2017 那覇から名護へサイクリング

 機中、時速200kmのジェットストリームに逆らって飛んでいるので少し遅れる、那覇は現在小雨が降って居ると機長アナウンスがあって、天気は良くても曇天と覚悟した。
 9:40に着陸し、着替えを済ませて荷物を受け取り、自転車を組み立てて、さあ出発と走りだしたが・・

 空港の大屋根を過ぎると、路面が濡れて居て小雨が降って居るのに気が付いた。大屋根の下迄戻って、リックからポンチョを出してと、出発は予定通り?の10:30になって仕舞った。

b0220251_13141300.jpg
 そして、空港を出てから、猛烈な向かい風に見舞われた。時々横風になって自転車が煽られ、ポンチョも煽られ視界が遮られ・・と、那覇市内を抜けるのには苦労した。
 小雨は止んで居たが保温の役目をしてくれるのでポンチョを着たままだった、宜野湾バイパスを過ぎた辺りで、突風で視界を遮ったポンチョを払い除けられずとうとう転倒して仕舞った。

 建物の影に自転車を停めて、チームhayabusaのブルゾンに着替えをして、再び国道58を北上した。
 3年前にwalkaholicさんと入った沖縄蕎麦のお店はこの辺り?と路地に入ったが見つからず、12:00「最強食堂北谷バンビー店」で、1年付利の沖縄蕎麦を食した。
 唐辛子入りの酢をたっぷりかけてピリッと辛さを感じながら食べるのが溜まらない(結局今回の旅の昼食は全て沖縄蕎麦に集中?)。 
 
b0220251_13143765.jpg
 13:20.約30km地点の道の駅・喜名番所に辿り着いて一休みした。建物の一角が観光案内所になって居て、その女性が「沖縄の道の駅の中で唯一売店の無い道の駅です・・」自嘲?気味にと説明してくれたが・・

b0220251_13212370.jpg
 読谷(よみたに)村は、日本一人口の多い村・・で此処は、那覇と名護の中間に位置し、嘗て琉球王国時代には宿場として賑わったとのこと、そして近くに座喜味城跡があって、首里城、中城等と共に「世界遺産・琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つであること等々、毎年この地点で一休みしては居るが知らなかった・・・だった。

 観光案内所の女性に寄れば、一番小さい城跡だが一番気品を感じるお城だよ、車で約5分だよと教えて貰った。向かい風も坂の往復も考えると嫌だなーと躊躇したが、結局折角来たのだからと勇気を出して寄って見ることにした。

b0220251_13315826.jpg
 いざ走りだすと、それほど心配する事もなく、13:45座喜味城跡に辿り着いた。確かに気品のある城跡にも思える・・

b0220251_13221519.jpg
 快晴なら、残波岬と青い海が綺麗なんだろうなー・・と、曇り空がちょっと恨めしかった。数年前に浦添・てだこウオークの前日に残波岬を自転車で走った時は、文句の無い快晴で素晴らしかった。今回も残波岬の方へと遠回りして行こうか・・と頭をかすめたが、この風ではとても無理と早々に諦めて仕舞った。

b0220251_13224393.jpg
 その残波岬を遠く望んだこの景色を眺められるなんて・・と、この座喜味城跡を教えてくれた観光案内所の女性に感謝感謝・・で、14:10名護を目指して走り出し、国道58に戻って・・
b0220251_13240521.jpg
 約36km地点の道の駅・おんなの駅中湧井市場までは気持ち良い下り坂。
 そしてアップダウンの大きいバイパスは避けて恩納の街中を走る道へと左折するのが例年のコースだった。しかし海側から猛烈な風が吹いて居るから、今回はバイパスを選ぶしかなく、焦らず急がず黙々と・・自分に言い聞かせてペダルを回した。

