大津から敦賀へ、琵琶湖西岸を走る

b0220251_16574841.jpg
 5:05、大津を出発し、雨上がりの国道161号線を北上した、未だ車も少なかったし、天気も気分もすこぶる善しと言った処だったかも知れない。琵琶湖ホテル、xxホテルと大きな建物を右に見て左に比叡山を見て、 観光の街中を走る・・・と言った感じだった。

 そんな都会の雰囲気が薄らぎ、田舎の町の雰囲気になって来て、湖畔に小さな駐車場があったので、先ずは琵琶湖を眺める事にした、5:30、7.6km地点だった。対岸に薄っすらと高い建物が見えるのは草津辺りだろうか?早朝のひっそりと静まった湖面と言った雰囲気があって中々良い・・・、釣人が車からゴムボートを出して空気を入れて居る処だった。

b0220251_16581199.jpg
 本当は、琵琶湖畔の道をコマ目に探って走りたかったが、未だ走り始めたばっかりだからと、国道161号線(西近江路)をせっせと走る。JRの湖西線と一緒に北上し琵琶湖大橋入口の前を過ぎて、7:05、32km地点の一直線に伸びて行く道で写真を撮った、この辺りまでが琵琶湖と一番離れて走る区間だった。

b0220251_2224526.jpg

b0220251_16583956.jpg
 やがて琵琶湖が見えて来て、自動車がひっきり無しにやって追い越して行くなあ・・・と思った頃に白髭神社が現れ休憩することにした、7:25、38.5km地点だった。湖面側に渡るのも苦労する程の交通量だったが、今地図をじっくりと眺めると、国道161号線はJR湖西線の山側にも走って居てこの白髭神社の手前で合流して居た様だった。のんびりと走れたのは旧道を走っていたからの様だった。

b0220251_19173539.jpg
 白髭神社と言う名は、我が家の近くの神社の名前だからと自転車を止めてみたのだが、全国にある白髭神社の総本社であること、琵琶湖に鳥居が湖面の中に立って居て近江の厳島とも称されて居ること、紫式部も父の藤原為時に従って越前に向かってこの地に立ち寄った時に詠んだという歌碑があったりと、由緒ある神社であることが判った。

 今年は久しぶりにしまなみ海道ウオークを止めにした代りに、松山空港から、とびしま海道を通って、広島への自転車ルートも良いかも知れぬ・・・、その時には厳島神社にも寄りたいなーと、湖面に浮かぶ鳥居を眺めて思った。

b0220251_193084.jpg

b0220251_2244987.jpg
 そしてひっきりなしに車が通っていく中をちょっと走ると、乙女が池への側道が現れたので迷わずハンドルを向けた。長閑な田園地帯でもあって、近江高島駅まで行くと大溝城跡の誘導板を見つけたので、折角だからと寄って行く事にした。

b0220251_19352162.jpg

b0220251_1705287.jpg
 大溝城は乙女が池の傍にあって、明智光秀が縄張りした水城であったこと、光秀の娘を正室にして居た城主の津田信澄は、本能寺の変後に大阪城で殺されて仕舞ったこと、やがて城主になった京極高次の正室は浅田三姉妹の末っ子のお初だったこと、京極家は室町幕府四職に列した名門で、そのお初は大阪冬の陣では徳川家と豊臣家の和睦に尽力する等戦国時代では稀な才女であったこと等々は、案内板を読んで知った。
 この地に立たなかったら、どうでも良い・・・と思って居た歴史逸話に何故か惹かれてしまうのも、こんな綺麗な乙女が池の風景のせいからかも知れない。

b0220251_19375859.jpg
 8:10、国道161号線と別れ湖西道路に入って、ここから本来希望の琵琶湖西岸サイクリングになって居た。先ずは、8:45,52.7km地点の源氏浜で自転車を止め、対岸の長浜方面の写真を撮った。この辺りで昔、戦があり、その武将は共に近江源氏だった故にその名が付いたと浅井三代記に書かれて居る云々の案内板が建って居た。

