カテゴリ:花・野鳥( 104 )

冬山

b0220251_16501503.jpg
 晴天だけど寒いよーとの天気予報だった、13日(土)は少しでも温かめの南の方角の何処かに行こうか・・

しかしこんな日なら雪山がきっと綺麗に見えるかも?とも思って、日光だいや川公園にやって来た。車を降りるとやっぱり空気が冷たくて、こんなに寒けりゃ人は居ないと思ったが・・

b0220251_16503880.jpg
 芝生広場にはそれなりに人が居て、皆元気そうに動いて居る・・、そして赤薙山、女峰山、太郎山、大真名子山と雄大な景色が広がって居て、正に冬山の情景。

 そして幸い、北風ビュービューで無かったから、手袋をしてせっせと歩けば又楽し・・と言った処。

b0220251_16510508.jpg
 雑木林の中を歩き、トンボ池までやって来たが、野鳥は見つからない、じっくりベンチにでも座って居ればやがて野鳥がやって来たのかも知れない・・
 案内板に「この池は自然の窪地に作った池で、地域の野草を集めて水辺に植えて・・」と書いてあって、ミズバショウ、サクラソウ、キショウブ、サワギキョウ、ミソハギ等の名前が挙がって居た。

 こんな景色の中に、ミズバショウの白い花がポツンポツンと見えたら良いな!と又その内来るのも良いな・・と、食事処「だいやの森」へと戻ることにした。

b0220251_16514696.jpg
 この日は温かいカレーうどんを食べて、男体山を拝せるグラウンドゴルフ場近くまで行って寒いから帰ろうかとなって仕舞って、日光だいや川公園の散策は約2.5kmに留まったのが情けない。

 野鳥は居なかったし、鼻水が出る様になって風邪気味だったからと長居はしなかったが、フクジュソウが2月に咲くよと花暦書かれて居たから、その場所位チェックしてくれば良かったかも?(我が家のフクジュソウは既に黄色い蕾が出て居るから多分小さな蕾位はあったかも知れない)。

b0220251_16522417.jpg
 しかしこの儘帰って仕舞うのは勿体ない気持ちが湧いて来て、帰る途中の大室ダムで水鳥の写真を撮って行こうかと寄って見ると・・

b0220251_16524583.jpg
 やっぱりここにも歩いて居る人は結構居て、我々も湖面を見ながら一周りしようか,歩行距離をもうちょっと伸ばしたい・・とは思ったが、オオバンの写真が撮れたので早々に帰ることにした。

 翌日曜日は風邪が酷くなって家に籠らざるを得なくなって仕舞った、厳しい寒さの時こそ景色も楽しめる・・(と開き直り気味になって居る)。

b0220251_16530154.jpg


[PR]
by funnpepe | 2018-01-17 13:28 | 花・野鳥 | Comments(0)

2018 探鳥

b0220251_06523936.jpg
 ポケモン狩り&散策ルートにしている公園の一角のこの雑木林に差し掛かると、野鳥の鳴き声が一際賑やかに聞こえて来る。林の中で暫し止まって辺りを伺うと・・

b0220251_06532206.jpg
 ヤマガラが来ていた、未だ本格的?に探鳥していないなーと思い返し、10日は週のど真ん中だったが、急遽井頭公園に行ってみることにした。

b0220251_17065317.jpg
 平日だったので鳥見亭は閉まって居て、どんな野鳥が来ているのか?の予習はできなかったが、ボート池に沿って歩いていくと、妻があれ見て・・とばかりに指をさした。

 その先にはカメラを構えて居る人が2人居て、そのカメラの先には何やら白い鳥が・・で、カメラを覗くと2羽のコアイサがカモに混じって泳いで居た。

b0220251_06541216.jpg
 そして池の対岸からもカメラを構えて居る人が居て・・と、どうやらミコアイサがこの日の最初の撮影ターゲットになった。他の水鳥に比べ、あっちこっちと泳ぎ周りそのスピードも早いからカメラで追いかけるの結構大変だった。

 しかし白い身体を探してとこの時は何とか見失うことも無く、それなりの写真を撮れてやっぱり井頭公園に来て良かったーと言った処だった。そして何時ものカワセミ観測地点に行ってみると、この日は2人のカメラマンが3脚の迷彩の大きなカメラをセットして椅子に座って、カワセミが来るのを待って居た。

b0220251_06544241.jpg
 池の中にポツンと1本の枯れた立木があってその枝に止まって、水面を眺めて狙いを定めて獲物をゲット・・がこの地点でもカワセミの行動パターンだった。
 しかし去年の秋に行った時にはその立木の枝が折れて無くなって居てと、果たしてカワセミは居れた立ち木の先端に止まるのだろうか・・

