<   2015年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

温室

b0220251_1865433.jpg
 30日の朝刊に、「紅白の玉のようになって咲いたカリアンドラ」の記事が出ていたので、ロマンチック村の温室にやってきた。師走の大掃除はやりだすと、あっちもこっちもとなって大忙し・・になって仕舞うのが常、今年中にやるべきことのハードルを下げるべきと妻と意見が一致した。今年は神棚のある部屋だけを大晦日の朝、掃除しようと言うことになって、この日は朝畑に残って居たダイコンを抜いて家に運んで・・、ほぼ用事は無くなって居た。テレビも年末特番一色で付き合うのも億劫だし、何処かに出かけたいとの思いもあったかも知れない。

b0220251_1872091.jpg
 新聞に寄れば、「カリアンドラは、マメ科ベニゴウカン属の熱帯性常緑低木・・、今年は暖冬のせいか例年より約1ケ月早い11月中旬に咲きはじめ年末に見頃を迎えた・・」と書かれて居た。へー温室でも暖冬の影響ってあるんだなー、きっと維持費を抑えるべく、熱帯性植物が枯れない範囲で温度をコントロールしているんだろうなーと、温室内を一周りした。

b0220251_1875811.jpg
 カジュマルもあったし、ブーゲンビリアも咲いていた。昔浦添からのお土産に買って来たハイビスカスは、昨冬我が家の寒さに耐えられずとうとう枯れて仕舞ったが、この温室なら・・と思って探したがハイビスカスは見渡らない。今年は名護でも那覇でも、白、赤、オレンジ、ピンク、黄色と色んなハイビスカスが民家の庭先に咲いていた、まるで芙蓉の花の様に大きかった・・流石沖縄のハイビスカスだった等々、つい半月前のことだが懐かしい情景も思い出す。

b0220251_1881698.jpg
 そして熟れそうになって居るパパイヤもあったのだった、walkaholicさんにごちそうになったパパイアヤは2倍位大きかった、マンゴーの様な香りとちょっとすっぱみのあるあの甘さは絶妙!とあの美味さは忘れられない・・、そう言えば青いパパイアヤを150円で買ってリックに押し込んで持って来たっけ・・と思い出した。

b0220251_1884671.jpg
 ロマンチック村にあるこの温室に入ったのは久しぶりだった。1月のラン展があった時も温室に入らず仕舞いだったが、こんなに温かいなら厳冬の日、風邪引きそうになった時、等々入ってみるのも良いかも知れぬ(名護に行けない年は特に?)・・と思い返した。
 このひも状に垂れ下がった紅色の花は、ベニヒモノキ、トウダイグサ科エノキグサ属と名札が付いて居るものもあって成程・・と思ったり、温室散策はこの時期最適?

 名護のお土産の青いパパイアヤどうしたっけ?と妻に聞くと、まだそのまま・・と冷たい返事が返ってきた。今日は久しぶりに全員家族がそろうし、神棚の掃除が終わったら今年の〆に、青い皮を剥いて千切りにして水につけて灰汁を抜いて、サラダにして食べるべし・・
 そして、紅白歌合戦の頃は眠くなるだろうから早く寝て、皆が寝る頃に起こして貰って、今年の〆に(ではなくて年の初め?)、朝まで生テレビを独りじっくり楽しんでと、大晦日の段取りを決めたが果たして・・

b0220251_189028.jpg

[PR]
by funnpepe | 2015-12-31 07:30 | 花・野鳥 | Comments(1)

師走の夜のコンサート

b0220251_1755986.jpg
  この日は宇大の第80回定期演奏会があった、いつもなら食事を済まし、そろそろ寝ようか・・という時間帯だった。果たして眠くならないか?と心配だったが、久しぶりに生の演奏を聴けるのだから余り贅沢は言えない・・と、師走の夜の交通渋滞の中出かけたのだった。

 一曲目のヴェルディ「歌劇 ナブッコ序曲」を聞いたのは初めてだった、短い曲だった。解説文によれば、ヴェルディが初めて大成功を得た出世作で、その旋律はイタリアでも第2の国歌と言われる程有名とのことだった。しかし、ああこの旋律か・・とまでは行かなかったが、ここまで書き進んでユーチューブで聴いて見ると成程?とも思える。そしてついでだからと、「行け我が思いよ黄金の翼に乗って」と楽しく成るような題名のついた歌曲もユーチューブにあったので聴いてみると、初めて・・では無い様な気もして来る。
 兎も角、この日の演奏会のお陰で、ベルディはアイーダ、椿姫だけではない・・事も判ったし、ユーチューブでその曲目を聴きながら、こうして書き進められることも判って得した気分にもなっている(マルチウンドウ機能とはこのことなのか?・・)。

b0220251_1762386.jpg
 二曲目は、チャイコフスキー「バレエ組曲 くるみ割り人形」だった。8部からなっていて、解説文に寄ると、①軽快な小序曲、②行進曲、③金平糖の精の踊り、④トレパック、⑤アラビアの踊り、⑥中国の踊り、⑦葦笛の踊り、⑧花のワルツと書かれて居た。 最初の軽快な小序曲以外は、この旋律だった・・と聴いて居る内に思い出した。
 花のワルツはハープも入って、ハープ協奏曲?と思える箇所もあって、フィナーレはずいぶん盛り上がって気分が演奏にシンクロしていて満足・・だった。

b0220251_1765495.jpg
 そして三曲目は、ブラームス「交響曲1番」だった。この曲は知ってる・・、何べんも聴いてる曲・・ではあるが、こんな旋律・・と頭に浮かぶ程では無かった。しかし、今回解説文の中に,第4楽章のホルンの伸びやかな主題・・・、ブラームスが愛した女性クララに、誕生日のお祝いに贈った・・」とあったので、意識して聴いたお陰で、あれから24時間経った今でも未だ思い出すことができる様になったのが収穫かも知れない。

 指揮者もこの曲は楽譜無しでやっていた、そろそろフナーレと思ってからこれでもかこれでもかと、楽しませてくれるブラームスだが、指揮者とオーケストラの動きをながめつつ聴いて、とうとう最後のフナーレが来て演奏会が終わった。アンコールはその雰囲気をその侭残したい・・だったのか、ブラームスのハンガリー舞曲だった、賑やかな演奏で行け行けどんどんの気分に浸って21:00過ぎに会場を跡にした。

b0220251_1771212.jpg
 そして翌朝その余韻を楽しむべく、レコードをデジタル化したマイライブラリーから、ブラームス「交響曲1番」をもう一度聴く筈だった。1年間かけてデジタル化したマイデジタルライブラリー・・だったが、肝心のXPパソコンが壊れて仕舞って聴くことが適わない、何時か直そうと思って居るが未だ果たせない。
 マイライブラリーのでブラームスの交響曲第一番は、フルトベングラー・ベルリンフィル、カール・ベーム・ベルリンフィル、ジョージ・セル・クリーブランド、マリア・ジュリーニ・フィルハーモニアが入って居た筈、聴き比べてみたかった?今朝ユーチューブでそれに近いことが出来ることも判ったからそれで良し?兎も角、生の演奏会に勝るものなし・・ と思って年を越すことにしたい。

b0220251_17222321.jpg

[PR]
by funnpepe | 2015-12-30 06:49 | 音楽・アート | Comments(1)

