、薄日がさして、キャンピングカーが一台居て、時折自家用車がやって来て、北見神威岬を見て行って・・と、辺りは穏やかな雰囲気に包まれて居てのんびり・・

b0220251_17472373.jpg
 そして、道の駅・マリーンアイランド岡島を目指して、下り坂を快調に走って行くと、幸枝カニ祭りの案内板が出て来て、誘導員が居てとちょっと寄ってみようか・・となって、13:25ウスタベイ千畳岩にやって来た。

b0220251_17442347.jpg
 隣のウスタベイ千畳岩キャンプ場には、キャンピングカーが集結して居るのにびっくり・・
 
b0220251_17451934.jpg
 そして、カニ祭り会場は大変な賑わいだった。カニのテントは結構あったが皆売り切れだった。
 正に知る人ぞ知るのお祭りなんだなあーと、会場を一周りして・・
 
b0220251_17530302.jpg
 ホタテ串揚げ一本200円を食べながら、歌を聴いて、13:40会場を跡にした。
 以前鳥海ツーデマーチの帰りに仙台へのリゾート列車で一緒になって、オールドtakahashiさんにこれおいしいんだよとホタテの干物を戴いた時のあの味だったなあと思い出す程美味かった。

 因みに国道238の愛称は北ホタテロードとのことで納得。そして枝幸かにまつりはこの土日とのことで、遭遇できて至極ラッキーと言った処。

b0220251_19322871.jpg
 道草をした分遅れ、道の駅・マリーンアイランドに辿り着いたのは14:15になって仕舞った。
 未だこれから約45km走らなくてはならないからと、それなりに一休み・・
 
b0220251_19540935.jpg
 国道238をひたすら走り、16:10これがこの日の撮り納めと写真を撮って・・

b0220251_19293420.jpg
 16:40やっぱりこっちの方が北海道らしいかな?と写真を撮った。残念ながら曇って仕舞っては居たが、この日悩まされた向かい風はすっかり無くなって、我が脚の疲れと尻痛のみが気がかり・・

 そしてとうとう雄武の街に入り、17:10道の駅・おうむに辿り着いた、既にクローズになって居てオホーツクが見渡せるスカイキャビンには上がれず、宿着は17:15だった。
 この日の自転車記録は、走行距離175.2km、平均速度17.9km/h、最高速度41.3km/h、走行時間9:45だった。

b0220251_19294860.jpg
 風呂に入って宿の夕食を食べて、翌日の早立ちに備え、韋駄天が始まる前に就寝。長い一日だったが充実して居たなあと言うのがこの日の感想。












# by funnpepe | 2019-07-13 21:30 | サイクリング | Comments(0)

豊富駅から稚内駅へ道道444,106を走る

b0220251_19350697.jpg
 7.6(土)は旭川大雪ツーデマーチの1日目だったから旭川駅近くのハーブガーデン辺りにはひょっとして散策しているウオーカが居るかも?と思って居たが、駅前はひっそりだった。

 曇天で寒かったし活動開始は遅めなのかも?豊富駅まで輪行すべく6:03の始発列車に乗って見ると、チラホラと観光客も居て途中から高校生も乗って来てと、車内は意外に賑やかだった。

b0220251_19575848.jpg
 7:45名寄駅で2両になり高校生も皆降りて仕舞って、此処からはほぼ観光客のみになった。美深(ビフカ)、音威子府(オトイネップ)と天竜川沿いに山間を抜けて、幌延駅に辿り着く。

 去年は留萌駅からオロロン街道を走り幌延駅がゴールだったので、本来なら幌延駅から稚内へと向かうべきなのかも知れないが・・

b0220251_19355451.jpg
 サロベツ原野近くの豊富駅で11:13下車、無人駅だった。しかし、レンタサイクルを借りて向かう人も居たし、駅に併設された喫茶店で食事をする予定だったのに
閉まって居てがっかりと言って居た女性等々、其れほど寂しい駅では無かった。

