もてぎ里山ウォーク大会

 今年9月、茂木・烏山を自転車で走った時、道の駅「もてぎ」で偶然この大会を知った。そして、鎌倉山がコースに入っている事も判ったので、参加する事にした。
 鎌倉山は晩秋から初冬の頃の朝、那珂川からの川霧で雲海が見事にできるので有名な所でもある。栃木の山120選の中に入っている標高200mの山でもあって、昔やぶ山登りに熱中していた頃に登った事もあった。先日の自転車行では、通らなかったので是非歩いても見たかったのだった。

b0220251_19214976.jpg


















  6:45自宅発で、会場と駐車場を探すのに少し迷ったが、何とかスタート時間の8:00には間に合って、町長のポーと言うスタータの音で出発となった。町長が締まらないなーとつぶやくと、誰かがイヤー特徴のある音で中々良いと言っている。そうなのだ、ゆっくりと歩みだすウォーキングにぴったりの雰囲気だった。

b0220251_19222177.jpg


















  コースは、先日の自転車行で、城山公園を訪れた後烏山に向かった道だったが、途中の丁字路で烏山の方面の標識に従わず、反対方向の左側に曲がって進むとこんな里山の風景が待っていた、やがて鎌倉山の脇を通って大瀬梁に向かう様だった。自転車でもこっちを走っても良かったなと、歩いて居ても気持ちの良い道だった。

b0220251_19252776.jpg


















  鎌倉山への登り口まで行くと、どうやら20km、30kmコースとも山頂まで往復するらしく否応なく誘導された。結構登りはきつくて辛いが、ぐんぐん先頭に追いつき10番目位で頂上のチェックポイントにたどり着く。ここからもうちょっと行くと展望台がありますが・・・・、と係りの人は言っていた。その「もうちょっと」が怪しいと、皆「今度来た時に行って見ます」と答えて戻って行く。

b0220251_1926594.jpg
b0220251_19264411.jpg
  自分も無論そう思って居たが、昔、冬の早朝、雲海を見に来て以来だし、今度何時来れるか判らないぞと、頭の中からささやきが聞こえてきた。誰かが、「ここから那珂川は見下ろせないんだね」と尋ねると、係り員から、「もう150m先に行けば・・・」と、今度は具体的な数値になった返事が聞こえる。
  1.8km登って来て、たった150m先までの行程を省略するのは、如何にも勿体無いと思い直して行ってみたら、成るほどその眺めは素晴らしかった。那珂川に川幅ぎりぎりに広がる広瀬梁を見ると、落ち鮎は一網打尽だとわかるし、橋を渡って一直線に山に向かって伸びる道をこれから歩いて行く筈だが、未だその人影は見えない。ここに来て良かった!とつくづく思える風景を暫し堪能し、さっき来た道を下って戻る。

b0220251_19272164.jpg


















  鎌倉山への往復は約3.6kmで、約30分だったから随分と頑張って、登って下だったのかも知れなかった。那珂川に架かる橋を渡って鎌倉山を見上げ、展望台まで行けて良かった、上から那珂川を見下ろし、そして下から鎌倉山を見上げられることができたと、展望台からの景色の残像を重ねて気持ち良く歩く。

b0220251_1928254.jpg


















  そして、その一直線の道の途中には、コスモスが綺麗に咲いて居た。このコースなら自転車で走っても、気持ち良いに違いない、歩きながら、ふと若し自転車で走っていたらと思って仕舞う自分に気がついて可笑しかった。そうなんだ、自転車に比べるとスピードが遅い分、景色もコースもじっくりと味わえるんだ、と改めて思えて居た。
  やがて、20kmコースと別れたが、ここも、先日の茂木・烏山へ自転車で走った所だった。アスファルトがゴツゴツして、走り難かった事、空が見えず気が滅入った事を思い出したが、歩いて見ると日陰の中を歩けて、それ程悪くは無かった、不安、期待、疲れ等々自分の気分次第で、コースの印象も変わるのかもしれない。
  石畑の棚田を右に見下ろし坂を下ると、入郷公民館のチェックポイントだった、この日の最北点だし、ここで弁当を食べると良いですよ・・・・等、小休止に良いかなと期待したが、係りの人がハンコを押してくれ、水は公民館の水道を使って下さい、トイレは公民館の中に入ってどうぞお使い下さい、との事だった。そうだった、これが普通のウォーキング大会だった、チェックポイント毎に接待箇所が設けられている大会に慣れて仕舞って居るのが可笑しいぞと言い聞かせて、前を行く人を目標に歩く。

