日光から老神温泉へ、日本ロマンチック街道を走る

 梅雨入りして仕舞ったが、この日だけでも晴れてくれよと神に祈る思いだった。そしてその祈りが通じたのかの様な初夏の日光を感じながら、東武日光駅前を9:00に出発、旧日光市役所前にある「美味しい水」スポットに寄って、先ずはボトルに水を汲んで、清滝の街を抜けてと9.8km先の馬返しに向かって、国道120号を走った。
 標高538mの東武日光駅から、標高838mの馬返しまで、昔路面電車が走っていたが、日本一高い標高の路面電車だったそうだから、今残っていればとても貴重な観光資源?だったかも知れない。そして馬返しから標高1274mの明智平まではケーブルカーに乗り継ぎ、明智平から中禅寺湖へはバスで・・が定番だった。しかし今や、ケーブルカーもなくなって第二いろは坂が通って居る。
 馬返しから10:10、その第二いろは坂の登攀を開始・・、金曜日なのにひっきり無しに車が来るのには閉口だった。

b0220251_2112615.jpg
 しかし、徐々に高度が上がり、コーナ部で怖いと思う程見晴らしが良いのが唯一の救い・・、清滝の信号から馬返し迄一直線に登って来る坂や街を眺め下ろしながら坂を登った。
 新マイバイクは随分と軽くなったので、輪行は随分楽になった、そして坂を登るのも思った以上に軽快?とも感じる。数日前に羽黒山登りでゼイゼイハーハーだったのは、ペダルを回し過ぎだった、旧バイクの時の様に謙虚にじっくり登ればそれなりに楽?と気がついた。旧バイクはマイランドナーなのだから、重い車体もそれで善しと思って居たが、この日の実体験で、車体が軽いのは良いものだ・・と、宗旨替え?だった。
 一気に明智平まで行くのも有りなのかもしれないが、先ずは此処まで上がって来たゾーと、サイクリストなら大抵?一休みする黒髪平で、絶景を暫し眺める、そしてサイクリストが何組も登って来る様子も上から眺める・・筈だったが、来なかったのは残念。明智平着は11:20でこの辺りまではほぼ計画通リの時間で先ず先ずと言った処。 

b0220251_21124711.jpg
 明智平からは長いトンネルを抜け、下り坂を一気に中禅寺湖まで下り切り、中禅寺湖を左に見て菖蒲ケ浜へと走り抜けた。今回のサイクリングはwalkaholicさんとharumamaさんと3人だったから、先ずは中禅寺湖の入口で左折して、菖蒲ケ浜に向かわずに、イタリア大使館跡に向かっても行っても快適なサイクリングだったかも知れない?
 若し土曜日だったら栃木県民の日絡みで入場無料だった(来年だったらイギリス大使館跡も?)と、初夏を感じる中禅時湖畔のサイクリングを何時かしてみたいと思う程だった。

 そして11:50、竜頭の滝入口付近でクリンソウの小群落に偶然遭遇し暫し休憩。クリンソウの群落は千手ケ浜まで行かねば見られないと思って居たのでラッキーだった。我が家のクリンソウと違って、とても鮮やかな紅色が素晴らしい・・

b0220251_5301643.jpg
 竜頭の滝から戦場ヶ原までの登り坂は意外に厳つかった、漸く戦場ヶ原へ登り切れたと思う頃、小田代原への林道が見えて来て、
折角自転車で来たのだからと、12:30になって居たが小田代原に向かうことにした。

b0220251_6353780.jpg
 この湯ノ川は、湯ノ湖から湯滝、泉門池、戦場ヶ原を流れて来て、そして竜頭の滝へ・・なのだが、昔子供が小さかった頃この湯ノ川沿いに歩いたことも、nakamuraさんと500選で歩いたことも。

b0220251_21312224.jpg
 そしてなんと言ってもも、昔免許取り立ての頃に中古のマイカーでやって来て(当時は砂利路だったが一般車も通行可だった)、エンジンがかからなくなって点火プラグを取り出して(当時はそんなことが普通だったのも懐かしい・・)、果たしてエンジンが回ってくれるかと不安の中スパーク部分をテッシュでふいたこと(今思うと、ガソリン噴射量の調節が今一だった?)等々、甘く酸っぱい思い出がいっぱいの地点でもあった。

b0220251_21305294.jpg
 今思うと、この日この区間が何よりの癒しのサイクリングだったかも知れない。この林道には電気式定期バス、ハイカー、そしてサイクリストには「スピード出しすぎに注意」の警告があったがその警告に従い、ゆったりと走った。

b0220251_6261913.jpg
 そして小田代原を一望する休憩スポット着は12:40だった。ハイカーが沢山ベンチで休んで居て、コンビニでおにぎりを買って来て、ここで昼食が一番良かったのかも知れない(其処まで知恵が回らなかった)が、三本松茶屋で栃木カレーを食す。

