<   2014年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

第22回汽笛一声ウオーク 33kmコース

b0220251_6295939.jpg
b0220251_415067.jpg
 今年で、連続4年目の参加になる、今年は鎌倉と離れて仕舞ったし、信号に阻まれて歩かねばならない都市型ウオークだし・・・と、参加するのをちょっとだけ躊躇した。
 しかし、ゴール後のアフターも楽しみだし、箱根駅伝を走る選手の気分で歩けば、それなりに楽しめる?等々の屁理屈を付けてやって来た。

 8:40のスタートだった、正規のコースは新橋駅、旧新橋操車場と向かうのだが、約1000人ものウオーカが歩くのだから、どう工夫したって渋滞渋滞になる・・・、そんなことならと初めから箱根駅伝コースを行こうと言うのが、この処の定番になって居る。
 先ずは東京タワーが見えてきて、御成門、増上寺と歩いたが、今回は増上寺の境内に入って見る、ここからの東京タワーの景色も中々良かった。

b0220251_6311491.jpg
b0220251_631348.jpg
 9:30、泉岳寺にも寄って見た、増上寺の背景は東京タワーだったが、泉岳寺の背景はマンション?にでもなる予定なのか、マンション建設反対?の品のない看板があって、入口からの写真は撮れなかった。
 確かに、この写真の背景にマンションが建つと、息苦しい?とは思うものの、建設反対の興ざめな看板は頂けない、もっと品よく、スマートにならないものか・・・と思いながら境内に入った。
 お参りの人は皆公平にと、四十七士の墓それぞれに、線香を手向ける様だった。討ち入り前に自刀して仕舞った菅野三平、切腹を免れた寺坂信行のお墓もあって全48基あるとのことだった。ついこの前、ヒストリアで取り上げられた俳人でもあった大高源吾とその俳友だった菅野三平のお墓を見つけられなかったのがちょっと残念。
 泉岳寺と赤穂義士についてウィキペディアに面白いことが書いてあった、「当時の住職が義士の所持品を売り払って仕舞って収益を得たことに、世間の批判が集まり、あわてて買い戻した云々」とあったが、境内にある赤穂義士記念館に、その所持品が展示されて居るのだろうか、何時か入場料500円を払って確かめたい。
 そしてもう一つ、大高源吾の切腹で介錯した人は、その後武士に嫌気がさし、酒屋になって仕舞ったとも書いてあった、赤穂義士に纏わるものには江戸の人情がいっぱい詰まって居るのが面白い・・・・

b0220251_6322562.jpg
b0220251_6324223.jpg
 11:05、平和島付近で正規コースと合流するが、陽が当たる西側の歩道を歩いたのでマイペースだったのか、ゆっくりペースだったのかも知れない。11:25、京浜急行羽田線の高架をくぐって(未だ完全には終わらない様だった)、12:05漸く六郷橋を渡って、12:30稲毛公園のチェックポイントに辿り着く、そこで皆を待って居たお母さんに遅いねー、もう皆行っちゃたよと言われる始末だった。

b0220251_315133.jpg
 残り13kmは、汚名返上とせっせと歩き、キリンビール付近の高速道路工事の巨大な建造物ができつつあるが、来年何処まで進んで居るのだろうか?、

b0220251_633046.jpg
b0220251_3152312.jpg
b0220251_35526.jpg
 国道15号線(第一京浜)の上りも下りも、サイクリストが目立つ様になった、みなとみらい地区は相変わらず活気があるなーと思ったり、4年連続の12月23日の情景を定時観測するウオーキングでもあった。
 何故に鎌倉歴史探訪ウオークとくっつけてくれない?暫く汽笛一声は参加しない・・・地方から出て来るウオーカの都合も考えて・・・と去年の今頃は思ったものだが、天皇誕生日に開催する拘りもそれなりに良いのかも知れない。
 ゴールは14:40だった。そして、3年連続で桜木町付近のお店でアフターとなった、ワイワイガヤガヤと話す内、来年どう歩こうか?の構想が出来てくるのも嬉しいもの・・・それこそ、あるべき忘年会?とも思える。

 今年のウオーキング大会での公式歩行距離は950km、参加回数は27回、ウオーキング大会に伴う自転車走行距離は1756kmだった。さて来年は?おおよそ今年のペースで行こうと思って居るが果たして・・・
[PR]
by funnpepe | 2014-12-25 04:01 | ウオーキング | Comments(0)

第50回鎌倉歴史探訪ウオーク「鎌倉山大仏坂切通し」& イヤーラウンド学校唱歌「鎌倉」コースを歩く

b0220251_4443995.jpg
b0220251_4451263.jpg
 朝一番の電車に乗って、小田急「片瀬江ノ島」駅着は9:10だった。駅から歩いて直ぐに、江ノ島があってなる程電車で来ると便利だなー、サーファーも随分と居るし、海の眺めも素晴らしい・・・と改めて思い巡らした。そうする内に、夜行バスを使ってやって来たお父さんと合流し、9:30に出発した。

 湘南モノレールの西鎌倉駅まではごく普通の街の道?と言った感じで、歩道も狭くて歩き難かった。しかし、坂道となって、ウオーカーの列が漸くこなれて来た。出発前に、主催者の挨拶があって、ストレッチがあって、コースの説明があって・・・の儀式の後に一斉に歩き出すのだから、狭い歩道は溢れかえるのは当然のこと・・・、10:00までの随時スタートなのだから、朝2番の電車で来れば良かった?とも思った。

b0220251_445241.jpg
 10:30、4.6km地点の夫婦池公園、10:40、5.4km地点の笛田公園と、ゆっくりモードで歩く、どうやらこの辺りが鎌倉山だったらしいが、去年の名越コース、一昨年の亀ケ谷コースに比べると、景色は今一?の様な気がする。