 取り敢えず迷彩の大きなカメラの先はそっちの方を向いて居たので、カワセミの姿はないがカメラを向けて撮影の練習をしていると、ピッピと鳥の声が聞こえて来て、カメラマンの動きが俄かに忙しくなって、妻があそこと指をさした先は何と頭上の木の枝だった。

b0220251_06551672.jpg
 そして水面すれすれに飛んで行って対岸の木の枝に止まったのだった。カワセミは他の野鳥に比べると動かずに、枝に止まってくれて居て、水面を見降ろして何処に獲物が居るのかを伺って居て、やがてカワセミは水面に飛び込んで・・

b0220251_06554864.jpg
 又こちら側の木の枝に止まってくれた。そして動かない・・、散歩の人が通り抜けて行くが・・次は水面のどの辺りのに飛ぶ下りようか・・と思案して居るのかなー
と言った雰囲気だった。

b0220251_06565914.jpg
 ズームレンズを動かして広角にしたり望遠にしたり、角度を変えて撮ってみたりと、たっぷり時間をかけて写真に収めることができた。やがてコゲラも飛んできてカメラをそっちに向けようか・・と思った瞬間、カワセミは飛んで行って仕舞った。

b0220251_20015899.jpg
 この日はこれ以上望むべくも無い、これで満足・・

 そしてさっきのミコアイサを反対側から眺められる処に、ちょっとだけ寄ってみようと言うことになったが・・

b0220251_06574633.jpg
 
 さっきと違ってミコアイサは丁度獲物取りの真っ最中の様で、泳ぐスピードも早かったし、水面に潜って中々出てこない、水面から出て来た処を、漸くカメラに捉えてピントを合わせると・・・

 水中に潜って仕舞っての繰り返しで、この1枚を撮るだけでも苦労した。

b0220251_06581051.jpg
 そして別の湖面に目をやるとさっきのミコアイサと同じようなスピードで動いている水鳥を発見・・
 取り敢えず写真を撮って家に戻って、果たしてこの野鳥は?とネットで調べたが、それらしき野鳥が見つからない、見つからない・・

 とパソコンと睨めっこして居たら、妻が若しかしてミコアイサのメスじゃあないの?のあてずっぽうの助言に従って調べると、何と正解!この日ミコアイサはこのボート池に結構居た様だった。

b0220251_20104605.jpg
 昼食はボート池の隣のつり池に行って、陽だまりの中で天婦羅蕎麦を食した、冷たい北風が時折吹いて来る日だったがこの辺りは無風・・

b0220251_06582922.jpg
 この日は、コガラも居たし・・

b0220251_07003181.jpg
 メジロも発見・・

b0220251_20294777.jpg
 そしてカワセミに帰り道でも遭遇、ズームしてピントを合わせる前に飛んで行って仕舞ったが、このポイントは完全自力で遭遇したので満足。

 この日は久しぶりに井頭公園にやって来て大正解だったが、何時もこんな風になるとは限らないぞと自分に言い聞かせ帰って来た。

b0220251_21354763.jpg
 翌日長岡公園ではエナガ、ジョウビタキ、メジロに遭遇、寒波がやって来て冬真っ盛りになって、本格的に探鳥シーズン入った様だった。

 そして今の処、探鳥場所としては井頭公園に勝る処なし・・と言うのが今週の感想。






[PR]
by funnpepe | 2018-01-12 21:51 | 花・野鳥 | Comments(0)