わんぱく公園

b0220251_4505812.jpg
 自分の中で師走を迎えたくない・・と言う拒否反応からなのか、年賀状の作成は何時もの事ながら億劫に感じて仕舞う。汽笛一声のウオーキングも終って、漸く観念して作成に取りかかり、何とか今年も年賀状をポストに入れて、師走?と感じられる様になった。
 さて今年の師走はどう過ごそうか・・、先ずはこの日は自転車をサイクルショップに持って行って、切れかかって居たリアシフト用ワイヤーの交換を頼んで、そしてわんぱく公園に行って歩くことにした。

 久しぶりに来たのでどんな散策コースなのかを思い出すべく、公園を一回り・・、この公園で見られるのは、カケス、ハクセキレイ、マガモ、コガモ・・等々と案内があったが、双眼鏡も持ってこなかったし、カメラも望遠レンズが付いてる訳でもない・・・、井頭公園の様にバードウオッチャーも居なかったから教えても貰えない。妻としりとりの調子で、カラス、スズメ、ハト、ツバメ、ウグイス、シラサギ、アオサギ、白鳥、カワウ、マガモ、トモエガモと 鳥の名をあげたが、其処まで・・だった。

b0220251_683615.jpg
 そして昼食は、公園の入口にある壬生SAの食堂に入った。北関東自動車道のSAらしく、大洗港直送シラス丼710円があって、前回来た時はそれを食べたっけ?と思い出したが、先日鎌倉で食べたばかりだしと、この日はカレーうどん560円を食す。カレーが入ると、熱容量が何故か大きくなる様で何時までも身体がホカホカする気もして来て、もう一周り・・

b0220251_4512727.jpg
 わんぱくと冠が着く公園らしく子供が多かったが、歩く人もそれなりに居て、この日の気温は9℃との事だったが、お陽様が出て居て温かだった。ビオラ、パンジー、葉牡丹位がこの時期華やかさを醸し出して居たが、すっかり葉を落とした雑木の美しさも中々・・?、でもやっぱり冬の景色だなあと寂しさは否めない。

b0220251_4521938.jpg
 しかし公園の出口では、ロウバイが満開になって居て、この日来て良かったーと思った。暫しその匂いを楽しむべく、あっちの方からこっちの方からと写真を撮った。暖冬でロウバイが早くも咲いた・・とは聞いて居たが、もうこんなに咲いて居るとは・・と、思いもかけず綺麗な花を見られて得した気分になって帰ることにした、この日の歩行距離は4.9km(汽笛一声のときyamabousiさんに教わったスマートフォンのGPSロガーアプリも使えそう)だった。

b0220251_6553140.jpg

[PR]
by funnpepe | 2015-12-28 06:17 | ウオーキング | Comments(0)

第23回汽笛一声ウオーク

b0220251_15295626.jpg
 前日はお陽さまが出て温たかだった、しかし椿の剪定をして居る内にクシャミが続けて出て、ちょっと顔が火照ってる?と妻に言われ、天気も悪そうだし、明日行くの止めたらーと言われる始末だった。
 しかし今回は、この日いけないから・・と巡りに廻って来た出場券を貰って居たから、淡白に諦める訳には行かないと、午後は布団に入ってひたすらこれ養生に努めた。

 そして翌朝、妻に今日は早く帰って来るんでしょうね・・と牽制?とも取れる言葉と共に駅まで送って貰ってやって来た。鎌倉歴史探訪ウオークに比べ、2本早い電車に乗らねばならないのが辛い処・・
 電車も2回小さなトラブルがあって遅れ、8:30最後尾でのスタートだった。なーんだこんな調子ならもう一本後の電車でくれば良かった?この日は一緒に歩こうと誰とも約束もして無かったし、コースアウトして日比谷通りを真っ直ぐ品川へと、のんびり行こうと思っていたのだから・・と、今年で5年連続来て居る筈なのにちょっと後悔だった。

b0220251_1530919.jpg
 そんなスタートだったが、yamaboushiさん、adachiさんと一緒に歩き始め、yamaboushiさんはこの太陽光時計の写真を撮って居る内に、adachchiさんとは最初の交差点で別れ一人旅になった。

b0220251_15303829.jpg
 この際未だチョイ寄りしていない処は?と先ずは、芝公園の中まで行って増上寺と東京タワーの写真をパチリ、

b0220251_15305148.jpg
 一回位は中に入ってどんな処か見てみたい六本木ヒルズ方向の写真をパチリ・・、三田を過ぎて泉岳寺は去年寄ったからとパスして、品川駅に差し掛かる頃、漸く2人連れの同志と会話した。

b0220251_15311454.jpg
 9:40旧東海道品川宿に入り

b0220251_15313146.jpg
 9:55品川橋を渡り

b0220251_1532226.jpg
 10:10品川寺の前にさしかかり、地蔵菩薩坐像が見えたのでお参りした。1708年、地蔵坊正元(しょうげん)の発願で神田鍋屋町の鋳造師に寄って鋳造、寄進され・・、この地蔵菩薩像は江戸へと繋がる6街道の入り口に夫々安置され・・」と立派な坐像だった。そして「大梵鐘は明治初期の荒廃し海外に渡って仕舞い、ジュネーブアリアナ美術館にあったのが昭和の初期に戻った」等々、時代の流れに翻弄された・・お寺であることも知った。

 10:25、涙橋を通過する、「鈴が森刑場へと裸馬に乗せられていく罪人に、知り合いがこの橋でそっと別れを告げた・・」と解説板があってなる程なる程・・、坂本竜馬像、浜川砲台跡への案内板もあったが行くのが億劫になって 素通りし・・

b0220251_15321616.jpg
 10:45平和島からの正規コースにやっと合流した、何とadatiさんの背中が遠く見えるのだった、自分の方がコース的にショートカットしてずーと先行して居る筈なのに・・

b0220251_15324434.jpg
 そして2人で、okadaさんも追い越して、せっせとひたすら歩いて漸く11:40六郷橋を渡った。adachiさんに寄れば、15:00頃から雨が降り出す・・との事だったが、この調子ならその時間迄にはゴール出来るかも・・と会話しながら、昼食すべく川崎稲毛公園に辿り着く。
 持って来たおにぎりを食べるべく縁石に座って、横をみると何と鎌倉で一緒に歩いたodawaraさんが居て・・と、この辺りから知って居る人が増えて来て居た。
 
b0220251_15331046.jpg
 稲毛公園からは、暫くkaneyannさんと歩いたが、何時の間にか置いて行かれ一人旅になった。そして14:00、みなとみらい地区に入った処で、雨の一粒をポチリ・・と感じ、とうとうやって来たかと覚悟して歩いた。

