<   2016年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2016 師走の夜のコンサート

                           (4月 秩父七峰)
b0220251_5262172.jpg
 28日は宇大の第82回定期演奏会を聴きに行った。この処18:30開演になって仕舞って、師走の夜の街は、慌ただしくて、寒くてと出かけるのが億劫なのだが・・確かに街は大賑わいだったし、会場もほぼ満杯で、嘗ての14:00開演は有りえないなあと実感させられた。

                           (6月 日光ロマンチック街道)
b0220251_5263988.jpg
 最初の曲目は、E.フンパーディンク作曲・歌劇「ヘンデルとグレーテル」序曲だった。弦の音が綺麗だなーとは思ったが、この曲を聴くのは初めてだったし、どんな曲だったけ?と思い出せないのが辛い。

                           (7月 石狩市)
b0220251_527232.jpg
 2番目の曲目は、A.ハチャトリアン作曲・組曲「仮面舞踏会」だった。2曲目になると演奏にぎこちなさが無くなった様にも(聴いて居る方が慣れてきたのかも知れないが)、元気いっぱい大胆に!の演奏にも思えたが、この曲を聴くのも今回が多分初めて・・

                           (10月 田沢湖)
b0220251_5272246.jpg
 そして休憩を挟んで、3番目の曲は、シベリウス作曲・交響曲第2番だった、シベリウスと言えば交響詩「フィンランディア」しか思い浮かばないが、果たしてのこの曲は・・と聞き始めた。壮大なイメージが湧いて来て、演奏も練れている?とは思ったが、今一つ曲に乗れなかったから初めて聴いたのかも知れない。
 そしてフィナーレを迎え、それなりに良い演奏だったと拍手を送った、大学のコンサートらしく、招聘された指揮者は各パート毎に演奏良かったよ!と称えて握手して周ってと、拍手の時間がいつにも増して長かった。

                           (12月 名護)
b0220251_5273743.jpg
 アンコールはシベリウス作曲・交響詩「春の歌」から抜粋とのことだったが、纏まって居て一番良かった・・と言うのが正直な感想だった。

 そして今朝こそ寒さが残って居たものの、昼頃には温かくなり、年末年始はずっと温かいと嬉しい天気予報が出ている。2017用に作った年賀状を並べて見るとみんな何となく温かで、のどか・・結局全部採用し宛先を見ながら割り振った。さて今年中にやるべきことは、さしたることは何も無い?あるが侭に!で過ごしたい。
[PR]
by funnpepe | 2016-12-30 05:55 | 音楽・アート | Comments(0)

鎌倉から小田原へ湘南海岸を走る

b0220251_931344.jpg
 この日の計画は由比ガ浜・鎌倉海浜公園を12:45に出発し、相模湾を左に見て国道154号を走った。3連休の中日のお昼時で、国道154号は大渋滞?そんな車の横を自転車なのでそれなりの速さで走れるんだなーと改めて自転車の魅力を感じながら、稲村ケ崎を過ぎて、右に極楽寺へと向かう道が見えて来た辺りで、シラス丼を食べるべくお店に寄った・・

b0220251_933148.jpg
 お店の入口に、悪天候で漁ができないので、今日は生シラス丼はありませんと張り紙がしてあったので、釜揚げシラス丼になって仕舞ったが美味かった。お店から相模湾が望めて、正面に大島が、伊豆半島がこの日はくっきりと見えて居た。、そして13:20国道154号を再び走りだしたが、江の島を過ぎた辺りから車の渋滞が解消しだして、気持ち良く走れる様になって・・

b0220251_941051.jpg
 13:50,辻堂海浜公園辺りでwalkaholicさんが確かこの辺りから砂浜沿いに自転車道があった筈?の記憶に従って、行ってみると、素晴らしい眺めが待って居た。
 走って来た方には江の島が見えて、これから向かう小田原方向には箱根の山が見えて、暫く走ると富士山も見えて来た。海岸にはサーファーが・・、ママチャリが走ってきたり、ポールウオーキングの人も居たりと、なる程これが湘南海岸の情景なんだなーとのんびり気分で走った。

b0220251_943436.jpg
 14:10、茅ケ崎柳島キャンプ場辺りから国道134号に戻って相模川を渡り、14:35大磯駅付近で国道1号に合流・・

b0220251_95356.jpg
 14:40、東海道らしい松並木が見えて来たので、サイクリング情景の写真をパチリ・・、箱根駅伝の中継では多分この辺りもテレビで映るんだろうな・・と、箱根駅伝の選手になった積りでペダルを回した。この辺りには旧吉田邸もあった様だし、そして海側には太平洋岸自転車道も走って居たから、又何時か走りに来たいもの・・

b0220251_9295931.jpg
 昔マイカーで走って来た時は、海が見えなくなって車が混んで来てとちっとも面白くないという思いがあったが、自転車からの景色はやっぱり違うな・・と思いながら、せっせと走った。15:10、国府津駅付近を通過し、15:20酒匂川を渡り、小田原城箱根口門を通って、小田原城着は15:40だった。