 自転車を組み立て中に、利尻富士に登って、宗谷岬にも行ってと北海道を周って居て、これからバスでオロロン街道を南下するとのことだった。
 利尻富士に登るのも、島内を自転車で一周するのも善し、礼文島の花めぐりも善しと何時かは行って見たいもの・・
 
b0220251_19361554.jpg
 11:45、豊富駅をスタートし、道道444でサロベツ原野を横断し、道道106のオロロン街道に合流すべく稚咲内(ワカサナイ)漁港へと向かって走る。エゾカンゾウが咲いてその奥に利尻富士が見えて・・と思い描いて、幌内駅では無く豊富駅からのルートを選んだが、曇天でエゾカンゾウもどうやら終わって仕舞ってと当てが外れて仕舞って、ちょっと残念。

 しかし今年も北海道に来たんだなーと感じながら走れるのが、兎も角嬉し。


b0220251_19372217.jpg
 そんな満足感一杯で走って居たら、何時の間にかサロベツ湿原センターを通りすぎて仕舞ったことに気が付いた。
 しかしこの時はたった1kmを戻る勇気が無くて、ヒオウギアヤメが咲いて居るそれなりの雰囲気の写真を撮って走り出す・・

b0220251_19374069.jpg
 12:35、道道106に合流。
 電柱が無くて一直線で、恰もアメリカ大陸横断道路にも重なる様に、前方には水溜まりがある様にも見えて等々北海道ならではの情景を噛みしめながら走った。

b0220251_19381201.jpg
 12:50、ザ・ホッカイドウと思えた景色を一撮。そして微かに利尻富士の裾野が見えだして来て・・

b0220251_19383159.jpg
 13:20、サロベツ原野、その奥に日本海、そしてその奥に利尻富士が見える様になって来た。
 自分は晴れ男?等とは思わなかったが、ヨカッター、感謝感謝と言った処、この辺りからはずーっと左側のみを眺めて走った。

 自動車もやって来るが、オートバイも多かった。

b0220251_09283076.jpg
 13:30、此処で止まってゆっくり眺めてねとばかりの駐車スペースがあったので一休み。旭川のオートバイの人が居て、6月だったら利尻富士が未だ雪を被って居て更にきれいだよと教えてくれた。

 この日の宗谷岬は寒かったよーとのこと、北海道では特にどっから来たの、これから何処に行くのが挨拶の始まり、今度来る時には是非雪を被った利尻富士を見るべく6月に・・とつぶやきながら別れをつげて出発。

b0220251_10210956.jpg
 13:35、すっかり晴れ上がって、一直線に伸びる道の先に青い空と青い海が集約する一点を目指して、一撮。

b0220251_10310338.jpg
 ついでに左方の利尻富士も再度?一撮・・

b0220251_10463854.jpg
 13:55、こうほねの家に辿り着き、自転車用ラックに自転車を繋いで、先ずは屋上の展望台へ・・

b0220251_10513081.jpg
 コウホネ沼とその奥の日本海と利尻富士、そして此処まで走って来た道道106等々の絶景を暫し楽しみ・・

b0220251_17335584.jpg
 そして折角来たのだからとコウホネ沼の周りを一周り。花ごよみに寄れば、7月の初めはヒオウギアヤメ、ハマナス、エゾカンゾウ、エゾスカシユリ、ネムロコウホネの花を見られるとのことだったが、ハマナスのみだった。
 これから向かう抜海岬、ノシャップ岬も見えて居たが、この先もほぼ平坦の様だったし、時間も未だたっぷりあるしと、この日は気分もゆったり旅・・

 コウホネの家の休憩室で昼食のパンを食べて、14:35出発。

b0220251_11335967.jpg
 14:50、抜海港着。この辺りはゴマアザラシの越冬地とのことだが、ひっそり・・
 道道106は宗谷サンセットロードの愛称が付いて居て、この日は夕日が綺麗だったかも?

b0220251_11445543.jpg
 15:20、道道106から道道254に分岐して、15:50ノシャップ岬に辿り着く。稚内灯台、ノシャップ寒流水族館、食堂等々、この日一番の賑わい処だった。