b0220251_47432.jpg
b0220251_475965.jpg
b0220251_482264.jpg
 県道32号線まで降りて、いよいよ大仏坂切り通しへと向かう。この日貰ったコース地図に、「現在は新道がトンネルを抜けており、新道の北側に弓道の一部が残されて居るが、現在見られる姿は、実際には1879年から翌年にかけて開削工事されたもので・・・・人力車が通れる様に・・・」と書かれて居た。
 この大仏坂切り通しは、他の切り通しに比べ、ちょっと長くてハイキングコースを歩いて居る雰囲気もあって、先ず先ずだった。しかし、こんな処をほんとうに人力車が通れたの?乗ってる人も命懸け?とも思って仕舞う。

b0220251_484874.jpg
 そして鎌倉大仏を左に見て、長谷寺を左に見て、由比ガ浜に出て、11:30、9.6km地点(コース地図では11km)の鎌倉海浜公園にゴールした。
 来年もよろしくー・・・か、汽笛一声で又会おうねー・・・の挨拶は後者の方が多かった気もするが、果たして来年は?お互いに探して居たiefujiさんとashiguroさんを引き合わせられなかったのは残念だったが、この日も早々に次の会場へと向かった。

 次の会場とは鎌倉市役所隣りのNPOセンター鎌倉で、ここからイヤーラウンドする事にして居たのだった。結局、江ノ島へと歩くと言うizumiさんに、わざわざ遠まわりして貰って鎌倉市役所近くまで連れて行って貰って、大いに助かった。

b0220251_493048.jpg
b0220251_410212.jpg
 鎌倉市役所を12:30にスタートし、鎌倉駅の正面へと周り、お母さんと又々会って・・・、若宮大路ではkobayashiさん、・・・色んな人と遭遇して・・・

b0220251_410514.jpg
b0220251_4111249.jpg
 鎌倉海浜公園横の滑川の信号を渡って、由比ガの海を眺めながら昼食にした。オートバイ、自転車、散策の人等々がゆったり気分に浸って居る。いつの間にか、温かいなーと思う程の快晴になって居た。この日の午後は絶好のウオーキング日和だったかも知れない。

b0220251_4113980.jpg
b0220251_412721.jpg
b0220251_4122529.jpg
 そして、13:20先ずは稲村ヶ崎へと海沿いに歩く、「イナムラガサキ♪メイショウノー♪ ツルギトウゼシ古戦場♪」と言うメロディが頭に浮かんで来る・・・・、 そしてやっと「学校唱歌鎌倉コース」と名付けられた理由に気がついたのだった。

 今は国道134号線を通すために別れて仕舞ったが嘗ては山続きで、新田義貞軍は引き潮に成るのを待ってこの稲村ヶ崎を周りこんで、鎌倉側へとなだれ込んだ・・と、この唱歌の解説を、小学生の頃先生に聞いたことを思い出す。izumiさんは、どうやらこの道を歩いて江ノ島に向かったのかも知れない、なるほど海を近くに眺めながら歩ける気持ちの良い道だった。

b0220251_4124832.jpg
 そして、江ノ電「極楽寺」駅へと繋がる小路を歩き、13:55成就院のあじさい坂から由比ガ浜を見下ろした。あじさいはしっかり刈り込んであって、成る程ここまで小さく刈り込むものか・・・と、今年6月に訪れた時の大きな株と人でいっぱいの情景を思い出しながら、階段を下った。

b0220251_4141132.jpg
b0220251_4134237.jpg
b0220251_4142970.jpg
 鎌倉大仏の手前で、左の小路へと曲がり、源氏山公園近くの銭洗い弁天へと向かった。普通の(ウオーカーでない)観光客と沢山すれ違ったから、銭洗弁財天からの散策コースになって居たのかも知れない。

b0220251_713304.jpg
b0220251_4144434.jpg
 そして、14:50化粧坂を降りて、スタート地点に戻ったのは15:20だった。鶴岡八幡宮、鎌倉宮は行ったことあるから・・・と省略した。

 その理由は、お父さんが秋田から背負って来た高清水を一緒に飲む時間を確保するためだった、2人で500mlの紙パックを空けて仕舞ったから飲みすぎ?・・・、16:07の湘南新宿ラインに乗ってぐっすり寝て仕舞ったし、軍師官兵衛の最終回も見ることができたし、・・・と上々だった。来年の鎌倉歴史探訪に参加するとしたら、この日のパターンを踏襲?・・と思う程だった。
[PR]
by funnpepe | 2014-12-22 12:55 | ウオーキング | Comments(0)

平安座島、浜比嘉島から那覇空港へ

b0220251_1241485.jpg

b0220251_1244354.jpg
 いよいよ沖縄での最終日を迎えた、宿の主人に寄れば寒い日が続いたが温かくなりそう、今日帰って仕舞っては勿体無い!もう10日位居たらどうですか・・・の言葉に送られて、7:20先ずは隣の浜比嘉島へと橋を渡ることにした。
 この島には、アマミチュー、シルミチューと言う琉球開びゃくの祖神のお墓にお参りした、お墓の前で住所氏名を心で唱える・・・(神様が判る?)と、大阪から来たと言う女性グループに教わった。
 島らしい細いくねくね道もあったし、自転車で回るには最適?の観光スポットだった。

b0220251_1253627.jpg
 海中道路とは海に囲めれた道路と言う意味で、海の下を走って居る訳ではない・・・と言うのは、なるほど走って見て判ったことだが、自転車でも自動車でも、眺めが良くてとても気持ちが良い。


b0220251_1255838.jpg

b0220251_16561297.jpg

b0220251_126499.jpg

 そして、8:35、16.5km地点の勝連城にtoutyakoする。お城に登ると、360°の眺めは素晴らしかった。
 丁度バスでやって来た団体客が居て、その中に、城壁に登って真下の景色をとるべく地面を歩腹前進する女性が居た。ガイドが思わず風に飛ばされないでくださいねーと心配そうに声をかけて居る。何故かクレヨンしんちゃんの作者が崖から落ちて仕舞った事故を思い出した。この写真を見るだけで怖くなる?