今年の年末は厳冬



b0220251_05134497.jpg
 白鳥が早くも越冬に来ている、余りに早いのか大抵2,3台の車があって白鳥ウオッチャーの姿が見えるのだが、未だ誰も居ない。白鳥も辺りに人影が無いのか辺りを気にする気配も見えない・・

b0220251_05140737.jpg
 何処か白鳥ものんびりゆったりして居る様で、羽をバタバタと羽を広げて居るのが約2羽程・・

b0220251_05142332.jpg
 田んぼの半分位に氷が張って居て、氷が解けて居る処を選んで水中のエサを狙って・・の仕草等々を暫し眺めた。

 この日の昼食は、久しぶりに正嗣(まさし)の餃子にしようかと出かけ、白鳥を見にチョイ寄りしたのだった。しかし結局正嗣は年末モードに切り替わって居て、お持ち帰り専用です・・」の貼り紙があってと、ミンミンに向かったが・・

b0220251_05144709.jpg
 餃子を食べ終えて、折角来たのだからと足を延ばして、竜門の滝に向かったのだった。
 前回は大雨の直後だったので迫力満点だったが、冬になって川の水量も減って仕舞って今一だったが。一部氷柱が出来て居たのが冬らしい眺め・・と言った処だった。

 午後になって観瀑台は日陰になって仕舞って長くは居られず、滝の隣の竜門ふるさと民芸館の最上階に久しぶりに上がって、滝を見下ろす眺めを楽しんで帰りに温泉に入って帰って来た。

b0220251_05172746.jpg
 そして翌日も寒かった、温かい処は・・とこの日は、那珂川水遊園に行くことを思い付いた。何度も来て居るし、子供連れが大半だよと、妻に突っ込まれた、ヤマメ、ニッコウイワナ、ニジマスの展示等の那珂川ゾーン、熱帯雨林を流れるアマゾンに棲むピラルクー、シルバーアロワナ等の巨大魚と熱帯雨林を思わせる温室にはカピバラもと、それなりに楽しんだ。

 かつては関東地方の湧水やその周りの水田、水路に生息して居たが、激減して仕舞い、1974に天然記念物に指定されたミヤコタナゴも今回はじっくり観察。

b0220251_05155367.jpg
 今回は丁度、「ステンドグラスハーモニー」と言う企画展をやって居て、この日来てよかったーと思う程面白かった。

  置いてあったパンフレットに「とある夜・・、着飾る魚たちが集まるここは秘密のお城、輝くステンドグラス立ち並ぶ大広間では、これから葡萄会がはじまろうとしている」と、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」の一節をもじって居るのも素晴らしい、できたら適当にメロディを見繕って流してくれればもっと良かったかも?

b0220251_05162685.jpg
  アマゾン川に分布するエンガルフィッシュから作り出されたと言うプラチナ・エンゼルフィニュッシュ

b0220251_05165541.jpg
 カリブ海に分布し、優雅な泳ぎ、煌びやかな体色、その風格はまさにクイーンと呼ぶにふさわしいと解説されていたクイーン・エンゼルフィッシュ。他に、キリオネ、ブルーグラス・グッピー、パープル・クイーン、カージナル・テトラ等々熱帯魚愛好家になった気分で見て周った。

「魚たちが舞い泳ぎ魅せる異世界空間を体感」のコンセプトで企画展示したとのことだったが、そのアイディア、工夫に感心。

b0220251_05175065.jpg
 そして出口には、オーストラリア北東部にあると言うグレートバリアリーフ(世界でも最大規模の珊瑚礁とのこと)をイメージさせるこの水槽にはハナミノカサゴが居たのだった。

 今年も行けた沖縄でも、このハナミノカサゴには海に入る時は要注意(長いヒレの先には毒があり、危険が迫ると敵にヒレを向けて身を守るとのこと)等々の薀蓄を仕入れて等々、何時もなら1時間の滞在なのだが、約2時間も滞在して仕舞った。

b0220251_05224856.jpg
 そして15:00を過ぎて日が傾きかけてきては居たが、小砂(こいさご)焼きの製陶書所を見学。以前駅ハイビンゴを応募したら抽選で夫婦茶碗が当たってと何時か寄りたいと思って居た。どうやら昔は水戸藩の領地だったらしく、水戸藩が尊ぶ質実剛健の気風が残る焼き物とのこと・・
 最後に、那珂川を挟んで喜連川の方向に夕日が沈む光景を楽しめる「まほろばの湯」に入って帰って来たが、少砂地区は「日本一美しい村」連盟にも入って居るよと地図にも書いてあったし、製陶所には自転車ラックも置いてあった。

 新緑の頃温かくなったら、その美しさを確かめるべく自転車で走ってみたい。しかし厳冬のこの時期にこそ、質実剛健の気概を持って行くべし!と小砂焼きの茶碗を撫でて居ると茶碗から伝わって来るのが気にかかる・・