 「本日の日の入りは午後7時24分です」との掲示もあったから、夕日を見に来る人も多いのかも知れない。夕日はきっと綺麗だろうな・・とは思ったが、2時間も待てないし寒いだろうし、夜道を宿へと向かうのも大変だしだから、道の駅・稚内に向かうことにした。

b0220251_19405173.jpg
 そして道の駅・稚内近くまで行くと、こんな建物が・・
 稚内港北防波堤ドームとの事で、戦前樺太との定期船発着所がこの先にあって、乗客はこの廊下?を通って行ったのかも知れない。青いテントがポツンと奥にあったので行って見ると、日本一周中のオートバイが横にあって、どうやらお休み中・・
 この日は、こうほねの家ではキャリーバックを引いて歩く日本一周中の人も見かけた。歩きも、自転車も、オートバイも日本一周中の人達が稚内を通過中・・

b0220251_19411238.jpg
 そして防波堤の上からは、翌日向かう宗谷岬が海の向こうに、薄っすらと見えた。風力発電の風車が一杯見えて、この日豊富駅で利尻富士に登って来たよと会話した人も、旭川のオートバイの人も風が強かったよーと言って居たのを思い出した。

 しかし明日も風が強いとは限らない・・と自分に言い聞かせるのみ!

b0220251_19414330.jpg
 16:35、道の駅・稚内に到着、日本最北端の駅と謡うJR稚内駅も併設され、バスターミナルもあったし、売店、飲食店、コンビニも・・

b0220251_16410734.jpg
 映画館も(今回の旅では、道の駅、郵便局等々ポケジムのメダルゲット、モンスター配置等々ポケモンgo関連でも収穫大?)・・

b0220251_19413263.jpg
 地域交流センターもあった、そしてグループホーム、高齢者用住宅もあるとのことで、正に今風の道の駅?
 此処まで書き進んで、札幌から夜行バスに乗って来て、厳冬の情景を味わってみようか・・等々、発想が膨らむこと楽し・・

 道の駅で美味しい海鮮丼を夕食にしようか?とも思ったが、やっぱり久しぶりに一杯?が最優先と思い直し、南稚内近くの宿着は17:30頃だった。この日の記録は、走行距離68.4km、平均速度19.1km/h、最高速度33.9km/h、走行時間3:33だった。

 スーパで夕食を調達し風呂に入って、独りひと時を過ごし20:00前には爆睡だった。
 7.5(金)茨城空港発17:30の飛行機で北海道にやって来たが、稚内は其れ程遠くないことを実感。

b0220251_17070172.jpg
 




# by funnpepe | 2019-07-12 22:00 | サイクリング | Comments(0)

秋田鳥海眺望のみち2日目 15kmコースを歩く

b0220251_17435933.jpg
 この日のスタートは8:30なので未だ約1時間あるからと、本荘公園内を散策することにした。煙に倣って上の方へ向かって行くと、行きついた先は本荘の街を見下ろす展望台だった。
 walkaholicさんはどうやら此処に早朝やって来て、鳥海山の写真を撮って送ってくれて未だ1時間半しか、経ってないにも関わらずすっかり厚い雲に覆われて、鳥海山は見えない・・

 この日宿のカーテンを開けると、晴れ・・だったが雨雲が迫って来てお昼ごろ去って行った様だから、我らのウオーキングを狙い撃ちされたなあと、振り返ると思えて来る。

b0220251_06244240.jpg
 さて会場はと見下ろすと、ウオーカーが大分集まって来たので戻ることに・・

 この日は35kmk-スも15kmコースも8:30スタートなので、お互い久しぶりの会話だったから一瞬聖徳太子になってと楽しい会話が続き・・

b0220251_06250800.jpg
 8:35、スタートした時にはポツポツと雨は降りだしては居たが、直に止めるかも?と思って居たが・・

b0220251_06252966.jpg
 9:10、3.4km地点の秋田県立大正面の給水・チェックポイントでは、本格的に雨は降りだして居て写真を撮るのも一苦労・・

b0220251_20105000.jpg
 9:20、秋田県立大を過ぎた辺りで、前々日自転車で走って来た一直線の道が見えて来たので写真をパチリ・・、そして35kmコースとの分岐点ではすでに35kmを行くウオーカの姿は全く見えず・・