b0220251_952184.jpg
 小田原ツーデマーチを歩いて、小田原駅へと戻る懐かしい街の中を通って、15:50小田原駅にゴールだった。即、前後のホイールを外し輪行袋への収納の作業にかかったがこの日は、我々以外にも少なくとも3組が同じ様に作業して居たから、小田原は輪行のメッカ?と思って仕舞う。そして、16:10発の新宿行きの小田急に乗れたから、確かに東京近郊のサイクリストに取って、輪行しやすい所でもあることも確か・・
 この日は、池袋で18:00にtouさんとも合流し、walkaholicさんと3人で今年最後の忘年会をしたのだが、touさんに寄れば、午後は北風が強かったとの事だった。鎌倉から小田原まで強い北風におされて走った格好になって居た様だったが、無風?とちっともラッキーと思わなかったのは何とも極楽トンボ?兎も角鎌倉から小田原に走るには冬の時期が良いのかも知れない・・、この日の走行記録は走行距離41.3km、平均速度19.7km/h、最高速度37km/h、走行時間2:05だった。

 今年の自転車の走行距離は2278km、その内ウオーキング大会絡みでの国内各地遠征が1444kmだったから、ほぼ全国各地に自転車を連れてった・・と言うことになる。この日も鎌倉までの輪行も、返りの池袋からのほぼ満員の最終電車にもそれなりにスムーズに乗れたから、未だ来年もこんなパターンで・・と思って居る。
[PR]
by funnpepe | 2016-12-28 06:51 | サイクリング | Comments(0)

第52回鎌倉歴史探訪ウオーク 君知るや朝比奈切通し 12km

b0220251_2139539.jpg
 この日は先ず鎌倉駅に行って自転車を預けて、逗子経由で京急逗子線で金沢八景駅に辿り着いたので、スタートは9:55とほぼ最後尾?で歩き出した。最初は静かでのんびりと歩ける道だったが、すぐにひっきりなしに車が通る鎌倉付近らしい道になって・・と、暫くは我慢の街中ウオーキングだった。鼻欠地蔵を過ぎて間もなく路地に入り、10:35、朝比奈切通しの案内の碑を過ぎて、横浜横須賀道路の下を潜ってと、山道に入った。

b0220251_21392176.jpg
 そして確かに切り通しだなあと言う処に差し掛かった。正に「君知るや・・」の冠を付けるに相応しい切り通しだった。ウィキペディアに寄れば、明治以前の趣を残して居るのが、この朝比奈、名越、大仏の3切り通しで、多少趣を残して居るのが化粧坂、亀ケ谷の2切り通しとのことだった。
 巨福呂坂(こぶくろさか)と極楽寺坂(ごくらくじざか)はどうやらその趣が無い道を歩いた筈なのだが、覚えが無いのが辛い?処。

b0220251_21393711.jpg
 兎も角、趣ある切り通しをちょっと進むと、10:40薬師如来の磨崖仏の処までやって来た。どうやらこの辺りが峠?だったかも知れない。

b0220251_21395192.jpg
 ここから下り坂になって、この日この切り通しを来た事を後悔したくなる程滑りやすくて、下るのに苦労した。転んでも他の人を巻き込まない様にしてねーの掛け声に従って、前の人とのスペースを取って慎重に降りたがやっぱり、あーと大きな声が聞こえて来たりとハラハラドキドキ・・

b0220251_2140744.jpg
 10:55、漸くその危険地帯を下り切ったが、今振り返るとハラハラドキドキした分だけ、通り甲斐があったとも思える。平成18年極楽寺坂、平成20年巨福呂坂を歩いて中断し、平成24年から亀ケ谷、名越、大仏坂、化粧坂と歩いて、11年かかって漸く今年、この朝比奈で全7つの切り通しを踏破完になった。

b0220251_21402127.jpg
 十二所神社はウオーカが沢山居たのでスルーして、kijirushiさんに寄れば写真の撮り甲斐があるよとのことだった浄妙寺も、門前まで行くのが面倒になってスルーして、11:35鎌倉宮着だった。鳥居の近くに蕾が大きくなった桜があって、一輪だけ紅色の花(河津桜とのことだったが早すぎ?)が咲いて居る様子を暫し眺めて、鎌倉は温かいなーと一休みだった。

b0220251_21403626.jpg
 鶴岡八幡宮からは、人混みをかき分け?気味に小町通りを抜けて、鎌倉駅からは自転車を引き取って連れて歩き、ゴールは12:30だった。
 歩行距離は11~13kmと、遠くからわざわざ歩きに来る大会では無い、ウオーキングカレンダーを貰うのが目的と言う時期もあった。しかし最近は、ゴールしてからイヤーランドを歩いたこともあったし、鎌倉アルプスを歩いたことも、浅草まで行ってデンキブランを飲みに行ったこともある等々、鎌倉は+αが面白いと考える様になって、さて今年は・・
(ひとまず今年のウオーキング遠征はこの大会で〆となった、駅ハイを除いて(結構シュートカットしているので)、今年の累計歩行距離は536km、大会参加は16回だった。さて来年は?あるがままに・・成り行きで・・)
[PR]
by funnpepe | 2016-12-27 22:00 | ウオーキング | Comments(0)