 海岸沿いまで降りて来て又丘を上ってと辛かったが、おんなの駅を過ぎると、こんな沖縄に来たなーと言う景色を見ながら走れるのが救い・・

b0220251_05290947.jpg
 14:50、夕日はここで楽しんでねとばかりに高台に四阿がある処で一休みして・・
 リックに残って居たパンをかじりながら、walkaholicメーリングリストを使わせて貰って沖縄に来てるよーの写真を送った。

 猛烈な風でススキが横に倒れて、海には白波が立って居て、空は暑い雲が覆って居て・・と、辛い道程だったなーと共感して貰いたかったが・・

b0220251_13252640.jpg
 そしてとうとうあれが名護の街だと判る処までやって来たぞーと、記念の写真を撮って・・

b0220251_18575435.jpg
、16:40道の駅・許田に辿り着く、此処までくれば名護に今回も何とか行けると確信できる地点。去年に倣って年末ジャンボの宝くじをお土産に買って、モズク・イカ等々の天婦羅 夕食用にかって名護の街を目指した。

 名護の街に入った時は17:00を過ぎて居て、名護でも流石に薄暗くなってライトを付けて、会場で受付を済ませ17:30頃この日の宿に辿り着いた。walkaholicさんが見つけてくれたゲストハウスで、1年前にオープンしたばかりとのことでくつろぎスペースも食事スペースもゆったりと設けられ、寛げるインバウンド客を意識した宿だった。
 夕食&お酒は独りだったが、LINEでチャットしながらのだったのか何時もの皆でワイワイガヤガヤの気分になって爆睡。この日の自転車記録は、走行距離75km、平均速度16.0km/h、走行時間4:41だった、沖縄では雨よりも強風を警戒すべし。


[PR]
# by funnpepe | 2017-12-13 22:00 | サイクリング | Comments(0)

ヒヨドリ、ムクドリ、アオサギ、コガモ

b0220251_19563895.jpg
 隣家の枝垂れ桜の木にヒヨドリがやって来る、キョロキョロと辺りを見回して次は何処に飛んで行こうか・・の仕草が可愛くも思えて来る。

b0220251_05404855.jpg
 ヒヨドリは花の蜜や実が好きで、イチゴやみかん、キャベツ、ブロッコリーも食べて仕舞う等々、狩猟鳥に指定される農業害鳥とのことだった。
 しかし、人間に慣れやすく平安時代の貴族にペットとして飼われていたんだよ、和歌にも詠まれて居たんだよ・・

 そしてヒヨドリの分布はほぼ日本国内に限定されているから、日本を訪れる海外バードウオッチャーにはお勧めの野鳥だよ・・とネットに教えて貰った。
 ヒヨドリはくちばしの色が黒だが・・ 

b0220251_19590095.jpg
 ムクドリはくちばしの色が黄色だとのことだから、こっちがどうやらムクドリ・・

 ムクドリは農産物の害虫を食べてくれるので、昔は益鳥扱いだったが、繁殖期が過ぎて秋から冬にかけて大きな群れを作り、都会まで進出して来て、鳴き声やフン等々害鳥扱いされて居る・・ともネットに書いてあった。

b0220251_20000547.jpg
 椋鳥(むくどり)は冬の季語になって居ること、モーツアルトがペットで飼って居たこと、そのさえずりを旋律にしてピアノ協奏曲に使ったこと、アメリカでは都市部に置ける最悪の害鳥として知られている等々、ネットに色々教えて貰った。我が家近くには数羽しか来ないから、今の処優しい気持ちで見守って居る・・

b0220251_20030507.jpg
 近くの公園の小さな池のカルガモも大分増えて来た。先日行った井頭公園のボート池のカモの大半はカルガモだったから、この池にもカルガモの他の水鳥は居ないだろうなーと思いつつカメラを覗いて居たら、このじーっと動かない大きな鳥を見つけた。