b0220251_15332592.jpg
 ゴールへの最後の橋を渡って、渚に沿って歩くと遠く微かに横浜ベイブリッジが見えて来た。この日は寒くてどんよりした曇り空の下、せっせと歩いて来たが、霧に咽ぶ・・と言った幻想的な情景にも思えて居たから、それなりに前向きな気分だったかも知れない、喉が痛くて飴を一箱分なめて仕舞ったが結局クシャミは出なかった。

b0220251_15341311.jpg
 14:25のゴールだった、雨が少しずつ多くなって、知った人も居ないからと、着替えも省略して桜木町を目指して歩く・・、 walkaholicさん、asiguroさん達が居れば、桜木町付近で一杯?、この処そんな年が続いたが・・

b0220251_15343042.jpg
 鎌倉同様、帰りはグリーン車の中でゆったりだった、休日なので混んでる?と覚悟して居たが、終に隣席に座る人は現れず、たっぷり飲んで食べて・・、そして妻の命令通りに18:00と早く帰れて良かっただった。寒くて雨が降りそうな日だったが、結局終ってみれば上々のウオーキングだったのかも知れない、この大会は、信号が沢山あって歩き難い、マンネリ・・等の欠点は極めて小さいと思えて来た。

 さて今年を纏めると、IVV歩行距離661km(累計13901km)、IVV参加回数28回(累計461回)、自転車遠征走行距離2405km(累計4161km)だった。来年も同じペースにしたいもの・・
[PR]
by funnpepe | 2015-12-25 06:15 | ウオーキング | Comments(0)

鎌倉歴史探訪ウオーク・化粧坂&鎌倉アルプスを歩く

 今年は化粧坂(けわいざか)切り通しを歩くべく、9:38北鎌倉着の電車でやって来た。この大会に参加したのは15年前で、2回歩いた切り通しもあってと、7切り通し踏破に拘って居る訳ではない・・、短い距離だし寒い早朝家を出て来る程のものでもない・・と思った時期もあった。しかしこの4年間連続出場で、鎌倉切り通し制覇までもう少し、未だ歩いて居ない切り通しは?とちょっと通るのが楽しみだった。

b0220251_15361756.jpg
 北鎌倉の円覚寺前が集合場所で、受け付けして、歩行地図を貰って どうぞご自由にスタートして行って下さいと、中々スマートなスタートだった、しかしその理由は単に、円覚寺前の空き地が狭かっただけのこと・・の様だった。先ずは亀ケ谷坂切り通しらしき処を通り?,10:15化粧坂切り通しの岩を登る・・
 スタート直後に化粧坂の切り通しを通って仕舞って、この後どうなるの?と思いながら鎌倉中央公園を目指した、途中日野俊基の墓があった様だが気付かずに素通りして仕舞った、この人は鎌倉幕府の統幕運動で捕まり斬首されて仕舞ったが、明治になって再評価された様だった、新田義貞、楠木正成は子供の頃は良く聞いたものだったが、この人は覚えて居ない・・

b0220251_153741.jpg
 10:45、鎌倉中央公園を通過、梅園や小さな公園があったり、紅葉が未だ残っていたりと、この辺りまでがこの日は、野趣溢れるウオーキングと言った処だったかも知れない。

b0220251_15372138.jpg
 街中に出て、サイクリストのグループが結構走っていったりと、鎌倉ならではの情景を見ながら結構狭い道を歩き、大仏切り通しへは入らずに、極楽寺坂へと向かった。
 この由比が浜の眺めは、成就寺への坂を登ったのだったが、この日一番の素晴らしさだった。先日NHKのブラタモリで現極楽寺坂切り通しは、過去何回か掘り下げられ、その痕跡はこの階段・・等と検証していたのを思い出した。

b0220251_15373964.jpg
 そして由比ガ浜に沿って歩くと、鎌倉海浜公園は直ぐ其処で、11:55着だった。会場滞在は20分だったから、結構居たとも思えるが、時間を示し合わせてゴールして来る訳でもないから、偶々その時間に会場に居た人達だけ今年の〆の挨拶が出来たのみ・・、昔会場で一杯・・とやったこともあったが、今年はしらす丼を食べに小町通りへ・・・

b0220251_11503898.jpg
 本当は釜揚げ生しらす丼を食べたかったが、この日はしらすが採れなかったとの事で普通のしらす丼だった。生卵とごちゃごちゃにこねて食べると粘りが出てそれなりに美味かった、生卵はすき焼き以外で食べるのは苦手だったが、このしらす丼も中々いけることを発見・・

 この後どうする?未だ時間はあるし・・、去年はイヤーラウンドコースを歩いたが、今年は鎌倉から桜木町を目指して約20kmを歩く、鎌倉アルプスの軽ハイキング・・位しか浮かばす、結局鶴岡八幡宮から鎌倉アルプスを歩いて北鎌倉へとハイキングすることにした。

b0220251_15381385.jpg
 先ずは鎌倉宮、荏原神社方面へと向かうと、若い人達、家族連れのトレイルラン風に歩き周る人達で賑わっていて、鎌倉アルプスへの取り掛かり口を見つけるのも面倒だから、追いて行って仕舞おうか・・と思ったが、辛うじて留まり、瑞泉寺の横を通って、漸く13:40天園ハイキングコースに辿り着いた。丁度4,5人のグループが下りて来て、ゴール!ヤッター!と歓声を上げて行く処だった。

b0220251_15383271.jpg
 先ずは標高159mの大平山へと稜線に沿って登る・・、すると1台のマウンテンバイクがやって来て、岩場を降りて行った。ヘルメットも被らずに大丈夫なのか?、ここはマウンテンバイク禁止になって居ないのか・・等余計な思いも浮かんだが、なる程マウンテンバイクはこんな急で岩だらけの山道を下りて楽しむんだなあ・・と、参考にはなった。マウンテンバイクは登り坂では自転車を担がねばならないのに、何故に軽いアルミ、カーボンフレームで無いのか、転んだ時にフレームが持たない、登り坂はそれ程長くは無いので軽さは追求しない・・等々、この間のリアエンド破損体験を切り口に思いが色々浮かぶ・・

b0220251_15385718.jpg
 稜線とは言ってもこんな大木があったりと、木々に囲まれた路だったから十和田湖のミニ版として、夏に歩くのも良いかも知れない・・とも思える、兎に角行き交う人は多かった。

b0220251_1324121.jpg
 そして14:10天園休憩所に辿り着いた、茶店は2つあって山の上にしては意外と安い・・と思ったが、一緒に歩いたodawaraさんが教えてくれた。あの車で運んで来るから・・と軽の車を見て納得だった。すぐ其処にある鎌倉カントリーへと登って来る道を通って来る様だった。

b0220251_15393835.jpg

b0220251_15401972.jpg
  鎌倉カントリーは3年前亀ケ谷切り通しコースを大雨の中を歩き、touさん、harumamaさんと逸れコースアウトして、walkaholicさんと2人で、その鎌倉カントリへと登って来る道を下ったのだが、その時の正規のコースは?覚円寺、鎌倉宮へと下ったのだろうか?と漸く3年前のコースアウト顛末の全容が掴めた?と思える処だった。