第24回汽笛一声ウオーク 約33km

b0220251_2114411.jpg
今年も新橋にやって来た、最初に参加した時は確かこの広場だったなあ・・と、この時期らしく電飾されたSLを見つけ、気温15℃の電光表示も一緒に写真に収め、会場へと向かった。

b0220251_1682974.jpg
 この日は温かいよと天気予報が言って居た、低気圧が発達し北海道は大荒れの天気、糸魚川の大火等々、異常気象に引っ掻き回されて居ると言う複雑な思いはあるが、先々週の名護に居るのかと錯覚する程温かかった。

b0220251_1693573.jpg
8:30頃のスタートだった、何時もの様にスタート直後にコースアウトして、箱根駅伝コースに進んで、東京タワー、芝公園、東京プリンスホテルを右に見て通り過ぎ、8:50増上寺もスルーしかかった処で、harumamaさんから折角来たのだからと境内に寄って行こうと声がかかって、逆光だったが記念写真を撮って増上寺を跡にしてだったが・・
 増上寺は浄土宗の七大本山の一つで、徳川家の菩提寺との解説板があったのだが、徳川家の菩提寺は彰義隊縁の上野の寛永寺じゃあ無かったっけ・・とネットに聞くと、先ず最初は増上寺そして寛永寺が菩提寺になったこと・・

b0220251_1610919.jpg
 大奥に仕える江島が主人の名代として、寛永寺、増上寺にお参りし帰りに芝居見物をして茶屋に寄って、大奥の門限に遅れたのが切っ掛けで大騒動になり、風紀粛清の大事件になって、結局紀州徳川家からの吉宗推進派が勢いを増したこと等々、2014.4の飯田やまびこマーチの前日に高遠の桜を見に行った時に、江島が幽閉されて居た屋敷に結び着いた。
 この三解脱門(さんげだつもん)は江戸時代初期の面影を残す建造物で重要文化財に指定されて居ると解説文があって、その江島も潜った門と思うと、一際感慨深いものがある(来年は本堂の奥の徳川家墓まで行ってみたいもの)。

b0220251_16591923.jpg
 国道15号に合流し、品川駅へと向かったが、泉岳寺が現れたのでここでも寄ることになった。12月14日に赤穂義士祭が行われたばかりだからなのか、墓前に花が供えてあって・・

b0220251_16104031.jpg
 静かな雰囲気の中お参りっできたのが良かったが、15日に行ったと言うkaneyannに寄れば、人込みで身動きできずという状態だったとのことだった、この汽笛一声の時にお参りするのが最適?

b0220251_16593883.jpg
 品川駅を過ぎて間もなく、旧東海道に入って、鈴が森刑場跡を通過して・・

b0220251_16595680.jpg
 環7通りとの合流点から正規コースを来たウオーカーの姿が見える様になって、国道15号沿いに歩き、六郷橋に差し掛かり、川崎駅近くの稲毛公園着は12:20だった。
 チェックのスタンプを貰って即直進しても良かったが、昔は此処でペットボトル貰ったっけ・・と稲毛公園まで降りて行ってちょと一休みだった。どうやら此処でkaneyannとinayannに抜かれた様だった。

b0220251_1701368.jpg
 残り13kmだからゴールした様なもの・・と何時も思って仕舞うが未だ未だ先は長かった、そして、この箱根駅伝鶴見中継所を過ぎた辺りで、walhaholicさんが自転車でやって来た。何とか翌日の鎌倉歴史探訪ウオークした後にサイクリングできないか・・に応えるべくwalkaholicさんが案出したのが、東京から横浜へ自転車で・・だったが、サンタクロースのコスプレで走って行くローディも居たりと、来年は自分も・・と思ったりもする・・

b0220251_16111738.jpg
 生麦のキリンビール工場付近はこの数年ずっと高速道路の工事中だったが、もうすぐ開通という雰囲気になって、来年はきっと景色が一変して居るんだろうな・・と明るい気分になって、中央市場入り口の信号を過ぎると漸く、今年も赤レンガのゴールに辿り着けると元気になって、みなとみらい地区に入って、長い信号待ちを今年も何か所か経験して・・

b0220251_170505.jpg
 去年までは工事中だった赤レンガの新しいお店も眺めながら、14:55のゴールだった。

b0220251_1711119.jpg
 去年はゴールしても誰も居らず・・で素直に自宅に直行だったが、今年は忘年会やろうね・・と、桜木町近くの知る人ぞ知るの普通のお店で、ほろ酔い気分になってから電車に乗ってとアフターも楽しかった。そして翌日の早朝は輪行して鎌倉へだったから、楽しみは未だ未だ続く・・だった。
[PR]
by funnpepe | 2016-12-26 22:00 | ウオーキング | Comments(0)