[PR]
by funnpepe | 2017-12-31 06:53 | 花・野鳥 | Comments(0)

ヒヨドリ、ムクドリ、アオサギ、コガモ

b0220251_19563895.jpg
 隣家の枝垂れ桜の木にヒヨドリがやって来る、キョロキョロと辺りを見回して次は何処に飛んで行こうか・・の仕草が可愛くも思えて来る。

b0220251_05404855.jpg
 ヒヨドリは花の蜜や実が好きで、イチゴやみかん、キャベツ、ブロッコリーも食べて仕舞う等々、狩猟鳥に指定される農業害鳥とのことだった。
 しかし、人間に慣れやすく平安時代の貴族にペットとして飼われていたんだよ、和歌にも詠まれて居たんだよ・・

 そしてヒヨドリの分布はほぼ日本国内に限定されているから、日本を訪れる海外バードウオッチャーにはお勧めの野鳥だよ・・とネットに教えて貰った。
 ヒヨドリはくちばしの色が黒だが・・ 

b0220251_19590095.jpg
 ムクドリはくちばしの色が黄色だとのことだから、こっちがどうやらムクドリ・・

 ムクドリは農産物の害虫を食べてくれるので、昔は益鳥扱いだったが、繁殖期が過ぎて秋から冬にかけて大きな群れを作り、都会まで進出して来て、鳴き声やフン等々害鳥扱いされて居る・・ともネットに書いてあった。

b0220251_20000547.jpg
 椋鳥(むくどり)は冬の季語になって居ること、モーツアルトがペットで飼って居たこと、そのさえずりを旋律にしてピアノ協奏曲に使ったこと、アメリカでは都市部に置ける最悪の害鳥として知られている等々、ネットに色々教えて貰った。我が家近くには数羽しか来ないから、今の処優しい気持ちで見守って居る・・

b0220251_20030507.jpg
 近くの公園の小さな池のカルガモも大分増えて来た。先日行った井頭公園のボート池のカモの大半はカルガモだったから、この池にもカルガモの他の水鳥は居ないだろうなーと思いつつカメラを覗いて居たら、このじーっと動かない大きな鳥を見つけた。

 若しかするとカモ寄せ?と思う程動かない・・

b0220251_12124530.jpg
 すると其の近くに、カワウが飛んで来て、水に潜って出て来ると大きな魚をくわえてと魚を採りだした。

 長い首をブルブルっと震わして飲み込んで、そして又水に潜ってと、水面の下には随分と魚が居るんだなあと思ったり、この調子ではこの池の魚はっその内居なくなってしまうかも?と眺めて居たら・・

b0220251_20033311.jpg
 カモ寄せ鳥が突然動き出しだ、カワウに刺激を受けたのかのかも知れない、どうやらこれはアオサギ・・

b0220251_20022936.jpg
 アオサギと言えば数日前にこんな写真を撮ったばかりだった。
 人の気配を察知すると飛んで行って仕舞うので、中々写真に収めることができなかったが・・

b0220251_20012273.jpg
 未明の時間に小川沿いに歩いて居ると、突然ばバタバタと音がして、大型の鳥が飛び立って行って・・

b0220251_20015854.jpg
 鳥居の上に止まったのだった。我が家近くの何の変哲もない神社でこんな写真が撮れるなんて、寒い朝でもやって来て良かったと思うシーンだった。 

b0220251_20053112.jpg
 そして昨日は、今年一番の寒波がやって来て寒くなるよーと言われた日だった、宇都宮の仏舎利塔近くの長岡公園に、ポケモンgoのモンスター狩りを兼てカメラを持って出かけたが、空気がピリッと冷たくで晩秋の景色もそろそろ終わって仕舞うなーと散策し・・

b0220251_20050984.jpg
 一番奥の集水対策で設けられた池までやって来ると、コガモのエクリプスが来ているのを発見。日本では冬鳥として全国に飛来し、雄はやがて美しい姿に変わり、雌のデスプレイ行為をして、2月末から3月につがいを形成し、4月には北の繁殖地へ渡って行くとのことだった。

 寒くなって辛ーいと感じる日がやって来たが、探鳥シーズンにいよいよ入って冬の到来を楽しむべし・・と言った処。

[PR]
by funnpepe | 2017-12-06 21:06 | 花・野鳥 | Comments(0)