 JR羽越本線の踏切を渡って、芋川に架かる橋に向かう辺りで矢張を読み違えて逆戻りした処でodawaraさんと遭遇、芋川の右岸の堤防暫く歩いた。晴れて居れば鳥海山を眺めながら歩けたのかも・・と雨が恨めしかった。

b0220251_21580549.jpg
 10:20、8.6km地点の石脇体育館に辿り着いた時には、ポンチョは水を通す様になって仕舞って、シャツも濡れてカメラも・・
 屋根の下でポンチョを脱いでタオルを出して、濡れて仕舞ったカメラ等々も吹いて仕切り直しして、冷たい水、梅干し、飴を戴いて・・

b0220251_21011540.jpg
 さあ心機一転、強い雨の中歩き出す、左に曲がって坂を下りたかったが、矢張りは右に曲がって坂を上り、35kmと合流する地点から漸くのこと下り坂に・・

b0220251_06260950.jpg
 そして10:50、12km地点の総合防災公園「ナイスアリーナ」に辿り着く、雨は依然として強く、身体は冷えて風邪引きそう・・と不安が過る程だった。

b0220251_06263074.jpg
 兎に角、身体を温めるべく、せっせと歩き本荘大橋を渡った辺りで雨は小降りになった。
 そして11:20、13.7km地点のボートプラザアクアパルに着いた時には雨は完全に止んでくれて、今度は水溜まりをどう避けて歩くかに注力。

b0220251_05360577.jpg
 izumiさんがこっち行こうと歩き易い近道に誘ってくれて・・

b0220251_06265655.jpg
 ゴールは11:50だった、コースマップはスタンプを押せない程ビショビショ・・、良かったらこれどうぞと新たなコースマップを用意してくれていた配慮に感謝。そしてこの日はしっかり汁物を戴いてから会場を跡にした。

 羽後本荘発12:44、秋田着13:26着の車中で、walkaholicさん、harumamaさん、odawaraさん、miseさん、inaさん達と楽しく会話する内に、リックにワンカップがあったのを思い出し一杯。
 そして、何時の間にか隣のmiseさんと読書談義になった(そうだった!断捨離から本の整理になったのだった)。阿川浩之の山本五十六、城山三郎の落日燃ゆ、男子の本懐等々から、良寛の話題(倉敷ツーデマーチ2日目に訪れたお寺には良寛所縁の案内があったなあとその情景も思い出した)へと広がって、良寛の魅力は何と言っても無欲!とmiseさんは言って居た様な気がする。

 歳を重ねるにつれ諸々のしがらみから自分を解き放つキーワードは無欲・・と酔いに任せて発想が広がって、あのアナと雪の女王のLet it go(ありの儘で)のフレーズが浮かんで来て、ドリスデイのケセラセラ(成る様になれ)のフレーズも浮かんで・・と頭の中もリフレッシュ。

b0220251_06272837.jpg
 即秋田新幹線に乗り換えずに秋田駅の改札口を出て、家人に頼まれたバター餅等々のお土産を買って・・

b0220251_06280694.jpg
 そしてポポロードの端で丁度始まったポケモンgoのレイドバトルにも参加出来て、首尾よくカイオーガをゲット。14:36発の秋田新幹線でも独りwalkaholicさんから貰ったウイスキーでハイボールを作って、車窓の眺めを楽しみ、ウトリウトリして、19:00頃に無事自宅着だった。

b0220251_08494316.jpg
 今回の旅で一番よく見えた秋田鳥海山の山容の写真はこのwarukaholicさんが撮って送ってくれたもの。標高2236mの独立峰としては東北一の高さを誇るとのこと、6月末になっても未だ沢山の残雪も見えてと、何時か山頂に登ってみようか・・と思えても来た。








# by funnpepe | 2019-06-28 12:30 | ウオーキング | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

なーる程!襞(ひだ)なん..
by funnpepe at 11:05
彫刻を観に行かれたようで..
by 怪鳥 at 09:41
帰りを津和野から電車輪行..
by Walkaholic at 09:29
楽しい自転車旅に成る様祈..
by funnpepe at 11:50
お返事ありがとうございま..
by 宇広(Takahiro) at 19:17
普通の路線バスだから乗れ..
by funnpepe at 20:30
突然質問失礼します。横川..
by 宇広(Takahiro) at 12:16
> Walkaholic..
by funnpepe at 18:13
キオンと言う花なんですね..
by Walkaholic at 15:59
この花を摘んで投げ渡し ..
by Walkaholic at 15:39

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

月下美人
at 2019-07-16 22:10
旧雄武駅から網走へ、そして女..
at 2019-07-15 08:57
南稚内駅から旧雄武駅へ、国道..
at 2019-07-13 21:30
豊富駅から稚内駅へ道道444..
at 2019-07-12 22:00
秋田鳥海眺望のみち2日目 1..
at 2019-06-28 12:30

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