 若しかするとカモ寄せ?と思う程動かない・・

b0220251_12124530.jpg
 すると其の近くに、カワウが飛んで来て、水に潜って出て来ると大きな魚をくわえてと魚を採りだした。

 長い首をブルブルっと震わして飲み込んで、そして又水に潜ってと、水面の下には随分と魚が居るんだなあと思ったり、この調子ではこの池の魚はっその内居なくなってしまうかも?と眺めて居たら・・

b0220251_20033311.jpg
 カモ寄せ鳥が突然動き出しだ、カワウに刺激を受けたのかのかも知れない、どうやらこれはアオサギ・・

b0220251_20022936.jpg
 アオサギと言えば数日前にこんな写真を撮ったばかりだった。
 人の気配を察知すると飛んで行って仕舞うので、中々写真に収めることができなかったが・・

b0220251_20012273.jpg
 未明の時間に小川沿いに歩いて居ると、突然ばバタバタと音がして、大型の鳥が飛び立って行って・・

b0220251_20015854.jpg
 鳥居の上に止まったのだった。我が家近くの何の変哲もない神社でこんな写真が撮れるなんて、寒い朝でもやって来て良かったと思うシーンだった。 

b0220251_20053112.jpg
 そして昨日は、今年一番の寒波がやって来て寒くなるよーと言われた日だった、宇都宮の仏舎利塔近くの長岡公園に、ポケモンgoのモンスター狩りを兼てカメラを持って出かけたが、空気がピリッと冷たくで晩秋の景色もそろそろ終わって仕舞うなーと散策し・・

b0220251_20050984.jpg
 一番奥の集水対策で設けられた池までやって来ると、コガモのエクリプスが来ているのを発見。日本では冬鳥として全国に飛来し、雄はやがて美しい姿に変わり、雌のデスプレイ行為をして、2月末から3月につがいを形成し、4月には北の繁殖地へ渡って行くとのことだった。

 寒くなって辛ーいと感じる日がやって来たが、探鳥シーズンにいよいよ入って冬の到来を楽しむべし・・と言った処。

[PR]
# by funnpepe | 2017-12-06 21:06 | 花・野鳥 | Comments(0)

宇都宮シクロクロス 2017

b0220251_05013906.jpg
 1日目(土曜)に比べ2日目(日曜)は温かくなるとの天気予報に従って、久しぶりに自転車でロマンチック村に向かった。しかし12月に入ったのだから、風はやっぱり冷たくて冬のサイクリングなのがちょっと辛い・・と思って仕舞う。

 そんな道中で、男抱山の奥に倉掛山?が綺麗に見えてと、サイクリングよりも里山登りの方が楽しいかも?(男抱山登山口近くの空地に止まって居る車も多かった)の景色にも思えて、自転車を停めて写真を撮った。

b0220251_05015671.jpg
 しかしロマンチック村の入口まで来ると長い車の列ができて居て、自転車で来てホント良かったなーと思う程の渋滞に久しぶりにびっくり。

 11:10会場に辿り着くと丁度、カテゴリー2のスタートが始まる処だった、このクラスは選手数が多くて2つに分けて時差スタートして行った。

b0220251_05030259.jpg
 入口のインフォメーションでコース案内&スクジュール表を貰って、このフライオーバと呼ばれる特設の立体交差の処があってその下を抜けると、表彰ステージ、出店ブース、フィニュッシュ地点等々があるのだが、先ずはレースの様子が見渡せるすり鉢状の広場に向かった。

b0220251_05032793.jpg
 ピットでは既にレースを終えたのか自転車を洗っている様子が見えた、カテゴリー2のレースの前のエンデューロが10:00~11:00とスクジュール表には載って居たから、エンデューロに出て居た自転車なのかも知れない。
 エンデューロとはチーム(2~4人)で参加すると書いてあったから、ちょっと雰囲気が違うのかも?もうちょっと早く来て居れば・・と、今振り返ると残念。

b0220251_05041698.jpg

 キキキーとブレーキの音を鳴らし急坂を下って、そしてこんな坂を上り・・
b0220251_05050748.jpg
 又坂を下って・・、この写真の奥に見える「チャンピオンシステムキャンパー」エリアへと向かっていく、・・

 
b0220251_05052672.jpg
 斜面沿いに走って、斜面を上って下って、又斜面沿いに走って来てと、滑りやすく体のバランスを取るのが難しいエリアとのことだったが、確かに転倒シーンが多かったかも知れない?
 この日は此処で観戦することにして、取り敢えずフィニュッシュ地点、出店ブースへと戻ることにした。レースの様子が実況されて居たので、トップの選手がゴールして来る処を丁度見ることができた。