晩秋の景色

b0220251_17571086.jpg
 先日宝積寺グリーンパークのボート池で撮ったこの写真をwalkaholicさんに送ったら、これハジビロガモのエクリプスだよ・・と教えて貰った。
 
 カモの雄は雌の気を引くべく目立とうと派手な姿をして居るが、繁殖期を過ぎて仕舞えばその必要も無いし外敵にも襲われやすいからと雌と同じような姿になる様をエクリプスと言い、氷が張る季節に元の綺麗な姿の雄に戻るとのことだった。

b0220251_17580524.jpg
 明日から寒くなるよーとの天気予報だったので、畑の青首ダイコンを抜いて穴を掘って、葉っぱを取って逆さに埋めてと、越冬の準備の手伝いをしてから、井頭公園に向かった。

 11月からオープンした鳥見亭に寄って、ホワイトボードを先ずチェックした。
 カルガモ404、オナガガモ♂54♀17、マガモ4♂249♀171、ヒドリガモ♂21♀10、コガモ♂2♀2、カイツブリ9、カワウ45、トモエガモ♂1、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサは0
8日前の観測結果だし宝積寺グリーンパークにあれだけ居たのだからハシビロガモも来ているかも?と池に向かったが・・

b0220251_17585643.jpg
 カルガモの中にヒドリガモを発見?
 去年はヒシハジロがこの辺りに居たんだが・・と思って目を凝らしたが・・・、居なかった。

b0220251_17582791.jpg
 カワセミ観測ポイントに向かったが、妻の視点は先ずはカメラマンだった。

 池にレンズを向けて居る人を見つけてその先にどんな鳥が居るのかを先ずチェック・・のパターンなのだが、残念ながらこの辺りでは紅葉を撮って居るひとばかり・・

b0220251_17593160.jpg
 仕方がないから、杭に止まって居るマガモ♂に注目して・・

b0220251_17595030.jpg
 その仕草を観察した、湖面が凍って居る時には身を縮めて動かないが、この日は右を向いたり左を見たり、時々湖面に嘴を入れてと意外に動く・・

b0220251_05362143.jpg
 カワウも湖面まで来て居て、羽を広げて羽を乾かして居るのか?すーっとこのポーズだった。

b0220251_18002696.jpg
 結局この日は、トモエガモもミコアイサもカイツブリも見つけられなかった。

 そしてカワセミは・・と観測地点に辿り着くと三脚に乗せたカメラから目を外して、椅子に座りだして・・と、丁度カワセミは行って仕舞った様だった。

b0220251_07043425.jpg
 仕方が無いから、湿地園地近くの釣り堀まで行ってこの日は天婦羅蕎麦を食して・・

b0220251_18401502.jpg
 ジョウビタキ、ルリビタキ、アオジの観測地点も行って見たが、エナガの群れがやって来て居るのみだったので、再度カワセミ観測地点まで行ってカメラマンの様子はカマセミが来ている様子は伺えない・・

b0220251_18403385.jpg
 満を持してやって来たのに・・とがっかり気分もあったが、紅葉の美しさは今年一番!と思い直して写真を撮った。

 葉が落ち切って、寒風吹きすさぶ中で、池に氷が張っての季節では無く、もうそろそろ冬がやって来るなーと晩秋の景色だったのだから、探鳥は未だこれからが本番・・

b0220251_18410802.jpg



[PR]
by funnpepe | 2017-11-30 13:29 | 花・野鳥 | Comments(0)

探鳥の季節

b0220251_21044233.jpg
 8月から始めたポケモンgoに嵌まって仕舞って、この処公園巡りをしてモンスター狩り等々をして居る。
 この日は久しぶりにやって来た公園とその周辺を約3km歩いた。この処の寒さで紅葉が進み、メタセコイアもとても綺麗だった。
b0220251_05294195.jpg
 そして野鳥の囀りがあっちこっちから聞こえて来てと、いよいよ探鳥の季節になったなーと目を凝らしたが、この日はその姿を捉えることができなかった。


b0220251_21060636.jpg
 この土曜日は低気圧が通過して行ってと、雨模様の曇り空だったので、道の駅「喜連川」の温泉に入って、ポケモン狩りで仮想の世界で遊ぶのみ・・だった。
 しかし、翌日曜日は快晴。我が家の柿木にメジロが来て居るのを見つけ、漸く今シーズン初めての野鳥の撮影に成功?した。