b0220251_15411255.jpg
 そして14:50、このコース一番の絶景、勝上獄展望台に辿り着く、「鎌倉十王岩の展望、かながわ景勝50選」と刻まれた石碑があった。眼下の由比ガ浜方向を眺めると、若宮大路がこちらに向かって真っ直ぐ伸びて来て・・とこの麓に鶴岡八幡宮があることも判った。

b0220251_15413133.jpg
 その反対方向の横浜方面はランドマークタワーが見えたり・・、この写真よりはずっと綺麗に見えて居た。夜景もきっと綺麗だろうな・・、itaさんなら、夜の山道を登って来るかも?と空想が広がって行く・・

b0220251_15421067.jpg
 そして入山料300円を支払って、15:00建長寺の半増坊へと辿り着く、長い石段を下って、あっちこっちに大きな建物が立って居て・・と大きなお寺だった。「大本山 建長寺」「鎌倉五山第一位」「わが国最初の禅宗寺院」等々、由緒あるお寺で、約30分の滞在は少なすぎたかも?

b0220251_15423088.jpg
 方丈殿に上がって、徳川秀忠夫人のお江の方の霊屋の門として建立され、その後建長寺に寄付されたという唐門(重文)を眺め・・

b0220251_15424362.jpg
 国史跡の庭園を椅子に座って眺め・・

b0220251_15425970.jpg
 法堂、仏殿とお参りし・・

b0220251_15431160.jpg
 三門を出て 北鎌倉へと向かった、北鎌倉駅発15:52の電車に乗って自宅着は19:10だった。午前の部の「鎌倉歴史探訪ウオーク・化粧坂コース」、午後の部の「鎌倉アルプス・天園ハイキングコース」と、この日は鎌倉の街を囲んで一周する格好になって、銭洗い弁天、鎌倉大仏、鶴岡八幡宮、小町通り、若宮大路、長谷寺に加え、残りの見処は・・射程に入った?と、鎌倉の全容をほぼ掴んだ気にもなって来た。

 これで7つの鎌倉切り通しは、朝比奈切り通しを残すのみになった。harumamaさんに制覇の証しのバッチを見せて貰うと、なる程ちょっと格好良い・・、来年貰えるかなーと思ったり、ずっと残り一個でとって置こうかな・・と思ったり、それとも、鎌倉の土地勘が出来たから、一日で7つの切り通しを歩くマイコースを作って歩いてみようかな・・と思ったり、来年の今頃まで思案するのも楽しみになった。
 正解のない世の中で、全方位から眺めて思案し、この日この時、一番良いアイディアは何かなーと計りにかけるのも面白いかも知れない、とっちに決めても、大したことは無いのだから・・
[PR]
by funnpepe | 2015-12-22 13:20 | ウオーキング | Comments(0)

沖縄南部巡り

b0220251_19121764.jpg
 今回の旅の最終日を迎えた、朝食後宿近くの中国式庭園の福州園へと向かった。街路樹の幹のランの株が巻かれて居て、その中には咲いて居るものもあった。沖縄は常春の島なんだよとこの花も教えてくれて居る・・

b0220251_19123619.jpg
 福州園の開園は9:00からとの事で、仕方が無いからお隣の松山公園を一回りして、

b0220251_191335.jpg
 15世紀頃のものだと言う天妃宮(てんぴぐう)の石門へと周った。トリップアドバイザのコメントに、「只の石門・・わざわざ探して行く程のものでも無い」と書いてあったが、天妃とは航海の安全を守る神様で、明の皇帝から授かった称号とのことだった、港に着いた時、出港する時、人々は必ずこの天妃宮にお参りしたとの事だった。石門と天妃宮の石しか無いが、海上交易で栄えた嘗ての情景が偲ばれる・・と思えたから、来て良かっただった。

b0220251_19143425.jpg

b0220251_1914583.jpg
 そして、金曜日には自転車で走った国際通りを漫ろに歩き・・

b0220251_19145770.jpg
 市場本通りまで行って、「沖縄名物ナントウ餅」なるお土産を買って・・

b0220251_1915163.jpg
 クリスマスツリーの前で写真を撮って(前日陽が落ちてから来れば、もっと良かった筈?)、そして宿のチェックアウト時刻迄に何とか戻って・・と、旭橋周辺の散策を充分に楽しんだ。

b0220251_19161393.jpg
 
b0220251_19155381.jpg
 そんな散策の途中,takenagaさんに教わった波上宮にも行って見ることにした。沖縄の一宮で大きな神社だった、無料駐車場もあったし外国人も来て居たから、知る人ぞ知る・・だったのかも知れない、お宮の横から展望所へと行く路もあったが、時間がなくなって仕舞うからと、10:20波上宮を跡にした。

b0220251_19163774.jpg

b0220251_19171277.jpg
 11:00、ニライカナ橋に辿り着く、眼下には知念岬があって、太平洋が広がって居て、とても眺めて気持ちが良い。去年walkaholicさんと、この場所に自転車で斎場御嶽(せーふぁうたき)からこの坂を登り、この場所にたった思い出のある場所だった。その時はニライカナイ橋の名前が付いて居るなぞとは知らなかった。
 今回自転車旅の計画では、平安座島をこの日の朝スタートし、順調ならばここは通らずに平和記念公園へと向かうことになって居たから、図らずも又この景色が眺められて良かったーだった。

b0220251_19173239.jpg
 そして、知念岬の駐車場に車を止めて見るニライカナイ橋は、あの佐渡ロングライドで語られるZ坂の様にも見える?あの坂を去年自転車で登ったと感慨一潮だった。

b0220251_19182679.jpg
 斎場御嶽は去年も来たが、パワースポットなんだなーと今回も感じる・・

b0220251_19191379.jpg

b0220251_19192939.jpg
 そして12:40、奥武島の海岸でサンドイッチを食した、南側にはこれから向かう平和記念公園、北側には知念岬を眺め、サンゴの塵で出来た砂浜で暫しゆったり・・

b0220251_1263962.jpg
 平和記念公園は約50分の滞在だったが、お天気も良かったし、もう一時間位欲しい処・・だった。国立沖縄戦没者墓碑ゾーンを通り抜け、

b0220251_19195010.jpg
 平和の礎(平和の火)を見て、
 
b0220251_19203771.jpg
 32府県の慰霊碑がある霊域参道を通って、沖縄守備隊第32軍慰霊の黎明塔まで行って、喜屋武岬方向を望んで・・帰ることにした。
 沖縄戦では、海は米軍の軍艦で埋め尽くされ、那覇側からも喜屋岬へと追い詰められて、住民や兵士が次々と身を投げた場所・・と思って眺めると、この景色だけは悲しい気持ちが重なって仕舞う・・

b0220251_19211948.jpg
 平和記念公園を跡にしたのは14:00だった、空港近くで15:00までにレンタカーを返すには、まさひろ酒造ギャラリーはパスしようか・・でも未だ飛行機のチェックイン制限時刻までには余裕があるから・・、折角きたのだから・・と、計画通りに寄ることになった。walkaholicさんによると試飲の泡盛は、中々の味とのことだったが、自分は空港1階の食堂で、harumamaさんと3人の打ち上げ食事の時に、飛行機に遅れない程度にたっぷり飲んで満足だった。