 ゴール後、泥で汚れたホイールを外して綺麗なホイールに取り換える様子が何ともスマート!、何時か自分もそんな風に取り換えてみたいもの(自転車をひっくり返してでは無い)・・

b0220251_05085664.jpg
 そして13:00からエリート女子のレース、14:30からエリート男子のレースがいよいよ始まるが、その前に45分間のコース試走が設けられていて、選手が12:00になるのを待っていた。

b0220251_05094284.jpg
 この砂セクションは、40mの長さがあって、走破するパワーとテクニックが求められる・・

b0220251_05092325.jpg
 テクニカルな林間セクションはマウンテンバイクの常設コースの一部を使っている・・とのことだった。

 
b0220251_05100129.jpg
 そんなコース試走時間の間に、温かいスープ餃子を買って昼食にした。
 そして折角来たのだからと道駅エリアも覗きに行ってみると、この日は海鮮フェアのテントが出て居て焼きホタテの匂いが漂って居てと、道駅エリアも大変な賑わいだった。

 こりゃー宇都宮シクロクロスと重なって、ながーい車の列ができるのも止む無しと思ったり等々、道駅エリアでウロウロして仕舞い・・

b0220251_05105474.jpg
 会場に戻ると既にエリート女子のレースは2周目に入って居た。
 カテゴリー1の登録選手が走って居て、「海外トップ選手も参戦!」と案内書に書いてあったがこのトップの選手は海外の選手だった。

b0220251_05111747.jpg
 林間セクションで坂を降りて来る処を写真に収め・・

b0220251_05114569.jpg
 すり鉢状の広場に向かうと、流石にカテゴリー2の時と違って応援の人が多かった。

b0220251_05134326.jpg
 ユニホームと選手番号を目当てに、トップの選手がやって来るのを待って写真を撮ることにした、約1時間のレースで6周回するから後続の選手を見て居る内にトップの選手がやって来てと、意外に写真を撮るのが忙しかった。

b0220251_05124471.jpg
 遅れた選手にトップの選手が迫って来ると、このエリアでは観客から「先頭が来たよー」と声がかっかり・・
 
 遅れた選手はコースを空けて、トップの選手はバンバン走り・・

b0220251_05142177.jpg
 最終周回を迎えたのでフィニッシュ地点に移動した、丁度トップの選手が最終コーナに入って・・

b0220251_05150788.jpg
 ゴールする前に、手を伸ばして観戦の人とタッチして・・

b0220251_05153124.jpg
 ゴールをして両手を挙げて・・、のシーンを見られて満足だった、後続の選手を大分離しての余裕のゴールだった。

b0220251_07553794.jpg
 そして2,3,4位と後続の選手がやって来たが、ゴールしたぞーと言った気分も半々で、1位に成れなかったなーの雰囲気にも思えるシーンだった。

b0220251_05163166.jpg
 14:30からエリート男子のレースが始まるからなのか、即表彰式が始まって3位が2万円、2位が3万円、1位が5万円の賞金とのことだった。賞金は兎も角、この表彰台に上がれるか否かは大きい・・と、この写真からも思えて来る。
 エリート男子も観戦したかったが、夕方寒くなるから15:00までには帰って来てね・・と妻に言われて居たので会場を跡にした。

 自転車に乗るのは、加古川以来と久しぶりだったし、この処の寒さで自転車で走り出すのにちょっとだけ躊躇した。この日の記録は走行距離26.9km、平均速度20.2km/h、最高速度40.4km/h、走行時間1:20だったが、冬でも偶には自転車で走ろうか・・と言う気分にもなれたから、今週の沖縄も大丈夫?と少しだけ自信が取り戻せたかも?