 浅井三姉妹をNHKでやっていた年に長浜ツーデで風来坊さんと歩いたこと、そしてwalkaholicさんと彦根城までサイクリングして、彦根城の天守閣に登って琵琶湖の対岸の高島市方面を望み、何時か琵琶湖西岸を走って見たいと思ったこと、等々感慨ひとしおの風景だった。

b0220251_17282529.jpg
 そして9:00、ルピナス祭りをやって居ると言う道の駅「しんあさひ風車村」にと寄ってみたが、無料と言う訳でも無かったのでルピナスは潔く断念し、地図を眺めながら一休み。

 敦賀まで残り約40kmになって居た、これから峠越えがあるにしても、日本海に辿り着けるのはほぼ確実だし、折角琵琶湖を走って居るのだから、琵琶湖パークウェイを走って国道8号線で敦賀に向かおうか・・・とのアイデアがふと浮かんだ。
 しかし、琵琶湖パークウェイの登りは厳つそう・・・、丁度やって来たサイクリストの女性に聞くとやっぱり厳つそう・・・、結局、欲張りすると自滅するぞの自戒が勝って、当初の計画通りに走ることにした。

b0220251_65313100.jpg

b0220251_22101932.jpg
 何時か行って見たいと思って居た我が家のルーツの痕跡がある交差点を通って、そしてその先の山際にある波爾布(はにふ)神社に辿り着く、10:10だった。
 手水舎(てみずしゃ)は人が近ずくと、水が出る仕組みになっていたり、記帳ノートも、パンフレットもあった。それに寄ると、創立は奈良時代、平安時代初期の国家の法律書「延喜式」の神名帳にも載って居るという由緒ある神社だった。

b0220251_20114455.jpg

b0220251_17302773.jpg
 湖西道路はまだまだ続いた、竹生島に向かう船がちょうど今津港に入って来る処だった、ちょっと乗ってこようか・・・、10:50今津港発、竹生島着11:15、竹生島散策時間75分、今津港着13:00だから、行けないことはない?でも乗船料の2590円は如何にも高いと思って断念だった。

b0220251_17311455.jpg
 今津は小浜から9里半(38km)の距離だったたので、昔から9里半街道の名が付いていて、小浜からの荷物がこの今津から船で京、大阪に運ばれた云々と看板が立って居て、金曜日なのにウオーカが結構歩いて行く、何処かの鉄道会社の駅ハイの様だった。

b0220251_2027878.jpg

b0220251_17321816.jpg
 11:00、70.9km地点の今津浜から小さく竹生島が見えて居た。カヌーに興じる生徒達がワーワーキャーキャーと賑やかだったり、鷺が居たりと、この辺りの琵琶湖の景色も堪らなく良かった・・・

 しかし此処まで書き進み、改めてこの写真を眺めて居ると、静かな湖面の奥の小さな島が、来れば良かったのにとささやいて居る様にも思えて来る。神秘の島・竹生島に渡って、国宝の唐門、都久夫須麻神社本殿、重文の船廊下等々をこの目で見るのも有り?だったとちょっと後悔だった。

b0220251_20352432.jpg

b0220251_17351140.jpg
 11:30名残惜しいが、再び国道161号線(西近江街道)に入って追坂峠を登った。福井県境の国境公園スノーパークまで約9kmの登り坂と覚悟していたが、約2kmほど登ると道の駅「マキノ追坂峠」が出て来てほっとする、お昼は冷たい水を何杯も戴き、ざる蕎麦を食した。そして、なるべく旧道を選んで追坂峠を下り・・・

b0220251_17353997.jpg

b0220251_1736824.jpg
 13:00、89km地点の国境スノーパークを通過し長い下り坂になった。もう敦賀まで登り坂は無い・・・と、開放気分満開で坂を下り、北陸本線新疋田を過ぎてから再び旧道に入った。この雰囲気からして、若しかしたら熊川宿?と一瞬思ったが、若狭街道ではないからそんな筈は無かった(何時か、若狭街道も走って見たい)。

b0220251_17362530.jpg

b0220251_1736418.jpg
 この旧道を下って行くと、高速道路の下を潜ってまもなく敦賀の街に入って、気比の松原へと繋がる、これ以上望むべくもない、長閑で最短のルートだった。