井頭公園でバードウオッチング&ウオーキング

b0220251_7234753.jpg
 前日は羽田沼で白鳥、ホシハジロを見ることが出来た、先月井頭公園の鳥見亭でホシハジロが居るよと教えて貰ったお陰と、この日もカメラを持って、井頭公園にやって来た。
 鳥見亭のホワイトボードには、ヨシガモ、カイツブリ、オオバンが来ているよとの表示を先ずチェックして、池を見つめて歩いたが見つからないので、カワウを撮って・・

b0220251_1923367.jpg
 カワセミ出没ポイントへと向かった。沼には氷が張って居てセグロセキレイが居たが・・

b0220251_7242617.jpg
 カワセミはと探すと、この日もカワセミはやって来てくれて居た、しかし水面が氷って居るせいか、カワセミは中々動かない、前回は時々水面に降りて又木の枝に止まるパターンだったが、この日は水面近くを滑空してちょっと遠く離れた木の枝へと飛んで行く・・のだが、それまで中々動かない。

b0220251_7245476.jpg
 この日は、この公園をスタート・ゴールに「はが路ふれあいマラソン大会」が行われて居て、花火が上がった音にカワフが驚いて一斉に飛び立ったが、カワセミは動かない・・

b0220251_7251964.jpg
 とうとう待ちきれなくなくなって、つり池にある蕎麦屋さんまで行って何時もの天婦羅蕎麦を食して戻って来たが、ポット持参でカップラーメンを食べて居た人も居たそうで、流石このカワセミ観察スポットにはバードウオッチャーの姿が絶えない・・

b0220251_1925582.jpg
 じゃあジョウビタキ、アオジ等々の観察スポットはと行ってみると、やっぱり何人か居たが、この日は我が目には捉えられず・・だった。ジョウビタキもアオジも小枝にじっと止まって居る訳では無いので難しい。

b0220251_726569.jpg
 結局この日もカワセミをじっくり見ることが出来て良かった!、バードウオッチャーが居る処は周ったしと、ここからはウオーキングに専念すべく外周コースへと向かったが、何と「はが路ふれあいマラソン」の会場では、続々とランナーがゴールして来てと大賑わいだった。

b0220251_726359.jpg
 プライベート着替えテントなのかくつろぎテントなのか、荷物置き場なのか判らないが小さなテントが点在して、B級グルメのお店も出ている様で、行ってみようか・・とも思ったが、ウオッチングは鳥で充分と妻の意向に従って、車へと向かった。この日のウオーキング距離は約6kmだったが、歩行時間は約3時間にもなって居たから、充分に歩いたなーという気分になって帰宅。
[PR]
by funnpepe | 2016-12-20 05:47 | 花・野鳥 | Comments(0)

羽田沼の白鳥&Xmas国際音楽祭オープニングコンサート

b0220251_4591328.jpg
  那須野が原ハーモニーホールホールのコンサートを聴きに行く前に、羽田沼の白鳥を見にやって来た。しかし居るのはカモとカメラマンだけ・・と最初はがっかりだった、しかしその内数羽の白鳥が編隊を組んで、沼へと滑空して着水してと、思わぬシーンも見ることができた。

b0220251_17502538.jpg
 そして先月井頭公園で、この鳥珍しいんだよと教えて貰ったホシハジロも居たりと来て良かっただった。その後、別の白鳥の編隊もやって来たが上空を旋回して行って仕舞ったが、大き目の1羽が単独でやって来てと、白鳥の滑空シーンをもう少し見たかったが、この日はコンサートを聴きにきたのだからと、羽田沼を跡にした。

b0220251_5264887.jpg
 この日のXmas国際音楽祭オープニングコンサートは、13:00の開演で、第1部記念式典、第2部パイプオルガン演奏、第3部ジュニアオーケストラ・ワークショップ第3回定期演奏会の3部構成だったが、第1部記念式典は市長挨拶、市議会議長祝辞等々で、この第1部は省略しても良かった、羽田沼にもう少し長く居れば良かった・・と後悔。

b0220251_17514172.jpg
 そして13:40からパイプオルガン演奏が始まった。奏者はジャン=フィリップ・メルカールトという人で、日本で活躍しているオルガニストとプロフィールに書いてあったから、今回のコンサートに国際の冠が着いたのは、若しかしてこの人が居るから?と勘ぐると、主催者のプラス思考に頭が下がる・・

b0220251_175268.jpg
 曲目はヨハン・セバスティアン・バッハの「前奏曲とフーガ ト長調」、「目覚めよと呼ぶ声あり」、ルイ=クロード・ダカンの「ノエル第11番」、モーツアルトの「アンダンテ ヘ長調」、ルイ・ヴィエルスの「ウエストミンスターの鐘」だったが、約1年振りに聞いたせいかパイプオルガンとは千変万化の音がする・・と新鮮にも思ったが、総じて華やか、おだやか、癒し・・の言葉を頭に浮かべながら楽しませて貰った。

b0220251_17523421.jpg
 14:30からの第3部の「ジュニアオーケストラ・ワークショップ第3回定期演奏会」の最初の演奏は、那須のが原少年少女合奏団とパイプオルガンも加わって、アンダーソンの「クリスマス・フェスティバル」だった。有名なクリスマスの曲8曲がメドレーになって居て・・と曲目解説にあったが、諸人こぞりて、清しこの夜、ジングルベルの曲はキャッチ・・

b0220251_1753226.jpg
 そして那須塩原市出身のソプラノ歌手が入って、ヘンデルの歌劇リナルドより「わたしを泣かせてください」、プッチーニ歌劇ジャンニ・スキッチより、「私の父さん」の演奏も中々良かった。この日は音が混ざって、眺めが良くて、温かいからと3階席を選んだが、ドレス姿が小さくしか見えなかったのがちょっと残念。

b0220251_17532296.jpg
 最後の演奏はチャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形より抜粋」だった、「ドイツのとある小さな町で・・」のナレーションで始まって、①クリスマスツリー、②行進曲、③招待客の帰宅、そして夜、⓸くるみ割り人形とネズミの王様の戦い、⓹冬の松林で、⓺雪のワルツ、⑦トレパーク、⑧あし笛の踊り、⑨花のワルツ、⑩終幕のワルツとアポテオーズ、と演奏された。