[PR]
# by funnpepe | 2017-12-05 13:26 | サイクリング | Comments(0)

晩秋の景色

b0220251_17571086.jpg
 先日宝積寺グリーンパークのボート池で撮ったこの写真をwalkaholicさんに送ったら、これハジビロガモのエクリプスだよ・・と教えて貰った。
 
 カモの雄は雌の気を引くべく目立とうと派手な姿をして居るが、繁殖期を過ぎて仕舞えばその必要も無いし外敵にも襲われやすいからと雌と同じような姿になる様をエクリプスと言い、氷が張る季節に元の綺麗な姿の雄に戻るとのことだった。

b0220251_17580524.jpg
 明日から寒くなるよーとの天気予報だったので、畑の青首ダイコンを抜いて穴を掘って、葉っぱを取って逆さに埋めてと、越冬の準備の手伝いをしてから、井頭公園に向かった。

 11月からオープンした鳥見亭に寄って、ホワイトボードを先ずチェックした。
 カルガモ404、オナガガモ♂54♀17、マガモ4♂249♀171、ヒドリガモ♂21♀10、コガモ♂2♀2、カイツブリ9、カワウ45、トモエガモ♂1、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサは0
8日前の観測結果だし宝積寺グリーンパークにあれだけ居たのだからハシビロガモも来ているかも?と池に向かったが・・

b0220251_17585643.jpg
 カルガモの中にヒドリガモを発見?
 去年はヒシハジロがこの辺りに居たんだが・・と思って目を凝らしたが・・・、居なかった。

b0220251_17582791.jpg
 カワセミ観測ポイントに向かったが、妻の視点は先ずはカメラマンだった。

 池にレンズを向けて居る人を見つけてその先にどんな鳥が居るのかを先ずチェック・・のパターンなのだが、残念ながらこの辺りでは紅葉を撮って居るひとばかり・・

b0220251_17593160.jpg
 仕方がないから、杭に止まって居るマガモ♂に注目して・・

b0220251_17595030.jpg
 その仕草を観察した、湖面が凍って居る時には身を縮めて動かないが、この日は右を向いたり左を見たり、時々湖面に嘴を入れてと意外に動く・・

b0220251_05362143.jpg
 カワウも湖面まで来て居て、羽を広げて羽を乾かして居るのか?すーっとこのポーズだった。

b0220251_18002696.jpg
 結局この日は、トモエガモもミコアイサもカイツブリも見つけられなかった。

 そしてカワセミは・・と観測地点に辿り着くと三脚に乗せたカメラから目を外して、椅子に座りだして・・と、丁度カワセミは行って仕舞った様だった。

b0220251_07043425.jpg
 仕方が無いから、湿地園地近くの釣り堀まで行ってこの日は天婦羅蕎麦を食して・・

b0220251_18401502.jpg
 ジョウビタキ、ルリビタキ、アオジの観測地点も行って見たが、エナガの群れがやって来て居るのみだったので、再度カワセミ観測地点まで行ってカメラマンの様子はカマセミが来ている様子は伺えない・・

b0220251_18403385.jpg
 満を持してやって来たのに・・とがっかり気分もあったが、紅葉の美しさは今年一番!と思い直して写真を撮った。

 葉が落ち切って、寒風吹きすさぶ中で、池に氷が張っての季節では無く、もうそろそろ冬がやって来るなーと晩秋の景色だったのだから、探鳥は未だこれからが本番・・

b0220251_18410802.jpg



[PR]
# by funnpepe | 2017-11-30 13:29 | 花・野鳥 | Comments(0)