 数日前には盆栽の針金外しをしている処に、エナガの群れがすぐ近くの庭木の枝に飛んで来たが、その時はカメラを携帯して居なかったので、撮れなかった。それ以来、家の外に出る時はカメラ持参を心かけたのが、功を奏したのだった。

b0220251_21084099.jpg
 そして近所の公園にポケモン狩りに出かけと、隣りの畑の雑木にムクドリが・・

b0220251_21091506.jpg
 ツグミ、セキグロセキレイも・・と、今シーズンの見つけた野鳥のリスト化を開始・・と言った処。
 ジョウビタキ、ルリビタキ、シメ、アカゲラ、コゲラ、ビンズイ、ヒヨドリ、シジュウカラ、アオシ等、去年覚えた野鳥に何時頃遭遇できるのか・・
 
 公園巡りをして居ると、今が佳境の紅葉ではあるが、探鳥の季節がやって来た・・と、冬の到来も楽しみ。

b0220251_21101569.jpg



[PR]
by funnpepe | 2017-11-20 20:36 | 花・野鳥 | Comments(0)

秋の花

b0220251_05075335.jpg
 このセキヤノアキチョウジが咲き出したのは何時頃だった?、そろそろ見頃が終わって仕舞うかも?と急に心配になって(雨ですることもないから暇だった)、と写真に撮って置くことにした。ネットに聞くとアキチョウジは中部以西に自生なので、関東で自生して居るのはセキヤノアキチョウジとのことだった。

b0220251_05081533.jpg
 そして花ではないが、こんな実も写真に撮って調べると、どうやらこれは老爺柿(ロウヤガキ)・・と判った。去年盆栽仕立てにすべく思い切って小さな鉢に植え替えたが、夏の日照りを乗り切って、枯れずに実を1個だけ付けてくれのだった。来年こそは沢山実を付けさせるべく、庭の柿木でする様に元気な枝の先端をしっかり選定してやろうと思って居る。

b0220251_05085700.jpg
 ダイモンジソウは随分前に咲き出したが、この薄赤色のダイモンジソウはつい最近咲き出して、これから暫く楽しめる・・

b0220251_05091631.jpg
 そしていよいよリンドウが開花し始めた、あっちこっちの野草鉢に生えだしてくれてと、今年は我が家の代表的秋の花と言った処。ススキの中等根がビッチリと張った処や乾燥気味の処が好きの様にも思える。

b0220251_08061124.jpg
 この長雨をきっかけにツワブキの花も一斉に咲き出した処だから、正に初々しく見えて(例年ならいつの間にか咲いて居た・・の類の花なのだが)写真に収めた。

 こうしてみると、秋の花は春、夏に比べると意外に長持ち?、唯一短いのは彼岸花?・・と今日の処は思って居る。雨の日のお陰でしっとりした雰囲気になって、冷たい雨もそれなりに楽しめると負け惜しみ・・

[PR]
by funnpepe | 2017-10-19 04:08 | 花・野鳥 | Comments(0)

秋の長雨

 なにもこんな秋真っ盛りの時に長雨なんて・・とこの数日思って仕舞う。翌日曜は完全な雨になるとので、雨模様だが野外で活動できる処は?と思い巡らし、秋バラ、カワセミ等々を目当てに井頭公園にやって来た。

b0220251_07363100.jpg
                        (シカゴピース)

 春に比べ華やかな雰囲気を感じなかったのは、雨模様だったからなのか?。最早終わって仕舞ったバラも、未だ未だ蕾のバラもあった、撮り頃の花を見つけて雨の日のバラをテーマに写真に収めてから、カワセミ観察ポイントに向かって見ると・・

b0220251_06392580.jpg
 何時もならコーヒ飲んだりだべって居たりとのんびりムードなのが、みんなカメラを覗いて居るので、若しやとそっと急いで近づいた。

b0220251_06541424.jpg
 ファインダーを覗くとやっぱりカワセミが居て、逸る気持ちを抑えながらシャッターを押したがピントがあってくれない・・、どうなってるととカメラをいじり、もっと取りやすい処は・・と右往左往している内に、湖面すれすれに飛んで行って仕舞った。

b0220251_07052902.jpg
 直に戻って来るのかも?と待つことにして、カワウのコロニー方向にカメラを向けると数は随分と減って居るが何羽かが残って居て殆ど動かないが写真に取った。

b0220251_06475887.jpg
 そして殆ど動かないアオサギもターゲットに写真を撮ってとカワセミが来るのを待ったが、他の人達はカップラーメンを取り出したり、タブレットを覗いたりと暫く来ない・・と言った雰囲気だったので、散策することにした。

b0220251_06411121.jpg
 カワセミ観察ポイントから離れるとカメラを下げて居る人の数は殆ど居なくて、鳥の鳴き声があっちこっちから聞こえては来るが、どんな鳥が来ているのか判らなし、見つからない。日本野鳥の会の観察コーナも11月から開設なのだから仕方が無いが、未だ未だ初心者レベル?なのが辛い処ではある。