 曲目毎にイメージが湧いて来るが何より有り難い、こんなやり方何処かで聞いたっけと思ったら、去年師走の宇大のコンサートでもそうだった、確かにXmasの時期に相応しいんだなーと納得、そして今年も?師走がやって来ると覚悟した。
b0220251_1755411.jpg

[PR]
by funnpepe | 2016-12-19 16:46 | 音楽・アート | Comments(0)

2016 許田から那覇へ自転車旅

b0220251_6194149.jpg
 7:00に出発し、県道72から国道329に合流し、7:40、道の駅ぎのざで一休みだった。一昨年、walkaholicさんと向こうに見えるのが伊計島、宮城島、平安座島と眺めこと、そして伊計島に辿り着いたのは夕暮れ時だったこと等々一昨年の記憶と織り交ぜて眺めると、この景色も中々のもの。

b0220251_791113.jpg
 そして8:40、うるま市・石川の石川公園でも一休み、ここは一昨々年に寄った処・・と、ここら辺までは邂逅の自転車旅だったのかも知れない?

b0220251_793328.jpg
 うるま市からは県道75を走って、9:30、具志川の吉野家の前を通りかかった。この時間で空いているお店はそうは無いと入って見たが、沖縄限定タコライスを注文・・

b0220251_7561558.jpg
 そして沖縄市に入り、国道329との交差点から国道330を進んで、県道241との交差点を左折、県道82との交差点を左折するとモノレールと一緒に走る恰好になって・・

b0220251_7105368.jpg
 11:30、モノレールの終着点の首里駅に辿り着いた、モノレールは今後県道29で琉球大方向へと延びるぞ・・とばかりに橋脚が数本建っていた。
 ここで自転車を畳んで那覇空港へはモノレールに乗って、空港ラウンジで着替えをして、空港カウンターに輪行袋を預ける時間が来るまで、ビールを飲んでゆったり過ごし・・4年前のシーンを思い浮かべたが、やっぱり此処まで来たなら首里城公園等々那覇の街をポタリングするのがベスト!と思い切り、県道29を南下した。

b0220251_1737256.jpg
 11:40、去年walkaholicさんに連れて来て貰った琉球茶房あしびうなの路地に差し掛かり、この路地(県道49だった)を進んでいくと、右に円覚寺跡、左に弁財天堂があって、そのまま進み勧会門の近くに自転車を繋いで、入ろうとするとどうやら出口専用の様なので入らずに・・と、首里城公園を散策(見学)。

b0220251_7112421.jpg
 城壁沿いに、西に向かって坂を上って行くと、「城壁ルート」、「城壁外ルート」の案内板があったから散策ルートは結構ある様だった(半日位は楽しめそう)。そして12:00、こんな中々の景色を見ることができる展望処に辿り着いた。

b0220251_7122280.jpg
 そして城壁ルートで自転車の処まで戻り、公園内の県道49を自転車を連れて歩いたが・・、警備員の指導に従って駐輪場に自転車を繋いでから、再度本丸?の首里城に向かった。

b0220251_1932107.jpg
 12:30、とうとう首里城までやって来た、しかし前に入ったことあるからと中には入らずに・・

b0220251_7132378.jpg
 自転車を連れて石畳の坂道を下った、先ずは首里金城町の大アカギ目指したが、辿り着くと雨が降って来て大アカギの下で雨宿りして・・

b0220251_7135439.jpg
 13:05金城村屋まで石畳の坂を下りて来たが、ビンディングシューズだったので濡れた石畳は滑りやすかったし、連れて歩いた自転車もブレーキをかけながらで相当に苦労した。その昔、波上宮がある辺りの港からこの首里城へと坂道が造られ・・と眺めると、確かに首里城は天然の要害と実感?