b0220251_1271125.jpg
 兎に角、素晴らしい景色だった、筆舌に尽くしがたい・・・、感動!・・・と、これから向かう、斎場御獄(セーファウタキ)、知念岬が青い海の奥に微かに見える。

b0220251_12105128.jpg
 勝連城発は9:10だった、緩やかな丘を登り、気持ち良く下るのパターンを何回か繰り返して走るのだったが、walkaholicさんに追いて行くには、坂の途中でもう限界とフロントのギアを変える様ではダメ、始めからフロントをインナかアウターにするかを把握し、坂を越えそうになるとぐんとスピードが落ちそうになるから、頃合を見図って立って漕ぐ・・・・、信号待ちからスタートする時は先ず立ち漕ぎして、早めにWalkaholicさんのスピードに乗る・・・等と工夫して見ると飽きなかった。
 そして、10:20、42.2km地点の与那原町に入って、お弁当屋さんと食堂を兼ねたたんぽぽと言うお店で沖縄風野菜チャンプル500円也を食す、野菜の下にたっぷりのごはんがあって、漸く食べきれる程ボリュームたっぷりだったし、沖縄の調味料こーれーぐすをかけて食べたが美味かった。

b0220251_17413476.jpg

b0220251_17415291.jpg
 満腹になって11:05、国道331号線を知念岬に向かったが、約20分、3.5km走った処で、今回の旅で一番のアクシデントに見舞われる。走って居ると異音が後輪の方か出る様になって、それに気を取られ下を向いて居る内に縁石に前輪をぶつけて転んで仕舞った。
 先行するwalkaholicさんも転んだ音が聞こえる程だったし、左足すねと左手にすり傷が5日経っても未だ癒えない程だったから、ちょっと危なかった?原因はスポークが1本折れて徐々に後輪の振れが大きくなってブレーキに擦れて、異音が発生した様だった。ここからは暫く20km/h位のスピードで走り、walkaholicさんに後ろを走って貰い後輪の振れ具合を観察して貰うことにした。
 12:05、55km地点の知念岬に辿り着く、後輪の振れは目立ちはするが、走行不能になる程では無いようで一安心だった。

b0220251_191299.jpg

b0220251_12113762.jpg
 そしてこの日最後の観光スポットの斎場御獄を訪れた。琉球王朝時代に国家的な催事が行われて来た聖地であって、斎場とは最も格の高いと言う意味で、御獄とは沖縄の聖なる空間、祈りの場と言う意味なのだそうだ、今も手厚く守られて居る・・・ことを体験した。
 さてここからは、見処は無いがゆっくり戻ろうが・・・・の筈だったが、未だ未だ来て良かったと言う意外なシーンが未だ未だあったのだった。

b0220251_1924259.jpg

b0220251_19495453.jpg
 斎場御獄の裏山にはこんなのどかな道があったり・・・

b0220251_1212371.jpg

b0220251_1952640.jpg
 国道331号線から右折して県道86号線に入ると、こんな巨大なループ道があって、その上のトンネルをくぐって、展望台に上がると、この日これでお別れだよ・・・と言う様な〆の絶景が現れたり・・・

b0220251_12141629.jpg

b0220251_12144563.jpg
 畑を突き抜ける長ーい下り坂が待って居たり・・・と、那覇空港近くまでサイクリングを楽しめる、思いがけなく気持ちの良いサイクリングルートだった。

b0220251_1215512.jpg

b0220251_1215275.jpg
 そして最後に空港内の庶民的な食堂で、生ビール、タコライスセット、泡盛で、飛行機の出発時間まで、アフターを楽しんだ。泡盛もうちょっとどうですか・・・と配膳の女性が言ってくれたが、これ以上飲んだら飛行機乗れなくなって仕舞うから・・・と自重した、居酒屋に居る如く癒されたのも嬉しかった。一人ではとてもこんな体験はできなかった、walkaholicさんに感謝だった。
 この日の記録は、walkaholicさんの記録を拝借して(自分のサイクルコンピュータは、転んだ衝撃でデータが消失して仕舞った)、走行距離80.2km、平均速度20.4km/h、最高速度50.9km/h、走行時間3:41だった。

 スポークが折れて仕舞ったホイールは、前輪、後輪とも、ちょっと重い頑丈なものへの交換を4日後に漸く終了、「メンテで妥協すること勿れ」と言うのが、今回の旅の教訓?
 
[PR]
by funnpepe | 2014-12-20 20:20 | サイクリング | Comments(0)

名護からうるま市を経由して伊計島へ

b0220251_656580.jpg

b0220251_656356.jpg
 13:10名護市21世紀の森屋内運動場を出発し、先ずはウオーキングでパスして仕舞ったひんぷんカジュマル地点の近くで、枝から垂れ下がって夜になると沢山咲く?と言う珍しい花があるのを、walkahowlicさんに教えて貰った。
 そして、国道58号線を許田に向かって走り出し、13:40朝も歩いた国道329号線の坂を、今度は自転車で上がる・・・、ウオーキングでゴールした後だし、もうダメ・・・と足を付いてしまうのかな?とちょっと不安だったが何とか登り切れて、第一の関所を突破する(高度差は約100mだった)。 

b0220251_6591194.jpg

b0220251_6595012.jpg
 国道329号線に合流し宜野座の街を突っ切って、14:20、24.8km地点の漢那ビーチに辿り着いた。途中2つの小さな丘を越えたが、何とかwalkaholicさんに追いて走れた、やっぱりビンディングシューズにすると違う・・・・とこの時は思ったが、未だ走り初めたばかりで脚の余力があった様だった。