 少しずつ色付いてしっとりした雰囲気の森の景色がこの日の見所だったかも知れない、13時近くになって居たのでふるさと広場の食堂でこの日はチャーシュー麺を食した、寒かったので美味かった。

b0220251_06470976.jpg
 そして駄目元で再びカワセミ観察ポイントに行ってみると、何とカワセミは再び来てくれて居たのだった・・。今度こそ!とピント合わせにトライだったが、やや改善?したものの、あっと言う間にカワセミは居なくなって仕舞った。

b0220251_06501814.jpg
 野鳥観察は諦めて、中央広場、鳥見亭の近くまでやって来て、嘗てこの辺りでトモエガモ、ミコアイサを見たなあ・・と歩いたが、結局何も写真に撮れずこの辺りからポケモンgoのモンスター狩り、ポケモンボール取りでスマホをチラチラ眺めながら歩く。

 すると同類の人達がそれなりに居て、ポケストップも都心並みに乱立?、歩行距離は約5kmだった。ポケストップ巡りすればもう2km位は上積み出来たかも?・・と、この公園内を歩く楽しみの幅が広まった気がして来て、カワセミのバッチリ写真が撮れなくても2回もこの目で見られたのだから幸運と思うことにして帰宅。

b0220251_06552205.jpg
                           (緋扇)


[PR]
by funnpepe | 2017-10-17 07:55 | 花・野鳥 | Comments(0)

2017コスモス

b0220251_17384455.jpg
 暫く振りに宝積寺グリーンパークにやって来た、平日だったからひっそりと寂しいと思って居たが、駐車場には意外に車が多い・・

b0220251_17361973.jpg
 どうやらコスモスが見頃になってコスモス畑を見渡せる展望台が出来て居てと、大賑わいだった。

b0220251_17395654.jpg
 この公園なら若しかしたら野鳥が見えるかも?とカメラを持って来たのだが、急遽コスモスをターゲットに切り替えて公園内を歩き周ることにした。

b0220251_17365017.jpg
 午前中は暑い曇り空だったが、アサガオの種を取って鉢の土を抜いて整理し、咲き出したダイモンジソウの鉢を集めて野草棚に並べてと庭の模様替えを済ませ、午後は晴れ間が見えて来て、この公園で思いがけず秋の情景を楽しめた。

b0220251_17381374.jpg
 やっぱり秋と言えばコスモス、コスモスと言えば秋の空!と公園内を散策したが・・、この処嵌まって仕舞ったポケモンgoでスマホを片手に、公園内のポケストップ、ジム巡りも兼て居たから忙しかった。

 
b0220251_17512053.jpg
 お彼岸の墓参りに来た弟夫婦にジム巡りには、モンスターを置居て来るパターン、ジムを制覇するパターン、ジムの巨大モンスターと戦ってゲットするパターンがあるよと教わって、今週末には平戸辺りのジムバッジを集めたり、ウオーキングしながらモンスター狩りできる様にと、腕時計型の端末も買って試してと準備万端の筈だった。しかし今朝の天気予報では金曜は強い雨?、自転車も連れて行けない?
 