b0220251_7141556.jpg
 13:10、漸く石畳の坂道が終わって・・

b0220251_7155044.jpg
 13:25、やがて国際通りに入って、渋滞する車の脇のスペースを走ったが、ちょっとした段差でも雨に濡れて車輪が滑ってと、弱雨だったが苦労した。

b0220251_7164482.jpg
 そして13:50、国場川までやって来るとクルージング船が見えたので、何時か那覇に泊まった時にでも乗ってみようか?とポタリング・・

b0220251_201386.jpg
 未だ那覇空港に行くのは早すぎると、瀬長島に向かった。NHKBSのこころ旅で日野正平が行った所で、空の中から1点ピカッと光が見えて、そして頭上を巨大な飛行機が飛んで行く・・、そんな風にひっきりなしに飛行機がやって来るので、確かに見に来ている人も多かった。

b0220251_7164274.jpg
 しかし折角だから島をひと回り・・と周ってみると、ついでに海を見ながら食事でもして行ってね!とばかりに色んなお店があって寄ってみようかと惹かれたが・・

b0220251_716584.jpg
 やっぱり〆は空港食堂で瓶詰めの生ビール付きでと、何時ものパターンになって今回はフーチャンプルを食す、今年は独りの〆だったので寂しかったが、今回の自転車旅もそれなりに満足・・
 この日の自転車記録は、走行距離81.3km、平均速度17.1km/h、最高速度44.3km/h、走行時間4:44だった。
b0220251_7465784.jpg

[PR]
by funnpepe | 2016-12-18 07:51 | サイクリング | Comments(0)

2016 名護から屋我島、古宇利島、本部半島を周って再び名護へ

 13:10、名護市21世紀の森・屋内運動場を出発し、国道58号で奥武島(オウジマ)へと向かい、県道110号で屋我地島(ヤガジジマ)へ、県道247号で古宇利島へと走った。

b0220251_963511.jpg
 古宇利ふれあい広場に着いたのは14:25だった、距離は約19kmあったからほぼ想定通り・・ではあるが、今反省するともう1時間早く出発して居ればゆったりと余裕を持って走れたかも知れない。兎も角、島を右回りで一周することにして・・

b0220251_19394630.jpg
 先ずは、伊江島が見える処でペダルを止めて写真を撮って・・

b0220251_194256100.jpg
 島の北側まで来ると、ハートロックという観光スポットがある様だった、入口で自転車でも駐車代取るの?と尋ねると、すいません私有地なんで100円いただきますとのことだった。100円払って浜へと向かったが、伊是名島と伊平屋島が薄っすらと見えるのだった。前日のウオーキングで古宇利大橋を歩いて居る時見た白いフェリーはあの島からやって来たんだなーと、思い入れタップリで暫し眺めた。

b0220251_973514.jpg
 浜へと降りて行くと、それなりに沢山の人が居たが意外にインバウンド客が多かった、なんでこんな処を知って居るんだろう?と正直思ったが・・

b0220251_98015.jpg
 ネットに寄れば、ジャニーズの嵐がJALのCM撮影をしたのがきっかけで、有名になった処らしかった。干潮時には近くまで行ける様でもっと迫力を感じるのかも知れない・・、兎に角砂浜はとても綺麗だった。

b0220251_20271571.jpg
 周回道路の交通量はそれ程多くはなくて、のんびり走れて有り難かった。ハートロックやその近くのトケイ浜を目当てに来る車がせいぜい・・なのかも知れない

b0220251_13415846.jpg
 そして15:20、古宇利大橋を見下ろす、古宇利オーシャンタワーまでやって来た。白い展望台があって、鐘の音もしたので上ってみようかと寄ったのだったが、有料と判って断念。

b0220251_13423079.jpg
 結局古宇利大橋のたもとの古宇利ビーチに戻って、大宜味、国頭、辺戸岬側の情景をカメラに収め、15:30、本部半島を周回すべく、県道247,248と走った。今帰仁、本部、名護と走って行くので、もうのんびり走るとはいかないぞ!と日没前に宿に辿り着くべく気合を入れて走った。

b0220251_5244635.jpg
 15:45ワルミ大橋では、羽地内海の景色に引き留められて写真を撮って、国道505号に入ってからは今帰仁を走り抜け、具志堅ビーチ近くまでやって来た。ここでこのまま本部へと向かおうか、それとも県道114へと右折して美ら海水族館の前を走って行こうかと迷ったが、本部半島一周に拘って県道114を選んで仕舞った(今思うと拘ることなく、本部へとショートカットするのが正解だった)。

b0220251_5373194.jpg
 16:35、瀬底島へと架かる瀬底大橋がやっと見えて来たが、最早瀬底島を周って来る・・等は最早出来なくなって、名護へと必死に走らなければなくなって居たが、

b0220251_544448.jpg
 あの建物の先には名護の街がある筈?と言う処までやって来て・・

b0220251_13432936.jpg
 17:15、東シナ海のサンセット情景も見たくなって岸辺まで行って暫し休憩。

 結局、道の駅許田着は17:30になって、金曜日に買ったヒジキの天婦羅、豆腐の天婦羅をこの日も調達すべく目論んで寄ったのだったが既に売り切れで店仕舞い、仕方がないのでジーマーミ豆腐、ソーキそばカップに変更し、宿着は18:00になって仕舞った。
 今回、照度不足になりがちの電池式のライトを代えて、軽くてUSB充電式の強力ライトにしたのだが、図らずもその威力を確かめられたのは救いだった?、そしてジーマーミ豆腐もソーキソバカップも又食べたいと思う程だったから先ず先ずだった。この日の自転車記録は、走行距離74.3km、平均速度19.8km/h、最高速度47.2?km/h、走行時間3:45だった。夜中に脚と腿が攣った夢を見た位だから、相当に頑張って走ったのかも知れない。
[PR]
by funnpepe | 2016-12-17 21:15 | サイクリング | Comments(0)