 遥か遠くに伊計島、宮城島、平安座島が一つに見えて、海中道路の橋も微かにみえた、あそこまでは遠いなーと思う気持ちと綺麗な海だなーと言う感動を込めて、何枚も写真を撮った。

b0220251_711730.jpg

b0220251_714458.jpg
 15:50、46.4km地点の照間ビーチ近くで休憩した。この日の宿の平安座島とこれから走る海中道路が、漸く近くにはっきりと現れて、この日も無事宿に辿り着けそうとの思いも湧いていた。
 当初、walkaholicさんから平安座島に泊まろうとメールが来たとき、そんな遠くまで行ける?と半信半疑だったが、こうして連れて来てもらって感謝感謝で美しい景色を暫し眺める。

b0220251_722279.jpg

b0220251_7335.jpg
 そして、走って見たかった海中道路へと繋がる大きな橋を越えて、16:10、51.7km地点の休憩スポットで一休み、もう脚も限界に近いのか,walkaholicさんに大分置いて行かれて漸く渡り切れたのだから、この休憩は大いに助かったし、ウインドサーフィンの人達が北風に向かってジグザグに走る様子えお楽しませて貰った。
 この日も北風はしっかり吹いてくれていた様で、順調にここまで走れたのも北風のお陰だったのかも知れない。

b0220251_74237.jpg

b0220251_75711.jpg
 平安座島の宿着は16:20頃だった。未だ日没まで時間があるので、ここで宿に入って仕舞っては勿体無い・・・?、伊計島までちょっと走って来ようと言うことになったが、ここからが大変だった。

 平安座島は石油の備蓄基地施設が設けられていて平坦な島だったが、宮城島に入るとアップダウンの繰り返しになり、やがてwalkaholicさんの姿は見えなくなって仕舞った。脚も疲労困憊の状態で、頑張らずにマイペースマイペースと脚を励ましながら、漸く伊計島への橋を渡り、17:00、65km地点のプライベートビーチに辿り着く。
 残念ながら17:00で閉場ですと言われて仕舞い、南国の雰囲気あふれる景色は道端から垣間見るしかなかったが、満足満足だった。

b0220251_761668.jpg

b0220251_771069.jpg
 名護を13:10に出発して、とうとう伊計島まで走り抜けて来たと思うと感慨一杯で、夕日の写真を撮りまくってから、伊計島を跡にする。
 夕日がとても綺麗だった、地平線に隠れるまで見守りたい・・・とは思ったが、帰りのアップダウンを考えると、そんな無謀なことは出来ない。

b0220251_773692.jpg

b0220251_775497.jpg
 宿までの帰りは、好きな処で止まって写真を撮って来てねとwarukaholicさんに言われたが、やっぱり大変だった。必死にwalkaholicさんの姿を追いかけたが、結局5分も離されて18:00宿着だった、この日も恐るべし!ロードバイク!になって仕舞った。この日の記録は、走行距離76.2km、平均速度20.8km/h、最高速度49.5km/h、走行時間3:39だった。

 しかし、真っ暗に成りかけた宿近くの夕焼け?も綺麗だったし、ボリュームたっぷりのマグロ丼も生ビールの味も、この上なく満足満足・・・と今思い返しても、中身満点の一日だった。
[PR]
by funnpepe | 2014-12-20 13:41 | サイクリング | Comments(0)

第27回 名護・やんばるツデーマーチ 2日目30kmを歩く

b0220251_14322918.jpg
b0220251_14251397.jpg
 ウオーキング2日目を向かえ、この日はしっかり(きちんと)30kmを歩くべく会場に向かった。7:00にスタートして、朝焼けの雲を見上げ、左に名護湾を見て道の駅許田を目指して歩く。昨日よりも雲が少ない、北風も殆ど感じない、海の白波も見えない・・・・と、沖縄でのお天気は回復傾向にある様だったが、少し複雑な気分も混じって仕舞う。
 何故なら、ウオーキングを終えたら自転車でうるま市方面に南下するのだから、この日の北風は歓迎なのだが、そんな時に風がぴたりと止んで仕舞うなんて・・・と随分と弱気な気分に囚われる?連日のサイクリング、ウオーキングで脚が相当に疲れて居たのかも知れない。

b0220251_14333521.jpg
b0220251_14342372.jpg
 8:00、5.9km地点の道の駅許田を通過して、間もなく県道71号線へと左折し坂を登る。2年前にも浦添てだこマーチの後、この坂の途中にある民宿に向かうべくこの坂を登ったが、疲労困憊の状態で翌日の沖縄最北端の辺戸岬迄行くのはとても無理・・・、辺戸岬は止めにして本部半島一周に切り替えようか・・・等と思案したこと、結局宿の主人に励まされ辺戸岬まで行き、帰りは辺野古経由でこの坂を登り返す筈だったが、大浦から名護への道を選んで仕舞ったこと等々を思い出した。

 民宿を過ぎて更に登って行くと、何と見覚えのあるお寺が現れた。そしてやっと10年前の名護・やんばるツーデマーチのコースで歩いたことに気がついた。坂を下り、「蘇る大地の碑」の所で右折すると北海道を思わせる広い畑の景色も懐かしかった。

b0220251_14345177.jpg
b0220251_1436112.jpg
 そして、このパイン畑も・・・と懐かしい、9:20、13.6km地点の久志公民館を通過する。もうそろそろ辺野古基地建設予定地?とそれらしき表示物を探しながら歩いたが見つからない。

 辺野古の問題は橋本政権の時に始まった・・・と言うのは知って居たが、空港の建設は、珊瑚礁の破壊?ジュゴンも生きて行けない?騒音の問題もある?等々筋が良くない・・と新聞が報じて居る位に思って居た。しかし、肝心要の普天間飛行場が未だに返還されない事態は頂けない。
 結果的にそんな状況になって仕舞ったのは、当時の橋本政権の米国との交渉能力が無かったのか、それともその後の自民党政権、民主党政権(特に鳩山政権)の問題解決能力が無かったのか?等々思いが巡る。
 普天間基地移設問題はいつの頃?と思ってウィキペディアで調べると知らなかったことが一杯あって、とても面白かった。当時橋本首相主席秘書官だったのが現維新の党の江田憲司で、どんな経緯で発案されたのか、日本側の事情、米国の事情等々が書かれて居て、これを読み込んで居たら、今回の旅行記が何時まで経っても終わらない・・・と思う程だった。

 しかし兎も角、この記事の冒頭に、「出典は列挙するだけでなく脚注等を用いてどの記述の情報源であるかを明示してください」、「この記事は中立的な観点に基づく問題が提出されているか、議論中です」と掲げられて居る、広く議論を深める情報ツールが今はある・・・と思えるのが収穫?