b0220251_6274621.jpg
 戦場ヶ原ではワタスゲが見頃の筈なのだが見つからない・・、14:10戦場ヶ原を跡にした。時間があれば光徳牧場にも寄って見て・・と癒しのサイクリングルートは未だ未だあったが、湯の湖へと坂をせっせと登った。

b0220251_2116755.jpg
 そして標高1475mの湯の湖に辿り着いたのは14:30だった。正面に雪渓が、そしてその下に金精道路が見えて、標高1843mの金精トンネルへと登る、この日のメーンエヴェント?だった。

b0220251_21164321.jpg
 いろは坂と比べると、金精道路の方が厳つかったが、景色はその分素晴らしかった。湯ノ湖が段々小さくなって・・

b0220251_2117516.jpg
 まるで雲の上を走って居る様な情景もあって・・

b0220251_6293450.jpg
 15:25、金精トンネル栃木県側入口に辿り付いて、この日の登りは終了・・とほっとする瞬間だった。

b0220251_640157.jpg
 そして残り約35kmは、群馬県に入って下り坂がずーっと続いた。
 菅沼までは緊張しながら、丸沼へも急な下り坂で慎重に・・と、ドロップハンドルでのブレーキングはフラットバーに比べて未だ未だ不安だった。しかし、金精神社を過ぎて白根温泉迄下ると、とうもろこし街道の看板が出て来て、これぞ日本のロマンチック街道!と味わいながら緩くなった坂道を爽快に走り抜けた。多分7~9月だったら、沢山並んで居る焼きとうもろこしのお店の何処かに止まって、夕食のことは考えず買って居たかも知れない。
 そんな雰囲気のロマンチック街道だったが、尾瀬へと向かう国道401との合流点、片品村の街を抜けると、漸く一直線に下って行く先に赤城山が小さく見えて、吹き割りの滝の地点に差し掛かった、17:10だった。

b0220251_641611.jpg
 17:00を過ぎて居たので、静かな吹き割りの滝を散策できた。この処雨が少なかったから、水量は少なめ?だったかも知れないが、普通の滝とは違った趣が何とも良い・・と、訪れる毎に思う滝でもある。

b0220251_21182061.jpg
 老神温泉の宿には18:00頃に着いた。小さな旅館をうりにした我々?に取ってとても居心地の良い宿だった、ビールは大ビンで出て来たし、鮎飯も生臭さは全く無かったし、刺身も肉もイワナの唐揚げ、山菜の天婦羅も・・と満腹、何時か機会があれば又行ってみたい・・。

 この宿の標高は約530mと奇しくも東武日光駅とほぼ同じ標高だった、この日の最高地点の金精トンネルとの標高差は約1300mになる。
 サイクルコンピュータの走行記録は取れなかったが、山旅ロガーに寄れば走行距離74.6kmだった(walkaholicさんの記録に寄れば、走行距離81.5km、平均速度15.9km/hとのことで、平均速度の値も上出来?)。登りの約40kmは6時間半、下りの約35kmは2時間半のサイクリング旅と言うことになる。時間をたっぷり費やした上り、あっと言う間に感じた下り・・、どっちが良いと胸に問いたが、どっちも?良かったと今でも余韻が残って居る。
[PR]
by funnpepe | 2016-06-14 13:44 | サイクリング | Comments(2)
Commented by Walkahoic at 2016-06-14 23:41 x
日光ー老神温泉、途中小田代原立ち寄りで、私のメーターは
距離 81.47Km、 平均速度 15.9Km/h を指していました。
Commented by funnpepe at 2016-06-15 06:17
情報ありがとうございます、正確な?記録を残すべく、本文修正していきます。金精トンネル越えでのこの平均速度は上出来!このペースで上ればへたらない・・と、当分この値を尺度にしたいと思います


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05
楽しい船旅のようでしたね..
by TUS0001 at 21:28
喜んでいただいて嬉しいで..
by みやぎのちゃりお at 22:06
この写真気に入ってます!..
by funnpepe at 04:34
去って行く姿に見とれてま..
by みやぎのちゃりお at 21:10
すごいですね~  北海道..
by harumama at 21:47
11日,仙台港でお話しし..
by みやぎのちゃりお at 21:34
走行距離99.4㌔をAv..
by Walkahoic at 20:21
情報ありがとうございます..
by funnpepe at 06:17
日光ー老神温泉、途中小田..
by Walkahoic at 23:41

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

探鳥の季節
at 2017-11-20 20:36
第28回加古川ツーデーマー..
at 2017-11-17 21:54
第28回加古川ツーデーマー..
at 2017-11-16 17:51
宝塚から加古川へ 57kmを走る
at 2017-11-14 19:58
第40回日本スリーデーマー..
at 2017-11-08 05:55

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