名護湾・大浦湾ちゅらながみコース 20km

b0220251_6202523.jpg
 2日目は20kmコースを40kmコースの人達と一緒に7:00にスタートした。那覇から早い時間の飛行機で帰らねばならないから・・、ゴール後ちょっとゆったり気分になってから那覇へと向かいたい・・と、結構同志の人達も居て先行する人に追いて行ったらオリオンビールの脇を通る県道18号線に入る交差点を通り過ぎて仕舞った。結構歩いて仕舞ったなあ・・と戻って、今年も朝焼けの名護湾を見下ろしながら県道18号の坂を登った。

b0220251_6205098.jpg
 東シナ海側の名護湾から太平洋側の大浦湾へと山を越えるべく、坂を延々と登って行く内に、次第に歩く実力が現れて、初めは一緒に歩いて居たkudo-さん、touさんの姿が遠くなって行って・・、峠を越えて長い下り坂になっても追いつけず・・

b0220251_6211083.jpg
 あの遊歩道歩いたっけと昔の記憶が蘇る景色が見えて来た。どうやら今はわんさか大浦パークを起点にマングローブの中を周回して来る350円/人の有料遊歩道になって居る様だった。
 昔はあの遊歩道を歩き、羽地ダム湖に向かい、オリオンビールへと行って、オリオンビールの見学者用のホールで生ビールを好きなだけ戴けた?羽地ダム湖には立派な橋が架かって居た筈?何時かそのルートを歩き?か自転車で行ってみたい・・と思って居たが、今やそのルートは無理なのかも知れない・・、11.7km地点のわんさか大浦パーク着は9:20だった。

b0220251_6213024.jpg
 そして大浦湾の景色を眺めながら、二見楚久トンネル、二見杉田トンネルへと坂を上って・・

b0220251_621545.jpg
 国道329号に合流した辺りで、1時間遅れで正規スタートした先頭の人と、その後ろに追いて名桜大学陸上部?の若者に抜かれ、10:00、14.7km地点の二見の里に辿り着き、給水してほっと一息・・

b0220251_7322436.jpg
 やがて下り坂になって、去年この橋を歩いた頃は前後に人が居て、背後から歩道に死んで居たハブを見てキャーと言う声が聞こえたり、30kmコースのitaさんがやって来たりしたが、今年はtouさんと2人だけだった。

b0220251_6221525.jpg
 10:50、名護湾近くまで坂を下りて来た処で、30kmコースの先頭のitaさんがやって来た。今年は去年よりも我々の歩行スピードは早い?とこの時は思ったが、itaさんが何の繋がりもなく、「例え苦しくとも笑顔で・・」とモットーめいた事を言って居たから、今思うとitaさんは疲れて果て遅れ気味?だったのかも知れない。

b0220251_6224417.jpg
 街に入ってもこの日は、きちんとコース通りに歩き、ひんぷんガジュマルに寄って今年もサガリバナを暫し眺めた・・
 「夏の夜にだけ咲き、花びらは色鮮やかで、まるで夜空に咲く花火のよう・・甘い香りを漂わせるのも特徴的・・」とネットに教えて貰ったが、冬の昼だったがネットが言う如く咲いて居た気がする・・

b0220251_623150.jpg
 11:20、21.7km地点の名護市営市場にも寄った、ここでは「名護でしか!食べられないチョコもち」をどうぞ好きなだけ食べてって・・の言葉に甘えてと戴いたが、ゴールしたらお土産に買って行こうと思う程美味かった(ゴールで見つけたが、リックに押し込める程小さなサイズの箱がなくて買えず・・だったのが残念)。

b0220251_6232363.jpg
 そして11:30のゴールだったが、この日も会場前の小テントでちょっぴりゆったり気分になれたのが嬉しい・・、この日は許田近くの民宿に泊まることにしたので、この後自転車で、屋我地島、古宇利島、今帰仁、本部・・と周っても軽いものと余裕綽々だった。
[PR]
by funnpepe | 2016-12-16 17:46 | ウオーキング | Comments(0)

古宇利・ワルミ・屋我地三大ブリッジコース 40km

b0220251_17233590.jpg
 前夜touさんと、歩く距離は何時もの様に成り行きで・・と、取りあえず40kmコースを行くことにした。スタートは6:30のスタートだったから、辺りは未だ真っ暗の中を歩くがこれも何時ものこと。
 しかし県道84号に入る頃にはすっかり明るくなって、森のガラス館、名護パイナップルパーク、okinawaフルーツランドを右に見て歩く、何時か中に入ってみたいものと思ったり、沿道にはやっぱり沖縄だなーと感じる位色んな花が咲いて居るから、そんな必要も無いか・・と思ったり、この区間は極く普通のウオーキングと言った処・・

b0220251_172441.jpg
 13.2km地点の涌川集落センターを8:55通過し、羽地内海の湾岸に出るとワルミ大橋が頭上高く見えて居て、あんなに高い所まで登って行くのーとやや戦意喪失気味にもなったが、先ずは目の前の坂をせっせと登り・・