b0220251_14362823.jpg
b0220251_14365229.jpg
 辺野古公園を過ぎて、10:00に国道329号線に合流した。ロードバイクのグループが何組もやって来て、その様子を観察するだけでも飽きない。皆シャーと言う音を立てて過ぎ去って行く、丁度雲が取れてお日さまだ顔をだすと夏?と思う程日陰が恋しくなる瞬間もあった。

b0220251_14371940.jpg
b0220251_14373850.jpg
 10:45、22.0km地点の二見の里を通過し、国道329号線の坂を下り、11:45名護の街へと戻る。先行者につられて、名護のひんぷんカジュマル、名護十字路を通らずに、直進して仕舞ったが名護の街の雰囲気を充分に味わった。

b0220251_1438125.jpg
b0220251_14382687.jpg
 ゴールは12:10だった、JML手帳の受け取りテーブルには、前日のウオーカーふれあいパーティに参加できなかったウオーカの各種表彰状が置いてあり、そのウオーカがやって来ると、その都度表彰が行われる仕組みになって居た。
 そしてその一人であるadachiさんの表彰が行われ、こんな笑顔に遭遇した。会場外の芝生ではゴールの余韻を楽しむが如く、皆うまそうにオリオンビールを飲んで居る。10年振りの参加だったが、名護に来たんだなーとその雰囲気を味わうのだった。
[PR]
by funnpepe | 2014-12-20 07:37 | ウオーキング | Comments(0)

本部半島、屋我地島を走る

b0220251_7484610.jpg
b0220251_9142285.jpg
 11:10会場を出発し、名護湾を右に見ながら国道449号線を北上した、20kmの正規コースを歩いて来る人達と暫くの間すれ違って走り、先ずは眺望の効く処で、前日走って来た恩納村方向の景色を眺めた。
 walkaholicさんの「素朴花カレンダーの11月」に挙がって居るタチアワユキセンダングサが海に映えて一際可憐に見えた、この花は今回の旅の至る処で見ることができる沖縄の花だったが、ここが一番。

b0220251_1259597.jpg
b0220251_130454.jpg 
b0220251_11361329.jpg
 国道449号線はドライブでも自転車でも走って気持ち良い整備された道だった。しかし北風は相変わらず強かった、後半は追い風になるから辛抱辛抱とペダルを漕いだ。Walkaholicさんから瀬庭島に架かる橋を渡って来ようか?どうしようか?と声がかかったが、時間もないし、そんな余力もないし・・・、寄らずに直進しようと提案した。今振り返って見るとwalkaholicさんはこの時点で未だ未だ余力があったのかも知れない。
 12:10本部そばのお店でソーキそばを食す。美味かった、ソーキとは沖縄で豚のスペアリブ(あばら肉)・・・とのことだが、出汁が染み込んでボリュームのあるソーキは食べごたえがある。そして又、こーれーぐすをちょっと垂らすと(入れすぎて仕舞ったが)、甘味が消えてこくがでる・・・絶品。
 本部はどうやら沖縄そばの元祖・本家らしく、この辺りでは敢えて本部そばと称するらしい、だし汁が極め手の様で、この人が出汁を採っているんですよ!とごちそうさまとお店を出る時紹介してくれる程だった。

 満腹状態で走りだすと、前日の夕方のカタカタ音がする、どうやらゆっくり走ると異音が再現する・・・と止まって点検すると、何と後輪のスポークが1本折れて居たのだった。ホイールが高速で回って居る時は折れたスポークでも遠心力のお陰でおとなしくしているが、ゆっくりになると暴れてフレーム等に当たる?と言うのが真相の様だった。
 そう言えば、後輪を空転させると少し振れて居たことを思い出す、沖縄に来る前に振れ取りの調整をして貰うべきだったと反省するがもう遅い。兎も角スポークが折れてここまで走って来たのだから、これからも大丈夫?と思う事にして走り出した。

b0220251_9154882.jpg
b0220251_12493496.jpg
b0220251_12495451.jpg
 12:50国道449号線から県道114号線に入ると、上り坂になってwalkaholicさんとの距離が徐々に開き、とうとう道路工事の信号で、完全に置いてきぼりになって仕舞った、ロードバイクの登攀性能恐るべし・・・の体験がこの辺りからその後ずっと続くのだった。
 美ら海水族館辺りから下り坂になったが追いつけない、「備瀬のふくぎ並木」への分岐点でwalkaholicさんは待ってくれて居た。緑のトンネル、癒しのスポット・・・とは聞いて居たが正にそんな感じだった。順路と書いた標識に従って、自転車を押して散策して暫し癒された。

b0220251_9174393.jpg

b0220251_9194397.jpg
b0220251_9202739.jpg
 そして、国道505号線(本部循環線)を快走した。信号待ちがあったり、道を尋ねたり、坂道もあったのに、ふくぎ並木発13:35で、古宇利大橋着14:45だから、約20kmを1時間で走ったことになる。相当に飛ばした・・・、walkaholicさんに中々ついて行くのが大変、脚の筋肉は相当に疲れて来て居る処に坂道が出て来るとお手上げ?と言う具合だった、追い風になって居たのが救い?

 しかし苦労した分だけ、ワルミ大橋からの眺めも素晴らしかったし、古宇利大橋からの景色も充分に楽しませて貰った。しかしウオーキングの場合は、遠くに見える目標に向かってひたすら歩く、あの北海道ウオーキングを思い出して仕舞った。15:00屋我地大橋を渡ったが40kmコースのアンカーと遭遇したが、これからゴールまで約10kmもあるから大変だなーと思ってやり過ごした。

b0220251_13321710.jpg
b0220251_13313517.jpg
 15:30宿着、走行距離60.2km、平均速度19.1km/h、最高速度42.8km/h、走行時間3:08だった。シャワーで汗を流して、16:00ウオーカーふれあいパーティ会場に固定通リに到着、この日も朝起きて、夜寝るまで思い切り楽しんだ、二日酔いにならなかったことに感謝。
[PR]
by funnpepe | 2014-12-19 17:00 | サイクリング | Comments(0)