 今回は、名護に向かう途中で、サイクリング旅は断念!と予想もしないことになったが、3月の南房総、4月の飯田、10月の田沢湖、11月の東松山、加古川と、随分一緒に走ったせいか、紆余曲折を乗り越えて、臨機応変の思考が出来上がって居るのか、反って楽しい旅だったね・・と言うのが3人の一致した感想だった。こうして書き終えて振り返ってみても楽しかった・・
[PR]
by funnpepe | 2015-12-19 16:28 | 旅行・イヴェント | Comments(0)

第28回なごやんばるツーデーマーチ 2日目

b0220251_6491473.jpg
 30kmコースを行く人達に混じって7:00にスタートし、20kmのコースマップに従って直ぐに右折した。30kmコースは名護湾にそって歩くが、我々は名護の街中を歩く、前後に同志の人達も居たから心細さはも無かった。前日貰った大会冊子の中に、「スタート時間厳守。先に出発した場合、完歩証は発行いたしません。」と書かれては居たが、ゴール後の時間的余裕を考えると、ごめんなさい、先に行きますにどうしてもなって仕舞う。
 そして7:20、オリオンビール名護工場の横を通る県道18号の坂に取りついた。山を越えて太平洋側の大浦湾へと降りて行く道だから延々と登らねばならない。

b0220251_5481985.jpg

b0220251_6493438.jpg
 しかし、朝焼けに映るあの岬はブセナ海中公園だろうか?それとも許田辺りだろうか?と東シナ海を見下ろして坂を登った。随分遠くに見えた海だったからなのか、風も無かったからなのか、静かな鏡の様な海が広がってとても気持ちが良い。

b0220251_650660.jpg
 今まで右側の歩道を歩いて来たが、4.8km地点の三叉路で、ここから左側を歩いてね・・と言いたかったのか直進の矢張りあった。   
 不幸なことにその矢印の先にも道があって、ずっと県道18をを歩くのは退屈でしょう、サトウキビの中を歩くルートを作りました・・なのかな?と思って、やがてコース地図の方向へと行くのかと思ったが、解体作業場風の処には放し飼いの番犬に激しく吼えられ、めげずに進み・・だったが、結局引き返すことになった。

b0220251_6502328.jpg
 正規コースに戻って暫く歩いて居ると、あの番犬の鳴き声が聞こえて来たから、ああ又コースミスした人達が居るんだなーと判った(主催者のコース指示方法は要再検討)。
 立派なトンネルが3つも続いて居るが車は殆ど通らない。大浦湾から名護湾へと行く車は、多分ほぼ平行して走る国道329を選ぶのかも知れない。

b0220251_6504052.jpg
 9:00、共同売店の前を通過した、2012.2に辺戸岬から許田の民宿に戻るべく、その共同売店で名護へ行くにはどの道が良いか?と訪ねると、結局国道329を勧めてくれたのを思い出した。交通量が少ないこの県道18も自転車には良かったかなーと思いながら、癒される大川の景色を眺めて歩いた。

b0220251_65155.jpg
 そして、9:05、11.7km地点のわんさか大浦パークに辿り着く、どうやらここがチェックポイントの様だった。しかし開設時間は9:50~13:00とガイドマップに書かれて居て、誰も居なかった。皆の対処策はお店の人にサインを貰うことだった、その人は結局10人位はして居たかも知れない、そんな事もあって青パパイアヤを沖縄に行って来たよとアッピールすべくお土産にかった(皮を剥いて千切りにして、水にさらしてアクを抜いて、サラダ風に食べると、美味いそうだが、果たして・・)。
 
b0220251_6513097.jpg
 walkaholicさんはとても大きな熟れて食べ頃のパパイアヤを見つけたが、宅配費用の方が高くなって仕舞うよ・・とお店の人に言われ、相当に重かったが持って行く事になり、最終的にはharumamaさんのリックで運ばれることに・・
 そして結局、ゴール会場で御相伴に預かったが、その感想は例え宅配費用が幾らかかっても、自分なら送った・・と思える程美味かった。

b0220251_6514660.jpg
 9:35、国道329の30kmコースと合流し、9:45、14.7km地点の二見の里の給水所で、この日は初めての接待を受けた、冷たい水も、黒糖も美味かった。

b0220251_652682.jpg
 峠を越えてやれやれと坂を下って・・、10:30、19.8km辺りの地点で30kmコースのitaさん達がやって来た。早すぎるでしょ・・等々ワイワイガヤガヤとやり取りして、行って仕舞った。

b0220251_6521953.jpg
 去年はひんぷんガジュマルの処に給水ポイントが設けられて居たが、今年は名護市営市場に移って居た様で、サガリハナを静かにじっくり鑑賞して、ゴールへ

b0220251_6523944.jpg
 ゴールは12:00だった、 オリオンビールの引換券を貰ったが、これからレンタカーで那覇へと向かうべく、運転しなければならないので、ビールは潔く諦めた。しかし、walkaholicさんのパパイアは絶品だった。口に入れた瞬間これ高級マンゴー?と思った程、マンゴーの味だった。マンゴーは昔インドに行って以来だったが、充分に味わえて幸せ・・

b0220251_6541095.jpg
 12:55、名護を出発し、国道58を走り恩納村へと向かった。計画では平安座島へと向かうべく自転車で今頃走って居たんだろうな・・と思いながら走った。自転車からレンタカーになったので、観光する時間はたっぷりあって、13:25万座毛着だった。

b0220251_6532416.jpg
 絶景だった、万座リゾートホテル、遠く名護が見えてと、この周遊ルートを2,3周しても飽きない・・と今でも思える程だった。

b0220251_6534359.jpg
 そして、青い沖縄らしい海を挟んで見える万座ビーチを又パチリ・・

b0220251_6544271.jpg
 折角ここまで来たのだから、未だ時間はあるからと、海辺まで行こうと言うことになって、ここからは観光客が先ずは来ない、細い道を下った。
 結構長く歩いたが、ウオーカーなのだから苦にはならない、touさんを飛行機に間に合う様、那覇空港まで行かねばならないので、それだけが気がかり、しかし一向にそれらしき処が現れない、戻ろうか・・となった頃、漸く道端に止まって居る車が見えて、海がとうとう見えたのだった。車の主は、みな釣り人で、ブリが釣れる・・とのことだった。前日は今帰仁城から、この日は万座毛から真青の東シナ海を眺めることになったが晴天に感謝だった。

b0220251_6551028.jpg
 南の方には(この写真の奥には)、真栄田岬、残波岬があって、そっちも行って散策したい・・と思ったが、最早タイムオーバ・・、14:20万座毛を跡に、空港目指して一気に走る。

b0220251_921465.jpg
 空港着は16:00前だった(touさんの飛行機には充分間に合って一安心)、そして宿は空港近くの旭橋の近くにしたのだが、なんとkaneyannさんと遭遇し、沖縄の最後の夜は、近くの居酒屋で琉球料理を味わった。
 そして宿に戻って前日クジで当たった琉球焼酎も飲みきって・・と、この日の予定は全て消化して、この日も爆睡だった。

b0220251_9221267.jpg
 
[PR]
by funnpepe | 2015-12-19 07:20 | ウオーキング | Comments(0)