駅ハイ・第110回笠間の菊まつり~菊花と陶芸の里めぐり~&常陸国出雲大社参拝

b0220251_19530607.jpg
 前回は受付時間内に辿り着けず、地図だけ貰って歩いたが、今回は笠間駅に10:30には辿り着き、受付を済ませ地図もチョッピリプレゼントも貰うことができた。
 
 先ずは駅前から一直線に伸びる道を、約2km歩くと笠間神社だった、しかし途中の交差点で、スマホのポケモンgoを開くと普段はオセアニア地区にしか出現しないと言うガルーダを見つけ、コースアウトして・・と、笠間神社着は11:00だった。

b0220251_08390023.jpg
 この日は第110回笠間菊祭りの最終日で、境内には約5000鉢の、立菊、懸崖菊、千輪咲き、古典菊、盆栽菊が展示されて居るとのことだったが、本殿にお参りして境内をひと周り。

 菊をそれなりに鑑賞出来たしと、嘉宸殿の入口まで来て戻ろうとしたが・・

b0220251_19542678.jpg
 假屋崎省吾の世界展と菊人形展見てってくださーい今日までですよーの呼び込みに・・

 折角此処まで来たのだからと、結局見学することになってウオーキングムードでは無くなって居た。
 
b0220251_07035049.jpg
 華やかでスケールが大きいなーが第一印象だったし、流木、蔓枝等々の造形物に花が添えられ照明でより効果的に演出・・とそれなりに良かったが感動・・迄は行かなかった。

b0220251_07074907.jpg
 笠間稲荷神社に因んでなのか、フォックスフェイス(ツノナス)が使われて居るのもあったし・・

b0220251_19550989.jpg
 菊祭りに因んだ立派な菊が使われて居てと、良かっただったが・・・

 会場出口近くに、省吾グッズが並んだ即売コーナがあって素通りできない様に通路の幅にしてあったり、省吾饅頭どうですか?と押しつけがましく声をかけられたり・・と、良かったらどうぞの雰囲気とは程遠いのががっかりとの妻のコメントに同感だった。

b0220251_04441718.jpg
 笠間稲荷美術館の見学は又今度にして、菊人形の会場に直行した。

「晩秋の霞ケ浦」と題したこの千輪咲き、懸崖菊等々のコンビネーションコーナも中々だった。これだけ盛り沢山の菊が並ぶ中で見頃を過ぎた菊の花が一本も無かったのにも関心、最優等・農林水産大臣賞の札が掛かって居るのに納得だった。

b0220251_19560419.jpg
 今年の菊人形展のテーマは、お決まりの今年のNHK大河ドラマに因んだ「おんな城主・直虎」だった、今年は何故か欠かさず見て居るせいか、親近感が湧いて雰囲気出てるなーと思って仕舞った。

b0220251_19563020.jpg
 そんな菊祭り会場巡りだったが、この可愛くで潤いがあるなーと何故か思ったこの写真がこの日一番のお気に入り・・

b0220251_19572359.jpg
 そして、3.1km先の笠間芸術の森公園に向かうべく、12:00笠間稲荷神社を跡にした。

 今振り返って思うと、すぐ近くには笠間日動美術館があった様だった。見学する時間は無かったにしても、せめて辺りの雰囲気だけでも味わうべく寄って見るのがベターだったかも・・

b0220251_20003641.jpg
 笠間神社から笠間芸術の森公園までは、車が頻繁に走って、丘を越える坂道区間で、道路工事もやって居て等々、歩くのが辛い?区間だった。

 途中に手頃な食事処があれば・・と思いながら歩いたが結局、笠間芸術の森公園の北ゲートを通って、13:00笠間工芸の丘に辿り着き・・

b0220251_20005423.jpg
 クラフトヒルズ笠間と言う建物内のレストランで、ピリカラのちょっと遅めの昼食を済ませた。
 なーる程こんな風に使うんだなーと笠間焼の器の感触を確かめながら食べるのもこれで3回目・・、