第27回 名護・やんばるツデーマーチ 1日目20kmを歩く

b0220251_1002385.jpg
b0220251_101544.jpg
 古宇利・ワルミ・屋我地三大ブリッジコース40kmのスタートは6:30分なので、5:40に宿を出て、未だ真っ暗な夜道を会場に向かった。風が冷たい・・・と感じるが、半袖、半ズボンに薄手のジャンパーで過ごせるのだから、関東に比べれば充分に温かい。

b0220251_1022116.jpg
b0220251_103145.jpg
 この日は雲が取れて来て、どうやら晴れの空模様だった。 国道58号線から左に曲がって県道84号線に入り、パイナップルパークを過ぎた交差点には、名桜大学の標識と「沖縄そば王、人気ランキング第一位、玉家そば」の看板があった。この県道84号線は、本部半島の東側に位置する古宇利大橋へ、或いは西側に位置する美ら海水族館へのショートカットルートの様で、車の往来は激しい、そんな車目当ての大きな看板だった。
 7:40、6.5km地点の中山公民館が最初の給水ポイントで、20kmコースのチェックポイントにもなって居る、レストラン大家の看板があったから、どうやら昨夜はこの辺から森の中に入って行った様だった。そして坂を上りきると、羽地内海が見えて来た。漸くこの辺りから景色堪能ゾーンに入ったのかも知れない。

b0220251_1041489.jpg
b0220251_1044557.jpg
 8:45、40kmコースを行く人達と別れ、羽地内海沿いに走る国道505号線へとwalikaholicさんとマイショートカットコースを進んだ。シークワーサ、ハイビスカスはあっちこっちで見られるが、この赤い花は我が家でも今年咲いたぞーと思うと親しみを感じて仕舞う。

 2年前の2月に浦添ウオーク・サイクリングを終え空港で、ハイビスカスの木片をお土産に買っ帰った、4月くらいまではコップの水に浸して根が出る様子を楽しみ、5月からは鉢に植えるとすくすく育った。しかし、鉢が小さくで花を付ける迄の元気が出ずに冬を迎え、家に入れてやったが葉を落として仕舞った。
 そして今春、ダメ元で大きな鉢に移して見守った。すると芽が出てきてぐんぐん育ち、夏にはこの写真の様な花が咲き出したのだった。ハイビスカスの花は、自分と沖縄を繋げてくれる・・・と言う気がして居る。

b0220251_1064660.jpg 
b0220251_5224799.jpg
 このマイショートカットコースは、羽地内海を左に眺めなら歩くので、眺望を大いに楽しめた。
 羽地内海の正面にはワルミ大橋が見えた、丁度40kmコースを先行している人達が渡って居る頃だったかも知れない、そして右側方向には屋我地大橋が見える筈だが未だ未だ遠くて見えなかった、9:10だった。

b0220251_1073234.jpg
b0220251_64336.jpg
 40kmコースのワルミ大橋、古宇利大橋、屋我地大橋を渡らずに、国道58号線へとショートカットするので、無論チェックポイントのスタンプは貰えない、そしてこの日の正規の「屋部みどりの道ちゃーがんじゅーコース20kmコース」とも全く方向が違う・・・・・。
 しかしゴールしてから、その3大ブリッジを自転車で走って来るんだ・・・と思って眺める景色も又良いもの、前日同様北風は強かったが、すっかり晴れ上がった空も充分楽しんでねと言ってくれて居る。

b0220251_1095333.jpg
b0220251_10102150.jpg
 9:30羽地内海と別れ県道71号線に入って、普通の道になって仕舞ったが、沿道に咲く花が楽しめた。現地の人は寒い日が続いていると言って居たが、温かいよーと言う如くに咲き誇る花々を眺め歩くので、飽きることは無かった。

b0220251_1011625.jpg
b0220251_10113681.jpg
 そして、10:40名護十字路、名護市営市場、FMやんばる等々を周って、11:00のゴールだった。

 ゴール受付時刻12:00には未だ1時間も早いが、全てはこれから自転車で本部半島を一周し、16時からのウオーカふれあいパーティに参加する為・・・
 オリオンビールを飲めないのも、ゆったりとこの日の歩きを振り返るのも出来ないが致し方ない。自前の沖縄ジョイアスロンの前半を終えたと言う処かも知れない。
[PR]
by funnpepe | 2014-12-19 08:56 | ウオーキング | Comments(0)

名護へ国道58号線を走る

b0220251_6184986.jpg
b0220251_5494684.jpg
 那覇空港発は12:00だった、タイヤに空気を入れたり、長ズボンから半ズボンに履き替えたりと何時もの輪行よりは時間がかかって仕舞ったが、はやる気持ちが落ちついたから丁度良かったかも知れない。しかし気がかりなのは、曇り時々雨、そして強い北風の予報通リのお天気だった。

 約2年ぶりの那覇の街の景色は懐かしかった、大きなガジュマルの木の上に乗ったレストランの前を通って、国場川の橋を渡ると国道58号線に入り、那覇の街、浦添の街を一気に突き抜ける。国道58号線に入ると道も広いが交通量も多くて、嫌な区間ではある。
 未だモノレールが出来ない頃は渋滞でうんざりしたなーと昔の情景を思い浮かべながら走ったがこの日は、warukaholicさんの後ろに追いて走って居る間に、12:45宜野湾バイパスへと入って居た。 

b0220251_5502926.jpg
b0220251_5512522.jpg
 宜野湾バイパス沿いには、宜野湾海浜公園があってその一角に沖縄コンベンションセンターの大きな建物が建って居る。昼食が取れるかな?と思う旗に誘導されて、お洒落?なレストランの前に辿りついた。
 緑の芝生の奥の東シナ海を眺めながらゆったりと食事する雰囲気たっぷりのお店?にも見えたが、洋食系で沖縄そばのメニューは無い様だった、折角沖縄に来たのだし、レンタカーなら兎も角自転車で未だ未だこれから走らねばならないから、このスチエーションはやっぱり沖縄そばでしょう!とやり過ごしたのが大正解だった。