第28回なごやんばるツーデーマーチ 1日目

 この日の予定は、5:00起床、6:00ロビー集合し会場へ、6:30、40kmコースでスタートし、途中でショートカットし、12:00までにはゴールして、午後はレンタサイクルで今帰仁城跡へと向かい、16:00までに会場に戻り、パーティに参加・・と、前日の二次会で決まって居た。

b0220251_16315328.jpg
 そして、予定通りに宿を出発し、暗い道を歩いて会場へ、受付を済ませあわただしくスタートした。スタート時は未だ未だ薄暗かったが、スーパホテルを通過する頃にはすっかり明るくなり、7:30、6.5km地点の中山公民館で冷たい水を戴き、黒糖、・・等々充分戴いて、

b0220251_628582.jpg
 県道84号線を去年同様歩いたが、我が家の近くでも見ているだろうこの花は、春だっけ、それとも夏?、若しかしたら秋?・・、園芸店で見る花かも?

b0220251_6403367.jpg
 この花は、沖縄特有の・・・

b0220251_6412984.jpg

b0220251_6414331.jpg
 そしてこれは?と、南国では花の名が出て来ない・・、多分関東辺りには園芸種として出回って居るからかも知れない。
 しかし、ハイビスカスの花は驚く程大きな花を咲かせて居るし、ブーゲンビリアも綺麗だった。沖縄に来て未だ2日目なのに、温かいのは普通のこと・・と身体も気分もすっかり同化して居たが、あっちこっちで咲いて居る花を眺めるのは未だ未だ新鮮に感じるのだった。

b0220251_65723100.jpg

b0220251_16352198.jpg
 13.2kmの湧川集落センターの手前で正規コースを外れ、今年も羽地内海沿いに歩いた。

b0220251_16354319.jpg
 touさん、harumamaさん、warukaholicさんと今年は4人で歩いたが・・

b0220251_16362072.jpg
 9:00、ワルミ大橋が見えて、果たして先頭集団はあの橋を渡って居る頃だろうか?と思って眺め・・

b0220251_16364230.jpg
 9:20、屋我地大橋が見えて来て、県道71へと右折してと、今年も良い景色だなあ・・と楽しめた。しかし一部歩道が無い割には交通量が結構あったりと、大勢で歩くのは問題ありのルートなのかも知れない。そして、給水やトイレ等々正規コースを歩くのと勝手が違うのは覚悟しなければ成らなかった。

b0220251_16371965.jpg
 9:40、県道71の途中の小さな公園を見つけて一休み、ゴールは11:20で歩行距離は約22kmだった。正規の20kmコース(実距離19.4km)を行った人達も戻って来て居たから、そっちでも良かったかも知れない。

b0220251_7215265.jpg
 そして自転車で、11:40、ウオーキング会場スタートし、サイクリングの部が始まった。メンバーは昨日那覇から名護(正確には恩納村辺りだった)へと一緒に走って来たwalkaholicさん、harumamaさんと3人だった。
 walkaholicさんのバイクは、前日名護に着いてからその日2度目のパンクが起きて仕舞い(この時点で原因は不明)、harumamaさんと、何と無料の観光協会が貸し出してくれたクロスバイクで、自分は重くて頑丈なマイバイクで、先ずは会場近くの宮里そばと言うお店までちょっと走って、ソーキ蕎麦600円を食べて満腹になってから、本格的に走り出す。

b0220251_16392489.jpg
 この日歩いたコースをおさらいするが如く、国道58をスーパホテル、中山公民館前と坂を登ったが、中山公民館を過ぎると勾配が次第に厳つくなって、漸く登りきった地点まで来ても目指す、大家(うふやー)へと左折する側道は現れなかった。
 どうやら側道を見過ごして仕舞った、どうするーと言うことになったのだが、好奇心旺盛なharumamaさんの強い希望と女性に優しいWalkaholicさんと日和見な自分と、3者の総合的判断で、苦労して登って来た坂道を下って戻ろうと言うことになって仕舞った。

 そして、下り坂人生サイコーと長い坂を下るのは気持ちが良かったが、又登り返さねばならない・・との思いを織り交ぜてだったから少し複雑だった。兎も角、漸く12:50大家の広い駐車場に辿り着く、去年は夜にタクシーで来て、上品は夕食と夜の景色を楽しんだが、こんなに広くて立派な処だったとは!と、さっきの総合判断は大正解と約80分も滞在することになって居た。

b0220251_1640289.jpg
 
b0220251_1640368.jpg
 明治後期に建てられた安里家を修復し、沢択家、新城家を移築・復元して、沖縄蕎麦、沖縄料理のお店としてオープンしたとの事だったが、庭には滝が流れて居て、沖縄らしい植物が植えられていて、崖には階段を設けて、散策できる様になって居て・・、食事をしながら滝を眺め、緑を楽しみ、そして散策している人の姿は見えない様にと配慮されても居て・・・と、見所満載だった。
 来訪者も外国人の家族が目立って居て、流石外国の人達は訪れる価値がある所には来ているんだなあとも思った。もっと居たかったが、雲が架かる前に行けばきっと海も綺麗だろうから・・とのwalkaholicさんの言に従って、大家を13:20に跡にした。

b0220251_16411068.jpg
 今帰仁城跡へのこれ又長くて厳つい坂を登り切って、14:20漸くのことで辿り着く。無料とは言えレンタルバイクは兎に角ペダルが重くて辛かったとは、2人の意見だった。
 そうは言うもののwalkaholicさんは坂をぐいぐい登って、harumamaさんと自分の遥か先を先行して行って居たから、ビアンキバイクのスピードに慣れて仕舞ってのろのろ走れなくなって居たのかも?と思う程だった。レンタルバイクに載るのはもう沢山との言葉が2人から漏れて来る程だったが、敢えてレンタルバイク側から言わせると、もっとタイヤに空気を入れてパンパンにしてくれてから言ってーだったかも知れない。

b0220251_21131587.jpg
 今帰仁城も又素晴らしかった。外国人の方が多いかな・・と思う程だったし、土曜日だったこともあったのか、来訪者も中城城よりも遥かに多い賑わいだった。