 14:00、107km地点の気比の松原着だった、とうとう日本海側まで来たぞーと満足感一杯で、目の前に広がる敦賀湾を眺める。さあてこれから当初の計画通り、三原町を経由して三方駅へと行って戻っての約50kmを走るか否かを思案していると、せっかくウオークの人たちがやって来た。

 せっかくウオークの人達が歩いて居るということは、この辺りには見処が結構あるのかも知れない・・・と案内板を良く見ると、この気比の松原は静岡の三保の松原、佐賀の虹の松原と並んで日本三大松原とのことだったし、史跡金ケ城跡、気比神社、敦賀鉄道記念館、敦賀ムゼウム(ポーランド語で資料館を意味するとのこと)、等々もあることを知り、こっちが良いやと言うことになった。

 敦賀鉄道記念館では、日本海側最初の陸蒸気(おかじょうき)が金ケ崎ー長浜間で走り、敦賀ーウラジオストク間に定期航路が開設されて、金ケ崎ー新橋間に欧亜国際連絡列車が運行され、シベリア鉄道経由でパリやロンドンと約半月で結ばれたこと等々を知ったし、
 敦賀ムゼウムでは、そのシベリア鉄道で、杉原千畝が独断で発行した日本通過ビザを使って、沢山のユダヤ系ポーランド人が上陸したこと等々の見学もした、ここに来て良かっただった。

b0220251_1737285.jpg
 史跡金ケ城は室町時代、新田義貞が足利軍と戦った古戦場であり、戦国時代には浅井氏の裏切りで織田信長が退却する際、木下藤吉郎がこの金ケ崎城で殿(しんがり)を努めた縁の城と知って、是非登りたくなったのだった。長い階段を登って、月見をしたという展望台に上がって見ると、成るほど成るほど、敦賀湾を見下ろす中々の景色だった。


b0220251_1852392.jpg

b0220251_1855597.jpg
 そして、帰り道で約750m先に別の展望台もあるよとの表示板が立って居て、折角ここまで登って来たのだからと向かったのだが、自転車用のビンディングの靴で尾根を歩くことになり、熊出没の注意板もあったりと後悔の中で、15:30漸く辿り着いてほっとする。

 そして、苦労した分眼下の景色は素晴らしかった、敦賀に走って来た国道161号線方面、日曜日に向かう越前海岸方面、敦賀湾方面と、展望台を一周して見渡した。しかしこの時、750mの尾根歩きは結構長いなーと 改めて思うのだった。

b0220251_1865793.jpg

b0220251_1739254.jpg
 この日の最後は、広島の厳島神社、奈良の春日大社と並ぶ、日本三大木造鳥居の気比神宮だった。17:00近かったから境内は静かだった、敦賀ポタリングにして良かったなーと思いながら、鳥居を潜ると敦賀駅近くの宿は直ぐそこだった、

 この日の自転車記録は、走行距離114km、平均速度19.2km/h、最高速度44.6km/h、走行時間5:54だった。
[PR]
by funnpepe | 2015-05-20 21:02 | サイクリング | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05
楽しい船旅のようでしたね..
by TUS0001 at 21:28
喜んでいただいて嬉しいで..
by みやぎのちゃりお at 22:06
この写真気に入ってます!..
by funnpepe at 04:34
去って行く姿に見とれてま..
by みやぎのちゃりお at 21:10
すごいですね~  北海道..
by harumama at 21:47
11日,仙台港でお話しし..
by みやぎのちゃりお at 21:34
走行距離99.4㌔をAv..
by Walkahoic at 20:21
情報ありがとうございます..
by funnpepe at 06:17
日光ー老神温泉、途中小田..
by Walkahoic at 23:41

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

探鳥の季節
at 2017-11-20 20:36
第28回加古川ツーデーマー..
at 2017-11-17 21:54
第28回加古川ツーデーマー..
at 2017-11-16 17:51
宝塚から加古川へ 57kmを走る
at 2017-11-14 19:58
第40回日本スリーデーマー..
at 2017-11-08 05:55

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