 13:10、18km地点の宜野湾バイパスから一本奥に入った処に、「そば処 根夢(ごん)」と言うお店の看板をwalkaholicさんが見つけたのだった、お店の中に入ると壁いっぱいにサインの色紙が並んで居たし、作業着を着たお客が結構居たりと、先ずは美味いに違いないと確信する。
 お勧めは?と聞くと、ミックスそばは如何ですかとの返事に素直に従い、大中小の中を食べることにした。名護まで走らねばならないから、足らないかも?とちょっと迷ったが、中で丁度良かった。
 ミックスそばとは、三枚肉、軟骨、ソーキが入って居るものだそうで、小麦粉の緬と甘めのカツオ出汁が特徴だが、泡盛に唐辛子を漬け込んだ「こーれぐす」と言う調味料を2,3滴垂らすと、汁の甘味が抑えられて、深みのある味になる、肉も骨も汁もとても美味かった、13:40元気モリモリでお店を出発した。

b0220251_5515630.jpg
 広ーい嘉手納基地前を走り、14:00、25.3km地点の読谷村へと続く緩い上り坂が始まる辺りで、名護に車で向かっていたichiiさん夫妻に遭遇した。
 約2年前に浦添のウオーキングを終えて名護を目指して走り、いつまで経っても嘉手納基地前を抜けられなくて辛い気持ちでノロノロと走った辺りだったが、多分この日は颯爽と走って居る様に見えた筈?

b0220251_5524470.jpg
b0220251_2131285.jpg
 そして、道の駅「読谷村喜名番所観光案内所」で坂を登りきり、快適な下り坂になった、車もぐんと少なくなり、「人生下り坂サイコー」と叫ぶ日野正平を思い出しながら一気に下りきり、14:50、39km地点の道の駅「おんなの駅」にtoutyakoだった。
 残り約30km!17:00迄には名護に辿り着ける・・・・とは思ったが、段々と強くなって来た北風だけが気にかかった。

b0220251_5533268.jpg
b0220251_22204544.jpg
 道の駅「おんなの駅」から道の駅許田までは、青い海とリゾートホテルを横目で見ながら海岸沿いに走る一番楽しい区間でもある、太陽の優しい光を浴びて走る心地良さを求めてはるばるやって来たのに、何と曇天と北風になるとはガックリ・・・とは何故か思わなかった。こんな日でもやっぱり沖縄の海はそれなりに綺麗・・・と感じながら走った。
 しかし、walkaholicさんに追いて行くのが辛い、油断してちょっと離されると強い向かい風を受けることになる。必死にペダルを回し、16:20、66km地点の道の駅「許田」に辿り着き、白波の奥に見える名護の街が漸く見えてほっとした瞬間だった。

b0220251_659426.jpg
b0220251_725965.jpg
 道の駅許田は決して大きくは無いが,何故か癒される。「旅行好きが選ぶ日本全国道の駅トップ20」の中で第一位に輝いた・・・の看板にも何となく判る・・・だった。

 そしてとうとう、16:55、71.6km地点の21世紀の森屋内運動場に辿り着き、翌日のウオーキングの受付を済ませて宿へと向かった。受付会場に辿り着く直前、後輪付近からカタカタと一瞬異音が聞こえ、直ぐに収まったが、その後小さなアクシデントに見舞われることになって、又一つ反省の体験をすることになる。
 この日の記録は、走行距離72.6km、平均速度19.8km/h、最高速度42.4km/h、走行時間3:39だった。walkaholicさんといっしょに(後ろに追いて)走ったお陰で、逆風で小雨の中を思いの他、すんなりと走れた、やっぱり一人旅とは違うなあ・・・と言うのがこの日の感想になる。

b0220251_863091.jpg
b0220251_7393380.jpg
b0220251_5545624.jpg
 そしてこの日は特筆すべき、6人のウオーキング前夜祭も忘れられない。宿から約10kmと遠かったが、100年古民家の大家(うふやー)と言うお店でのディナー?だった。
 琉球文化の香り高い琉球料理・・・、極上アグー豚をしゃぶしゃぶで・・・と、ホームページに出て居たが、成る程成る程・・・、お酒も、アグー豚も、沖縄珍味の「豆腐よう」も美味い美味い・・・とあっと言う間に時は過ぎ、宿に戻って又飲んで・・と、22過ぎに就寝。楽しい沖縄の第一日目だった。
[PR]
by funnpepe | 2014-12-18 08:48 | サイクリング | Comments(1)

ふっかけ

b0220251_20382641.jpg
この日は、午後から那須野が原ハーモニホールで音楽会があることを偶然知って、即行くことにした。12月に入ったばかりなのに、第一級の寒波がやって来て、こんな時は屋内の催しが最適だし、近くの駅ハイも無かったし、生の音楽を楽しむのも久しぶり・・・と思ったからだった。
 しかし、折角大田原まで出かけて行くのだから、何処かついでに行ける所は・・・羽田沼の白鳥を見に行くのも寒いし、鳥インフルエンザも怖い?と思案する内に、那須神社はどう?とネットが言って来た。先月紅葉を見に行った佐久山の御殿山公園もそうだったが、未だ未だ知らない所は結構ある様だった。

b0220251_20384629.jpg
 那須神社は仁徳天皇時代の創立で、坂上田村麻呂が応神天皇を祀って八幡宮にしたのだそうだ。その後、那須氏や黒羽城主大関氏の氏神として、崇められたと言う由緒ある神社だった。そんな知る人ぞ知るの有名な神社だったが、未だ行ったことない・・・と思って居たら、黒羽に行った帰りに何度も寄って居る道の駅「那須与一の郷」の隣りにあったのだった。
 神社に向かって一直線に伸びる杉並木の参道があるのにも、何故に今まで気づかなかった?と反省しながら、お参りしたが、流石参拝する人はぽつりぽつりとやって来る。

b0220251_2039225.jpg
 道の駅「那須与一の郷」には、与一伝承館、竹のギャラリーが併設されて居るのだが、時間が無くてパスして仕舞った。那須神社の存在に気付かなかったのは、ゆったり気分で過ごしたことが無かっただけのことなのかも知れない。