 昨夜の十五夜はお月様が顔を出してくれたのにと、コスモス畑の情景を思い出しながら、天気が良くなってくれないかなーと祈りを込めて書いて置く。

[PR]
by funnpepe | 2017-10-05 07:31 | 花・野鳥 | Comments(0)

お彼岸のシュウカイドウ

 前日にお彼岸の墓参りも済ませたし、この日は塩原温泉で古式湯祭りの催しがあって、日帰り入浴料が無料の処が結構あったので行ってみようか・・となった。先週まで雨の日が続いたから、8月に2回も訪れた「おしらじの滝」が本格的に流れて居るかも?と、県民の森、高原山経由で林道を抜けて、塩原温泉新湯地区へのルートを選んだ。

 そして新湯地区で一つ、お昼にスープ約蕎麦を食べて、帰る前に元町地区か門前地区で又一つと温泉はしごをして帰って来るべく算段したが・・
b0220251_05524260.jpg
 県民の森まで来て断念して、寺山ダムへと降りて来る羽目になって仕舞った。山道走りだったせいか車に酔って有料でも良いからもっと近くの温泉に・・と妻が言い出したからだった。
 しかし折角此処まで登ってきたのだからと、矢板の街へと山を下りる前に車を止めて、寺山ダムの堤防を歩き四阿に向かうと高原山が見えて・・

b0220251_05530232.jpg
 そしてトビも飛んで来た、しばらく照明灯の上に止まって休んで居たが下界に向かって滑空して行った。

b0220251_05541897.jpg
 その内こちらの方に戻って来る筈と見守ったが、段々小さくなって終に見えなくなって仕舞った・・

b0220251_05535417.jpg
 見えなくなったのが潮時と車に戻ることにしたが、それにしてもトビになってこの山を下りたら気持ち良いだろうな・・と羨ましかった。

b0220251_06345901.jpg
 そして、シュウカイドウは果たして未だ咲いて居るか?と狭い山道を走って、寺山観音寺にも寄って見た。

b0220251_06352198.jpg
 先ずは、天和4年(1684年)に建てられ、歴史的・伝統的な建物として「矢板建物十選」にも入っているとのことの観音堂にお参りした。

b0220251_06362290.jpg
お彼岸中だったからなのか境内のお堂には灯りがあって、お参りし甲斐?の雰囲気が漂って居てと、この日此処に寄って正解・・

b0220251_07571821.jpg
 観音堂には朱色の楼門を通って来るが、楼門には小さな石段があって、先月来た時にはその石段にイワタバコが生えて居て花を咲かせてと上るのにちょっと躊躇するといった具合だった。
 しかしこの日は綺麗に掃除されてイワタバコは無くなって、しゅうかいどう祭りの幟も立って居てと、シュウカイドウも未だ未だ見頃だよの雰囲気なので、裏山に行って見ることにした。

b0220251_06391014.jpg
 杉林の中にシュウカイドウがびっしりと生えて居て、それを見て周るべく遊歩道が引かれている。3年前に来た時は、全山シュウカイドウで覆われて居る・・と言う程ではなかったから、えーこんなに生えてるの・・とちょっと驚きだった。

b0220251_06373248.jpg
 彼岸花でも他の花でもピークを過ぎると、大抵見るに堪えない状態になって仕舞うのだが、シュウカイドウはこんな風に茎が伸びてと旬の花とは違っているがそれなりに楽しめることに気が付いた。

b0220251_06365945.jpg
 そして寺山観音寺から家路に就いたが矢板の温泉をスルーして、結局道の駅・喜連川の足湯に入って帰宅だった。夕食は鮎にしようと喜連川の養殖場に寄ったついでに、道の駅・きつれがわにも行って見ると、書道のパフォーマンスの催しがあったりと大変な賑わいだった。

 塩原温泉で温泉ハシゴの筈だったがとっくに終わって仕舞ったと思って居たシュウカイドウも楽しめて、足湯にゆったり浸かって体が温まったからまっ良いか・・

b0220251_20470855.jpg

[PR]
by funnpepe | 2017-09-26 22:00 | 花・野鳥 | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

「沖縄では雨よりも強風を..
by Walkaholilc at 13:53
帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05
楽しい船旅のようでしたね..
by TUS0001 at 21:28
喜んでいただいて嬉しいで..
by みやぎのちゃりお at 22:06
この写真気に入ってます!..
by funnpepe at 04:34
去って行く姿に見とれてま..
by みやぎのちゃりお at 21:10
すごいですね~  北海道..
by harumama at 21:47
11日,仙台港でお話しし..
by みやぎのちゃりお at 21:34
走行距離99.4㌔をAv..
by Walkahoic at 20:21
情報ありがとうございます..
by funnpepe at 06:17

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

冬山
at 2018-01-17 13:28
2018 探鳥
at 2018-01-12 21:51
古河七福神巡り
at 2018-01-11 22:03
消防出初式
at 2018-01-10 07:48
2018 初日の出
at 2018-01-04 22:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