b0220251_17244982.jpg
 17.0km地点の橋の駅リカリカワルミは9:35の通過だった、眺望が開けて遠く古宇利大橋を望んでと、この辺りから感動の景色に包まれてのウオーキングが始まった。

b0220251_17251766.jpg
 ワルミ大橋の袂で待ってくれて居たtouさんはテレビのインタビューを受けて居て・・

b0220251_20302023.jpg
 インタビューが終わるまで前後左右から記念?の写真を撮った。そして何時放送されるのか?とカメラの人に尋ねると、昼と夕方ですよと返事が返って来て、touさんの話して居る様子からしてカットされないだろうから絶対見るぞ・・と思ったが、結局見逃して仕舞ったのは返す返すも残念だった(翌日、知ってる人からも知らない人からも、テレビみましたよ!と声をかけられたと、touさんが言っていた)。

b0220251_1725426.jpg
 そしていよいよ古宇利大橋へと向かう一直線の道に差し掛かった処で、後ろからitaさんがやって来たのだった。一緒にスタートしたのだからずっと先に行ってる筈?だったが、此処までこの日は2回も道を誤って仕舞った!と言って駆け抜けて行った・・

b0220251_544302.jpg
 古宇利島を渡る手前の美らテラス(ちゅらてらす)が20km地点とのことだった、10:05辿り着き、ミカン、黒糖等々を戴き、給水してから、いよいよ古宇利大橋を渡りだした。古宇利大橋の長さは1960mの長さだから、折り返して来る人とすれ違う、橋を渡り切ってもチェックポイントは無かったよ、引き返そうよ・・と声をかけられるのだが、此処まで来たのだからと、誰もがそのまま歩いて行くのだった。

b0220251_17262751.jpg
 伊是名島(いぜなじま)か、それとも伊平野島(いへやじま)からやって来たのか、丁度真っ白なフェリーが向かって来るのを眺めて歩き(何時か自分も乗って行ってみたいと思って仕舞う)・・

b0220251_17264693.jpg
 この辺りはサンゴ礁なのかも?と海を眺めて・・と歩いて、とうとう10:30、古宇利ふれあい広場に辿り着いた。そして何処にもチェックポイントは無かったので戻ることに・・

b0220251_17585294.jpg
 行きと帰りと同じ景色を眺めて歩くのだが、対岸の彼方には、昨年walkaholicさん、harumamaさんと自転車で行った今帰仁城の辺りをじっくりと眺めながら歩いた。

b0220251_20484490.jpg
 そしてこれからやって来る人とすれ違うのだが、その中にichiさんも・・、今振り返って思うとやっぱりこの古宇利大橋の往復がハイライトだったなあ・・、天気にも恵まれたなあ・・とつくずく思う。 後はゴールを目指して只々ひたすら歩くと覚悟したが・・

b0220251_207477.jpg
 屋我地大橋を渡る手前には、羽地内海を望むこんな海岸があって・・

b0220251_17293237.jpg
 屋我地大橋の上からは羽地内海を見下ろして・・

b0220251_17295138.jpg
 そしてマングローブ群もあって・・と、羽地内海の景色も中々だった。

 12:10、31.1km地点の羽地の駅で給水し、名護の街へと向かったが、名護の街に入ってちょっと近道?とコースをそれたが返って遠回りになって、後ろに居た筈のkaneyann、inayannが先にゴールして居たりとちょっとだけ苦労して、14:00のゴールだった。

b0220251_223188.jpg
 ゴール後自転車で、瀬底島を周って来ようか・・と心づもりして居たがこの日は潔く諦めて、会場前のテントで小酒宴(これも楽しかった)。
 そして宿て汗を流し、会場に戻ってウオーカふれあいパーティは、立食パーティスタイルの筈が今年はなし崩し的にほぼ椅子スタイル・・となったのはとても良かった、〆の沖縄踊りまでほぼ全員残って居て、大いに盛り上がった(この日touさんのテレビ放送を見逃して仕舞ったのはやむ無し・・だったかも?)。
b0220251_21561371.jpg
 
[PR]
by funnpepe | 2016-12-16 06:13 | ウオーキング | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05
楽しい船旅のようでしたね..
by TUS0001 at 21:28
喜んでいただいて嬉しいで..
by みやぎのちゃりお at 22:06
この写真気に入ってます!..
by funnpepe at 04:34
去って行く姿に見とれてま..
by みやぎのちゃりお at 21:10
すごいですね~  北海道..
by harumama at 21:47
11日,仙台港でお話しし..
by みやぎのちゃりお at 21:34
走行距離99.4㌔をAv..
by Walkahoic at 20:21
情報ありがとうございます..
by funnpepe at 06:17
日光ー老神温泉、途中小田..
by Walkahoic at 23:41

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

みちのく潮風トレイル・八戸コ..
at 2017-07-26 22:00
奥日光・湯ノ湖を一周り
at 2017-07-20 16:36
チェロコンサート・第18回定..
at 2017-07-19 14:14
日光だいや川公園のヤマユリ
at 2017-07-18 22:00
奥塩原・大沼公園
at 2017-07-11 19:05

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