 そして、午後2時開演のモーツアルト合奏団の第16回定期演奏会を聞くべく、那須野が原ハーモニーホールには、ギリギリで間に合った。
 J.Sバッファ 2つのヴァイオリンの為の協奏曲:成る程2人のバイオリンはこんな風に掛け合うのか・・・と思いながら聴いた。聴覚だけでなく視覚が加わると、ぐんと楽しみ易くなると思えた。
 モーツアルト ピアノ協奏曲12番:モーツアルトの曲らしいなーといつもながら、サロンでコーヒを飲みながら聴いて居る様な気分になったし、癒される。聴いたことのあるメロディ・・・と思った処もあったから、と家に戻って我がライブラリー(先日漸く、レコードのデジタル化が終わり、リストが完成)を探したが無いのがちょっと残念、又聴いてみたいと思う曲だった。
 (そして、休憩15分を挟んで)
 グラズノフ 弦楽の為の主題と変奏:弦の音は良いなあーとじみじみと思う曲だった。1918弦楽合奏に編曲されたもので、曲調はスラブ風で切々と訴える荘重なロシア風主題による変奏曲・・・、近代音楽(1890ー1920)に活躍したが、音楽は古めかしいもの・・・とパンフレットに書いてあった。音楽は古めかしい・・・なら、結構馴染めるかも?この人の曲を集めてみたくなった。
 グリーク 弦楽四重奏曲:この日の演奏会の目玉?と思える位の重みがあった様にも思える。4楽章まであって交響曲並の長さだったが、レコードを見つけて又聴いてみたいと思う程だった。演奏が終わって、演奏メンバー全員が舞台の幅いっぱいに広がって、拍手に応えて礼をして、「もうめいっぱいでアンコールに応える演奏ができません」と言う様な挨拶に会場は笑いに包まれ、温かい拍手の中で終わりになった。

b0220251_124256100.jpg
 会場に入る時には、山からの吹っかけの雪が舞って居た、演奏が終わって外に出ると空はオレンジ色に染まって、寒いよーと言う景色が続いて居た、こんな日は演奏会に限る。
[PR]
by funnpepe | 2014-12-09 09:10 | 音楽・アート | Comments(0)

いよいよ冬

b0220251_14541065.jpg
  先週末に高く伸びて仕舞った椿の木の枝を下ろすことができた。毎年天高く椿の花が咲くのだが、余りに遠すぎて咲いてもちっともきれいだなあ・・と思ったこともない。花が終わって地面にポタポタ落ちて、しょうがなく片付けるのみだった。
 上の方の枝を落とせば、下の枝に花がつく筈と、三脚梯子の大分上まで上がって、のこぎりで切り落とした。本当は芯を切り落としたかったが、枝によじ登って切る・・・等の身軽さはないし、切った枝が落ちて来て怪我をしたら元も子ものないぞ・・・と自分に言い聞かせて、手の届く範囲でと頑張った。

b0220251_15273520.jpg
b0220251_14545425.jpg
 汗だくになって、最後の頃は手の握力がなくなる位?苦労したが、空が明るく見える様になり、やって良かった!だった。そして切り落とした枝の先には、つぼみが一杯できていた。咲き出すのは未だ未だ先のことかも知れないが、取り敢えず少しだけ、水に浸けて取っ置くことにした、残りの枝を丸めてゴミに出す作業が未だ残って居るが、一週間経っても進まない。

 この日、夕方から寒くなり、翌日は冷たい雨が降り・・・と天候の荒れに連動する如く、身体の調子が狂って、頭痛がして喉が痛くなり、ずっと収まって居た喘息が出て来たりと、辛い日が続いたからだった。

b0220251_14553289.jpg
b0220251_14554734.jpg
 しかし、やっと今日自転車で、マイ周回コースに走り出すことができた。未だ喉は痛いし、喘息も収まらないが、謹慎して居ても切りがない、調子が悪くなるのか良くなるのか?はっきりさせたい、名護行きの前に自転車の調子も確かめて置きたい・・・とやって来たのだった。
 風も無かったし、足の先も寒くて堪らん状態でも無かったから、穏やかな日だったのかも知れない。しかし、里山の景色は、冬に模様替えしつつある様だった。すっかり葉を落とした枝が目立つ様になり、残って居る葉も澱んだ茶色になって仕舞った。そして、すっきりと澄んだ青空が広がって居る。
 この日の自転車記録は、走行記距離:23.4km、平均速度:22.3km/h、最高速度35.9km/h、走行時間:1:02 だったが、身体が軽くなった気がして満足。


 そして、この景色が新緑に変わりだすのは4月の始めとすると、5ケ月後になる・・・・長いなーとも思った。そんな長ーい冬をどう楽しむかは、知恵次第?
 今まで高過ぎて無理!と思って居た枝下ろしの方法を新たに編み出すこと、屋根のペンキ塗りを済ませること、昔は普通にやって居た畳上げ掃除をして見ること、買って貯め続けて来た本の処分をまじめに考えること・・・・と、当面の課題が浮かんで来たが、果たして・・・・
[PR]
by funnpepe | 2014-12-05 19:56 | その他 | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05
楽しい船旅のようでしたね..
by TUS0001 at 21:28
喜んでいただいて嬉しいで..
by みやぎのちゃりお at 22:06
この写真気に入ってます!..
by funnpepe at 04:34
去って行く姿に見とれてま..
by みやぎのちゃりお at 21:10
すごいですね~  北海道..
by harumama at 21:47
11日,仙台港でお話しし..
by みやぎのちゃりお at 21:34
走行距離99.4㌔をAv..
by Walkahoic at 20:21
情報ありがとうございます..
by funnpepe at 06:17
日光ー老神温泉、途中小田..
by Walkahoic at 23:41

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

探鳥の季節
at 2017-11-20 20:36
第28回加古川ツーデーマー..
at 2017-11-17 21:54
第28回加古川ツーデーマー..
at 2017-11-16 17:51
宝塚から加古川へ 57kmを走る
at 2017-11-14 19:58
第40回日本スリーデーマー..
at 2017-11-08 05:55

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