b0220251_21161822.jpg

b0220251_21164789.jpg
 東シナ海の景色もサイコーだった。もう一時間位居たかったと思ったが、既に15:05になって居て、16:00からのパーティに間に合わないかも?・・と帰ることにした。
 パーティ会場に一番早く戻るのは、坂がなるべく少ない道を選んで、午前中歩いた国道505の羽地内海沿いに走り、県道71へと左折して、国道58へ合流して・・と、図らずもこの日はウオーキングとサイクリングで同じ眺めを楽しむことになって仕舞った(羽地内海は、サイクリングの時は快晴になった分だけ綺麗だった)。
会場着は16:25、この日の自転車記録は、走行距離45.1km、平均速度16.2km/h、最高速度44.6km/h、走行時間2:46だった。

b0220251_1405638.jpg
 会場では主催者の挨拶等々で、未だ乾杯までは行って無かったから、先ず先ずの時間で帰って来て、この日のイベント第3部が始まったと言った処・・

b0220251_13552984.jpg
 それなりに飲んで、食べて・・、抽選会では琉球泡盛が当たった。この日の2次会ではとても飲み切るこてはできない・・が、翌2日目のウオーキング後は自転車で那覇に戻るのは諦め、レンタカーにしようと言う事になって居たから、荷物が多少増えるのも問題無しだった。
 会場を跡にしたのは18:00だった、流石に名護でも薄暗くなる中、宿へと戻り、宿に戻ってこの日の2次会も、若し酔いがまわって居ないメンバーが居たとしたら、いい加減にお開きににしようと言う事になったかも知れない位に会話して22:00頃に就寝、思い返すと波乱万丈?と思える一日だった。

b0220251_13554576.jpg

[PR]
by funnpepe | 2015-12-17 21:52 | ウオーキング | Comments(0)

2015 那覇から名護へ

 前日激しい雨を降らせた前線は、東日本へと移動して行ったので、この日の沖縄は快晴だった。那覇空港着9:10、自転車を組み立て、タイヤに空気を入れて、夏の服装に衣替えして・・、前日に来て居たharumamaさんと旭橋で合流すべく、10:35walkaholicさんと出発した。温かいのはやっぱり良いなー、冬に来るのは沖縄が一番・・等々感じながら、walkaholicさんの後ろに追いてペダルを踏んだ。


b0220251_16295116.jpg
 先ずは国際通りを通って、首里城へと向かった。県道29号線に入って、坂道を登り右に池の奥に首里城が見えて・・、交通量は多かったが、このルートも中々良い・・

b0220251_163216.jpg
 11:25、空港から8.6km地点の「琉球茶房あしびうなあ」と言うお店で「てびち蕎麦定食」を食す、てびちとは豚足との事で我が家では絶対に食べることは無い・・からと選んだが、柔らかくてとても美味かった。

b0220251_16313083.jpg
 「石垣の向こうで沖縄蕎麦・・いかがですか」と誘いの言葉がお店の入り口にあって、メニューには英語、中国語、ハングル語も書かれて居てと、目立たないが観光客向けの沖縄らしい雰囲気のあるお店だった。

b0220251_2085332.jpg
 沖縄風石庭の縁側で食事をする様な演出だったが、イソヒヨドリ(walkaholicさんが教えてくれた)がやって来てお客の残した残飯を狙って居るからとお店の人は早めに食器を下げて行く、そしてこれから名護へと自転車で走ると知って、私なら絶対車だわー、頑張ってください、どうかお気をつけて・・の言葉に送られて、12:10このお店を跡にした。

b0220251_16343298.jpg
 そのお店からちょっと走ってwalkaholicさんの自転車の後輪がパンクしたが、約20分でチューブ交換が終ってと大したアクシデントでも無く、ほぼ順調に走った。空港を出発してから3回目の坂を登り切り、13:10中城湾に向かって坂を下った、綺麗な海に向かって、この旅で最初に、人生下り坂サイコー・・と味わえた処だった。

b0220251_631629.jpg
 そして、13:40、22.1km地点の中城(なかぐすく)城跡に辿り着いた。この日一番の厳い坂だったが、何とか登り切ってやれやれ・・の気分で城内を漫ろに散策した。

b0220251_164114100.jpg
 パンフレットに寄れば、「・・・南海の古城に息づくいにしえのロマン。石垣を渡る風は、訪れる人を古琉球の世界へと誘ってくれます」と書かれて居たが」、然り・・

b0220251_14461862.jpg
月曜日の午後には、あの辺りを自転車で走って居るんだろうな-と斎場御嶽(せ-ふぁうたき)のある知念半島を眺め・・

b0220251_16403348.jpg
 そして、月曜日の朝に走って来る勝連半島が石垣の奥に見えて・・

b0220251_16405013.jpg
 西側には東シナ海も見える、オスプレイも飛んで来て・・と、中城城から眺める景色も素晴らしかった。
 中城城跡を跡にしたのは14:20になって居たから、残り約45km走って17:30頃に名護着?此処からはしっかり走るぞーと、気合を入れて・・

b0220251_16415255.jpg
 先ず国道339を走り、15:10、36km地点で、うるま市へのバイパスへと入った。

b0220251_16421387.jpg
 広い道でここも下坂サイコーと感じながら走り、15:25、40.3km地点で県道6号へと分岐して坂を登った。そして2km程走った処で、今回の旅最大のアクシデントが待って居た。
 前を行くharumamaさんのリアエンド(リアディレーラをフレームに固定する部分でハンガーとも呼ばれる板金部品)がポッキリ折れて走行不能になって仕舞ったのだった。何が起こった、どうしよう・・と、3人とも思ったに違いない。

 そして3人の決断は早かった、harumamaさんの自転車は畳んでヒッチハイクしようと言う事になって・・、5分程でバンの車が止まってくれて、そして思いがけず全員乗せて貰えることになって、この日の自転車記録は、走行距離43km、平均速度14.8km/h、最高速度39.5km/h、走行時間2:56だった。

 結局、名護のスポーツサイクル専門店に自転車を持って行くと、リアエンドは横の力に弱く、輪行で壊して仕舞うことは良くあること、そしてバイクメーカ、機種に寄ってリアエンドの形状は違って居るので大抵は取り寄せになって仕舞うこと、中にはバイク購入時にリアエンドを予備として買って置く人も居ること(先月行われたツール・ド・オキナワではリアエンド破損で3人のサイクリストが来店し、内2人は予備のリアエンドを持って居たのでセーフだった)・・と言う訳で、修理不可能の結論に納得するしかなかった。

b0220251_16424045.jpg
 しかし、予定通り、想定通りに、名護での前夜祭は大いに食べて飲んで会話して・・と、去年同様楽しい夜だった。この日は、関東を通過した前線の影響で、午後発の飛行機に乗ったtouさんも、名護着が約2時間遅れる等夫々苦労はあったが、そんな事もすっかり忘れ、盛り上がって居たんだなあ・・とこの写真が言って居る。

b0220251_1424482.jpg
 この日のことを書き終えて、果たしてマイバイクのリアエンド曲がって居ないか?と、輪行袋から取り出して自転車を組み立てて確認すると、フレームと一体構造になって居てリアエンド部品は無いことが判った。マイバイクのフレームはクロモリ製なので、転倒等でリアディレーラをぶつけても、フレームが曲がる恐れが無いが故の様だった。
 一方、harumamaさんのバイクのフレームはアルミ製なので、リアデレーラを横からぶつけた時等、フレームが曲がって仕舞いバイクそのものがジ・エンド?にならない様に、リアエンド(リアデレーラのホルダー)を弱くする設計になって居ることが判った。