 この日は北ゲートの入口にお客がお店の前に沢山並んで居た蕎麦屋、隣の茨城県陶芸美術館の落ち着いたレストラン等々、偶には違ったお店に行って見ようとは思うものの、何故かワンパターンになって仕舞う・・

b0220251_20012790.jpg
 そして、茨城県陶芸美術館では「皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯・ヘレンド展が催されて居たが、今回もスルーして仕舞った。


b0220251_20015319.jpg
  暫し紅葉の美しさを味わって・・
b0220251_20021503.jpg
 南ゲートに向かった。そして、ギャラリーロード、陶の小径、やきもの通りと、コース通りに歩いたが、もう疲れた・・の妻の一声で北大路魯山人の旧宅を移築した春風萬里荘に行くのは省略し、14:10笠間駅着、歩行距離は8.2kmだった。

 この日のちょっぴりプレゼントは、笠間焼の小皿だったが添え書きに、「笠間焼は、約200年前の安永年間に信楽の技法が笠間に伝えられた・・」と教えて貰った、この日の夜は笠間焼の小皿もちょっぴり使って、歩いた証を確かめながらの夕食を楽しめた。



b0220251_20024841.jpg
 そしてこの日は、以前怪鳥さんが行ったよとメールで教えてくれた常陸国出雲大社(ひたちのくにいずもたいしゃ)にも寄って見たが、成るほど大しめ縄が凄かった、長さ16m、重さ6トン・・

b0220251_20030833.jpg
 平成4年12月4日に出雲大社より分霊鎮座・・

b0220251_20043206.jpg
 古来より日が生まれ立ち上がる処とされていた「常陸国」は、日が沈み休まる「出雲の国」とを結ぶ東西軸の起点・・とpンフテットに書いてあったが、ネットに寄れば
 全国8万の神社を束ねる神社本庁から、お守り等の商用利用を禁じる通達があって、それに従うべきとの出雲大社の方針に、異を唱え平成26年9月単立の宗教法人として独立した様だった。
 そして出雲大社の名称を使うな・・、分霊したご神体を返還せよ・・と、出雲大社と騒動になって居る様だったが、出雲大社の冠があっても無くても、今度の初詣に行ってみようか・・と思いながら15:00常陸国出雲大社を跡にした。

 この日は駅ハイをきっかけに笠間近郊の観光だったかも?
b0220251_20045220.jpg

[PR]
# by funnpepe | 2017-11-29 07:50 | ウオーキング | Comments(0)


日常的感慨


by funnpepe

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
旅行・イヴェント
サイクリング
花・野鳥
ウオーキング
音楽・アート
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

帰りの船旅もとても良かっ..
by funnpepe at 05:05
楽しい船旅のようでしたね..
by TUS0001 at 21:28
喜んでいただいて嬉しいで..
by みやぎのちゃりお at 22:06
この写真気に入ってます!..
by funnpepe at 04:34
去って行く姿に見とれてま..
by みやぎのちゃりお at 21:10
すごいですね~  北海道..
by harumama at 21:47
11日,仙台港でお話しし..
by みやぎのちゃりお at 21:34
走行距離99.4㌔をAv..
by Walkahoic at 20:21
情報ありがとうございます..
by funnpepe at 06:17
日光ー老神温泉、途中小田..
by Walkahoic at 23:41

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
http://venus..
from http://venusco..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
オランダでも有数の風車村
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
コマクサ、シャクナゲ、レ..
from dezire_photo &..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

2017 那覇から名護へサイ..
at 2017-12-13 22:00
ヒヨドリ、ムクドリ、アオ..
at 2017-12-06 21:06
宇都宮シクロクロス 2017
at 2017-12-05 13:26
晩秋の景色
at 2017-11-30 13:29
駅ハイ・第110回笠間の菊ま..
at 2017-11-29 07:50

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自転車・バイク
旅行・お出かけ

画像一覧