b0220251_19285965.jpg
b0220251_1930351.jpg



































  木須川の洞門の案内板を見つけた、明治から大正にかけて、蛇行する木須川の氾濫を解消すべく、難工事の末完成したとの事だった。鎌倉山もここら辺も「関東ふれあいの道」の案内板が立っていて、歩くのに気持ちが良いのも納得できる。独りで歩くのも良いが、こんな大会で遠く前を行く人を追っかけながら、一緒のコースを歩いていると思うと何故か安心して歩けるのが良い。

b0220251_1931490.jpg


















  那珂川の川原には、釣り人の姿が見える、浅瀬の真ん中に人が居る様子からして、もう鮭が上がって来ているのかも知れないと思ったが、遠すぎて確かめられなかった。奥に見える橋は、大藤橋で20kmコースの人が渡ってゴールに向かう橋、先日自転車で茂木・烏山ルートを走った時の長ーい橋だったと、判別できた。
 このもてぎ里山ウォーク大会のコースは大凡把握できたぞ、自転車で走って、そして歩くと土地勘がこっちの物になる、又、今度又自転車で来てみたいものと、我田引水の境地に入って居た。

b0220251_19313139.jpg
b0220251_19321646.jpg



































  結局、ゴール迄残り約7kmだと言うツインリンク茂木の北ゲートの通過は、12:10だった。何処か適当な昼食ポイントは?と思いながら歩いて来たが、妻に折角作って貰ったおにぎりも食べられなかったが、スタート受付時に貰った水のペットボトル1本で済んで仕舞っていたが、南ゲートを目指して立派な広い車道の脇の歩道をせっせと約40分歩くのみだった。南ゲートを過ぎて県道51号線では前後に人が見えなくなってほんとの独りぼっち状態で、コースアウトする様な道では無かったが、不安に思い、疲れを感じる、これが正しくウォーキングでいつもの事ではあるのだが、辛い。

b0220251_19324112.jpg


















  やっと、20km、10kmコースと合流して、ほっとした気持ちで、川沿いの茂木の街を味わいながらゴールを目指して歩いた、茂木はこれまで、宇都宮から水戸へ行く通過点の街だった。しかし、こんな風に歩きまわって見ると、中々落ち着きのある街だし、里山の雰囲気がすぐそこにある中々良い処と思えていた。

b0220251_655488.jpg


















   ゴールは13:40頃で、受付で30kmにしては早いですねと言われながら、ゴールのスタンプを貰う、イエイエこんなもんでは早いとは言えません、少なくとも13:00までには・・・、欲を言えば12:30頃?にゴールしたかった等と言葉を発するのは、如何にも無粋なので、笑顔で応える。豚汁とおこわをいただいて、遅くなって仕舞った昼食を食べ、会場を跡にした。

b0220251_66917.jpg
   駐車場に向かって歩いて行くと、茂木駅前を通る国道123号線を交通止めにして、「もてぎうまいもの市」をやって居た、新蕎麦は、モリ、つけが300円也とメニュー表がぶら下がっていたが、既に後片付けをしている、14:00になろうとしていたから、時間的にも止むを得ない。来年は20kmか10kmコースにして、このうまいもの市で昼食をメインにしたいものと思いついた。

  途中、道の駅はがに隣接するロマンの湯で汗を流して、15:30頃帰宅した。脚の筋肉痛は残っているが、脚と腰の関節部の動きが、何故が軽やかに感じる、こびり着いていたサビが取れて回転がスムーズになった自転車かの様で、気持ちが良い。
  この日は、ジャパンカップの古賀志山にも行きたかった、又、翌週の原州行きで自重した土佐よさこいツーデウオーク、河口湖もみじマーチと行きたいところは沢山あったが、今回はやっぱり茂木に来て良かったと言う事にしたい。
[PR]
by funnpepe | 2012-10-22 10:59 | ウオーキング | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05
楽しい船旅のようでしたね..
by TUS0001 at 21:28
喜んでいただいて嬉しいで..
by みやぎのちゃりお at 22:06
この写真気に入ってます!..
by funnpepe at 04:34
去って行く姿に見とれてま..
by みやぎのちゃりお at 21:10
すごいですね~  北海道..
by harumama at 21:47
11日,仙台港でお話しし..
by みやぎのちゃりお at 21:34
走行距離99.4㌔をAv..
by Walkahoic at 20:21
情報ありがとうございます..
by funnpepe at 06:17
日光ー老神温泉、途中小田..
by Walkahoic at 23:41

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

秋の花
at 2017-10-19 04:08
秋の長雨
at 2017-10-17 07:55
平戸から佐々駅へ、そして長崎..
at 2017-10-13 23:00
平戸ツーデーウオーク 2日..
at 2017-10-13 22:00
平戸ツーデウオーク 1日目..
at 2017-10-12 22:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