 輪行時重くて辛い・・と、クロモリの欠点のみを意識して、そろそろバイク代え様か・・と悪魔の囁きが聞こえて来て居たが、今朝は当分このクロモリバイクに付き合いたいと思った。
 そして一つ悔やむべきことも判った、harumamaさんの場合は、登坂でギアを落とし切って居たので、チェーンがスポークに当たり・・その状態を続けて居る内に、チェーンがギアの内側に外れ絡まって、リアエンドを引きちぎって仕舞った様だった。そんな時は応急的に、チェーンがスポークに当たらない範囲でギアを落として登るべく、急な坂道は自転車から降りて歩くべし・・だった。
 harumamaさんの後ろを走って居て、チェーンがスポークに当たって居るのに気が付いて居たのだから、少なくとも当たって居るよ・・と点検して居れば! そんな対応が取れたかも知れない・・と反省、反省、反省でもあった。
 しかしそんなアクシデントのお陰で、その後思い出深い旅にもなったから「人間万事塞翁が馬」?
[PR]
by funnpepe | 2015-12-16 20:26 | サイクリング | Comments(3)

駅ハイ「代々木~原宿 ゆったりオシャレな長散歩」

b0220251_555544.jpg
 この日がこの駅ハイの最終日だった、受付は代々木駅から新宿寄りに少し歩いた所だった、後はチェックポイントもゴールチェックも無いから後は代々木駅から帰ってください、しかしここ迄戻って来れば、明治神宮で記念写真を撮って居るので、その写真をお渡ししますよ・・とのことだった。

b0220251_556876.jpg
確かにその記念写真撮影隊が北参道入り口で待って居て、皆駅ハイのプレートを持って写真を撮って貰って居る。しかし代々木駅迄戻って来れずに、成り行きで原宿駅、渋谷駅に行って仕舞うかも?と妻が言い出し辞退することにした。その代わりに、歩いて来た方向にそびえるドコモのビルと見事な紅葉を写真に収めて、いざ境内へ・・

b0220251_5562995.jpg
 幅広いジャリを歩き、大鳥居へと向かった。辺は正に原生林?テレビ等で前々から聞いては居たが、良くぞこんな鬱蒼とした森になったものだと只々感心する。

b0220251_5564694.jpg
 御苑は有料なので寄らずに、まっすぐ本殿に向かうことにした。例年初詣のテレビ中継で映る景色ではあるがここも広ーい。初詣にはとても来られないので、初詣の積りでお参りした。

 そして本殿の前には、大正9年に植えられたと言う楠木があって、未だ95年しか経って居ないのによくもまあこんな大樹になったもの・・と感心したが、「・・樹勢瑞々しき大樹に育った御神木、夫婦楠(めおとくす)として親しまれ、円結び、夫婦円満、家内安全の象徴となって居る・・」と案内板があったので、ここにもお参りした。 
 コースマップは西参道かた原宿門へと向かうべし・・となって居たが、折角来たのだからと南参道から御苑沿いに散策・・、この辺は人も疎らで、鳥の鳴き声が上から降りて来る様に聴こえ、舗装された道でと、心地良いウオーキングになって居た。何時か、花菖蒲の咲く時期に来て御苑にも入って、本殿の外周ルートを歩いて、本殿にお参りして帰る・・をしてみたい。

b0220251_557989.jpg
 明治神宮で時間を使ってしまったので代々木公園は中に入らずに、代々木体育館を左に見てNHKに向かった。この辺も紅葉真っ盛りで気持ち良く歩いたが、明治神宮でも、ここでも 大きな旅行カバンを引きずって歩いて居る人を見かけた、これから宿に向かうのだろうか・・と異様にも思えたが、引いて歩ける旅行カバンはリックの様なものと考えると成る程・・
 結局暫くこの道を進むと、代々木公園からNHK方面へと繋がる陸橋があって、そっちを行った方がもっと紅葉も眺めも良かったのかも知れない(大して遠回りにも成らなかった様だったし、近道へ近道へ・・と短絡的思考に入る事勿れ・・と反省だった)。

b0220251_751437.jpg
 そして昼食にすべくNHKスタジオパークに寄った、連続テレビ小説「ごちそうさん」所縁の「昔ながらの洋食セット」980円を食べて、見学等々して約2時間も此処で過ごして仕舞った。

b0220251_5573888.jpg
NHKスタジオパークは、ゴール迄残り5.3kmの地点だったが、既に14:00を過ぎて居て15:00までにゴールするのは危うい?状況になって仕舞って居たが・・

b0220251_557568.jpg
 ゴール迄残り5km地点の「渋谷の飲食店街」にあったメロンパン屋さんでも、中にアイスクリームが入っているメロンパンを食す。駅ハイ参加者特典の百円引きだったので、折角だからと買ったのだが、外はパン生地がホカホカ、冷たくて甘いアイスクリームが餡になって居て、その組み合わせが絶妙・・だった。

b0220251_5582083.jpg
 ゴール迄残り4km地点の明治通り雑貨街は、「こだわりのアパレルや雑貨を扱う洒落た店やカフェなどが立ち並ぶ・・、迷路の様な路地を探索しながら・・」とカイドマップに紹介されて居たが、人も多かったし、カフェには長い列が出来て居たりと、人人人にうんざり気分にもなって来て、もう帰ろうか・・・になって仕舞って表参道から原宿駅に向かった。

b0220251_631210.jpg
 この日の帰宅は18:00位にしたい!と決めて居たこともあって、表参道ヒルズ、ワタリウムj美術館、鳩森八幡、国立能楽堂等を巡るのは潔く諦めた。国立能楽堂の資料展示室無料で、特別展示の「一橋徳川家の能」を覗けなかったのがちょっと心残り・・とするのは欲張り?
[PR]
by funnpepe | 2015-12-08 19:29 | ウオーキング | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05
楽しい船旅のようでしたね..
by TUS0001 at 21:28
喜んでいただいて嬉しいで..
by みやぎのちゃりお at 22:06
この写真気に入ってます!..
by funnpepe at 04:34
去って行く姿に見とれてま..
by みやぎのちゃりお at 21:10
すごいですね~  北海道..
by harumama at 21:47
11日,仙台港でお話しし..
by みやぎのちゃりお at 21:34
走行距離99.4㌔をAv..
by Walkahoic at 20:21
情報ありがとうございます..
by funnpepe at 06:17
日光ー老神温泉、途中小田..
by Walkahoic at 23:41

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

探鳥の季節
at 2017-11-20 20:36
第28回加古川ツーデーマー..
at 2017-11-17 21:54
第28回加古川ツーデーマー..
at 2017-11-16 17:51
宝塚から加古川へ 57kmを走る
at 2017-11-14 19:58
第40回日本スリーデーマー..
at 2017-11-08 05:55

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